乙女のトキメキあなたがブログをはじめたきっかけを教えて!ニコニコ

みんなの回答を見る右矢印
キャンペーン詳細右矢印



わたしは小学一年生の時、交通事故で失語症になりましたが、35歳ぐらいまでわたしは失語症になったことがあることを誰かに話したことはありませんでした。



だから学生の時にできた友達の中で、わたしが失語症を経験していることを知っている人はいません。もしかしたらわたしの従兄妹さへ、わたしが過去に言葉の障害が出たことがあることを知っている者はいないかもしれません。



失語症のことは秘密にしていたわけではありません。ただ、自分でも今思うと不思議なのですが、わたしは失語症のことを誰かに聞いてもらいたいと思ったことが一度もなかったのです。



小学生の三年生か四年生の頃、母にこう言われたことがあります。



「(脳の後遺症で言葉に障害が出たら)あなたのようにみんなが普通の学校に行けるわけではないのよ」と。



確かに言葉に障害が出たとき、わたしの主治医はリハビリ方法やアドバイスを一切してくれませんでした。けれどわたしは成長するにつれて、医療がどんどん進歩していく様子を見て、こう思うようになりました。



わたしの時は主治医の先生はなんのアドバイスもしてくれなかったけど、医療の技術は益々進歩しているし、きっと失語症も昔よりもっと治りやすいだろう……そう思い込んでいたのです。



携帯電話が一般的に普及しはじめたのは、たぶんわたしが24才から25才の頃だったと思います。わたしが大学生の頃は周囲で携帯電話を持っている人は誰もいませんでした。



わたしは30を過ぎた頃から携帯を持ち始めました。そして職場で一緒に働いていた人の中でブログを書いていた人がいて、その人を通して『ブログ』というものがこの世にあることを知りました。



実は、わたしは失語症を経験した小学一年生の時から知りたかったことがありました。わたしは失語症になったとき、『全く言葉が思い出せなくなったときにだけ経験した不思議な体験』がありました。だから、他の失語症の方も言葉を一つも思い出せなくなるとわたしのような不思議な経験をするのか、小学一年生の時からずっと知りたかったのです。



わたしは学生の時から、わたしと同じ失語症を経験した人と一度お話をしてみたいと思っていました。けれど一度もその機会に恵まれませんでした。



職場の人を通して『ブログ』という存在を知ったとき、もしかしたら『ブログ』のなかに、わたしのように失語症を経験した人が『言葉を一つも思い出すことができないからこそ経験することができるあの不思議な出来事』を記事にしているかもしれないと、期待したのです。



わたしはGoogleを何度も検索しました。実はGoogleを検索することじたい、これが初めてのことでした。そして検索した結果、わたしはその時初めて失語症が今でもその症状を改善することが難しい障害であることを知りました。 



まず、ショックだったのはわたしと同じような症状が出た場合の失語症のリハビリ方法を記載された記事が見つからなかったことです。その後、わたしは専門書を読みあさりましたが、明確なリハビリ方法を記載された本は見つけられませんでした。とてもショックでした。わたしは自分と同じような境遇の人となぜ巡り会えないのか、その本当の理由を30半ばでやっと知ったのです。



小学生の時に言われた母の言葉が胸に突き刺さりました。



「あなたのようにみんなが普通の学校に行けるわけではないのよ」



あの母の言葉は、とても残念だけど今でも通じる言葉なのでしょう。



わたしは失語症の経験を今まで話さなかったことをとても後悔してます。わたしは自分の経験をあえて話す価値すらないものだと思っていました。でも今は機会があれば失語症のことを話すようにしています。



わたしの経験上から、失語症を改善していく確率を上げていく一番の方法は、失語症になる前にこの障害がどういうものなのか事前に知っておくことだと考えています。失語症になってからこの障害がどういうものなのか知りたくても、自分で調べることはとても困難です。だからブログという誰もが見ることができる形でわたしの失語症の経験を記事にし、失語症とは関係ない記事も書くことで失語症に関心のない方もにも訪問していただき、失語症のことに興味を持っていただけるきっかけになればと思っています。



さて話は変わりまして、先日勤め先のお店でカゴ車の組み立て作業をしていたら、カゴ車の一部がフックから外れてわたしの頭にゴンっと当たってしまいました。



カゴ車とは、商品が入荷した時に運搬するための荷台で、使わない時はコンパクトに畳める仕様になっているのですが、重量が85㎏ありますガーン もちろんわたしの頭に当たったのは85㎏あるカゴ車そのものではないですけど、一部でも頭に当たると衝撃がそれなりにあり、一緒に作業していた方と「これ、ちょっと上司に報告したほうが」ということになりまして、その日のうちに病院で検査を受けました。



検査の結果を待っている間、わたしは最悪の結果も想定していました。万が一脳が損傷し後遺症が出たとき、もう一度普通の生活を取り戻すためにどれほどの強い意志と覚悟が必要なのか、心の準備はできていました。ただ本当に脳を損傷してしまっていたら、そのことを家族にも伝えなければならないことがとても辛かった。



わたしは小学生のあの時の経験から、障害を負ったわたしより、わたしを見守ってくれた家族の方がわたしの将来を案じてとても心を痛め辛い思いをさせてしまったことを知っているから。



CT検査結果、脳の中で出血はなく大事に至りませんでした。CTにはかつての交通事故で陥没骨折した時の処置で人口骨でホッチキスのように骨を繋いだ後がはっきり残っていて、先生から当時のことを少し尋ねられました。



「一生言葉を話せなくなる」と診断されたこと、そしてわたしは「執念で(リハビリを)やり遂げた」ことをお話しすると、先生と側にいた看護士さんは、まるでわたしを眩しいものでも見るかのように明るい表情でわたしを見ていらしゃいました。



先生は脳神経外科の方です。きっと多くの失語症の方を診てきていらっしゃると思います。失語症経験者の人が、最終的にわたしのように自分の経験を明るく話せるようになる人は今はまだ少数派なんだと思う。



小学生の時に経験した失語症の経験は、とても厳しいものであったけど、得るものも大きく、そして医師に「一生言葉を話せなくなる」と診断されたとは到底思えないほど回復させたことは、わたしの人生の中で誇りに思っていることの一つです。ですが、今まさに障害と戦っている人にとっては障害はどう考えても苦しいものとしか思えないと思います。障害と向き合っていく人生の最終的な結論が、わたしと同じようにかけがえのない経験と受け止められる日が来ることを切に願っています。



CTの検査で脳に異常がないことがわかったので、店長の許可を得て、お店に戻って仕事を続けました。仕事中、今日のことを家族に話すべきかどうかずっと迷っていました。ですが、万が一容体が悪くなった時のことに備え、話すべきことだと結論を出しました。



あぁ、でも話しづらかったわ。

余計な心配をかけそうで。




最近ハイビスカスが咲き始めましたラブ 
明日から9月だけど、できるだけ咲いてほしいなぁ。




人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

初めての東北。岩手の旅。

テーマ:
涼しさを求めて岩手に行ってきました。
東北に行くのは初めてです。


大阪から京都まで電車で行って、そこから新幹線で行きました。


京都9時45分発の新幹線に乗って、15時33分に盛岡に到着する予定でした。


でも、東京発の新幹線「はやぶさ」に乗っているとき、クーラーが途中からあまり効いてない感じがして、わたしはエコで弱冷房運転しているんだと思っていたんです。


すると仙台駅に止まったとき車内アナウンスが流れ…、


「空調の故障のため、この電車は仙台止まりになりました」


このアナウンスに一斉に乗客が「えぇー」。


この新幹線の最終駅は新函館で、わたしたちが行きたかった盛岡は仙台の次の駅なのです。


わたしたちの悲鳴のような声に続いてアナウンスが流れました。


「隣のホームに(今、乗っている新幹線と同じ)『はやぶさ』が来ますので、そちらに移動して下さい」


新幹線って、万が一に備えてストックがあるんですね、すごい。


そして今乗っている新幹線から出て仙台のホームに立つと、


涼しいラブ


↓こちらはその時の仙台とわたしが住んでいる大阪の気温と、目的地に到着した時の盛岡の気温。



15時13分 仙台 24度
15時13分 大阪 36度
15時50分 盛岡 24度


東北の夏、こんなに涼しいなんて知らなかった。


さて、盛岡には15時33分に着く予定でしたが、15時50分に到着したので特急料金の払い戻しができるかもしれないとのことで、改札口で上の写真のようなスタンプを押してもらいました。『事故』というスタンプの文字にちょっとびっくり。


ただわたしたちが買った切符は、ホテルと新幹線の切符がセットになって安くなったチケットだったので、この程度の到着の遅れは払い戻し対象外のようです。


盛岡駅からしばらく歩くと、街灯に花が飾られた通りを見つけました。葉っぱが風に揺れて、夏の暑さが和らぎます。


この日は『原価市場』というお店で主に焼き肉を食べました。牛、豚、イカ、ホタテ……どれも美味しかったけど、お米も(たしか岩手産……)とても美味しかったですラブ


↓1日目のホテル。ぐっすり眠れました。


2日目はこの旅で一番行きたかったところ、龍泉洞に行きました。盛岡市から龍泉洞まではレンタカーで行き、途中『道の駅』で休憩して2時間ぐらいかかりました。


龍泉洞の道中ではアジサイやヒマワリ、コスモスが咲いていました。梅雨の花と夏の花と秋の花が同時に見られるなんて不思議だ。赤とんぼ?もたくさん飛んでいました。


↓さて、こちらが龍泉洞

この日の外の気温は21度(岩泉町 13時頃)、洞窟内は15.9度でした。とても涼しく半袖の人は寒そうでした。わたしは7分袖の服装で、洞窟内では日焼け対策用の手袋をはめてストールを巻き、帽子を被って楽しみましたニコニコ



第三地底湖(水深98m)。


龍泉洞には第一地底湖、第ニ地底湖、第三地底湖があり、その先は100段以上階段を登ったり降りたりして高い所から地底湖を眺める展望台があります(登り165段、下り107段)。この展望台、『高所恐怖症』の人でも大丈夫?……という質問をネットで時々見かけたので、参考にどんな感じの階段なのか写真を撮ってきました。


↓こんな感じです


①〜③番は昇りの階段です。上を向いて歩けば高所恐怖症の人でもなんとかなるかもしれませんが、問題は④番です。④番は下りの階段で、傾斜もキツイ上に人一人しか通れないほど狭く、この階段を見てもうダメだと思って引き返えそうとしても通路が狭すぎて危険です。


ちなみにわたしの母は高所恐怖症で、①の階段の10段ぐらい登ったところでギブアップしました。母が言うには、階段の段と段の間から下の地面が見えるのが怖いらしいです。


展望台から見た地底湖をビデオに撮りました。青緑に輝いているところが湖です。高い所から湖を覗いているので湖が小さく見えます。


わたしたちが展望台から地底湖を見に行っている間、母には第三地底湖の所で待っててもらいました。



龍泉洞の行き帰りに通った岩洞湖。ウグイスが鳴いていました。



2日目に泊まったところ。ホテル大観、「別邸うらら」のお部屋。御所湖のすぐ近くにあり、天気に恵まれれば岩手山が部屋から見えます。



↓その日の夕食やお部屋の様子
(先の『岩洞湖のウグイスの鳴き声』の動画でボリュームを上げた方はボリュームを下げてご覧ください)


旅の最終日。天気に恵まれ、水鏡の御所湖を見ることができましたラブ 2枚目の写真の右はしにうっすらと見える山は岩手山です。ビデオも撮ったのでどうぞご覧ください。







初めての東北の旅。岩手ではアジサイやヒマワリやコスモスが咲き、街灯には花が飾られ、ウグイスや蝉の鳴き声が聞こえる……とても美しい夏の風景でした。




ところで、今夜から台風が関東から関西を抜けていくようですね。被害が大きくなりませんように。








人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

先日、苺狩りに行った帰りにホームセンターで見かけた『銀河』という紫陽花。


お値段はだいたい3900円だったと思います。
家にはすでに4鉢の紫陽花があるので買うのを諦めたのですが、


昨日近所で期間限定で開設されている花屋に偶然立ち寄ってみたら、『銀河』が1500 円で売られていたラブ


買いました〜


こちらは一カ月前に咲いた万華鏡


今はこんな感じ


こちらも一カ月前に咲いた佳澄


今はこんな感じ


こちらは普通の紫陽花。紫陽花は5鉢ありますが、この普通の紫陽花が一番大きいです。


わたしは2月の初めのころに、紫陽花を室内に入れて育てたので今花が満開ですが、近所でも外で育てている紫陽花の花が咲いているのを見ました。今年はいつもより紫陽花が咲くのが早いらしいです。


こちらは去年買ったハイビスカス。最近、新芽が出てきました  また花が咲くといいなぁ。







 
人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆