子どもの発達段階別「子育てレシピ」 鈴森あかり

子どもの発達段階別「子育てレシピ」 鈴森あかり

子どもの発達段階別で考える、子育てのお悩み解決術!
どんな素材のお子さんも輝きだす今日から使える発達段階別「子育てレシピ」公開中!!

NEW !
テーマ:

 

ドキドキドキドキ 6月の講座ご案内ドキドキドキドキ

 

流れ星「ココロ貯金」入門講座流れ星

こちらの講座は、
「ココロ貯金」講座シリーズ(ベーシック アドバンス マスター)の講座をダイジェスト(要約)で学べる講座です。

まずは、

〇「ココロ貯金」を知りたい方

〇子どもが変わる方法を早く手に入れたい方

〇よりよく子育てがしたい方

〇子育ての迷いや悩みを解決する糸口が欲しい方

 

そんなお母さんにピッタリの講座です。

 

 

【講座内容一部紹介】

☆「ココロ貯金」の貯め方

 

☆怒り方 叱り方 褒め方 認め方

 

☆「イライラ感情」「不安感情」との付き合い方 

 

 

【受講ママの感想から】

☆わかっているつもりでも、なかなかうまく実践できていないなぁと、思います。認め方、ココロ貯金の貯め方が、具体的でわかりやすかったです。

根気強く、子ども達のありのままを受け止めて、まずは、自分が変わりたいと思いました。子育てに、いつも迷いや不安があったように思いますが、少し解消されました。
 
☆下の子が産れて、上の子の接し方に悩んでしまいました。講座を受けて毎日の接し方が変わると、上の子が下の子のお世話をするようになり、思いやりももつようになりました。今までよりも安定してきたように思います。教わった事を忘れず続けていきたいと思います。

ベル子どもの伸ばし方がわからない方

 

ベル子どもに イライラ ガミガミしてしまう方

 

ベルもっと子育てを楽しみたい方・子育てが辛い方

 

これさえ知っていれば、もう子育てで迷いません!


こちらの講座を受講されますと、「ココロcafe 」月イチの勉強お茶会にて継続してお勉強して頂けます。

■子育て心理学講座☆ココロ貯金入門講座■
ココロ貯金入門講座1
 6月15日(金)10:00~12:00
ココロ貯金入門講座2
 6月22日(金)10:00~12:00

入門講座1と2で、ひとセットです。

【場所】申し込みされました方に直接ご連絡致します。
          (帯広又は、 音更)
【受講料】12,960円/全2回3時間の講座内容
      当日会場にて頂戴致します

【申し込み】こちらから

【締め切り】 6月8日(金)
        

※日時が合わない場合、受講者様に合わせる事も可能です。ご連絡下さい。

>>ココロ貯金入門講座について詳しく知りたい方はこちら<<
こちらの講座は、お子様連れをご遠慮いただいております。
託児を希望されます方は、有料となりますがお問い合わせ下さい。
(人数、年齢によりますが、1時間500円~1000円程です。)

【託児締め切り】 6月8日(金)


流れ星オンライン「ココロ貯金」入門講座流れ星

スカイプ又は、ZOOMを利用したオンライン講座です!

ドキドキ海外にお住まいの方
ドキドキお子様が小さくて、お出かけが困難な方
ドキドキ遠方にお住まいの方
オンラインで対面講座と同じ内容が学べます。

 

利点は、何といっても

ご自宅で、講座に参加できる!

ことです。

 

お子さんの、グズリや大泣きにも柔軟に対応させて頂いています。

 

スカイプ初心者も大歓迎!!

繋がるまで、サポートいたします。

 

※内容は、対面講座と同じになっております。

※テキストは、郵送又は、ファイルでお送り致します。
※日時が合わない、夜開催を希望する方は、ご連絡下さい。


海外は、時差がございますので、柔軟に対応しております。
 

オンライン版
■子育て心理学講座☆ココロ貯金入門講座■
オンライン入門講座1
      6月18日(月)9:30~スカイプテスト
              10:00~12:00講座

オンライン入門講座2
      6月25日(月)9:30~スカイプテスト
              10:00~12:00講座
【場所】ご自宅パソコン前(スカイプビデオカメラ対応)

【募集人数】4名

【受講料】12960円(税込み)
      

【お支払い方法】 銀行振り込み、郵便局振込み
           クレジットカード払いにも対応しております。

【申し込み】 >>こちらから<<

【締め切り】 6月12日(火)

>>オンライン版「ココロ貯金入門講座」について、 詳しく知りたい方は、こちら<<

 

流れ星「ココロ貯金」講座シリーズ!
ベーシック講座
流れ星

「ココロ貯金」講座シリーズは、ベーシック アドバンス マスターと3つの講座がございます。

 

ベーシック講座は、鈴森あかりが、

アドバンス マスター講座は、子育て心理学協会理事東ちひろが、

講師をさせて頂きます。

 

この3つを受講し、試験に合格しますと、子育て心理学協会のインストラクターとしての資格を取得する事が可能です。

 

ベーシック講座では、

  • 「タイプ別のココロ貯金の貯め方」
  • 「完璧マスター話の聴き方レッスン」
  • 「やる気を引き出すコーチング力」
  • 「人生を豊かにする見方捉え方」
  • 「兄弟育児もばっちり子育ての基礎知識」

という、子育てが上手に回る子育て法について深く学んで参ります。

 

ラブラブお子さんの「やる気」を引き出す方法を深く学んで、しっかり実践していきたい方に、ピッタリの講座となっております。

☆ベーシック講座は単独受講が可能です。

☆入門講座を御受講されていなくても、ベーシック講座を御受講頂けます。

☆遠方の方でもご安心、ベーシック講座後のアドバンス マスター講座ともに、オンラインで御受講が可能となっております。

アドバンス講座では、成長の凸凹への対応を

マスター講座では、ご自身の心のあり方を学びます。

詳しくは、協会ホームページでご確認下さい。

■子育て心理学講座☆「ココロ貯金」ベーシック講座■
ベーシック講座1・2
6月13日(水)10:00~14:30(昼1時間休憩)
         
ベーシック講座3・4
6月20日(水)10:00~14:30(昼1時間休憩)
         

ベーシック講座1・2・3・4でひとセットです
【場所】申し込まれた方に直接ご連絡します
    (帯広又は、音更の予定)

【受講料】
41040円(税込)/全2回計約6時間
当日会場にて頂戴致します。

【申し込み】
>>こちらから<<

【締め切り】6月6日(水)

※日時が合わない場合、受講者様に合わせる事も可能です。ご連絡下さい。

>>ベーシック講座について詳しく知りたい方はこちら<<
こちらの講座は、お子様連れをご遠慮いただいております。
託児を希望されます方は、有料となりますがお問い合わせ下さい。
(人数、年齢によりますが、1時間500円~1000円程です。)
【託児締め切り】6月6日(水)



 

音譜音譜「ココロ貯金」ミニ講座音譜音譜

「こんな時、どうしてよいのかわからない。」

お子さんへの対応で迷われることありませんか。子育てには、正しい方法があります。

正しい育児を一緒に学びましょう。

■「ココロ貯金」ミニ講座
「こんな時、子どもにどんな対応が正解?」

お子さんへの対応で迷われることありませんか。子育てには、正しい方法があります。

正しい育児を一緒に学びましょう。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-
【日時】6月8日(金)10時30分~12時00分
【場所】音更(詳細は後程お知らせします)
【受講料】2800円(税込)
当日会場にて頂戴致します。
【お申し込み】こちらのフォームよりお願いします。

【締め切り】6月4日(月)

※お子様連れの方は、お申し込み備考欄にてお知らせ下さい。
ハートミニ講座は、何度でも御受講可能です。
 
■オンライン「ココロ貯金」ミニ講座
音譜オンラインでも開講
【日時】6月4日(月)
【場所】オンライン(スカイプ)が接続可能な場所
【受講料】2800円(税込)
【お支払い方法】銀行振り込み 郵便局振込み カード払い対応
【お申し込み】オンラインの方はこちらからお願いします
【締め切り】5月31日(木)

 

キラキラ各講座は、ご都合に合わせて開催することも可能です。

   日程が合わず、検討中の方は、お問い合わせ下さいキラキラ


   上差し お申し込み前にキャンセルポリシーをご確認下さい。
       キャンセルポリシーは、こちら

 

 

 

 

 

NEW !
テーマ:

おはようございます

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

十勝の鈴森あかりです。

 

すぐに

諦めてしまう子どもを

やる気にさせる

プロセス

 

 

新しい事に取り組む時、上達する前に「もうやりたくない」と、言って投げ出したり、「どうせできないもん。」とあっさり諦めてしまう我が子を見て、

 

「根性が足り~ん!!」と、憤った事ってありませんか?

 

 

 

励ましたり、怒ったり、説教したり

(^_^)

 

 

そうそう、じろう君の補助輪を外しに、自転車公園に行った時も、たくさんの親子が「補助輪外し」の練習をしていました。

 

 

色々なタイプの親子がいて、それぞれに必死の様子が面白い限りでした(我が家もね)。

 

子ども:

 

転んでも、転んでも、練習しようとする子

顔が曇って泣きそうな子

イライラして、不機嫌な子

 

親:

 

大きな声で励ます親

怒鳴り声になる親

説教が始まる親

 

子どもが、やる気を出して、がんばっていたり、すぐにでもできそうな状態ならば、親も暖か~い眼差しで応援できるんですけどね~。

 

 

「できない」と、グチグチ言い出したり、

「教えている」のに、あーだ、こーだと反発したり、

「もうやらない」と、諦めてしまったり、

メソメソ泣き出したり、

 

 

 

「もう止めてしまえ~!!」

と、怒鳴りたくなる親の気持ちもわかるのですよ。

 

だって、物事そんなに簡単に、できる訳がない!!

すぐに諦める我が子に、

 「根性がないわ!」って、思いますよね。

 

 

でもね、実は・・・、

「根性がないからできない」と、言う訳でもないのです。

 

 

子どもを諦めずにやる気にさせるには、ちょっとしたコツがあるのです。

 

今日は、「やる気」になるプロセスを、お伝えしますね

(*^.^*)

 

諦める理由はこれ!!
「すぐできるはずなのに!!」

子どもは、頭に思い描いた事は、すぐに実現できると思っています。

 

 

計画や段取り、時間配分、そこに至るまでの過程を予想するのが、本当に苦手です。

 

 

 

だから、「今度の土日、暇なら、飛行機に乗って、東京行こう?(北海道在住)」とか、平気で言ってのけるのです(笑)

 

 

自転車の補助輪外しも然り、一輪車でも、ホッピングでも竹馬でも、

簡単にスイスイできるものだと思うのです。

 

 

 

頭の中はこう!!

 

補助輪を外す→乗れる

 

 

しかし、いざ練習を始めると、全く持って難しいわけです。

 

 

一気にできる気がしなくなります。

子どもは、先の見通しを付けるのも苦手です。

 

ですから、

  • ちょっとがんばればできる!目標

 

 

  • ちょっとがんばればできる!状態

 

 

この二つで、「やる気」が発揮されます。

 

 

 

やる気が持続する子としない子の違い

自転車の練習でも、

 

転んでも、諦めずに「やる気」が持続する子と

すぐに、「やる気」を失い、諦めてしまう子

 

何が、違うのだと思います?

 

 

私の考えなのですが、結局の所

  1. 成功体験の違い
  2. 「ちょっとがんばれば、できる」状態であるかどうか

だと、思うのです。

 

 

成功体験が多い子は、がんばればできる事を何度も経験しています。

その分、できるまでの道筋が見えやすいのです。

 

 

また、「ちょっとがんばればできる」位の状態になっている事も、とても大切です。

 

 

 

身体を動かす事が好きなお子さんは、バランス感覚も良かったり、恐怖心が低かったりします。

そうすると、最初から、「ちょっとがんばればできる状態」で始められるので、「やる気」が出せるのです。

 

 

「ちょっとがんばればできる状態」なら、

補助輪を外して乗せた時、後ろから押さえる大人にかかる体重が、全然違います。これなら、少しのアドバイスで、できる見通しがすぐに持てます。

 

 

全体重を大人に預けてしまっている状態であれば、バランスを取る所から始めなくてはなりません。

道のりが長ければ、長い程、「やる気」を維持するのは、大人だって大変な事です。

 

 

すぐに諦めてしまう子を
やる気にさせるには

すぐに諦めてしまう子どもをやる気にさせるには、

 

「ちょっとがんばればできそう」な、目標を大人が持ってあげる事です。

 

 

補助輪なしの自転車に乗る!と言う目標から

補助輪なしの自転車で、両足を離せるようにしてみる!と言う目標に変えるのです。

 

 

子どもは、地道なプロセスは嫌いですから、一気に、補助輪を外して乗ろうとして、できずに挫折してしまう事が多いです。

 

 

目標を変える事により、大人側の声かけが変わっていきます。

地道なプロセスには、大人の声かけが大切なのです。

 

 

 

それ以上に大切なのは、

「声かけ」を工夫する事!

 

 

こどもは、自分の身体をイメージでしか捉えていないので、他人から見た駄目出しはピンと来ない事があります。

 

 

 

ですから、できていな事の指摘は、がんばっている事を否定された気持ちになってしまいます。

 

 

 

先日「ホッピング」をがんばっていたなっこちゃん、

おっかなビックリ、でっちりで乗るので、バランスが取れません。

 

 

そんな時に

「おしりが出ているよ!!」と言う「声かけ」をしても、本人には、ピンと来ないのです。駄目だしばかりでつまらなく、「もう、やりたくない。」と思ったり、駄目出し自体に「反発」したくなります。

 

 

そんな時は、「おしりの穴を下に向けてごらん。」

言葉を変えてあげると、イメージが付き易いです。

少しできた所で、褒める事により、もう少しがんばってみよう!!と思えます。

 

 

  • できていない所は、イメージが付き易い言葉で伝える
  • 少しできた所をすかさず認めて、一緒に喜ぶ
 
この「声かけ」で、諦めずに最後までやる気を維持できるでしょう。

 

すぐに諦めてしまう子どもをやる気にさせるプロセス

 

上差しすぐに諦めてしまう子は、「根性がない」訳ではありません。

 

・「ちょっとがんばればできそう」な目標を大人が持ちましょう。

・「ちょっとがんばればできそう」な状態であれば、最後までがんばれます。

 

上差し「声かけ」が大事です。

 

・できていない所の指摘や指導ばかりでは、こどもの「やる気」を低下させます。

・教える時は、イメージしやすい言葉が大切です。

・「ちょっとがんばればできそうな目標」に向けて、励ましや認める声かけをする事がやる気の維持に繋がります。

始めは、「楽しくなかった」ホッピングも、できるようになると、「楽しくなる」「もっとがんばれる」!そんなものなのです。

【今日の川柳】

「育てよう!

諦めないで やる力」

■カウンセリングについて■

◇子育て中の迷いや悩みを持たない親は、いないと思います。
しかし、ほんの少し子育てに対する「あり方」を変えたり、お子さん目線の配慮や工夫のある「やり方」を取り入れるだけで、お子さんとお母さんに良い変化をもたらす事があります。

◇私は、常にお母さんとお子さんの心を結ぶラインに、詰まりがないかを大切にしています。このラインが、お子さんの自信とやる気を引き出す鍵になるからです。

◇お母さんのお話をお聞きしながら、お母さんとお子さんに合った「最良の子育て方」をみつけていくのが、私のカウンセリングです。

お母さんの心に寄り添ったカウンセリングは、子育てに新しい風を呼ぶ事と思います。



:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-
                                         
・どのように子育てをしたら、いいのか迷われている方
・幼い子どもの自己主張に、疲れてしまった方
・「しつけ」についてお悩みの方
・お子さんの発達が気になる方
・登園登校渋りに困っている方
・兄弟育児にお悩みの方
・子どもの「やる気のなさ」や「反抗的態度」を改善したい方
・お勉強好きの子どもに育てたい方
                                       
0歳~小学生までの、子育てを得意としております。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:
ハートカウンセリングに関して詳しくお知りになりたい方
   料金設定を知りたい方
   お申し込み・お問い合わせをしたい方は
 >> こちらのページをご覧下さい<<

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

 

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学協会インストラクターラブラブ

鈴森あかりです

 

 

子どもの考える力が、
伸びる方法

 

お母さんを忙しくさせているものの一つ!

私は、これだと思っているのです。

子どもが自分で考えて、判断し、

自分で行動しない事!

 

 

「ママー!宿題何するの?」

「ママー!これ開けて!」

「ママー!水飲んでいい?」

「ママー!テレビ見ていい?」

 

「ママー!トイレに行ってもいい?」

(# ゚Д゚) 

 

こんな事にまで、答えていたら、そりゃ、忙しい!

 

 

もしも、子どもが、自分の事を自分で考えて、自分で行動してくれたら、

お母さん、大助かりだと思うのですよ。

 

 

 

 

「お母さん」「お母さん」うるさいわ!って、私も思いますもん。

 

 

 

 

「お母さん」を呼ぶのは、甘えたい気持ちもありますけど、

 

 

自分で考えて行動する力が付いたら、

「お母さん」依存率が、

確実に減っていきます!

 

 

 

子どもが、自分で考えて行動できない理由

 

 

 

 

子どもが自分で、考えて行動できない理由は、

 

 

①自分で考える(思考する)癖が、ついていない。

 

 

②基準があいまいでわからない。

 同じ事でも、親の気分で良かったり、悪かったりする。

 

 

③親の意に沿わないと怒られる。

 

 

 

こんな所です。

 

 

 

 

 

基準が、あいまいであったり、気分で怒ってしまうと、

自分で判断して行動する事に何のメリットもありませんよね。

だって、お母さんに聞いた方が、確実で怒られなくて済みますから!

 

 

 

 

私は、7歳までに、

 

自分で考える、(思考する)癖が、ついていたらいいなと思うのです。

 

(もちろん、7歳からでも大丈夫!

脳は、十分成長していますから!変化も早いはず!)

 

 

 

小学校に入学すると、自分で考える場面がうんと増えて、

鍛えられます。

 

それまでに、ぜひ、考える土台を作っておいて欲しいのです。

 

 

 

子どもの考える力が、
伸びる方法

 

 

 

子どもの考える力を伸ばすには、

子どもに考えさせるのが一番!

 

 

子どもが、自分で考えなくては、いけなくなる

「問いかけ」を、常にしてあげる事です。

 

 

 

言葉の言い方一つで、脳は、勝手に考えてしまうようにできています。

 

 

 

「どうせ!」→「どうしたら?」

 

「なんで!」→「何なら?」

 

 

 

 

お母さんからの「問いかけ」は、

子どもが考え始める、きっかけです。

 

 

 

 

 

ですから、こんな「問いかけ」で、考える力が伸びていきます

 

 

 

 

 

言葉は、違ってもいいのです。

 

 

 

 

そう思ったり、そう考える理由を問いかける

 

どうしたらできるのか、手段や方法を問いかける

 

どうしたいのか、本人の希望を問いかける

 

何ならできるのか、選択できるように問いかける

 

順番を、問いかける

 

時間を、問いかける

 

場所を、問いかける

 

 

 

問いかけで、

子どもが、自分で考え出します。

 

■カウンセリングについて■

◇子育て中の迷いや悩みを持たない親は、いないと思います。
しかし、ほんの少し子育てに対する「あり方」を変えたり、お子さん目線の配慮や工夫のある「やり方」を取り入れるだけで、お子さんとお母さんに良い変化をもたらす事があります。

◇私は、常にお母さんとお子さんの心を結ぶラインに、詰まりがないかを大切にしています。このラインが、お子さんの自信とやる気を引き出す鍵になるからです。

◇お母さんのお話をお聞きしながら、お母さんとお子さんに合った「最良の子育て方」をみつけていくのが、私のカウンセリングです。

お母さんの心に寄り添ったカウンセリングは、子育てに新しい風を呼ぶ事と思います。



:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-
                                         
・どのように子育てをしたら、いいのか迷われている方
・幼い子どもの自己主張に、疲れてしまった方
・「しつけ」についてお悩みの方
・お子さんの発達が気になる方
・登園登校渋りに困っている方
・兄弟育児にお悩みの方
・子どもの「やる気のなさ」や「反抗的態度」を改善したい方
・お勉強好きの子どもに育てたい方
                                       
0歳~小学生までの、子育てを得意としております。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:
ハートカウンセリングに関して詳しくお知りになりたい方
   料金設定を知りたい方
   お申し込み・お問い合わせをしたい方は
 >> こちらのページをご覧下さい<<

 

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

 

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから

 


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学インストラクターラブラブ

鈴森あかりです。

 

ゲームで負けると

泣いてしまう子どもの対処レシピ

 

ゲームで負けると、泣く

 

ゲームで負けると、不機嫌で暴れる

 

ゲームで負けそうになると、逃走

 

ゲームに負けそうになると、放棄

 

 

タイプにより、表現は違いますけど

 

どの子も、ゲームに負けたくない!

 

 

 

でも、この行為、結構親をイラつかせるのです。

 

 

親が、イラつく理由は、ただ一つ

 

ゲーム位で、なんなんだ~~むかっ

 

 

 

     負けたくない!には、理由あり

 

ゲームで負けたくないには、理由があります!

 

 

基本子どもは、負けることが嫌いです

 

 

 

人間にインプットされた

闘争本能が、あるからです

 

その出し方が、穏やかか、激しいか、タイプは色々ありますが、

 

 

勝ちたい!のです。

 

 

そして、ゲームで

 

自分が勝つことしか想定していません。

 

 

 

大人は、経験から、次第に、

 

勝つことよりも、楽しむ!

たかが、ゲームで熱くならない!

負けるが、勝ち!

 

なんて、事を学びますが・・・・

 

 

 

子どもに、それは、ありませんから~~!!

 

負けがわかると、それを回避しようとするのです。

 

 

 

 

 

 

     楽しくゲームができる方法

 

とは、言え・・・・

 

 

 

ゲームの度に泣かれるのも、

ゲームの度に暴れられるのも、

 

 

困ってしまいますね。

 

 

 

ゲームが楽しめるようになるには、やはり段階が必要です。

 

 

 

 

ジャンケンは、比較的早い段階から覚える勝ち負けですが、

 

そのジャンケンが、一つの目安になっているかもしれません。

 

 

 

「ジャンケンポン」で、出したものが、変わっていったり、

 

 

 

遅出しで、何とか勝とうとしている内は、

 

大きなゲームで負けた後、暴れる可能性大です(笑)

 

 

 

 

これは、私の一つの考えですが、

 

世の中の厳しさを教えるのだ!!と、ばかりに

 

お子さんと真剣勝負をして、大人の実力を見せ付けるのも、

 

最初は、控えた方が良いかもしれません。

 

 

手加減しろ!と、いう事ではなく、

 

最初は、勝ち負けに慣れる事が、大切なのです。

 

 

ゲームで負けると泣いてしまうお子さん

の対処レシピです!

 

 

1大人が、勝ち負けをコントロールできそうな簡単ゲームから始めましょう。

 

 

2最初は、ゲームって楽しい!!と、思えるように、必ず子どもを、勝たせましょう(ギリギリの所で、子どもが勝つと興奮間違いなし!)

 

 

3ゲームの度に、「ゲームは、負ける事があるよ。」「負けても泣かないよ!がんばるよ!」と、お話してから始めましょう。

 

 

4たくさん勝てた後に、1回だけの「負け」を仕組みましょう。

 

 

5泣いてしまった時は、「悔しいね」を共感し、

  泣くことを我慢できた時は、大いに褒めましょう

 

 

6いつでも、ゲームができる(チャンスがくる)ようにしてあげる事で、

  ゲームで負ける事へのハードルが下がります。

  

 

7ゲーム時間が長く、もう一回できないようなゲームよりも、何度もできるゲームの方がお勧めです。

 

 

 

大人が、勝ち負けを仕組んであげる事!最初はこれが一番ですね^^

 

負けて、泣くタイプのお子さんは、自分の感情に素直です!

「悔しいんだから、泣いてもいいよ!」

「次も挑戦できたら、かっこいいね!」

 

■カウンセリングについて■

◇子育て中の迷いや悩みを持たない親は、いないと思います。
しかし、ほんの少し子育てに対する「あり方」を変えたり、お子さん目線の配慮や工夫のある「やり方」を取り入れるだけで、お子さんとお母さんに良い変化をもたらす事があります。

◇私は、常にお母さんとお子さんの心を結ぶラインに、詰まりがないかを大切にしています。このラインが、お子さんの自信とやる気を引き出す鍵になるからです。

◇お母さんのお話をお聞きしながら、お母さんとお子さんに合った「最良の子育て方」をみつけていくのが、私のカウンセリングです。

お母さんの心に寄り添ったカウンセリングは、子育てに新しい風を呼ぶ事と思います。



:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-
                                         
・どのように子育てをしたら、いいのか迷われている方
・幼い子どもの自己主張に、疲れてしまった方
・「しつけ」についてお悩みの方
・お子さんの発達が気になる方
・登園登校渋りに困っている方
・兄弟育児にお悩みの方
・子どもの「やる気のなさ」や「反抗的態度」を改善したい方
・お勉強好きの子どもに育てたい方
                                       
0歳~小学生までの、子育てを得意としております。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:
ハートカウンセリングに関して詳しくお知りになりたい方
   料金設定を知りたい方
   お申し込み・お問い合わせをしたい方は
 >> こちらのページをご覧下さい<<

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

 

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから


テーマ:

お母さんの思いに寄り添い、

お子さんの現状を

一緒に見させて頂きます

音譜無料カウンセリング

終了間際!!

お急ぎ下さい!!音譜

こんにちは、子育て心理学カウンセラーの鈴森あかりです。

 

ご自分の子育てや我が子の現状に不安はありませんか?

 

【お母さん】

点最近怒ってばかりいる

点子どもに注意しかしていない      

点子どもとの関係がギクシャクしている

点どうも上手くいかない
点とにかくイライラしてしまう
点やるべき事はわかっているのにできない


【お子さん】
☆幼児期
点かんしゃくが止まらない

点言う事を聞かない

点友達に乱暴をする
点興奮すると物を投げる

点おもちゃが貸せない

点友達の中に入れない

点お片づけができない

点落ち着きがない
点先生から注意を受ける
点発達が気になる
☆学童期
点兄弟喧嘩が絶えない
点マイペース過ぎる
点勉強をしない
点自信がなさすぎる
点忘れ物が多い
点言いたい事が言えない
点乱暴
点じっとできない
点話を聞かない
点自分から何もしない
点友達関係が気になる
点学校に行き渋る

 

      
 

我が子と、どう向き合えば良いのか

あなたがよかれと思って強く怒鳴ると、子どもは、やる気と自信のおおもとである自己肯定感が低くなります。

 

そうなると子どもはさらにやる気も自信もない状態になってしまい、悪循環に陥ります。

 

 

そんな時は、子育てのプロに相談しませんか?

子どもは、全員タイプが違います。

 

じつは、子育ては自分が育てられた方法が、必ずしも、我が子にあっているとは限りません。

 

そのため、わが子の子育て法に迷った時には、別の方法を取り入れた方が早く結果が出たりするのです。

 

 

お子さんに合った、子育ての考え方、接し方、声のかけ方、子育ての工夫や配慮の仕方を知りたくありませんか。

 

お子さんにあわせたテーラーメイドの子育て法は、子どもとママが笑顔で過ごせる。幸せな時間を作ってくれる事でしょう。

 

お子さんのやる気溢れる姿、自信のある姿は、「子育て」が楽しくなる一歩になるはずです。

 

 

子育て心理学カウンセラー鈴森あかりは、子どもの自己肯定感を高め、やる気を引き出し、自信がある子に育てることの専門家です。

 

 

<体験ママの声①>

■5才男の子、1才女の子ママより

 

この度は、相談を聞いて頂きましてありがとうございました。

前回の相談で頂いたアドバイスを基に、まずは出来る事や続けれそうな事を実戦してみました。
 

1番感じたのは、

あれ?なんか変わった?」「落ち着いた?」「素直になった?」というところです。
 

劇的に変わった!というのではありませんが、日々の生活の中で確実に変化がありました。


教員をされていただけあって、経験などを交えてのアドバイスはとてもためになり、子どもの接し方など勉強になる事ばかりです。

いつも、こんな時はどうしたらいいの?
とか、子どもの気になる事や悩みなど、育児書や支援センターでは、明確な答を得られませんでしたが、

 

あかりさんのアドバイスは「そっか~」「なるほど!」と納得でき、心の中にあったモヤモヤをクリアにする事ができました


そして、無理なく続けていけそうな「ココロ貯金」は、すごいなぁと思いました。
 

これからも、出来る事を続け、「自信を持った自立した子」を育てていければと思います。

今回は二度に渡って相談を聞いて頂き、本当にありがとうございました

 

 

 

<体験ママの声②>

10才女の子、6才男の子ママより

 

我が家はゆっくりでマイペースな姉と行動的な弟が、いつも動きが対照的なのでついお姉ちゃんを急かしたり叱ったりの毎日でした。

 

お姉ちゃんを叱りすぎて良くないなと漠然と思っていたところ、弟を(お姉ちゃんの前で)褒めることも、お姉ちゃんの貯金を減らすことになっていると、ご指摘いただき、かなりドキッとしました。

 

 

わたしはお姉ちゃんのココロ貯金をダブルでジャブジャブ減らしてしまっていたんだなぁと思うと、今まで申し訳ないことをしたと思うと同時に、今後は褒めるときも、注意するときも個別に、を意識したいと思います。


 

ゆっくりしていることについても具体的に対処法を教えていただきましたが、

「その前に、まずスキンシップやねぎらいの声かけをしてからにしてくださいね。」というアドバイスも、とても大事なことを教えていただいたと思います。


 

ウチの子は将来これで大丈夫かしら?という母心にとても共感してくださりつつ、

「この子はこういうタイプ(この子はこれで良し!)とママが心からストンと落ちると、周りからの評価や雑音は気にならなくなりますよ。」

 

と、大切な子育ての心の軸についてお話しくださったことで、今後細かいことに迷ったり悩んだりしても、ここに立ち返ればいいと思えるようになり、とても心強いです。


 

とても貴重な時間でした。

もっと早くにお話が聞きたかったです…

 

でも、このアドバイスをもとに、今後ますます成長する子供達が幸せに過ごせるように接していきたいと思いました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

<体験ママの声③>

■7才女の子、4才女の子ママより

 

2回お話しさせて頂いた感想ですが、とても気さくでお話ししやすかったです。

 

人見知りの私でも沢山話せました。

 

まず、聞いてもらえる安心感、そしてアドバイスするところはきっちりとアドバイスしてもらえて信頼できました。

 

 

私は抽象的なアドバイスよりも脳の構造や、発達心理に基づいたアドバイスが好きなのでその点でもとても納得できたアドバイスでした。

 

私たち親は子供たちの目線ではなく、いつも大人の都合、自分たちの都合で子供を枠にはめてこんでいたのだと反省しました。

 

まだ姉妹でケンカもありますし、下の子はお片づけもなかなかしませんが、下の子には鈴森さんの仰るように、なんでも一緒にやるようにしたら満足しているようで、今日は一緒に少しお片づけをしました!

 

上の子もやはりスキンシップを待っていたようで、寝る前のスキンシップを楽しみにしていました。

 

的確なアドバイスを頂けたおかげで、こどもたちにどう接したらいいのかわからなくて、途方に暮れていたのですが、サーッと目の前がクリアになった気分です!

 

ありがとうございました。

 

 

 

鈴森あかりの子育て心理学カウンセリングリピーター率は97%です。

 

 

子育て心理学カウンセリングの内容

 

電話(料金を抑えたIP電話)または、スカイプ(インターネット電話)で行います。

 

 

カウンセリング料

只今、無料お試しキャンペーン(初めての方限定)

初回45分を無料にさせて頂きます!

2回目3000円(45分)


ドキドキカウンセリングには、合う合わないがございます。無料でお試しされて、お子さんの変化を感じて頂けましたらと思います。


ドキドキモニターカウンセリングをさせて頂きました方は、継続3回目として、3000円にてお受け致します。

 

【通常料金】

1回目 5000円(45分)

2回目 4000円(45分)

 

3回目以降

    3000円(45分)

 

【セット割でお得コース!】

相談2回セット 7000円(1回45分)

相談3回セット 10000円(1回45分)

 

【とことん向き合う集中コース!】

1ヶ月集中コース 13000円(電話相談4回+メール相談無制限)

3ヶ月集中コース 35000円(電話相談10回+メール相談無制限)


お願い

 

・カウンセリング料は、事前振込みをお願いしています。

・過去及び現在において精神科に通院され、治療されたことのある方はご遠慮いただいています。

 

 

対象

 

0歳から小学校6年生までのお子さんをお持ちの保護者

 

お約束

 

・守秘義務に基づいて相談業務を行っております。

 

 

子育ては、ママにとって宝物のような時間です。

ママが子育てに悩んでいる間に、子どもは、どんどん成長してしまいます。子どもの成長は、とても早いのです。

 

だから、あなたには一日も早く子育ての迷いを解消させていただきたいです。

 

それは、間違いなく、全部子どものためになります。

 

ママがハッピーならば、

子どもはもっとハッピーです。

 

どうか、子どもと幸せな時間を過ごして下さい。

 

子育て心理学カウンセリング

 

お申込みはこちらです

 

お支払いについて

  銀行振り込み 郵便局振込み カード決済が可能です

キャンセルポリシーにつきましてはこちらをご確認下さい

ご不明な点はお問い合わせ下さいお問い合わせ

 

≪プロフィール≫

 

鈴森あかり

居住地:北海道十勝地方

 

子育て心理学の「ココロ貯金」の考えを元にカウンセリング致します。

お母さんのお話を、じっくりお伺いした上で、

 

お子さんの自己肯定感を高める方法を一緒に考えていきましょう。

 

私も現役の子育てママです。

子育ての大変さ、わかっていてもできない事、よくわかります。

お母さんの気持ちを置き去りにする事なく一緒に考えて参ります。

 

 

元教員としての知識、特別支援学級での経験、

「お子さんの困ったに工夫と配慮を!」の考えから生み出される「子育てレシピ」を参考に、お子さんに合った問題解決の方法をご提案します。

 

子どもには、発達があります。

タイプがあります。

持っている感覚の優位性があります。

 

何千人の子どもと接してきた豊富な知識で、お母さんと一緒に、お子さんを伸ばす手助けをさせて下さい。

 

 


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インスタラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです

 

上の子の

時間

意識する

優しさ

 

 

鈴森家の風景

 

 

娘のなっこちゃんは、上の子に多い、のんびりとして、ちょっとばかり要領が悪いタイプです。

 

 

おしゃべりが、好きなのに、前置きが長くて、なかなか本題に到達しない・・・そんな、子です。

 

一生懸命ママに話をしようとしているのに、大抵、弟じろう君の無意識のj邪魔が入り、お話が途中で終わります。

 

「ママと、もっと話したい」

「ママと、もっと触れ合いたい」

 

心の中では、きっとそう思っているに違いないのですが、

何分にも、優しい性格、

 

すぐに、誰かに譲ってしまいます。

 

学校でも、そうらしく、

「やりたそうだったから、譲ってあげた。」と、言っています。

 

身体が大きく、他の子よりもお姉さんにみられるなっこちゃんは、

小さい時から、譲るのが当たり前になっているのかもしれません。

 

お母さんの限られた時間

子どもがいる一日は、あっという間に終わります。

 

 

抱っこしたり、

話を聞いたり、

一緒に遊んだり、

 

限られた時間で、十分に子どもと関わったような気がしているのですが、

気が付くと・・・・

関わっているのは、いつもじろう君で、なっこちゃんではないのです。

 

 

 

なっこちゃんの話、ちゃんと聞いてなかった・・・。

 

今日、一回もなっこちゃんに、触れていない・・・・・。

 

 

 

兄弟が、いてもお母さんは、一人、

お母さんの限られた時間

上の子<下の子

 

お母さんの時間をたくさんもらうのは、いつも下の子

上の子の時間がどうしても、少なくなります。

 

 

上の子が我慢しているのは
わかっている

お母さん達だって、わかっています。

 

 

「いつも、上の子に我慢させている。」

という話は、良く聞きます。

 

「上の子が、すぐにすねてしまって。」

「上の子が、言う事をきかなくて。」

「上の子が、下の子にちょっかいをかけて。」

実は、上の子に問題を抱えているお家もたくさんあるのです。

 

 

上の子の性格によって、出し方はさまざまですが、

結局の所、

 

上の子が、我慢している結果

と、いう事なのだと思います。

 

 

今、なっこちゃんは、何も言わずに弟に譲っていますが、

大きくなったときに、「もっと甘えたかったな~。」そんな風に思うのであれば、やっぱり心が痛みます。

 

上の子の時間と意識する優しさ

何度も言いますが、お母さんの時間は、限られています。

 

 

兄弟が多かったり、幼い下の子を抱えていたりすると、あっという間に一日が過ぎてしまいます。

 

 

そんな中、他の兄弟よりも手のかからなくなった上の子に割く時間を作るのは、大変! いや不可能です。

 

 

上の子に時間がとれないなら、こう考えるのはどうですか?

 

上の子に時間が取れないのなら、

上の子を、常に意識するのです。

 

 

手が、かからなくなった上の子は、どうしても、お母さんの意識からも外れてしまいます。

 

 

下の子は、黙っていても、お母さんの時間を貰えます。

それならば、意識だけは、上の子に向けるのです。

 

 

すると、ほんの1秒でも、2秒でも、上の子の為の時間がうまれます。

 

寝る時に、そっと抱き寄せて、話を聞く事、

それだって、上の子にしたら最高の時間に変わるでしょう。

 

上の子にしかできない事を褒めるのも、

上の子から先に物を渡すのも、

 

上の子にかける時間がなくても、すぐにできそうな事が、たくさんあります。

 

上の子を意識するのは、上の子にかける時間がないお母さんからの優しさです。

 

上の子にこんなレシピは如何ですか?

 

上差し上の子の為の時間は取りずらい

 

普段、上の子の為の時間を取るのは難しい、ですから、上の子と二人になれるチャンスがあった時に、まとめてとる事にしましょう。

 

上差し上の子を常に意識しておく

上の子を意識することにより、時間をかけずにできる触れあいが可能になります。

 

  • 上の子にしかできない事を褒める
  • 通りすがりのハイタッチ
  • 上の子優先
  • 寝る前のお話時間

すき間時間や、1秒でできそうな事をみつけて下さい。

上の子は、下の子が生まれた時から、我慢上手。お母さんが、自分を意識してくれている!それだけで、優しさが伝わります。

 

【今日の川柳】

「お母さん、

いつでもいいよ 待ってるよ」

 

 

■カウンセリングについて■

◇子育て中の迷いや悩みを持たない親は、いないと思います。
しかし、ほんの少し子育てに対する「あり方」を変えたり、お子さん目線の配慮や工夫のある「やり方」を取り入れるだけで、お子さんとお母さんに良い変化をもたらす事があります。

◇私は、常にお母さんとお子さんの心を結ぶラインに、詰まりがないかを大切にしています。このラインが、お子さんの自信とやる気を引き出す鍵になるからです。

◇お母さんのお話をお聞きしながら、お母さんとお子さんに合った「最良の子育て方」をみつけていくのが、私のカウンセリングです。

お母さんの心に寄り添ったカウンセリングは、子育てに新しい風を呼ぶ事と思います。



:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-
                                         
・どのように子育てをしたら、いいのか迷われている方
・幼い子どもの自己主張に、疲れてしまった方
・「しつけ」についてお悩みの方
・お子さんの発達が気になる方
・登園登校渋りに困っている方
・兄弟育児にお悩みの方
・子どもの「やる気のなさ」や「反抗的態度」を改善したい方
・お勉強好きの子どもに育てたい方
                                       
0歳~小学生までの、子育てを得意としております。
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:
ハートカウンセリングに関して詳しくお知りになりたい方
   料金設定を知りたい方
   お申し込み・お問い合わせをしたい方は
 >> こちらのページをご覧下さい<<

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

音譜5月までです!お急ぎ下さい

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから


テーマ:

おはようございます

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

怒られると黙り込む子

イライラした時の

解決法

ちょっと、何かを言われると、すぐに黙り込んでしまう子っていますよね。

 

最初から怒っていた訳ではないのに、黙られる事で、イライラしたり、何か言わそうと、大声になったり、

 

親としては、言い訳でもなんでも、どんな事でも、子どもの口から、直接聞きたいものです。

それなのに、黙り込まれると本当に困ってしまいます。

 

お子さんが、黙り込んでしまう理由を知り、日常でちょっとした事に気を付けていくと、黙り込まずにお話をしてくれるようになります。

 

 

黙り込む子の心の内

子どもは、心の内を言葉で表現するのがとても苦手です。

 

そもそも、心の内を整理する事自体が、苦手なのです。

 

 

お母さんは、怒っているかもしれないという事を敏感に感じたら、なおさら、心の中は整理がつかなくなる事でしょう。

 

 

「何か言わなくては、いけない。

「でも、何から言えばよいのかわからない。」

お口は貝のように、堅く閉じられてしまいます。

 

  • 反抗している
  • バカにしている
  • ふてくされている

 

そういう事では、ないのです。

 

 

貝の口は、無理やりこじ開けようとすれば、する程閉じていきます。

 

どんな事を言っても怒られない!

どんな事でも、最後まで聞いてくれる!

 

この安心感がなければ、心の内を声に出して言うのは難しいのです。

 

 

 

大人も、話しながら、気持ちを整理しますよね。

子どもも同じで、言いたい事、伝えたい事が、整理されている訳じゃなく、とりとめのないぐちゃぐちゃした事を黙って聞く、

 

そんなお母さんの態度が、

 

 

黙り込んでしまうか、お話ができるのか、

その鍵を握っています。

 

 

黙り込む子に普段している事

普段の親子の会話、実は、と~っても、

 

大切な事が、一つあります!!

 

 

ちょっと、普段のお子さんとの会話を振り返って欲しいのですが、

 

 

お母さんが話す量と、お子さんが話す量

どちらが多いですか?

 

 

ハート大切な事ハート

  • お母さんが、話し過ぎない!!
  • ママ2割:子8割

割合でいくと、お母さんが話す量2割、お子さんが話す量が8割で丁度良いのです。

 

それは、お母さんが、何でもかんでも話してしまうと、子どもが、自分の心の中を整理して話す機会を奪う事になるからです。

 

「こうしなさい。」

「あぁ、しなさい。」

「それで、どうしたの?」

「こういう事でしょ。」

 

 

お子さんが、話す前に、お母さんが「あれこれ、あれこれ」言ってしまってませんか。

 

そうなると、自分の気持ちを言うのが苦手な子は、黙り込みますし、

お話したいと思っている子は、話す機会を奪われて、相手の話も聞こえなくなっていきます。

 

 

それでは、いざ、子どもから話を聞こうと思った時に、黙り込んでしまうのも仕方ないこと。

 

普段から、

お母さんは、お耳をよく使って話を聞くように、

お子さんは、お口をよく使って、話す練習をするように、

しておくのが良いようです。

すぐに黙り込む子に、してあげると良い事

 

上差し何か、話を聞きたい時は、心理的な圧迫をしないように、話しやすい雰囲気を作る

 

・怒られるかも

・聞いてもらえないかも

 

その中で話をするのは、勇気がいります。

 

 

上差しお母さんは聞き役、子どもはしゃべり役

普段から、お母さんがしゃべり過ぎないように気をつけておくことで、ちょうどよいバランスが保てます。

 

お話の割合は、

お子さん8割 お母さん2割で!!

 

黙り込む子にイライラした時は、ちょっと思い出してみて下さいね!!

 

【今日の川柳】

「お母さん、

お口よりも、耳が大事」

 

 

あと、2週間で締め切ります!!

只今、

無料子育て相談(カウンセリング)キャンペーン中です!!

子育ての躓きをそのままにせず、お話下さい(*^▽^*)

 

ほんの少しの事で、子育てが楽になるかもしれません。

誰かに聞いてもらう!そんな所から始めてみませんか

 

お申し込み詳細はこちらから


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学インストラクターラブラブ

鈴森あかりです

 

 

子どもに習い事をさせて、

「辞めたい!!」と、言われると、

 

お母さん、迷ってしまいますよね。

 

 

そもそも、

子どもが、どの程度辞めたいと思っているのか、レベルが、わからないですものね。

 

 

 

せっかく頑張って来たのに勿体無い。

 

何でも、簡単に諦めるのは、どうかと思う。

 

自分で習うと言ったのに、根性がない!

 

がんばるという約束を破るなんて、許せない。

 

続ける事に価値があるのに途中で投げ出すなんて・・・。

 

 

 

 

親の思いも、さまざまです。

 

 

 

 

 

 

私は、

 

長く続ける事にも、

 

途中で辞める事にも、

 

価値がある!

と、思うのです。

 

 

続ける事も、途中で見切る事も、

親としての決断が必要ですね。

 

 

 

 

まずは、お子さんが「辞めたい!」と、思う理由を、

探るしかありません。

 

 

 

習い事が、好きと思えるには、2パターンが、あると思うのです。

 

1つは、習い事、それ自体が、好き!

    

 

ピアノを弾くのが好き!

          

体を動かすのが好き!

 

 

もう一つは、

がんばっている事を認められたり、褒められたりするのが、好き!

 

 

習い事自体が好きな場合は、どこで、誰に教えて貰っても楽しんで取り組めるのかも知れません。

 

 

 

 

しかし、大抵のお子さんは、

 

 

がんばっている事を認められたり、褒められたりするのが、好き!

 

だったりもします。

 

 

 

褒められている内に、習い事自体が、楽しくなる事だってありますし、

 

 

その習い事が好きだとしても、怒られてばかりでは、やる気がなくなってしまう事もあります。

 

 

 

 

 

習い事を「自分で習いたい!」と、言ったとしても、

例え、習い事が、好きだったとしても、

 

 

辞めたくなってしまう理由は、色々あります。

 

 

 

 

体を使う習い事の場合は、体力的に疲れてしまう事もあるでしょう。

 

練習が必要な習い事では、練習が大変という事もありますね。

 

個人ではなく団体で習うものであれば、教室の友達関係や雰囲気が、合わない事も出てきます。

 

 

 

 

お子さんに、「習い事を辞めたい!!」

と、言われたら、

こんな観点で考えてみては、如何でしょうか?

 

 

 

 

1その習い物は、どんな目的で習い始めましたか?

 

お子さんが、興味を持ったものですか?

それとも、できない事を補う為に始めたものですか?


運動が苦手、音楽が苦手等、できない事を補う為に始めた習い事は、お子さんが、「辞めたく」なる要素がたくさんです。

 

 

お母さんが、どこまでできたら終わりにするのか目標をを明確に持っている事も大事ですね。


水泳で25メートル泳げたら、

楽譜が読めるようになったら、

 

 

そこまでなら、お互い頑張れるかもしれません。

 

 

 

 

2体力を使う習い事は、

体力的に限界が来ているのかもしれません。

休みながら・・・や、回数を減らすと、又、楽しめる事もあるようです。

 

 

 

 

 

3練習が必要な習い事は、習う時に、

練習までは想定していない事が多いです。

練習もがんばる!!そう言っても、いざ始めてみて、大変さに気づきます。

 

 

練習時間を短くしたり、お母さんと一緒に練習してみたり、

少しでも楽しめる工夫をして様子を見ていきましょう。

 

 

 

 

残念ながら、練習をしていないと、怒られる事は、増えるかもしれません・・・。

 

 

練習ができなさそうなら、それも織り込み済みの教室を探すのも一つの手ですね。

 

 

 

4団体で習う習い事は、友達関係や教室の雰囲気で「辞めたくなる」事もあります。

 

そのものを教えるのは、上手でも、

団体を動かすのは、また違う指導が必要です・・・。

 

 

こんな時は、違う教室を探してもいいかもしれません。

 

 

 

 

5どんな習い事も指導者は、大事です。

 

習い事は、その道のプロが教えてくれます。
 

逆に言えば、指導者になる程がんばって来られた方達です。

 

 

しかし、

 

その事を極めた事と、指導は、また別問題。

 

 

 

お子さんのタイプによって、合う、合わないがありますから、

習う前に見学に行くことも大切です。

 

無駄に長く習い事を続けた私は、「辞めたい。」が言えなかった一人です。

 

ピアノとそろばん、当時はメジャーな習い事でした。

 

格段秀でたものもなく、指導者から褒められる事は、ありませんでしたし、楽しいと思った記憶もありません。

 

しかし、長く続けたおかげで、

ピアノは、仕事で役に立ちました。

そろばんは、4桁位の足し算なら、今でも頭の中でサッサと計算できます。

 

 

 

 

習い事は、子どもが小さいうちから始める事が多いです。

 

 

この子の才能が花開けば・・・という願いを込めて、

始める事でしょう。

 

 

しかし、習い事には、必ず終わりがきます。

 

 

終わり方をどうするのか、これも又、考えておく必要がありますね。

 

 

あの手、この手で調整しても、

 

 

「辞めたい!!」が、変わらない時は、

やはり、辞め時なのかもしれません。

 

 

習い事を巡って、親子で喧嘩になる時は、まずは、どんな調整ができるのかを考えてみて下さいね。

 


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学

インストラクター&カウンセラーラブラブ

鈴森あかりです。

 

子育ては、

「やり方」と「あり方」

が大事です

 

先日、子育て心理学協会の「ココロ貯金」講座アドバンスを再受講しました。

こちらの講座は、東ちひろ先生が直々に講師をされています。

 

 

私も、インストラクターとして活動させて頂いていますが、

日々勉強(^_^)

新しい気付きが、より良い子育てへの近道と信じています。

 

 

受講していて、あぁ!ここ!

ここを皆さんに知らせたいと思いました(*^.^*)

 

子育てのやり方

子育ては、色々な考え方があり、どれも正解!!

と、言われます。

 

私も、そうは、思います。

 

 

確かにどう育てても、子どもは、大きくなりますし成長します!

 

親子の取っ組み合いやバトル、

壮絶な思春期を乗り越えたとしても

いつか、子どもは、何とか巣立って行くでしょう。

 

そこにも学びがあり、それが駄目だ!とは、言いません。

 

 

 

でもね、実は・・・・、

 

 

 

より早く、より確実に、親子の関係が良くなる、

大正解の子育てのやりが、あるのだとしたらどうです?

 

 

 

親子が信頼し合い、

いつも笑顔でいられるのだとしたら、

 

 

きっと、親も子も嬉しい!って思いますよね。

そんな方法があるのなら、その方法で子育てしたいと思いませんか?

 

 

 

そんな方法、あるのです!

 

正解子育て(東先生の言葉を借りています)

その言葉がピッタリです。

 

正しい子育てのやり方を実践すると、

 

  • 子どもの心に届きます。
  • 子どものやる気を引き出します。
  • 子どもの力を底上げします。
  • 子どもの折れない軸を作ります。

 

 

多くの方から子どもが変わったと嬉しい感想を頂いています。

まずは、子育てのやり方をしっかりと学んでいただきます。

 

子育てのあり方

やり方を変えると、子育てが、楽になります。

でもね、やり方だけでは、行き詰る時があります・・・。

 

 

 

子どもは変わってきたけど、

ちょっと、しんどい!!って思う時があります。

 

「しんどい」って、思うのは、自分で自分の心に無理をしちゃっているからです。

 

 

ママだって人間ですもの、

自分の心を置き去りにして育児はできないのです。

 

 

でもね、世のママは本当に、頑張り屋さん。

腹が立ったり、辛かったりしても、その気持ちに蓋をして、腹が立つ自分を攻めながら育児をします。

 

 

けれども、腹が立ったり、辛かったり、不安だったり、そういう自分の気持ちに気付いて、向き合ってあげないと、

 

 

いくら、正しいやり方でも、しんどくなっちゃうんです。

 

 

自分のあり方を見つめる、

とても大切な事です。

 

 

「イライラ」しちゃうのも、

すぐに怒鳴っちゃうのも、

 

本当はね、子どもに対して怒っているようで、

自分の心を覗いてみると、気付く事があります。

 

 

理由は、心の中に・・・・・。

 

 

自分に厳しいママに

がんばりやのママに、

何をどうしても上手くいかないママに、

 

自分の心と向き合えば、楽になれる事を知って欲しいのです。

 

楽しい育児は、子どもだけではなく、親の生き方さえも変えてくれるという事を。

 

 

子育ては、やり方も大事、あり方も大事

「ココロ貯金」講座を、最後まで学んだインストラクター達は、

 

 

  • 育児が楽しくなった
  • 我が子が愛おしくなった
  • 子育ての腕が上がった
  • 子育てが楽になった

 

皆、そう言います。

 

それはね、

「ココロ貯金」講座で、

 

子育ての正しいやり方も、子育ての正しい心のあり方も

両方学ぶからなんです。

 

 

この二つは車の両輪のようなもの、どちらかだけできていても、上手く車が回りません。

子育てのやり方は、間違っていませんか?

心のあり方に、きちんと目を向けていますか?

 

 

その事に気付いてもらえたら、子育ては、今よりずっと上手くいくはずです。

 

 

「ココロ貯金」講座は、

 

ベーシック、アドバンスで子育てのやり方を、

マスターで、心のあり方を学びます!!

 

入門コースでは、これらをダイジェストに学んでいきます(*^.^*)

 

 

あぁ・・・・これ、言っていいのかな?

オンラインで、マスターコースを受けると!!

 

え~!!羨ましい!!!

東先生が、直々に〇〇なんです。

 

「お得過ぎやしませんか?羨ましい~。」

 

 

受講を御迷いの方は、まずは入門をどうぞ(*^.^*)

オンライン
「ココロ貯金」入門講座 夜の部
【日時】
1回目5月17日(木)22時~
2回目5月23日(水)22時~

スカイプ又は、ZOOMを利用した講座になります。
環境テストを兼ねて21時45分~お繋ぎします。  

【受講料】
12960円(税込)
郵便 銀行振り込み カード決済可能です

【募集】
4名様 残3名

【申し込み】
こちらから


2回セットで3時間の講座です。
オンライン講座は、お子さんがいても安心して御受講頂けます。

オンライン「ココロ貯金」講座
「入門」
「ベーシック」
「アドバンス」
「マスター」と受講が可能です!!

海外在住のお母さんにも人気の講座です。 



 

オンラインで、ベーシック アドバンス マスターを受講されたい方は、子育て心理学協会のホームページへどうぞ

 

 

 

 

 


テーマ:

おはようございます。

子育て心理学インストラクターラブラブ

鈴森あかりです。

 

先日、「ココロCafe」

~ココロ貯金を学んだ皆さんのお茶会~

 

を開催しました。

 

 

ココロ貯金を学んだからには、

実践して、実感して欲しい!

の、願いを込めて、月1程度で開催させて頂いています。

 

 

誰でも、学んだ事を自分のものにするまでには、

時間がかかるものです。

そんな時は、仲間がいると心強いですよね!

 

 

 

 

 

「ココロCafe」より、受講生さんから、こんな報告がありました^^

 

 

 

とても熱心なお母さん、

受講した日から、「ココロ貯金」を意識して生活して下さっていました。

 

 

 

「ココロ貯金」を始めて、

取れなかったオムツが、

あっさり外れました!

 

 

ワァオ!!

凄いですね~!やりました!!

 

 

 

 

 

実はね・・・・。

 

ココロ貯金でオムツが外れる!!

 

 

これ、よくあることなのです。

 

 

 

熱心なお母さんは、

オムツ外しについても良く学習されていましたラブラブ

 

 

 

 

 

オムツ外しに大事な事

 

1おしっこを貯めて出す、体の機能が備わった事

 

2トイレは、怖くない!と、思う雰囲気作り

 

3子どもの心が、安定している事

 

 

 

 

そうなんです!オムツ外しにかかせない、3番目!

 

 

ココロ貯金を始めると、

ここができるのです!

 

 

オムツがあっさり外れたというご報告、

お母さんが、しっかりと、「ココロ貯金」をした、証拠ですね!!

 

 

 

 

オムツ外しで、

イライラしたり、ヤキモキしたり、つい怒ってしまう!!

 

 

 

そんなお母さんにも、

 

怒らずに、「ココロ貯金」を試してもらいたいですね^^

 

 

 

 

 

お茶会での

嬉しいご報告、ありがとうございました!!

 

 

 

鈴森あかりの「ココロ貯金」講座は、

ココロCafeでの、アフターフォロー付きです!!

 

 

育児の迷いを解消!

子育てって、幸せ一杯!!

 

オンライン
「ココロ貯金」入門講座 夜の部
【日時】
1回目5月17日(木)22時~
2回目5月23日(水)22時~

スカイプ又は、ZOOMを利用した講座になります。
環境テストを兼ねて21時45分~お繋ぎします。  

【受講料】
12960円(税込)
郵便 銀行振り込み カード決済可能です

【募集】
4名様 残3名

【申し込み】
こちらから


2回セットで3時間の講座です。
オンライン講座は、お子さんがいても安心して御受講頂けます。

オンライン「ココロ貯金」講座
「入門」
「ベーシック」
「アドバンス」
「マスター」と受講が可能です!!

海外在住のお母さんにも人気の講座です。 



 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。