「外から見た御前崎」講演会の感想その2

〔Facts〕(事実)

● 市債発行額が過去5年で30倍以上増えている。
    
           平成27年  0.3億円だった市債
                             ↓
           平成29年  4億円
                             ↓
           平成31年  10億円

● 財政調整基金が過去4年で半分に減っている。

           平成28年  83億円
                             ↓
           平成31年  40億円

● 公共施設維持費 

            1年に46億円必要との予想

● 財政 
     毎年、御前崎市立病院の赤字へ10億円
     浜岡中学建て替えに40億円

(*書き取ったものなので違っていたらご指摘お願いします。)

{感想}

数字で見るとあまりの金額の大きさにびっくりしました。

古くなった牧ノ原市との合同一般ゴミ処分場をどうするのかという問題ですが、
新しい一般ゴミ処分場を牧ノ原市と合同にする話は、産廃誘致の話が出ていれば、協議は進まないそうです。

火葬場も単独にしたらお金がかかるので、今後人口も減って行くのだから、近隣と合同にする方がいいのではと思いました。

いづれにせよ、合同でやって行く方向性で考えなければ、財政的には厳しいと感じました。

こうやって総合的に見ると、産廃を誘致して税収が1億増えるという事よりも、
未来ビジョンによる、御前崎の未来都市計画をもっとしっかりやってかないと、そんな短絡的な話ではないと感じました。