ふくろう図書館 +自作童話公開blog+

自作童話を公開しています♪お子様の寝かしつけ・読み聞かせに。疲れたときの一息に。活用して頂けると幸いです♪

お休み前の読み聞かせに、お仕事中の息抜きに、大切な方とのコミュニケーションに。
短編童話を展示しています。少しでも皆様の癒しの一時になれますように。

**

※読み聞かせ時のヒント※
 童話はどれも、子供を主役にしてあります。 
 主人公の名前を、是非お子さんのお名前に変えて読んであげて下さい♪
 性別・兄弟・好きな色や玩具・地名や施設名など、お子さんの好みや状況にあわせて変えてあげると、
 一層喜んで頂けるかと思います。
 楽しい読み聞かせタイムになりますように。。

こちらのサイトにも掲載しております♪
短編童話の他に長編小説もアップしていますので…もしよければ覗いてみて下さい><*


(『小説家になろう』が提供するウェブページに移動します。)

**
 参加させて頂いてます。1クリックで応援頂けると嬉しいです(U_U*
ブログランキング・にほんブログ村へ


ここに書かれた文章は、全てブログ管理人・コトヤトコのオリジナル作品です。無断転載はご遠慮下さい。

テーマ:

夏休みが終わって、少しずつ暑い夏が遠ざかっていきます。
もーちゃんは、お空を見上げて不思議そう。
「どうしておひさまは、元気じゃなくなっちゃったのかなあ」
あんなにギラギラと輝いていた光が、少しだけ薄くなったように見えます。
痛かったぐらいの光も、どこか優しくって。
ぬるかった風は、冷たくなっていました。
「おひさま、病気なのかなあ」
もーちゃんは考えます。あんなに元気いっぱいだったのに。
そういえばいつの間にか、お日様が沈んでいく時間も早くなっている気がします。

「おひさまを、元気にしてあげなくちゃ!」

もーちゃんはそう決めると、家を飛び出しました。
広い原っぱに行くと、大きな声で叫びます。

「おーい!おーい!おーひーさーまー!きこえますかー!」

けれど返事はありません。
もーちゃんは、ますます心配になってきました。
少しずつ空には雲が広がってきて、おひさまを隠しているようです。

「どうしよう…」

風が、少しずつ強くなってきました。
暖かかった風は、もう吹きません。冷たくて、悲しい風です。

「…おひさま…」

目の前が、ぐにゅっとなりました。涙の向こうに、おひさまの光が見えます。

その時です。
ふわん、と目の前に小さなどんぐりが浮かんでいました。

「泣かないで、もーちゃん」
「…あなたはだあれ?」
「僕は、秋を知らせるドングリ隊長だよ」

ドングリ隊長はそういって、えっへん、と胸を張りました。

「おひさまは、元気がないわけじゃないんだよ。そうじゃなくて。今、おひさまは『秋のおひさま』になろうとしているんだ」
「秋のおひさま?」
「そう。おひさまは、夏のおひさまから、秋のおひさまに。
 そして秋の終わりの後には、冬のおひさまになって、春のおひさまになって…それからまた、夏のおひさまになるんだよ」
「どうして?」
「それはね。世界を秋にするためなんだ。おひさまは、いつだって季節を変えるために少しずつ変わってるんだよ」
「どうして変えるの? もーちゃんは、夏が大好きだったのに」
プールも、スイカも、夏休みも、セミの声も、もーちゃんは、全部が好きでした。
暑くて汗をかいてしまっても、元気いっぱい遊べる夏が、もーちゃんは大好きだったのです。
「世の中にはねえ、いろんな生き物がいるんだ。春の好きな生き物も、夏が好きな生き物も、秋が好きな生き物、冬が好きな生き物。
 いろーんな生き物がいるんだ。おひさまは、じゅんばんじゅんばんに、みいんなのお願いをかなえてくれてるんだよ」
ドングリ隊長はにっこり笑っていいました。
「ほら、見てごらん。トンボだよ。あんなに喜んでいる」
ドングリ隊長の指さす方には、確かに楽しそうに空を飛んでいるトンボが見えます。
「夜には、虫たちが演奏会を開くよ。秋のおひさまになったことを、喜ぶパーティなんだ。
 葉っぱ達も、秋を喜ぶファッションショーを開くし、たくさんの果物も、大きく美味しくなる」
ざあっと風が吹きます。
冷たくて、寂しい風が。
「…また、夏にしてくれる?」
もーちゃんの質問に、ドングリ隊長はうなづきました。
「秋が終わって、冬が終わって、春が終わったら、夏だよ。
 そうそう。夏を知らせる隊長もいるから、来年の春の終わりには探してみてね」
それから、とドングリ隊長は続けました。
「秋には、楽しいことも美味しいこともうれしいことも、たくさんあるよ!
 たくさんいい思い出を作って、来年また僕と会えた時には、喜んで欲しいな」
「うん」
もーちゃんはうなづいて、それからお空を見上げました。
元気がなく見えたおひさまは、どこか優しくゆったりとして見えました。
やわらかい日差しが、雲を通してもーちゃんに降り注ぎます。

ひんやりとした風は、もーちゃんの胸の中をゆっくりと通り過ぎて――。

ぐううううっ。

もーちゃんのお腹の虫と、何かお話をしたみたい。
「お腹すいたなあ」
もーちゃんの言葉に、ドングリ隊長は言いました。
「そろそろおうちにお帰り。きっと、おいしい秋の幸が もーちゃんを待ってるよ」
「うん。またね、ドングリ隊長」
「うん。また」

もーちゃんは手を振ると、おうちに向かって走り出しました。
おうちからは甘酸っぱくて優しい秋のにおいが、している気がしました。


―――

個人的には秋は一番好きな季節です。

 Copyright 2015 FukurouToshokan All Rights Reserved.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。