■『2013年1月27日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』 | 1000人を合格させた英検1級栗坂式二刀流攻略法
2013-01-31 07:29:32

■『2013年1月27日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』

テーマ:2013年1月27日一次合格点予測分析

 



■『2013年1月27日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
   ●2012年度第3回(2013年1月27日実施)英検1級1次筆記試験●

  英検1級一次筆記試験【CAN-DO SPIRIT COACHの合格点予測は79点 】  
          (対2012年10月 81点比 -2点 )  

          2013年1月31日木曜日 午前7時発信  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
────────────────────────────────────
■英検1級1次筆記試験【公式の合格点発表】は2月5日(火)午後3時頃英検協会HPで
────────────────────────────────────
■CAN-DO SPIRIT COACH 累計6回 合格点予測的中率23%実績

■おかげさまで、2012年第2回英検1級一次合格点81点では、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内で唯一CAN-DO SPIRIT COACHのみが予測的中いたしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★詳細は「2012年10月一次試験合格点予測+分析+2013年年1月対策実践法」で
→ http://amba.to/Vc0zqU   ご確認ください。

------------------------------------------------------------------------
■難易度【対2012年10月比】
------------------------------------------------------------------------
問題1.(単熟語):               ■難易度【中】変わらず

問題2.(読解穴埋め問題):           ■難易度【中】→【大】

問題3.(読解内容一致問題):           ■難易度【小】→【中】

問題4.(英作):                ■難易度【中】→【大】

リスニング問題(パート1.(会話)):       ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)):   ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)):  ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)):  ■難易度【中】→【大】


------------------------------------------------------------------------
■総評   【合格点予測は79点(対2012年10月81点比 -2点) 】
------------------------------------------------------------------------

2013年第3回(1月27日)一次筆記試験は、前回の2012年第2回(10月14日)
一次筆記試験と比較して、

難易度が上がった科目は

問題2.(読解穴埋め問題):           ■難易度【中】→【大】

問題3.(読解内容一致問題):           ■難易度【小】→【中】

問題4.(英作):                ■難易度【中】→【大】

リスニング問題(パート4.(インタビュー)):  ■難易度【中】→【大】


と、今回難易度が上がると何度も本メルマガでお伝えした通り読解問題を中心として
全体では【難易度が上がった】試験でした。



●読解内容一致問題のWashington,DC(500ワード、3設問)とThe Death of a
 British Hero(800ワード、4設問)の選択肢がまぎらしく、読解内容一致問題で
 難易度大が2大問題も出題されるのは久しぶりです。もう1点の英作文は
 通常POINTSを簡単に「結論」をサポートする「理由」として作成できるはずが
 今回はPOINTSから「理由」作成するには、背景と思考を要求する難易度を
 上げた問題作成でした。



合格点は対10月合格点81点と比較して-2点減と大幅に難易度が上がり

【合格点79点】と予測いたします。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
    問題1.単熟語問題 ■難易度 + ■分析 + ■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
------------------------------------------------------------------------
■難易度【大】→【中】(対6月比) 問題1.(単熟語)              
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
■分析 
------------------------------------------------------------------------
(1)「出る順パス単(2012年3月発売)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
「CAN-DO SPIRIT COACH word1000」の、僅か計3,100ワードからの
   9年連続60%出題率達成!【圧倒的に国内ダントツ1位】 

(2)対10月比、9センテンスも逆接センテンスが出題されて、4センテンスも増加は異例。
   「改訂版パス単熟語」(2,008年4月発売)+「パス単熟語」(1,998年4月1日発売)
   からも12単語もの出題をカバーする役割「CAN-DO SPIRIT COACH word1000」が
   功を奏した。
   最初の(1)~(3)の設問は、難易度大問題作成パターンと変わらず。
   

------------------------------------------------------------------------
■合格実践法 合格率38%実証済『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』
------------------------------------------------------------------------

(1)英検協会によると、英検1級合格レベルに必要な単語数は15,000単語。

   CAN-DO SPIRIT COACHが9年間にわたる累計10,263人の受験生への合格実践法アドバイス
   コーチングを通して、合格率38%実証済『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』こそが
   最も早く確実に結果を導くと改めてデータが裏付けた。

   【合格者パターン】=【出題率大の1参考書に絞り込み真っ黒になるまで使い尽くす】
    ×【『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』】のみに、つまり僅か3,100単熟語だけに
   特化しています。
   東大の1級受験生が他一般受験生より圧倒的に合格率が高い理由とは
   頭の善し悪しの問題ではなく【トコトン要領よく周到な準備をする】が原理原則。


(2)メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と連動した【1週間単位のでる順パス単
暗記200単語課題を『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』で暗記】しながら、高い基準の輪の中で
【毎土日に成果確認(25単熟語テスト受験参加)】するからこそ、
「やる気+継続学習環境」を
   維持できる。『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』で暗記→1週間単位で成果を模擬テストで
   合格率38%実証済みの「無駄なく合格を必然的に導く環境」こそが合否を決定づける。

●無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』無料登録はこちら
             ↓
   http://archive.mag2.com/0000132646/index.html


●上記のメルマガではお伝えしない貴重な情報やお得なセミナー案内等
『やるか、やらないか英検1級満点対策5シリーズ』無料登録はこちら
             ↓
    https://www.mshonin.com/form/?id=18919963

 のシリーズ第1回分無料配信分の中の、合格率38%実証済
『栗坂式でる順パス単暗記CD実践法』詳細をご活用ください。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
   問題2.読解穴埋め問題 ■難易度 + ■分析 + ■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
------------------------------------------------------------------------
■難易度【中】→【大】(対10月比) 問題2.(読解穴埋め問題)           
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
■分析
------------------------------------------------------------------------
(1)読解問題(穴埋め+内容一致)出題ジャンル第1位経済・ビジネス系社会問題、
   第2位化学系社会問題、第3位は政治系社会問題。
   予想に反し、メディア系社会問題と歴史系テクノロジー各一大問題が出題。

   

(2)一次筆記の問題2.(穴埋め読解)と問題3.(読解内容一致)の計5大問題の
   読解平均1大問題において、「でる順パス単(2012年3月発売)」(熟語を除く
   2,100単語)と、「CAN-DO SPIRIT COACH word1000」から、
【24単熟語(対10月+3単熟語)】が出題された。 改めて
    東大生が要領良く合格するために実践している
   「出題率の高い語彙テキストのみ」を集中的に
『栗坂式でる順パス単CD暗記実践法』で実践する究極の効率効果実証済み。
   


(3) Mister Rogers' Neighborhood【難易度大】

   【難易度大 読解穴埋め 問題作成パターン】から一部紹介
   (1)選択肢をネガティブやポジティブだけで正解を導けない。
   (2)メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)が
見つけにくい。
      見つけにくいと次段落の展開の「推測=速読」ができず時間を要す。

   【難易度大 読解穴埋め 落とし穴作成パターン】から一部紹介
   (1)選択肢がまぎらわしく、制限時間内で正答を判断できない。
(2)選択肢を2つまで絞った時点で、知らない単語を含む選択肢正答が
      問題作成パターンなのに、(28)では意図的に間違い選択肢2.に
      知らない単語outmatchを入れて、本来正解パターンを
      不正解にさせている。
      

   【設問(26)解答 選択肢4.】【難易度小】
   ( 26 )のHis showの代名詞は前センテンスMixing puppetry, songs,
and direct conversation with the camera, Rogers devoted each episode
to a theme relevant to his audience to two-to five-year-old。
         ↓
そのHis showはどうだったのか?を選択肢から選ぶ解答ヒントは
   ( 26 )の後ろ第1段落第5センテンスtouchy subjects such as
divorce or deathと第6センテンスchildhood fears and anxietiesの
   「言い換え」が選択肢4.のconcernと推測でき正解。


   【設問(27)解答 選択肢4.】【難易度大】
   ( 27 )を含むセンテンスの前後センテンスに
   正解ヒントがあるが大原則。
                   ↓
   ( 27 )の後ろセンテンス第2段落第2センテンスは、
   ポジティブ節→,butネガティブ節 展開を1センテンス内で完結している。
   つまり最も伝えたいセンテンスはbut he was revolted by the mindless
and exploitative nature of the programs being boroadcast.で
   第1センテンスをサポートしてる展開。ということは、but he was
   revolted by the mindless and exploitative nature of the
   programs being boroadcast.の「言い換え」が( 27 )に入る。
   「言い換え」はネガティブが入ると推測できる。
                   ↓
選択肢1.と選択肢2.は( 27 )の後ろセンテンスで
   何ひとつ説明されていないため削除し
   選択肢3.と選択肢4.がネガティブの正解として残る。選択肢3.も
   ( 27 )の後ろセンテンスで
   何ひとつ説明されてないため削除し、その結果選択肢4.が正解。


   【設問(28)解答 選択肢3.】【難易度大】
    ( 28 )の説明が後ろセンテンスで、第3段落第3センテンス
defended the role educational television played.と第4センテンス
   but forthright manner he brought to his show, Rogeres spoke so
convincinglyから選択肢3と選択肢4.に絞り込める。ここから
   制限時間内で正解を導くのは、【落とし穴作成パターン】と
   【問題作成パターン】熟知して初めて解ける難易度大の設問。

                                      

(4)Inventihng the Wheel【難易度小】

【設問(29)解答 選択肢1.】【難易度小】
   ( 29 )の前センテンスの第1段落最後センテンスをサポートすべく
   ( 29 )を含める第2段落第1センテンスはIn fact,から始まり
   ( 29 )の後ろセンテンスの第2段落第2~最後センテンスまで
   動詞はhad to be やwould have needed、そしてmust have と
   全て「~しなければならない」の文展開から容易に選択肢1.の
requiredから同じ展開があてはまる正解として絞り込める。


   【設問(30)解答 選択肢3.】【難易度小】
   第2段落第1センテンス(メインセンテンス「求められる条件」)は
   第2段落で最も一番伝えたいセンテンスであり、第3段落第1
   センテンスもanother challengeから第2段落メインセンテンスと
   同様に第3段落第1センテンス(メインセンテンス「求められる条件その2」
   と同じ展開と推測できる。
                    ↓
Furthermore,から始まる( 30 ) を含める第3段落第3センテンスも
   前センテンスと同じ展開となる。つまり前センテンスのis necessary for
   と同様な動詞や形容詞が入り、( 30 ) をサポートする後ろ
   センテンス"all-ornothing"の「言い換え」が選択肢3.は正解と推測できる。
  

   【設問(31)解答 選択肢2.】【難易度小】
( 31 )を含むその前後センテンスに正解ヒントがあるが基本。
   第3段落第1センテンスでoriginが difficult to pinpoint→第2センテンス
   は従来説を述べる→ ( 31 )を含む第3センテンスは従来説に
   賛成?それとも反対?を推測できるのは( 31 )の後ろセンテンスで
   自説を主張し、最後センテンスでUkraineがWheel をinventした最初の地と
   述べているので、従来説に反対している選択肢2.が正解。
   ただし選択肢2.のnot the caseはnot the trueという語彙力が試される。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
   問題3.(読解内容一致問題)■難易度 + ■分析 + ■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
------------------------------------------------------------------------
■難易度【小】→【中】 問題3.(読解内容一致問題)           
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
■分析
------------------------------------------------------------------------
(1) 読解内容一致出題ジャンル第1位社会問題、第2位科学
、第3位経済・ビジネスは過去27
    回1次筆記試験に おいて順位に変更はない。
    ●大きな変化は、2012年度第1回(6月実施)1.政治ジャンル2.
    アート+心理学3.政治系社会問題。2012年度第2回(10月実施)
    1.政治系社会問題2.政治系社会問題3.政治・ビジネス系社会問題。
    そして今回の2012年度第3回(1月実施)1.歴史系社会問題
    2.政治系社会問題3.歴史系社会問題 と英検1級読解出題問題の
    代表だったサイエンス系が、2012年度ゼロという新しい傾向が顕著になった。


(2)The Amristar Massacre【難易度小】

   【内容一致 問題作成パターン】から一部紹介
   (1) 選択肢は7割が基本、3割が応用の設問作成パターンが基本。
      つまり500ワードで3つ設問ある1大問題は1つの設問が
      応用問題(難易度大)で、残り2つの設問は基本問題出題(難易度小)。
   (2)設問に含まれる動詞や名詞が答えのある段落のセンテンスでは品詞が変化する。

   【内容一致 落とし穴作成パターン】から一部紹介
   (1)設問が分かりにい。
   (2)紛らわしい二つの選択肢の段落の「言い換え」センテンスを見つけられない。


【設問(32)解答 選択肢3.】【難易度小】
設問の名詞(句)prior to April 13,1919,とBritish colonial authority in
Amritsarの正解センテンスは第1段落第3センテンス(Angry crowds~)~
    第5(Dyer set~)センテンス。選択肢2.と選択肢4.が間違いで削除。
選択肢1.と選択肢3.が正解候補で、選択肢1.in order to keep leaders
of leaders of the Indian nationalist movement from attending a rally
thereが間違いで選択肢3.が正解。
 

   【設問(33)解答 選択肢4.】【難易度中】
設問の名詞(句)view of the committeeの正解センテンスは第2段落
第5センテンス(The committee~)で選択肢1.did not have the authority
が間違いと選択肢3.はbecause the crowd~が間違いで削除。
    選択肢2.と選択肢4.に絞り込め選択肢2.would not cause injury
to anyoneが段落で述べられず不正解。正解選択肢4.の「言い換え」は
    第2段落第5センテンス(The committee~)~第7センテンス
    (Dyer was~)。 


   【設問(34)解答 選択肢2.】【難易度小】
設問の名詞(句)Amritsar Massacre がthe issue of Indian independence
    をinfluencedさせたone wayは、第3段落第3センテンス(The independence~)
    で選択肢3.と選択肢4.は大意が第3段落で述べられず削除。
    選択肢1.と選択肢2.に絞り込め、選択肢1.はarmed resistanceが
    第3段落で述べられず不正解。正解選択肢2.は第3段落第3センテンス
(The independence movment,~)の「言い換え」。
第3段落第3センテンスcoalesce;uniteの語彙力がなければ選択肢正解への
    精度が落ちる。


(3)Washington,DC【難易度大】

   【設問(35)解答 選択肢4.】【難易度中】
設問の名詞(句)the founders of the United Statesがdecided not to
locate the national capital in one of the statesのWhat one reason
   のうちの2つのreasonのうちの1つ目は第2段落第3センテンス
   (Locating the~)で、2つ目のreasonは第2段落第4センテンス
   (The founders were also~)。正解センテンスが含まれる第2段落の
   各センテンスと比較しながら選択肢1.と選択肢3.は大意が違い削除。
   選択肢2.と選択肢4.に絞り込め、選択肢2.のwithout the risk
of angering a state governmentが不正解で選択肢4.が正解。
   選択肢4.の「言い換え」は第2段落第6センテンス(In 1790,~)。
設問decided not to locate the national capital in one of the states
   の「言い換え」を見つけるのに手間を要す、問題作成パターン。
   

   【設問(36)解答 選択肢3.】【難易度大】
設問の名詞(句)の"paradoxical situation"は第4段落第1センテンス。
   (Many Washington,DC~)"paradoxical situation"の「言い換え」が
第4段落第2センテンス(They pay federal~)。同時に設問ではparadoxical;
contradictoryとreferred to; mentionedの語彙力を要求する。
   選択肢3.most Americans view them as having little in politicsが
   第4段落で述べられず不正解。選択肢4.の主語city officials と
    most residentsが第4段落で述べられず不正解。選択肢1.と
   選択肢2.に絞り込めるが、選択肢1.のセンテンス内容自体は正解だが
   paradoxical situationではないので不正解。よって選択肢2.が正解で
   選択肢2.help to fund the federal govermentが
   第4段落第2センテンスpay federal taxesの「言い換え」として成立するのか
   判断がむずかしく手間と時間を要し難易度大。

   
   【設問(37)解答 選択肢1.】【難易度大】
設問の名詞(句)to gain congressional representationが
difficult for Washington,DCの理由を述べているセンテンスは
   第4段落第5センテンス(For representatives~)~第6センテンス
   (Since the ~)と選択肢2.のmany former residents would move back
~と選択肢3.would gain special advantagesが第4段落で述べられず
   削除。選択肢1.と選択肢4.のうち、選択肢1.の大意は第4段落で
   述べられず削除。よって正解は選択肢4.だがその「言い換え」は
   第4段落第5センテンス(For representatives~)でdiluteの
   「言い換え」を選択肢ではbeing diminishedで語彙力を要求する。
   しかも設問の答えは、第4段落第5センテンス(For representatives~)
   ~第6センテンス(Since the ~)で、しかも第6センテンスは
   理解しにくい長文。
   (Since the ~)


(4)The Death of a British Hero【難易度大】

   【設問(38) 解答 選択肢4.】【難易度中】
   設問の名詞(句)British peopleとwhen they learned of
of Robert Falcon Scott's failureがHow reactedした
   解答は第3段落第1センテンス(The bodies of ~)~
   第4センテンス(Books, children's~)。その解答センテンス
   と照らし合わせながら、選択肢2.は大意が段落で述べられず
   選択肢3.はbut以下のセンテンスが段落で述べられず削除。
   選択肢1.と選択肢4.に絞られるが、選択肢1.はrespected
   とaccepted defeatが段落で述べられず削除で、正解は選択肢4.
   しかしながら選択肢4.のThey focused little on the outcome
of the race to the South Poleのfocused littleの「言い換え」
   が段落から見当たらないため、難易度が上がる設問。


【設問(39) 解答 選択肢2.】【難易度小】
設問の名詞(句)1979 book about Scott and Amundsenは
   第5段落に正解がある。選択肢3.は大意が第5段落で
   述べられず、また選択肢4.はselfish attemptも述べられず
   削除。選択肢1.と選択肢2.に絞り込まれ、選択肢1.は
   adressed the claims fo Scott's descendantsが第5段落で
   述べられず削除して、正解は選択肢2.でその「言い換え」は
   第5段落第1センテンス(In 1979, however,~)と第5センテンス
   (Amundsen, by contrast,~)。
   
   
【設問(40) 解答 選択肢3.】【難易度大】
設問の名詞(句)Roland Huntford's view of Scottは by the
British publicによってWhy accepted so quickly?なのかが
   設問の解答を述べているのは第7段落。第6段落第3センテンス
(Despite this,~)が設問whyを除いたセンテンスがそのまま
   入っているが主語(the British puclic)ではないため
   解答が異なり難易度を上げている。
   第7段落第1センテンス(Probably the main~)
   ~第3センテンス(Acoording to one~)が設問の解答。
   選択肢4.は大意が第7段落で述べられず、選択肢2.は
   remained strong at that timeが不正解。選択肢1.はwhen
    peopleの主語が述べられず不正解となり、選択肢3.が正解。
   第7段落第3センテンス(According to one~)がその「言い換え」
   でそのセンテンスが理解しにくく難易度大。
 

   【設問(41) 解答 選択肢2.】【難易度大】
設問の名詞(句)true of the counterclaim to Huntford's
argumentのcounterclaim; a claim made to rebut a previous
claimの語彙力を要求。その解答を述べているのが
   第9段落の第1センテンス(In recent years, ~)~第4センテンス
(Interestingly, while~)。選択肢1.はas a heroを第9段落
   第4センテンス(Interestingly, while~)で否定し除外。
   選択肢3.は大意が第9段落で述べられず除外。選択肢2.と
   選択肢4.のどちらが正解がまぎらわしいが、選択肢2.の
   in a more positive contextが第9段落第4センテンス
   (Interestingly, while~)で述べられ正解と推測できる。
   つまり迷った場合は、どちらが正解かを探す方法でも正解の
   精度を上げられる。


------------------------------------------------------------------------
■合格実践法 【読解穴埋め】+【読解内容一致】
------------------------------------------------------------------------

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●2月3日(日)開催!「世界基準toeic900+英検1級Wゲット実践セミナー」のお知らせ

●セミナー詳細   → http://www.facebook.com/events/149080081911108/
●セミナー参加お申し込みフォーム→ http://www.reservestock.jp/events/11082
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回も1月27日一次筆記試験合否を決定づけたのは、栗坂式時間戦略による
100分の持ち時間のうちの読解穴埋め14分+読解内容一致40分の計54分に
対抗すべく、精度を伴い、スピーディーに、自動的に答えられるレベルを
英検1級は要求しました。


つまり、【不合格者パターン】から脱却し、【必然を生む合格者パターン】
になるためには

(1)速読技術

(2)速読を加速させる【合格率38%実証済 解き方とその順番=栗坂式速読方程式】

(3)問題作成者側にまわるからこそ、【問題作成パターン熟知】による
   選択肢精度30%~40%向上。

(4)問題作成者側にまわるからこそ、【落とし穴作成パターン熟知】による
   選択肢精度30%~40%向上。

★「難易度大の問題の見分け方と対策は以前と同様、役に立ち、
  自分も合格点が大体予想できるようになったこと。そして
  問題作成パターン、落とし穴パターンがどんなものか、
  日頃から教えて頂いていますが、実感として分かってきたという事です。」
 【一次試験読解内容一致問題満点達成の 澤田かおり様】

★「 読解で栗坂速読方程式を本番でも実践。
   実はやや手こずりましたが、お かげで読解は全て満点。」
 【一次試験読解内容一致・穴埋め問題満点達成の ウチヤマコウイチ様】

              
セミナー当日は、1月27日一次筆記試験対策実践法のまとめと
27日に実施された読解内容一致過去問を使って、【栗坂式速読方程式】、
【問題作成パターン】、【落とし穴作成パターン】を現場で熟知体得して
もらいます。本メルマガでは決して公開していない参加者だけが
6月に偶然ではなく、【必然的合格者パターン】として最短最速で
合格を実現できるに間違いありません。


何故ならば、価値は受け手できまるからです。


当日、行動力あるあなたとお会いできる日をこころから楽しみにいたしております。
  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルレッスン 受付中
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■国内ダントツ圧倒的NO.1 合格率38%実証済栗坂式方程式で解く
 「最短最速で合格できる仕組み」提供!
 「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース(月謝制¥18000円)」とは?
----------------------------------------------------------------------------
【受講生】が、
 1.毎日【40分以内で解く模擬問題実践】(【栗坂速読方程式】解き方付+技術訓練付)。
 2.毎週末定期開催  週単位の模擬問題成果数値表をもとに
  【カイゼン実践法アドバイスコーチング】を受ける。
 3.毎週末定期開催 【伝説のネット授業】、【英作+リテンションネットクラス】
   スカイプ音声を活用した、自宅から手軽に受講できるネットライブ授業参加で
   【実力確認】。

●CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルレッスンお申込はこちら

                ↓
       http://www.eiken1kyucando.com/trial.html
----------------------------------------------------------------------------



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
     問題4.(英作問題)■難易度 + ■分析 + ■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
------------------------------------------------------------------------
■難易度【中】→【大】 問題4.(英作)                
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
■分析 
------------------------------------------------------------------------

(1)英作は過去27回88%が「国際・国内社会問題ジャンル」の
   問題作成パターン。

(2)POINTSとは『結論』をサポートする『理由』に使われる問題作成パターンだが
   今回のPOINTSは簡単に『理由』に使えないリストの為、より多くの考える時間を
   要求し難易度が上がった。

(3)過去2年間、受験生の実力よりも素点で2点~4点低い厳しい採点傾向が顕著。
   特に今回第2回一次試験の難易度が大幅に下がると予測するため、
   合格率9.6%を維持するために、英作で採点を厳しくする可能性あり。

(4)今回のトピック課題Does more need to be done to address Japan's low
bitrhrate?は過去3年間何度も取り上げられた常連の社会問題出題傾向が
   この3年間のトピック課題出題パターン。

(5)トピック課題に対して
   肯定、あるいは否定のどちらの結論でも、採点に影響は無いが、制限時間内で
   英作作成の場合の基本は、肯定文が確実に最短最速で書けるが原則。


------------------------------------------------------------------------
■合格実践法 
------------------------------------------------------------------------

(1)5段落を基本に第2~第4段落は『結論の理由』を述べる役割を簡単に作成するには、
   POINTSのキーワードをフル活用が最小の努力で最大の結果を導く前提条件。

   CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース受講生対象毎土日定期開催中の
   『英作+リテンションネットクラス』に参加して、難易度大や苦手ジャンルの
   トピック課題にいっさいふりまわされない、POINTSをフル活用した理由の作り方、
基本背景知識、一次試験英作出題予測的中率26 %実証済の出題率大トピック課題を
   通して、誰よりも早く基本に忠実な英作作成実現(栗坂式英作方程式)!

   ●英作を本番で自動的書けるレベルに到達するには、何を頼りに英文を書くべく
    『ひながた(=論理=ロジック=読み手が最も理解しやすいきまりごと)』体得
    こそが正答率6割達成の王道。ただし『ひながた』は
    いろいろなパターンが存在するので、『プロによる添削』というプロセスを
    へない限り自分ひとりで客観的にカイゼンのバカズを増やすのは不可能な科目。
   ●その理由は、選択肢は1つの正解だけあるが、英作の正解は複数あるから
    プロから添削を受け、カイゼンのバカズマックス化が本番で自動的に書ける
    最短最速実践法。
    つまり、ひながたをつかった英作作成のバカズマックス化 → プロの添削
    を通してのみカイゼンのバカズを通して初めて客観的な『得点アップ』が実現。


(2)英作作成のひながた(読み手に最も一番分かりやすく伝えるきまりごと=
   論理=ロジック)
   体得を『CAN-DO SPIRIT COACH 27日間英作基本構造展開体得特訓コース』で
   12回の英作トピック課題作成→提出後24時間以内添削返却 を通して、
   「ひながたを本番でスピーディーに、精度を伴って、自動的に書けるレベル」達成。
   東大入試英作問題と同様、英作作成基本ひながたに忠実が最も減点されない最小限の
   リスクで最大限の結果を導く、まさに受験の王道。

   ●英検協会英作採点官を圧倒する累計添削7512回実績のプロ添削コーチ栗坂による
    添削後、本番での一次英作平均得点9年連続18点(正答率64%)達成。

『英検1級27日間英作基本構成展開体得集中特訓コース』  ↓ 

  http://www.eiken1kyucando.com/write-read.html



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
   リスニング問題パート1~4 ■難易度 + ■分析 + ■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
------------------------------------------------------------------------
■難易度(対2012年10
月比較)
------------------------------------------------------------------------
リスニング問題(パート1.(会話)):       ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)):   ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)):  ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)):  ■難易度【中】→【大】

------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
■分析
------------------------------------------------------------------------

(1)パート1.(会話)は10月と比較してほとんど難易度変わらず。

(2)パート2.(パッセージ)は情報量が
   多くて整理が追いつかずに難易度大と変わらず。

(3)パート3.(リアルライフ)は2012年6月出題と同様に難易度大。
   【難易度大音声作成パターン】は
   音声を聞きながら「条件」を整理しようにも情報量が多すぎて
   メモが追いつかない。だからこそ、【一次筆記で先読み10分確保】と
   リスング問題進行中の際の【問題プロセス説明時間の、
   パート1.スタート前の1分45秒間。
   パート2.スタート前の25秒間。
   パート3.スタート前の40秒。
   パート4.スタート前の25秒間。
   も先読みが大前提。】

(4)パート4.(インタビュー)はインタビューアーの設問とインタビューされる
   プロフェショナルのの答えの名詞さえおさえれば、設問の
   選択肢を絞り込めるはずが、選択肢がまぎらわしく難易度大となった。

(5)『栗坂式時間戦略方程式』でお伝えしたとおり、100分の筆記試験において
   最後に10分間捻出して、リスニングの選択肢を先読みした、受験生は今回も
   抜きん出て7割得点達成!その理由は、『余裕』さえ
   あれば、『集中力をいかんなく発揮できる』ことを改めて実証。
   つまりリスニングに臨む際、『どういう感情で臨むが結果を決定づける。
   つまり『余裕』があれば「集中力が高まる!」ため得点アップする。』

   リスニングとは一発勝負なので、一度選択肢で迷うと、あっといまに
   次の音声が流れ、あせる→集中力きれる の負の連鎖をどこかで
   決断を下し断ち切らないと得点確保は不可能。事前の決まりごとルールを
   作り、準備訓練が絶対不可欠。

   5分~8分前後しか捻出できなかった受験者はことごとく惨敗の結果で
   最低限10分時間を割いて27の設問の名詞(句)に印をつけながら
   1.背景2.登場人物3.議題を推測すること。


------------------------------------------------------------------------
■合格実践法
------------------------------------------------------------------------

(1)CAN-DO SPIRIT COACH 1日40分コースのリスニング模擬問題(パート2.)や
   課題復習用としてのシャドーイング復習2回を、『栗坂リスニング方程式』で
   月平均25回ずつ圧倒的国内NO1ダントツ実践するからこそ、
   スピーディーと精度アップ(問題作成パターンと落とし穴パターン熟知)
   自動化実現。


(2)リスニングテストにおける確実な点の取り方は、『栗坂時間戦略方程式』に
   従って
   100分の筆記試験の時間戦略のうち最後10分を『先読み』割り当て、
   リスニング選択肢や
   設問の計27問を先回りして読みながら1問につき22秒の
   持ち時間で、固有名詞(名詞のかたまり)にすべて印をつけるが基本。
先読みする目的は1.登場人物の整理2.背景知識3.議題を推測する。

【合格者パターン】合格者全員が100%、10分の先読み時間を確保して実践!
         5分足らずでは、精神的余裕がないため、全く使い物に
         ならない(集中力発揮に必要な余裕が生まれない)
         ので最低限10分確保が大前提。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。


前回の2012年10月14日に実施された英検1級一次試験の合格点予測は
おかげさまで国内唯一CAN-DO SPIRIT COACHのみが
合格点81点(6月より+3点アップ)を的中いたしました。


★「2012年10月一次試験合格点予測+分析+2013年1月対策実践法」

          http://amba.to/Vc0zqU


まだ確認されていないのであれば、上記のウェブサイトでご確認ください。


今回の一次試験でも、おかげさまで読解問題全体が難易度大出題予測を
的中いたしました。


9年間年中無休で、英検1級のデータのみをトコトン徹底的に追及しながら
分析、そして責任ある予測をしっかりとたてられるのは
向上心旺盛なあなたを含めて
全国の英検1級受験生のフル・サポートを賜れる以外のなにものでもありません。



●今回の合格点予測でも、あなたのお役に立てればこんなうれしいことはございません。



そして、合格率38%実証済の最短最速で合格したい、本気で覚悟をすえたあなたに


そういう「環境=仕組み」を100%ご用意したのが、CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コースです。


自らが行動を起こしで、ご自分の目で「ほんもの」かどうかご確認ください。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルレッスン 受付中
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■国内ダントツ圧倒的NO.1 合格率38%実証済栗坂式方程式で解く
 「最短最速で合格できる仕組み」提供!
 「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース」とは?
----------------------------------------------------------------------------
【受講生】が、
 1.毎日【40分以内で解く模擬問題実践】(【栗坂速読方程式】+技術訓練付)。
 2.毎週末定期開催  週単位の模擬問題成果数値表をもとに
  【カイゼン実践法アドバイスコーチング】を受ける。
 3.毎週末定期開催 【伝説のネット授業】、【英作+リテンションネットクラス】
   スカイプ音声を活用した、自宅から手軽に受講できるライブ授業参加で実力確認。

●CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルレッスンお申込はこちら

                ↓
       http://www.eiken1kyucando.com/trial.html
----------------------------------------------------------------------------


最後の最後まで長い間お付き合いいただいて、改めてありがとうございました。


CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)
http://www.eiken1kyucando.com/

栗坂幸四郎


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH
                   (英検1級eラーニングコーチ)
  ●栗坂のツイッター: https://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
●栗坂のFacebook:         http://www.facebook.com/koshirokurisaka
★「2012年10月一次試験合格点予測+分析+2013年1月対策実践法」→ http://amba.to/Vc0zqU
  ●英検1級合格栗坂方程式ブログ:  http://ameblo.jp/koshirokurisaka
  ●CAN-DO SPIRIT COACHウェブサイト:http://www.eiken1kyucando.com
  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』本文は著作権により
  保護されていますが、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、
  商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
  ただ、その際には、
  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と、出典を明らかにしてくださいね。

  Copyright(c) 2004-2013 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

英検1級栗坂式二刀流攻略法さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス