今回の記事は前半は前回の続きで、後半は非常事態宣言で勤めていたお店が自主的に休業したことについてです。

朝、目覚めたら左側の肩から手にかけて痺れいて、その三日後に病院に行きました。検査の結果、脳出血していることがわかり入院することになりました。

脳出血について無知なわたしは、入院することに渋々同意しましたが、車椅子で連れてもらった病室を見てとても戸惑いました。そこはSCUと呼ばれる脳卒中になった人が入る『集中治療室』で、どう見ても重症な方々ばかりがベッドで安静に過ごしていらっしゃいました。わたしは車椅子から降りることを禁止されましたが、決して歩けないわけではありません。腕や手が痺れているだけです。わたしは場違いなところに来てしまったと思いました。

いつでも点滴ができるように点滴用の針を刺され、心拍の様子を映しだすモニターのケーブルも右腕にセットされました。トイレに行きたい時はモニターのケーブルを看護士さんに外してもらわなければならないので、それがとてもストレスに感じました。実はわたしはトイレに行く回数が普通の人より多いのです。幸い数時間ごとに看護士さんが血圧や体温などを測りに来てくれるので、その時にトイレに行きたいことを伝えてケーブルを外してもらいました。寝る前に看護士さんから「夜中の2時に、また測りに来ます」と言われました。

この部屋はナースセンターのすぐ目の前にあり、ナースコールが部屋にまでよく聞こえてきました。わたしはこれまでに2回入院したことがありますが、昼夜を問わずこんなに頻繁にナースコールを聞いたのは初めてでした。

どうしてこんなにナースコールが鳴るんだろう……と、わたしは不思議に思いました。でも数日後なぜこんなにナースコールがなるのかその理由を知り、脳卒中の怖さを改めて考えさせられたのでした。

入院初日の夜、たぶん夜中の1時頃、隣のベッドで寝ていたお爺さんが「誰かいないのか?」と何度も看護士を呼んでいました。看護士はお爺さんの声には気づかないようでしたので、わたしは何か手伝えることがあればと思いベッドから立ち上がりました。……というか、自由に歩けるのはこの病室ではわたしだけでした。

「お爺さん、カーテン開けていい?」
わたしは尋ねました。
「いいよ」
と、お爺さん。

カーテンを開けると、暗闇の中でお爺さんはナースコールを背にしてベッドに座っていました。わたしはナースコールを押せばいいのにと思いましたが、お爺さんにはできない事情があるのかもしれないと思い言いました。

「お爺さん、わたしがナースコール押すから、ちょっと待ってて」

ナースコール押してからわたしは自分のベッドの側に立って看護士が来るのを待ちました。しばらくして男性の看護士がやって来ました。彼はわたしの顔を見たとたん「こんな夜中になにナースコールしてんだよ」とでも言いたげな表情を浮かべました。

彼は部屋の入口に立ち止まって言いました。
「どうしましたか?」
「お爺さんが(看護士さんを)呼んでましたので……」

看護士は部屋の灯りをつけてお爺さんの側によると「アッ」と小さな叫び声を上げました。わたしもどうしたんだろうと、お爺さんの方を見ると、

最初に見た時は暗闇だったので気づかなかったのですが、お爺さんは血まみれの状態で、床にも血溜まりができていました。でも本人は出血していることに気づいていないようでした。

思わずお爺さんのところに近づこうとするわたしを看護士は手で制しました。わたしは看護士さんたちの邪魔にならないように自分のベッドに戻りました。

お爺さんはどうやら腕に刺さった点滴の針を無意識に抜いてしまったようでした。また絶対安静で座ることも禁止されていたようですが、ベッドの上に座っていたから看護士さんたちにずいぶん怒られていました。お爺さんは少々認知症もあったのかもしれません。怒られてもあまり理解していないようでした。

このお爺さんの一件で、その後は看護士さんが一晩中お部屋に常駐していました。でも看護士さんは患者さんを静かに見守っていたわけではありません。看護士さんはなんとお部屋にノートパソコンを持ってきて、お仕事をしはじめたのでした。夜の静寂の中、スピーディーに勢いよく叩き込むキーボードの音と頻繁になるナースコールでわたしは一睡もできませんでした。

翌日の朝、わたしに強く入院を勧めた主治医は「ききさん、昨日は眠れましたか?」と聞いてきました。

「まだ(入院生活に)慣れていないので。そのうち慣れてきます」

わたしの返答に先生は即座に首を左右に振って言いました。

「ここは(眠るの)無理だよね」

先生も(ここは)普通の人でも眠れないところだってご存知だったんですね……と、わたしは曖昧な表情を浮かべました。

「今日、CTを撮って(脳の)出血が止まっているか確認できたら、他の部屋に移ってもらいますから」

『前日に撮ったCT』と『この日に撮ったCTの画像』を比べて、出血は止まっていることがわかりました。わたしは大部屋を希望しましたが、大部屋が満室だったので、大部屋の料金で個室に移ることになりました。

個室は初めてです。トイレ付きのお部屋でした。



モニターのケーブルは外され歩くことも許可されました。わたしは家族にブラウスを持って来てもらって、ボタンの留め外しの練習を始めました。

脳出血が起こる前は、左手のみでボタンを見なくても簡単に外していました。でも今は目をつぶるとボタンと生地の違いがわかりづらくなっていました。物に触るだけでとても不快な感覚が脳に伝わりました。また筋肉をコントロールする能力も落ちているような感じがしました。

わたしは小学一年生の時に交通事故に遭い失語症を経験しましたが、その時も筋肉をコントロールする能力に障害が出ていました。わたしは今でている症状と事故に遭ったときに経験した症状と何が違うのか自分なりに分析してみようと思いました。



.。oO ☆ O o。. ☆  .。oO ☆ O o。. ☆ .。oO ☆ O o。. 

話しは変わりまして、

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出たので、勤めていたお店は自主的に休業を決めました。

昨日の夕方の4時頃、急に休業が決まり、休業の間、特別無休にするか年休にするか個人個人で決めなければなりませんでした。いつまで休業するのかも分からず、わたしは去年脳出血で入院したこともあって、年休は体調の悪い時に使おうと思い特別無休を選びました。

休業が決まったあと、お取り寄せを承ったお客様への連絡などの業務や、休業中に商品にホコリがつかないようにビニール袋などでカバーをしたりして慌ただしく時間が流れました。


昨日非常事態宣言が出ましたが、その前日にどの地域に非常事態宣言が出されるのか予告があったので、休業が決まったときも大きな混乱も起きませんでした。お客様にお電話で明日から休業することをお話ししても、反発もなく快諾して頂きありがたかったです。

帰りぎわ、いつもでしたら「お疲れさまです」と挨拶するのですが、「また会いましょうね」と互いに声をかけ合って、なんだか寂しくなりました。

今できることは、人と不必要な接触をできるだけ避けること。休業期間が1カ月続くのか、それ以上なのか分かりませんが、大人になってこんなふうに家で過ごせるなんて稀なことです。何か勉強に打ち込んで資格をとる準備をしてみるのもいいし、体力維持のためにトレーニングして美ボディ目指して次に仕事の仲間に会ったら驚かせてみるのも楽しそう。この日々を有意義なものになるようにスケージュールを作って自己管理した方がいいかもと思っています。





人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


京都市にある淀の河津桜。2月26日に撮影)



今回はわたしが脳出血したいきさつについて書いていきます。とはいってもわたしの場合、タイトルの通り朝起きたら脳出血していて、左側の肩から手にかけて痺れていました。でもわたしは脳出血しているとは思いもよらず、


単に「寝違えて痺れている」と思ってました。


調べてみると、脳出血はなんの前兆もなしに出血することも珍しくないようです。わたしの場合も全く前触れはなかったです。それにしても寝ている間に出血したのか、それとも起きた瞬間に出血したのかいまだに謎です。


さて、その日は仕事はお休みで、わたしはゆっくり家でくつろいでいました。でも後であの時のことを振り返ると、わたしはその日、広告のチラシなど特に「軽いもの」を持ったとき、よく落としていました。


なぜ物を落とすのかというと、わたしの左手は脳出血のために感覚が鈍くなっていました。物を持つ瞬間は目からの情報で脳に物を持っているということが伝わりますが、左手から目をそらすと、左手は感覚が鈍くなっていますので物を持っているという感覚があまり脳に伝わってこないようです。


「物を持っている」という感覚が脳に伝わらなければ、脳は左手の筋肉に力を入れ続ける必要はないと判断します。そして手の筋肉が緩み、物を落としてしまう……というわけです。


でもこの時のわたしは脳出血してるなんて全く考えてもいませんでしたので、翌日いつも通り出勤したのでした。


ところで、このブログをご覧にいただいている皆さま、わたしは脳出血になって三日後に病院に行ったのですが、本当はすぐに病院に行かないと大変なことになる症状なので、ご近所に脳外科がない場合はぜひ救急車やタクシーなど利用して診察を受けてください。


(立ち上がったり歩いたりするのも避けたほうがいいみたいです。立ち上がると血圧が上がって出血が進むことがあるので)


脳出血は脳卒中の一種で、脳卒中について分かりやすく書かれている『NHK健康チャンネル』をご紹介したいと思います。ぜひご覧下さい。


脳卒中の3タイプ:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 違いや前兆とは』

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_105.html



さてわたしは脳出血になった翌日、出勤して制服に着替えようとブラウスのボタンを留めようとしたその瞬間、自分の手に違和感を感じました。寒い冬の日に手がかじかむように、ボタンを留めようとすると手がこわばりました。ボタンが留められないわけではないですが、とてもぎこちなく明らかにおかしなことが起こっていると思いました。


ブラウスは襟のところにボタンでリボンをつける仕様になっていて、いつもなら左手でそのボタンを留めるのですがボタンを留めることはできませんでした。鏡には左手でボタンを触っているのが映っているのですが、ボタンを触っているのか、それともブラウスの生地を触っているのか、その感覚の違いが曖昧でボタンを留められず、結局右手でボタンを留めました。


そしてそのあとエプロンのリボンを腰のところで結ぼうとしたのですが、左手の感覚がやはりおかしくてなかなか結べず、5分ぐらいかかってなんとか結べました。


わたしは急に不安になってきて職場の人に相談しました。昨日から痺れがあること、ブラウスのボタンを留めたりリボンを結ぶのが難しいことなど話すと職場の人から「それはもう病院に行くレベルだ」と言われました。


どの病院に行ったらいいんだろうと思ったとき、一番最初に思いついたのは整形外科でした。だけど、この症状がもし脳からきているものならば、整形ではなく脳外科にすぐに行かないといけないと思いました。その一方、わたしは脳外科なんて大げさだなぁとも思っていました。でもわたしは以前、交通事故で失語症を経験して脳の後遺症の怖さを知っているので、念のために翌日近所にある脳神経外に行くことにしました。


その病院は携帯で予約ができるところで、わたしは朝の9時の時間に予約を入れました。そして診察が終わったら午後から出勤するつもりでした。この時もまさか本当に脳出血しているとは思わず、いつものようにお風呂にも入っていたのです。今考えると自分の軽率な行動が恐ろしすぎて唖然とします。


わたしは脳出血について本当に無知でした。その無知っぷりは病院に行ったときの言動にも現れました。


まず、一番最初に見てもらった近所の脳神経外科でのことです。診察を受けたとき、先生自身もわたしの様子を見て、まさか脳出血しているとは思ってもいないような感じでした。先生は「とりあえずMRIと血液検査をしてみましょう」と言いました。


MRIを撮って30分以上経ってから診察室に呼ばれ先生に最初に質問されたことは、「ききさん、左側(の脳の損傷)は交通事故の時のものですよね」というものでした。「そうです」と答えると、


「左側の肩や手が痺れ出したのは一昨日からですよね?」と聞かれました。


「はい」


「今回は右側で出血がありますね、小さな出血ですが。痺れも脳の出血が原因でしょう。血液検査は中止して専門の病院を紹介します」先生はMRIの画像で黒くなっているところを示しながらわたしに説明されました。


紹介先の病院が載っている地図を渡されると、その地図を見た瞬間、わたしはこの病院にどうやって行ったらいいんだろう、と思いました。その病院はわたしの知らない町にあり駅の近くでもなく、もしこの病院に通うことになったら面倒だなぁと思いました。わたしは思わず先生に尋ねました。


「先生、この病院、電車では行けないですよね?」「そうですね」と、先生。


「先生、違う病院を紹介して頂けませんでしょうか?」

「この病院はスタッフが充実していて、緊急の時は夜でも対応できるから」


先生の言葉を聞いて、わたしも脳の後遺症は怖いから緊急の時に対応できるところに行くほうがいいなと思い、それ以上先生にお願いするのをやめました。


そしてこのあと、わたしは先生を唖然とさせることを言ってしまうのです。


「先生、その病院には明後日の仕事の休みの日に行っていいですか?


わたしは脳出血しているということが分かったというのに、この後仕事に行き仕事が休みの日に紹介された病院に行こうとしていました。


先生は呆れて言葉も出なかったみたいです。無言でわたしをじっと見つめてました。


先生の様子にわたしは慌てて「今から病院に行きます」と言って診察を終えたのでした。


紹介された病院は午前中しか外来患者は受付けていないのでタクシーで行きました。受付で紹介状を見せて待合室で待っていると、すぐに看護師さんが車椅子を持ってきて「ここに(車椅子に)座って待っていて下さい」と言われました。また「立ち上がらないように」とも言われました。


わたしは大げさだなと思いながら車椅子に座りましたが、実は脳出血しているときに立ったり歩くのはとても危険なことでした


診察室に入ると先生がニコニコしながら言いました。


「車椅子に座るなんて初めてでしょう。立ち上がらずに座っていて下さいね


その後まず左側の脳のことについて聞かれました。「小学生のときに交通事故で陥没骨折したんですよね」と、先生はMRIの画像を見ながら、チラチラわたしを見て、そして「これ子どもときの怪我だから……」と、自分自身に言い聞かせるように先生は呟きました。


わたしの左側の脳はたぶん酷いことになっているのだと思います。でも実際のわたしは普通の人にしか見えないので、そのギャップに先生は……特に脳外科の先生はちょっと戸惑うみたいです。


そして、どこの病院でこの手術したのか聞かれたので、「〇〇救急センター」と答えると先生は「あぁー」とうなづいて納得したようでした。


そのあと先生は「今日、何でここに来ました?」と尋ねられましたので、「タクシーで来ました」と答えました。


「めまいはありませんか?」と先生。


「今はめまいはありませんが、去年体調を崩してめまいが出て耳鼻科に通っていました。なかなか治らず血圧が下がってきたので血圧を上げる薬を処方してもらってから段々良くなりました」


そう答えた瞬間、先生は驚いて


「血圧を上げる薬を飲んだんですか⁈」と、言いました。


先生の様子にわたしはキョトンとしていると続けてこう言われました。


「脳出血が起こるケースは、50代以上男性で血圧が高い人が興奮したとき、脳の細い血管が切れてしまうというのが多いです。もちろん女性も脳出血する人もいますが、どちらかというと男性の方が多いです」


先生はさらに続けました。


「あなたの場合、40代の女性で血圧も高くない。なのになぜ脳出血したのか、……もしかしたら何か病気が隠れているかもしれない。徹底的に検査をして再発しないようにするにはどうすればいいのか考えていきましょう。とりあえず一週間入院です」


いきなり一週間の入院を告げられて、わたしはとても戸惑いました。年末年始のとても忙しいときに突然一週間も入院なんて受け入れ難く、わたしは思わず言ました。


「一週間の入院ですか?それはちょっと困ります。せめて5日ぐらいで退院できないですか?」


「無理です。検査結果によってはそれ以上(一週間以上)もありえます」


一週間以上の入院もありえると聞いたわたしは、焦ってさらに食い下がりました。


「先生、今日検査すれば一週間入院しなければならないかどうか判断できるのではないですか?」


聞き分けのないわたしに、先生はイライラとした口調で「できません」とハッキリ言われました。


「先生、入院の用意をしていないので、一度家に帰ってもいいですか?必ず病院に戻って来ますから」


「ききさん、一度家に戻って症状が悪化して、その腕が麻痺でダランッとなってもいいんですか?」


わたしは先生の言葉に自分の腕がダランとなった姿を想像しました。仕事も大事だけど、症状が悪化して腕がダランッとなるのは絶対嫌だと思いました。


顔を上げると先生と看護師さんも厳しい表情でわたしを見ていました。二人の顔を見て、一旦家に帰って入院の準備をするのも無理だなぁと思いました。わたしは入院することに決めました。



.oO ☆ O o. ☆  .oO ☆ O o. ☆ .oO ☆ O o



話は変わりまして、



わたしは紳士服の店員なのですが、今週からマフラーや手袋などの防寒服飾をメーカーに返品し、春夏物の商品の売り場を拡大しています。今年の防寒服飾の売上はとても悪く、その兆しは去年の10月の消費税が10%になった時から見られました。加えてこの冬は暖冬で売上が伸びる12月になってもあまり売れず、冬物セールが始まる1月頃からコロナウイルスが日本でも報道されるようになり、お客様の来店数が減りました。


わたしが担当した服飾小物の在庫数は今年の1月時点で去年と比べて170%もあって、発注しすぎたと後悔しましたが、各店舗の在庫状況を見ると在庫数が去年と比べて300%超えしているところもガーン


売れなかった商品は買取って大幅に値下げして売るものと、メーカーに返品できるものがありますが、こんなに大量にメーカーに返品したのは初めてです。メーカーの悲鳴が聞こえてくるようで心苦しいです。






人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

去年の12月、脳出血になりましたが、今年の正月から職場に復帰しました。職場復帰から一ヶ月半ほどたち、だんだん気持ちも落ち着いてきました。


脳出血で少々後遺症が出てしまい、左肩から手にかけて痺れがあり、細かな作業をしようとすると手がかじかんだような感覚になるので、ちょっと不器用になってしまいました。また物を触った時くすぐったさと痛みが入り混じる感覚障害があり力も入りにくいです。


脳出血の当初は痺れが気になってなかなか寝つけなくて困りましたが、最近は以前よりも楽になっているような感じがします。


物を触ると以前とは触ったときの感覚が違うので、例えば買い物に行ったとき財布からのお金の出し入れが少々まごつきます。


けれど小学生のときは交通事故で左側の前頭葉を陥没骨折し、今回は右側の前頭葉で出血が起こったのに、普通の人に見えるような生活を送れるのは幸運なことだと思っています。


とはいえ、周囲の人に「それぐらいで済んで良かったですね」とか、「出血が右側で良かったな(左側だと言語障害が出る可能性があり、言語障害の改善は想像以上に大変ガーン)」とか、サラっと言われると心の中でムッとするわたしは



器が小さいですか?(笑)



さて、脳出血していることがわかって入院したわたしは、入院2日目に脳の出血が止まっていることが検査でわかりましたので自主的にリハビリを始めました。


シャツのボタンの留め外しの練習をしていたら、左手でボタンを触っても、触っているという感覚があまりなく、プラッチックのボタンであることは見て分かっているのに手で触った感覚からはそれが分からなくなっていました。プラッチック特有のツルッとした感覚が指から伝わってこないんです。


それに加えて肩から手にかけての痺れがあり、上手く筋肉をコントロールできずボタンの留め外しがとても難しかったです。(今は少々ぎこちないですがボタンの留め外しはできるようになり、感覚もよくなってきてます)


今回の脳出血で出た症状に対して、小学生の時に経験した失語症と比べて状況的にどっちが大変なことになっているのか考えると、


迷うことなく小学生のときの方がヤバイ状況だったことが理解できるわたしは、


脳出血したのに「このくらいで済んでいるなんて幸運だろう」と冷静に状況を分析するわたしと、


一方プラッチックのボタンを触ってもプラッチックだと分からなかったり、ボタンの留め外しが難しくなったことに落胆するわたしがいて



なんとも複雑な心境でした。



また、この年齢で二度も脳の後遺症に向き合うことになることを思うと、なんとなく「わたしって可哀想?」と考えてしまって泣いてしまいました。……ですが、15分ほど経つとだんだん冷静になっていき、泣いて時間を過ごすよりリハビリした方がいいよね、と思う自分がムクムクと出てきました。



痺れや感覚障害は不快なものとして脳が判断しますので、その感情に従いたいというわたしと、脳出血したのにこの程度で済んで運がいいと思うわたしがいて、



なんと言うかわたし自身も



面倒臭いです。



仕事に復帰したての頃は作業スピードもとても遅かったのですが、徐々にスピードが上がってきて、今では普通に仕事をしているように周囲からは見えるようです。


でも、わたし自身は脳出血する前と後では明らかに違うことがわかるので、その辺りのことを「理解してほしい」という気持ちがとても強く、


周囲の人から「大丈夫そうに見える」と言われると、


反発しそうになるわたしがいます。


つまり普通に仕事しているように見えても痺れや感覚障害は不快なものなので、不快な感覚に耐えて仕事してることを理解してほしい、ってことなんですよね。


わたしは失語症の経験から、脳の後遺症は改善することはあっても完全には治らないと思っています。ですから今回の脳の後遺症についても「不快な感覚から完全に解放されることはこの先ない」と思っているところがあります。例えば小学一年の時に経験した失語症については、わたしは普通の人のように会話しているように見えても、「言葉を思い出すこと」と「思い出した言葉を正確に発音していくこと」は今でも苦手なことで、会話ではこの苦手な二つの能力を同時に使わないといけないので今でもしんどいです。わたしの失語症は確かに大きく改善しました。でも会話を楽にできるようになったわけではありません。



まぁ、とにかく、



「自分のことを理解してほしい」という気持ちに心を支配されそうで今の自分は嫌です。



ところで、なぜ「自分のことを理解してほしい」という気持ちに心を支配されるのが嫌なのかというと、


「自分のことを理解してほしい」という気持ちもありのままのわたしですが、


脳出血を経験したのに症状が軽くて良かったと思う自分もありのままのわたしだからです。


ですから「自分のことを理解してほしい」という気持ちに心が全て染まってしまうのは望んでいません。冷静に分析していくわたしも大事にしたいです。


脳の後遺症を乗り越えていくのに大切なことは、自分自身を律していく自己管理能力を高めていくことだと思っています。これは失語症を経験して思ったことです。とはいえ、脳の後遺症を経験したことのない人に自己管理能力を鍛えろとアドバイスされたら、きっとわたしはムッとします。……やはり今のわたし面倒臭い自分になっています(汗)


この先数年は面倒臭い自分とどう折り合いをつけていくのか、また後遺症についてどんな工夫ができるのか模索する日々になると思います。


周囲の人がかけてくれる言葉は時々イライラすることもあるけど、たとえそうであってもわたしを気づかって声をかけていただいているのですから、まずはそれに対しての感謝の気持ちを伝えられるようになりたいです。仕事に復帰したての頃は、そういったことができなかったことがよくあり今振り返ると恥ずかしいです。


日々修行だな、と思う今日この頃です。



人気ブログランキングへ

☆このブログを初めてご覧頂いた方へ☆

このブログは主にわたしが経験した失語症について書いています。


失語症に関する記事は
こちらからご覧下さいませ。
失語症に関する主な記事の一覧表でございます。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆