こんばんは。

 

こわがり・無気力なまじめちゃんの行動力を上げる!

不登校・発達障害カウンセラーの

かなえです。

 

 

まもなく2学期が始まる。

そんな今、

「あー、また学校か・・・」

 

そうため息をついている子も

いるかもしれません。

 

学校に苦手さを感じる子。

 

いろいろな要因があると思いますが、

中でも「人間関係」

あげる子はかなり多いです。

 

今回はそんな

人間関係に悩めるオトメについて

お伝えします。

 

 

 

 

 

  人間関係に悩む子のつまずきポイントとは?

 

発達障害のお子さんで、
コミュニケーションの苦手さがある
子は多くいます。


コミュニケーションと言っても
いろいろなタイプの苦手さがあり、


中でも「視覚優位で聞くことが苦手」
というお子さんの場合、


見たものでパッと理解していくため、
聞くことになかなか意識が持てないのです。

 


高学年になると
「聞いて動く」という場面が
圧倒的に増えます。


その時、男の子に比べて
女の子の方が聞く力を
求められる場面が多い
です。

 


例えば休み時間。


男の子は身体を使った遊び
楽しむことが多い。


一方女の子は
お友達と一緒に
おしゃべりで楽しむことが多い。


おしゃべりは「話す力」も
必要ですが、

それ以上に「聞く力」がないと
成り立ちません。


聞く力がないと、

・おしゃべりについていけない

・少しずれた反応を返してしまう。

こんなことが起ってしまいます。


すると
友達から笑われたり

先生から叱られたりする
ことが増えてしまいます。


こうして学校で失敗体験を
積み重ねてしまう。

そして自信を失ってしまうのです。
 

 

  おうちでできる!コミュニケーションの不安を減らす方法

 

コミュニケーションが苦手なお子さんには、

 

まず「聞いて動けた!」という体験

たくさん積んでほしいと思います。

 

 

 

そのためには、
聞きやすく話しかける工夫が

必要です。

 

 

 

 

どんな工夫かというと、

 


1.説明の言葉自体を短くすること。

2.話すスピードはゆっくりめ。

 文を区切って話す。

 

3.笑顔で話しかける

 

4.視線を合わせる。

 

 


こんなことがポイントです。

 

その体験は、集団の場よりむしろ

お家の中の方が身に着けやすいんですよ。

 

 

では具体的に上の4つが

なぜ大事なのか。

 

次回お家で取り入れるにあたって

気を付けるポイントを交えて

お伝えしますね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 


不登校・ひきこもり育児ランキング

こんばんは。

 

こわがり・無気力なまじめちゃんの行動力を上げる!

不登校・発達障害カウンセラーの

かなえです。

 

 

子育てをしていると、

 

「こんな時、

何といったらいいの?」

 

と悩むこと、ありませんか?

 

 

よく効く「魔法のセリフ」があったら、

知りたいですよね?

 

 

はい、私も100%効く言葉があったら

「知りたーーい!!」

 

 

でも残念ながら

どんな子にも、

どんなときにも効く言葉は

ありません!

 

もちろん効果的な言葉

というのはありますが・・・。

 

 

ではどうするか?

 

 

いろいろ言葉の仕入れ

しておくのも有効でしょう。

 

でもその中から

どんな声かけをするかは、

お母さんの普段の観察力

必要になってきます。

 

 

3291865_s.jpg

 

 

今日の体調はどうかな?

 

今こんなこと言っているけれど、

どんな感情かな?  など・・

 

 

 

特に思春期は

ホンネを隠しやすい時期です。

 

だからこそ

普段嬉しいときはどんな声色

悲しそうなときの表情はこんな感じで・・

ということを知っていると、

 

今ぴったりな声かけをすることが

できるのです。

 

 

言葉そのものも大事。

 

だけど声かけのタイミング

もっと大事!

 

普段何気ない時の

表情や態度を

しっかり把握しておくことで、

タイミングを間違えずに済みますよ。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
不登校・ひきこもり育児ランキング

こんばんは。

 

こわがり・無気力なまじめちゃんの行動力を上げる!

不登校・発達障害カウンセラーの

かなえです。

 

 

今回は

「発達障害は、男の子に多いの?」

ということについて

お話します。

 

 

 

わが子は女の子。

 

 

前回まで

私の今までの子育てについて

書いてきました。

 

お読みいただいた方の中には

 

「そんなこと、発達障害でなくたって

よくあるよね」

 

12年も発達障害に気づかないなんて

鈍い母よね」 

 

などという思いを持たれた方も

いらっしゃるかもしれません。

 

というのも、本当にこうした意見は

私自身が直接言われてきたことだから。

 

 

言い訳するつもりはありませんが、

今回お話しすることは、

 

障害をお持ちのお子さんを持つ

ご家族だけでなく、

 

むしろ身近にそういった方がいない

という方にも知っていただきたい

 

そんな内容です。

 

 

  発達障害 男の子と女の子のちがい

 

男の子はわりと

刺激に対してすぐに反応してしまうので、

 

不快なことがあると

すぐ手が出てしまったり

暴言を吐いてしまったりして、

 

注意されることが多く、

周りの大人が気づきやすい。

 

 

それに対して女の子

特に自閉症スペクトラムの子は、

空気を読んで行動できてしまう。

 

すごく繊細でもあり、

 

ちょっとした声色の違い、

表情筋の動き方、

姿勢など

 

恐ろしいくらい見抜くことも。

 

だから「問題ないね」

と大人からは思われます。

 

 

こうして見過ごされることが多いのが、

女の子の発達障害なのです!

 

 

 

 

実際私も今まで、

発達障害の子を持つ親の会や、

講演会・勉強会に

参加してきました。

 

直接お話したのは

200名弱くらいでしょうか。

 

そのうち女の子のお母さん、

何人くらいだと思います?

 

 

なんと8人!

 

5%を切るくらいです。

 

 

療育センターや

支援学級にお子さんを

通わせているという方に聞くと、

 

みなさん「男子校みたい」

と言うほど、

女の子が少ないようです。

 

 

でもね、本当に

女の子の発達障害が

少ないのかというと、

そうではなく、

 

「発見されないだけ」

というケースも

案外多いのでは、

 

ということも言われています。

 

 

最近「大人の発達障害」

という言われ方で

報道などで耳にされた方も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

実は大人になって

発達障害と言われた方を見てみると、

 

学生時代は言われたことを

きちんとやってできてきた

 

という女性が多いのです。

 

大人になると、

女性は特に

仕事だけでなく

家事・育児と

やることが多い。

 

 

学生の時のように

言われたことをやっていただけでは

回っていかない。

 

そんな時に心を消耗して

うつ精神疾患として受診すると、

実は発達障害だった。

 

そんなふうに診断される女性が

多いのです。

 

 

  女の子の発達障害 気づかれないまま過ごすと・・・

 

こうして

大人になるまで

気づかれなかった発達障害の女性。

 

このような方は


 

・周りも気づかないから

 心配もされない。

   ↓

・当然、支援もされない

   ↓

・特性があるとは思わず、

 「自分の能力が低いから

 うまくできないんだ」

 と自分を責めてしまう。

   ↓

心を壊してしまう。

 

このような状態になって初めて

気づかれるのです。

 

 

また、本人自身も

「学生の時はうまくやれていた」

という自負があるので、

 

 

「診断なんて必要ない」

「支援されたくない」

など、なかなか発達障害を

受け容れられず、

 

支援に繋がりにくい、

そんな状況もあります。

 

 

そうして鬱々とし、

ひきこもってしまうことが

多くなるのです。

 

 

  大人になるまでにできること

 

こうして、自分の特性に気づくことなく

大人になってから苦しむ女性。

 

こうしてツライ思いをしなくて済むために、

家庭でできることはあるのでしょうか?

 

 

それは

「できているかどうか」

だけでなく

 

「疲れ具合がどうか」

 

この視点を持っていただくことです。

 

 

自閉症スペクトラムの女性は、

空気を読んで行動できてしまう分、

 

なんとか人並みにやれていても、

実はすごく神経を使っている。

 

とっても疲れているんです。

 

 

極度に疲れていると、

疲れすらも感じないという

 

感覚が鈍くなる状態に陥ることも。

そしてある日突然倒れる。


「失敗したくない」

「怒られたくない」

 

という想いを一生懸命隠すために、

日々カムフラージュしているのです。

 

 

「自分」を生きていない。

いわば、自分を捨てて過ごしている。

 

そうすると、

 

やりたいことなんてない。

生きている意味がわからない。

 

 

そんなふうに、

どんどん鬱々としていくのです。

 

 

そうならないためにも、

「疲れ」というところを

見ていただきたい。

 

 

例えば

いつもより食欲がないな、とか

 

大好きなゲームをする時間が

極端に多いor少ない

 

目線が定まらないなど、

ポイントは

 

「いつもと比べてどうか」

で把握してみてください。

 

 

特に子どもが好きなこと

得意なことで上記のような

言動が見られるときは、

 

疲れMAXかも!!

 

 

本人が疲れを訴えなくても、

 

おいしいおやつを用意して

休憩時間を取らせたり、

 

「○分経ったら休憩しよう」

と先に決めておいた方が

いいでしょう。

 

 

まじめな分、

「休む」ということが

うまくできない子が多いですから、

 

休めたときに褒めてあげることも

実は重要なのです。

 

休むことに「罪悪感」を

抱かせないような対応を

心掛けてくださいね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 </
不登校・ひきこもり育児ランキング

こんばんは。

 

こわがり・無気力なまじめちゃんの行動力を上げる!

不登校・発達障害カウンセラーの

かなえです。

 

前回は

2年越しに発達検査を受けたときのことを

書きました。

 

 

 

 

発達検査を受けた後の様子を

今回はお伝えします。

 

発達検査を受けさせようかと

考えておられる方、

既に検査を受けた方、

 

どちらの方にも

今一度考えていただきたい

大事なポイントがあります。

 

ぜひ最後まで

お付き合いくださいね。

 

============

 

検査から1か月後、

予約が平日日中になったこともあり、

一人で結果を聴きに行った私。

 

結果は

「自閉症スペクトラム」(ASD)

 

 

やっぱりそうだったんだ。

 

結果を受けて、

私はスッキリしました。

 

 

診断が下りて、

受け容れられる人と

受け容れられない人、

 

どちらもいます。

 

 

それまでの子どもの状態を

どう捉えていたか、

 

どんな経緯で受診に至ったか、

 

それによっても違いますので、

受け容れられないことを

誰も責めることはできません。

 

 


私は結果を受け容れた。

 

ただ娘にどう伝えるか。

 

 

どうやって受けさせるかに

注力していた私は、

 

診断が下りたことを

どう伝えるか、

事前にあまり考えていなかったのですガーン

 

 

そこからまた悩みました。

 

 

新しい中学生活で

必死だった娘は、

 

しばらく検査のことは

ほぼ忘れていたようです。

 

 

が、やはり、

自分のことを把握しておくことは

これから大人になるにつれて必要。

 

 

なので、最初ははっきりと診断名は告げずに、

「聞くより見る方が得意みたいだね」

「復習より予習に力を入れたほうが

いいみたいね」など、

 

日々の生活の中で、

娘の特性を伝えていきました。

 

 

すると

「やっぱり私は授業で初めて聞くより、

教科書で先に見ておいた方が

わかるんだ」と

 

本人も納得。

 

 

特に学習面で、

特性を活かした勉強法がわかり、

 

最初の中間テストでは、

クラス最高位を取った科目も。

 

 

発達検査って、

単に診断名をもらうだけでなく、

 

その特性をどう活かし、

環境調整も含め、

困りごとをいかにラクにかわすか

工夫できるきっかけになるな、

 

そんなふうに感じました。

 

 

とはいえ、本人は

「IQが知りたい」と言って

受けに行ったわけですし、

 

検査の結果を

何も言わないわけにもいかない。

 

 

大人になってから診断名を告げるのも

「どうして言ってくれなかったの?」となる。

 

何より、強みも弱みも

自己理解をして、

社会に出ていく方がいいだろう。

 

 

そんなことで、

半年ほど経ってしまいましたが、

本人に告知することにしました。

 

 

「あなたは○○が得意だね。

だけど○○に苦手を感じやすいみたい。

 

傾向としては

自閉症スペクトラムというもの。

 

 

誰にも得意と苦手があるけれど、

ちょっと人より得意と苦手に差があって、

 

自分の困りごとやつらさを

なかなか人に気づいてもらえないかもしれない。

 

決して恥ずかしいことではないけれど、

言いにくいことがあったら、

まず親に言ってね。

 

学校の先生に困りごとを伝えて

配慮してもらうこともお願いできるけど、

どうする?

 

そんなふうに話をしました。

 

 

すると

「それって発達障害なんでしょ?」と。

 

 

娘もなんとなく自分のことについて

ネットで調べていたようです。

 

隠さず「そうだよ」と伝えました。

 

 

案外娘は落ち着いて聞いていました。

 

そして

「口で指示されてもわからないのは

長い文がキャッチできなかったんだ。

 

TVを観る時、字幕にしたくなるのも

そういうことだったんだ」

 

と、自分の特性について、

納得していました。

 

 

感覚ってそれぞれなはずなのに、

誰でも自分の感覚と相手の感覚が

同じだろう、と

思ってしまいやすいんですよね。

 

でもそうではない。

ということを娘は検査を通じて、

冷静に受け留めていました。

 

「今自分のことが分かったことで、

これから生きやすくなるよ。

 

自分のことが分かるって

本当に大事なことだから。」

 

そう伝えると

「うん、今わかってよかった」

そう答えました。

 

 

でも「配慮はされたくないから

先生に言わないで」

とも言われました。

 

 

  発達検査を受けたら・・・その後どうする?

 

本人に告知するのかしないのか。

 

ここは本当に判断が難しいところです。

 

 

年齢や、本人がどれほど困っているか、

検査を受けることに対して

どんな思いで臨んだのか。

 

それらによっても、

ベストな選択は変わってきます。

 

 

どんな状況であれ、

できれば、検査を受ける前に

親が告知に関してどうするか、

考えておいた方がいいかと思います。

(私は無計画過ぎました滝汗

 

 

伝え方も、

診断名を言うのか、言わないのか。

 

特性だけ言うのか。

 

何か困ってそうなときだけ

「もしかして○○に困ってない?」

と声掛けしてあげる など。

 

いろんなやり方があると思います。

 

 

どんなやり方でもいいと思いますが、

思春期ともなると

進路選択など、

 

将来のことを考える機会が増えるため、

やはり自己理解は大切。

 

 

また、思春期は

周りと比較しやすい時期。

 

できないことにフォーカスしてしまい、

自己否定する子が増える時です。

 

 

そのような時期に

自分には強み・弱みがあって、

 

こんなふうに強みを活かして、

苦手は工夫してかわせばいい、

 

これを知っているかどうかで、

ずいぶん生きやすくなると思います。

 

 

実際二次障害で、

うつ病などになってしまう子もいますが、

 

自分も周りも特性をわかっていることで

そうなることを回避できることも

多いのです。

 

 

ですから

障害があろうとなかろうと、

 

思春期までに

強みと弱みを伝えてあげることは

大事かなと思います。

 

 

検査を受けていなくてもいいです。

今一度、お子さんの強み・ちょっと苦手なところ、

まずはおうちの方が把握して、

少しずつ声かけしてあげてはいかがでしょう。

 

案外「私ってそれ、得意だったの?」

分のことをわかっていないこともあります。

 

 

強みはしっかり伝え、

 

弱みは「こんな時、困っている?」と

寄り添って、一緒に解決法を考えていく。

 

そんなことをしてあげてみてください。

 

 

夏休みでおうちにいることが多いからこそ、

今がチャンスですよ!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
不登校・ひきこもり育児ランキング

こんばんは。

 

こわがり・無気力なまじめちゃんの行動力を上げる!

不登校・発達障害カウンセラーの

かなえです。

 

 

すっかりシリーズ化した

【わたしの子育て】

 

 

ここまで9回お届けする中でも

度々「この子は何か

他の子とは違う気がする」

 

という部分を書いてきました。

 

 

でも「気のせい」と言えばそうかも、

というレベル。

 


娘が小4の時、初めて私は

「発達障害」という言葉に出会いました。

 

その頃の話▼

 

 

 

受験が終わり、

中学に入るタイミングで

 

それまで拒み続けていた

発達検査をいよいよ

受けることになりました。

 

今回はそのお話をします。

 

=================

 

「発達障害かも」と気づいてから

実に2年以上

 

 

なぜそんなに診断を受けるまでに

時間がかかったのか。

 

 

理由は2つあります。

 

 

まず1つ目。

どの病院も予約がビッシリ

 

半年待ちは当たり前。

そんな状態でした。

 

それでもとりあえず私は

すぐに予約を入れました。

 

 

そして理由の2つ目。

本人が行きたがらない。

 

 

小4ともなれば思春期。

だんだん「自分とは」という

アイデンティティー

確立していく時期。

 

その時期に

「発達診断を受けに行こう」

と言っても当然

「なぜ?」となるわけです。

 

受診を提案するだけで

子どもは親から

 

「私は変な子と思われている」

 

そう思ってしまいます。

 

思春期以降、受診に繋がらないのは

こんな理由のことが多いのです。

 

 

でも本人が行かないと

どうやっても診断はできない。

 

 

スクールカウンセラーに

相談しに行っても、

 

学校の先生は「問題ない」と言う、

母の私は「困っている」と言う。

 

「じゃあ本人は何に困っているの?」

と聞かれても、何に困っているのかわからない。

 

 

カウンセラーさんも

なかなか解決策を見いだせなかった。

 

確かにこのような状況では

判断が難しいかとは思いますが・・・。

 

 

そうして受診するまでの2年、

 

本人が何かモヤモヤしてそう、

だけどはっきりとした困りごとが

わからない。

 

そんな状況でした。

 

 

 

そしてひょんなことから

中学受験を終えた頃、

発達検査を受けることに!

 

 

あんなに拒否していた娘が

なぜ「受ける」と言ったと思います?

 

きっかけは、クイズ番組びっくり

 

 

その頃、大学生がクイズ番組に出るのが

流行っていて、

 

「IQいくつ」というのが

よく言われていたんです。

 

 

それで番組を観ながら

「私はIQいくつなんだろう」

 

そうつぶやいたのです。

 

 

そこで「調べたい?」

と聞くと「もちろん」と。

 

 

本来の発達検査の目的は

IQの数値だけを調べることではない!!

(ここはみなさん間違えないでほしいです‼)

 

 

でも検査に繋げ、

本人の困りごと・つまずきがわかり、

 

大人になる前に対応してあげられたら、

本人もきっとラクに生きられる。

 

 

その想いで、

動機は不純でしたが

受診する運びとなりました。

 

 

  これだけは気を付けたい!なかなか受診できないとき

 

本人は受診したがらない。

でも何とか早めに対応してあげたい。

 

 

私はそう思っていました。

そして、もしかしたらこれをお読みのあなたも、

そう思われているかもしれません。

 

 

私の個別相談を受けに来られる方も、

本当にこの件でお悩みの方が多いんです。

 

 

中には

「もう、だましてでも

連れて行こうかと思います‼」

そうおっしゃる方も。

 

 

気持ちはよくわかります。

 

 

でもだましたり、

無理やり連れていくことだけは

絶対やめていただきたいのです!

 

 

だまして連れていっても、

結局わかる。

 

 

「この検査、何?」と言われて

「実はね」と本当のことを言えば、

 

「だまされたー--!!!」ガーン

となるわけです。

 

そうなると親子関係を

戻すのに苦労します。

 

 

診断が出て対応しやすくなることもある。

 

でも診断がなくたって、

実は対応の方法さえ知っていれば

 

ゆっくりであっても

必ず発達していけるのです。

 

「そんな方法があるの?」

・・・あるんです!

 

 

次回はそんなところを

お伝えします。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
不登校・ひきこもり育児ランキング