†Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

†Pandæmonium†劇団TremendousCircus公式ブログ

私達は、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的で熱い芝居を創る、東京の劇団です。

劇団TremendousCircus公式HPへはこちらから→

http://kosoryodan.com/tremendous/



コメント&メッセージは受け付けておりません。
公式HPからお寄せくださいませ(ぺこり)

テーマ:
御来場ありがとうございます。
公演の最後のご挨拶はいつも、作演出で、今回は主演まで肩書きがついてた、田中円が書きます。
とはいえ、大事なことは劇場で頑張って伝えたつもりなので
こうして
日常に戻り
ぼんやり浮かぶ思ひ出をたらりらと
語りたいなと思ったり。
ブログなのできっとこういう記事でお客様が減ることもないんじゃなかろうか。
お客様いつもありがとう。

お金好きって堂々という人ってちょっと下品。
お金のシステムがなんかおかしいことはみんなうっすら分かっている。
一人にこんなにもお金が集まるの、変。
縄文時代にはわけあえたものが
今は分け合えない。
人間はそういう意味ではお金の奴隷で、退化しているのだ。
急にごめんなさい。
たまに、お金にうんざりする。
もっと美しい人の生き方があるのではないかと
お金の蟻塚に群がるような
生き方が、嫌になります。

私は公演で殺人犯を演じたわけです。
袖幕の中に隠れながら、色んなことを考えました。
やっぱり、あの話は、殺人犯を擁護するような部分あったわけです。
悪とは、社会の歪であるのならば
やっぱり悪をなくしたい。
知的障害者が人を殺しても罪に問われないのに
人を殺すことに快楽を得る、一種の病気の人間が、殺すと罪に問われるのは何故か、とか。

本日は第一次世界大戦終戦から100年だったらしくて
式典で首相同士が平和を語り合っていたけど
なんだか不思議だった。
お金や、利益に群がらなければ
人は生きられないのか
必死に生きることで
獲物や木の実や貝をわけあって食べた
縄文時代みたいに生きられないものか
人と寄り添う温もりが何よりも尊いことを私は知っている
誰もがどこかで知っているのになぁ

話題を元に戻します。
そんなこんなで
どんな犯罪も突き詰めれば
社会のせいなんじゃーとか
暴論と気付きを袖幕の中で得たりもしました。
誰かが誰かを傷付けることは
私達表現者がそこで敗北したのではないか、と考えています。

犯罪を犯す時や
少なくともその前後にはきっと怖くて震えて泣き叫ぶような時があって
瞬間の快楽に堕ちてしまったとして
それはやっぱり同じ人だから
地続きなんだと思うんです
自分が自分を裏切るようなことって
私は良くあります。
うちの近くで家族が子育てしてるんですけど
毎日子供を怒鳴る声が聞こえて
何度も児相に通報しているんですが
駐車場を子供が引きずられていくのを見たことがあって
もう泣き叫ぶのにも疲れたのか
膝とかズタズタなのに
無表情なんです
彼と彼の未来のために
演じたつもりです
偽善と知りながら

人前に出て
演じさせて頂くことは
本当に幸せなことです
もっともっとよきものが届けられるように
死力を尽くします
あなたの為に

この度は本当に御来場ありがとうございました。
またよろしく御願い致します。
愛を込めて。

田中円

テーマ:
ブログでは二度目まして!!ヤマモトリョウです!

まずはカウントダウン動画から
@kosoryodanさんのツイート: https://twitter.com/kosoryodan/status/1056549852601974784?s=09

すっげぇかっけー二人だ……



わたくしヤマモトリョウは……
劇場でのお楽しみ!!!
ちなみに前回の舞台ではこれ


今回は………フフフ………



さてその話は置いといて!
明日はついに小屋入り!ご来場の皆さんにお楽しみに頂くために二日間かけての準備です!
二日かけて準備を行う劇団さんは自分は初めてです。
相当すごいことになりますよ~!出演する自分もわくわくです!!楽しみ~

さてさて前回のウランさんのお題ですが
「ハロウィンの”良き”思い出は?」
でした。

実は自分、過去二年間はハロウィンの日に渋谷でスーツ姿に紙袋を被りチョコボールを配ってました。

今回も会場で配ろうかな……
お楽しみに!!


さて次の方へのお題は……
「衝撃を受けた芸術作品は」

でどうでしょう?芸術の秋と言いますからね。
芸術作品と言っても色々あります。舞台 ドラマ 映画 アニメ 音楽 小説 漫画…etc
自分は衝撃を受けたといえば映画「ミスト」ですね。あれは衝撃でした。尾を引くレベルで。二日は引きずってましたね笑
良いもので言えば、ミュージシャン amazarashiさんの楽曲ですね。
でも今回舞台で使うDee Lee兄貴の楽曲もヤ バ イ で す よ 。カ ッ コ よ す ぎ る 。

予約を済ませた方も、まだの方もお楽しみに!!
あとまだの方は、席が少なくなってます!予約をオススメします!!

それでは、会場で!!



女子高生みかんちゃんに目を背けられる俺
これも会場でのお 楽 し み


テーマ:

またお会いしましたね、小池ウランです。

 

とうとう大詰め。どうでもいいんですが、「大詰め」って”芝居の最後の幕”を意味する言葉が転じて、”物事の最終局面”を指すようになったそうな。4日前カウントダウンを公開したのが昨日なので今日は3日前。カウントダウン動画は、こちら。

これから毎日動画がアップロードされるんでしょう。どうぞ「青髭」への募る思いを、こちらの動画で盛り上げていただけましたら幸いです。

 

さて、昨日はドレスリハーサル、略して「ドレリハ」でした。

いやね、ちょっと思い返して調べたら、前回出演作の雪白姫のブログ更新でも、ドレリハの日にブログ担当だったんですね。一体何の因果なのか…、でもまだ皆様にはお見せできない登場人物もおりますので…ドレリハの写真はお見せできず。

 

じゃ、前回に引き続いて稽古風景の写真でも。

笑顔は絶えない稽古場です。これがどんなシーンかは、お会いした時のお楽しみ。

真剣に舞台上の見せ方について話す機会もあれば、

カメラに気付くとポーズを決める人は少なくない…。

 

お気づきでしょうが、写真撮る人は映りません。チクショウ(え)

 

==========

 

さて、一つ前にブログを更新した瀬田氏からのお題は…「もし突然目の前に猟奇殺人犯が現れたら貴方ならどんな対応をする?」

おっと。

私、舞台役者をする以外にミステリーイベントの制作もしているのですが、まあ猟奇殺人犯を創作することは間々あるのですよ。それで、ミステリーイベントを制作しているとよく聞かれるのが、殺し方などを考えるので殺人に興味があるんじゃないかって言われるんですが、私の場合少し特殊で、どっちかっていうと被害者の気持ちになるのが好きなのです。被害者的にどんな殺され方をされたらいいのか、考えるようにしてますです。という視点から言うと、猟奇殺人犯なら何人も殺しているだろうから、その人間に思い出してもらえる方法をとると思います。それが抵抗なのか、反撃なのか、あっさりなのかは犯人の特性を考えつつ…って、きっと犯人を前にしたら考えないで意外とあっさり死ぬんだろうな。じゃあ答えは「抵抗しない(条件付き)」で。

 

では、次の更新者の方へのお題。「ハロウィンの”良き”思い出は?」。

何となく、こういったイベントものの思い出って失敗からの笑い話が多いと思うので、ここは(更新者本人が考える)成功譚、笑い話でも良き思い出を聞けたらな、と。私の良い思い出は…うーん…ミステリーイベントとハロウィンがかぶったため、拷問されて死んだ被害者の特殊メイクと撮影に精が出たって話ですかね。実は、街や遊園地系のハロウィンイベントに仮装して参加って経験がないのですよ。いつかやってみたいなぁ・・・。

 

それでは。もう次にお会いするときには、城ですね?

皆様とお目にかかれますこと、楽しみにしております。

小池ウラン(@Uran_Bird

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス