質問する時に何を質問するか?


どんな質問をしたら相手の話が広がるか?

たくさんの人と話している時は周りの雰囲気も一緒に巻き込めるように。


聴く力がない人は、質問が下手。


話が長い人は、的を得てておらず、まとまってない。


ー絶対肯定女子タマキさん



「最近、どう?」


って質問してくる人は、基本、こっちには興味を持っておらず、会話の展開をこちらに依存しているんだなーと思う。


SNSが発達している時代、本当にその人に興味があるなら情報を集めてますもんね。


そして、話が長いと感じる人。


同じ時間を使っているのに、ものすごく長く感じる人と、あっという間に感じる人。


この差は?


話すことがまとまっているかどうか?


これもあるんだと思う。


話が迷子🤣

 

そして、聞いてる人の思考回路で話そうとしているかどうかもあるんじゃないかと思ったりします。


今日も朝から思考力が一歩前進✨


限界突破していきますよー!


朝から脳活、思考力を高めたいならこちらがお勧めです。

↓↓↓↓↓


タマキの絶対肯定オンラインサロン | tamalog絶対肯定サロンは「心地よく居られる場所」「挑戦・成長できる場所」「楽しく遊べる場所」をコンセプトにした参加型オンラインコミュニティです。ポジティブもネガティブも絶対肯定で、毎日楽しみながら目標を達成したり、ご縁が繋がったり、生きるために必要なことが学べるサロンです。リンクliberalian.com

ハイヒールを楽に履いて100歳までオンナを愉しむレッスン、美脚師®のエミリーです。


本日の朝活脳活からの学び。




自分と向き合えていないのに、他人から本音を引き出すのは無理!


タマキさん




自分と向き合いきれているかどうか?


まだまだ足りてない感じがあります。


同じ絶対肯定サロンの仲間が、未来の自分とのミーティングの時間をとっていると言っていました。


一人であれこれ考える時間はとっていましたが、理想の自分とミーティングするってやってなかったなーと、ルーティン化を目指します。


何事も、まずは自分から、ですね^^


それでは、今日も限界突破で!


世界一自分らしくあれる絶対肯定の思考法が身につく、『オンラインサロン絶対肯定』はこちらです。

↓↓↓↓↓

タマキの絶対肯定オンラインサロン | tamalog絶対肯定サロンは「心地よく居られる場所」「挑戦・成長できる場所」「楽しく遊べる場所」をコンセプトにした参加型オンラインコミュニティです。ポジティブもネガティブも絶対肯定で、毎日楽しみながら目標を達成したり、ご縁が繋がったり、生きるために必要なことが学べるサロンです。リンクliberalian.com



ハイヒールを楽に履いて100歳までオンナを愉しむレッスンの松原永美里です。


突然ですが、あなたは、歩けなくなるとわかっていたら何をしますか?




40歳までには人工股関節を入れることになります。

ゆくゆくは、よくて杖、悪ければ車椅子の生活になりますね。





29歳の時に、交通事故がきっかけで行った病院で言われたことでした。





元々、生まれつき股関節に変形があり、両親はワタシが自力で歩けなくなる可能性があることを知っていました。





そんな話をされたことをすっかり忘れて、大人になってから、突然に思えた話でびっくりしました。





「40歳までに手術が必要な脚ですよ。」と29歳で改めてお医者さんの口から言われてビックリしないわけないです。





・股関節の筋トレをしなさい

・今より体重を5キロ以上増やさないこと

・ヒールは履くな





これが医師の指示でした。





10分以上の連続歩行で股関節に激痛が走る症状は幼い頃からあったので、歩けなくなるというのはリアルな話でした。





股関節の筋トレは毎日欠かさずやりました。

そりゃ、やりますよね?

だって、歩けなくなるって言われてるんですよ?





筋トレするだけで自力で歩ける人生でいられるならやらない理由は無い!



車椅子の生活なんて、介護生活なんて絶対にイヤ!





そう思いました。







半年も続けると、10分以上歩いても股関節が痛むことはなくなりました。





これには驚きました。





でも、3日ほど休むとすぐに痛いのが戻ってきました。





「やっぱりアタシは介護状態になる人なのかな?」





と痛みが戻るたびに怖かったです。

だから、旅行へ行っても欠かさずやりました。





「歩けなくなるぞ!」と言われても辞めなかったのはヒールを履くこと。





股関節が痛くても、足元がヒールだったら我慢できたんです。





オシャレじゃない靴を履くのは絶対にイヤ!





と。





介護の恐怖に怯えなが毎晩欠かさずやっていた股関節の筋トレは今はやってないんです。





ハイヒールを履いても股関節が痛むことは今はないです。





筋トレをしなくても長時間ヒールでも歩けるようになったのは、歩き方のレッスンを受けるようになってから。





だから思うんです、正しく歩くことは財産、だと。





姿勢を正して、足裏をしっかり使い、正しく筋肉を使って歩けば、歩くだけで骨格は矯正されるってコト。





29歳で介護宣告されていたのに、今は、人に歩き方を教えて、「理想的な筋肉のつき方」とまで褒められるほどの脚になり、今年で43歳になる。





もちろん、人工股関節はしてないです。





ワタシは若くして医師からハッキリ介護宣告されたので、介護を避けるための手段を早い段階から知ることができました。





だから、避けたい未来を避けるための対策をとりました。





ハイヒールを履きながらオシャレに。





多くの人って、自分が歩けなくなる未来なんて1mmも想像してないと思う。





だから、歩けなくなること想定して足の健康を追求なんてしないと思います。





でも、何もしてないと足が引き金となって介護になる人は本当に多い。





大袈裟なんかじゃないです。

正しく歩くことは一生の財産になります。





でも、『正しく歩く』をやってこなかった体は簡単には正しく歩けるようにはならないんです。





ある程度の年齢まで来ると、歩き方を変える、というやり方だけでは直せなかったりする。





30年間なんの疑いもなくやってきた歩き方を変えるって本当に時間がかかりました。



時間をかけつつも、時間がかかったからこそ分かったことがあります。





使い方、体の作り方、足への環境づくり、メンテナンス、

そして、メンタル。





この全ての繋がりを理解して総合的に整えたら、歩き方を変えるのを短縮できるな、と。





足裏はがし®は、強力♪





そのことを、美脚塾を通してお伝えして行きますね。





ながーい投稿を最後まで読んでくださりありがとうございます😊


LINEお友達追加はこちらです

↓↓↓↓↓

LINE Add Friendリンクlin.ee


ハイヒールを楽に履いて100歳までオンナを愉しむレッスンの松原永美里です。

 

日によっては夏日になる日が増えてきましたね。

 

暑くなってくると意識したいのがお水の量じゃないでしょうか?

 

image

 

よく、一日2Lはお水を飲みましょうねーと言ったりしますよね。

 

でも、なぜ、2Lのまなきゃいけないとか聞いたことがありますか?

 

どうやら大切らしいって感じだったりしませんか?

 

わたしもそうだったんですけどね。

 

そして、そもそも、2Lのお水、飲めますか?

 

わたしは、2L飲むのが大事と聞いたらのまなきゃーっていうタイプでして。

 

2L死守!!

 

と思って、朝1Lをまず飲む!

 

ってやっていたらもめちゃくちゃトイレが近くなってしまったのです。

 

頻尿?って本気で悩みました(笑)

 

でも、この人に教わることでスッキリ解決しました。

 

image

 

美脚師®養成講座の栄養理論を監修してくださっている、美脚専門栄養士のタカコさんです。

 

タカコさんは、病院給食を8年間やられていた方。

 

でも、「栄養を摂るだけの食事の味気なさ」に納得できず、栄養もとれて味も楽しめる食事という視点から、飲食店で調理師経験も積んで、調理師免許もお持ちなのです。

 

そんなタカコさんに、体のしくみとお水の関係、摂り方を学んでトイレへ行く回数がグッと減りました。

 

そう、ワタシの水の飲み方は誤りだったのです(苦笑)

 

正しいお水の飲み方というのがあるんですよ。

 

しかも、お水って実はいろいろ種類がある。

 

硬水とか軟水とか。

 

これ、どういう違いがあるのか?

 

違うと何がいいのか?考えたことはあります?

 

知って飲んだ方が断然よいのです。

 

美脚にも大きく関係もするので。

 

というわけで、あなたにも美脚になるお水の飲み方を知って欲しいので、タカコさんにお願いしてこんな講座をやることになりました。

 

image

 

「美脚になるお水の飲み方レッスン」です。

 

詳しくはこちらです。

↓↓↓↓↓

https://www.street-academy.com/

 

賢くお水を飲んで、美脚美人を目指しましょうね。

 


 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

松原永美里でした。

 

 

ハイヒールを楽に履いて100歳までオンナを愉しむレッスンの松原永美里です。


stand.fmで音声配信を始めたのが3月13日の新月。


もうすぐ3ヶ月が経ちます。



stand.fm(略してスタエフ)の特徴は、ほかのSNSと違い、フォロワー数やいいねの数がユーザーからは見えないのです。


そのため、数字でチャンネルの良し悪し決めるというフィルターがない。


そうなると、真に自分の感性で必要なものを引き寄せていく、そんな感じなのです。


スタエフを始めて、ステキな出会いがたくさんありました。


中でも、江藤タマキさんという方に出会えたのは本当にラッキーだったと思えます。


 



タマキさんは、「絶対肯定の思考法」というご自身の経験からの自己啓発のオンラインサロンを運営されています。


この、絶対肯定の思考法というのも面白いのですが、何よりタマキさんという方がステキなのです。


加えて、タマキさんの周りに集まる方もステキな方ばかりなのです。


一気にファンになってしまい、サロンに入らせていただきました(*^^*)


そこで気づいたこと。


前から思ってはいましたが、正しい姿勢と歩き方って、実は、メンタルと大きくつながっているんですよね。


「自分を肯定する」


大事です。


ポジティブだけを肯定ではなく、マイナスも肯定したうえで、どんな人生を歩みたいか?


姿勢と歩き方の矯正には、実はそこまで考えてから取り組んだ方が良い。


そう思えています。


大げさに聞こえるかも知れないですが、ホントのこと。


旅行するのに目的地を決めるように、姿勢と歩き方を正すことを習慣化するにはどんな未来にしたいか?を真剣に考えると良いと思います。


そのためには、自分の思考のクセを見直す、これが重要ポイント!


わたしにも思考のクセがあり、良いクセばかりではなく、むしろ、悪いクセばかり。


なので、大人として人間性を学びなおそうと思います。


入って1ヶ月、正解だったなーと思えます。


サロンメンバーさんとの交流は、よくも悪くも心地よくプレッシャー。


そういう刺激は適度には必要ですからね。


少しずつ、変化する自分に喜びが見えたりしています。


最後までお読みいただきありがとうございます。


松原永美里でした。


■━━━━━━
毎日配信中
---------------------

stand.fmはこちらです。
↓↓↓↓↓