越木岩神社ブログ

越木岩神社ブログ

兵庫県西宮市にある「越木岩神社」の日々をブログでお伝えします。

『越木岩泣き相撲』は毎年9月中旬に開催されます。

令和3年『越木岩泣き相撲』の開催について


令和3年(2021年)の越木岩泣き相撲の開催については、現時点では新型コロナウイルス感染症の拡大状況により未定とさせていただきます。


開催は9月12日を予定として進めますが、緊急事態宣言の有無・感染者数が推移・ワクチン接種状況・西宮市の催事・イベント開催状況などを参考に、行政等の指導を仰ぎながら6月頃には決定させていただきます。


但し、6月以降で感染症拡大状況が変化した場合は中止することもあります。


また、昨年も中止となり、多くの方から開催を要望いただいており、仮予約も多くいただいている状況を鑑み、①人数を制限して開催する、②2回に分けて開催する、ことも検討しております。


出来るだけ早く、皆様にお知らせ出来る様にと考えておりますが、コロナ禍により判断が難しくなっておりますことを何卒ご容赦賜れば幸いです。



当社WEBから、仮申し込みが可能です。

開催日が決定した際には、本登録が必要となりますが、事前に仮申し込み者にはメールにてご連絡させていただきます。

登録料やキャンセル等は掛かりませんので、仮申し込みいただければ幸いです。

(化粧まわしのお申し込みも、中止になった場合は事前にご連絡申し上げますので、キャンセルも可能です。)



ご予定も立てられず、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

東日本震災以降、椿を介していただいたご縁が、また一つ前に進みました!

椿を軸に、産官学が連携し、大船渡市・陸前高田市において、持続的で循環する地域社会を構築することを目指す『レッドカーペット・プロジェクト』。

その事業の一つとして、陸前高田市の広大な津波による被災した未活用土地に、市花である「椿」を植樹する活動があります。
当社も理事長をお務めになられるバンザイファクトリー・高橋社長様とご縁をいただき、数年前より椿茶などの購入をさせていただいております。その一部が植樹活動に寄付されており、社長のご厚意で今回発災10年の節目に植樹と共に、当社の立て看板を設置いただきました。
高橋社長様のご提案で、当社の椿を陸前高田に、陸前高田の椿を当社に植樹しようというお話もあり、椿のご縁が更に広がりそうな予感!
 
椿の発育はゆっくりで、その分しっかりと根を張ります。10年後、20年後、津波で被災した土地に、椿の花が咲き誇るのが楽しみです!
 
3月21日9時より「鎮花祭並びに新型コロナウイルス感染症早期鎮静祈願祭」を斎行致しました。

氏子崇敬者のご代表者の方々のみにご参列いただく形をとらせていただきましたが、氏子崇敬者の方々や地域の方々の健康と疫病退散等を祈願し、無事に斎了致しました。

残念ながら、「椿まつり」の奉納演芸・露店出店などは中止とさせていただきましたが、祭典前に勢いを強めた雨によって清められ、祭典後には傘も要らないぐらい雨足を弱めた天候は、込められた願いが届いたかのようでした。

まだまだ、コロナ禍で不自由な生活が続きますが、神様の御守護の下に皆様が健康でお過ごしになられることをただただ祈念するばかりです。

鎮花祭で祈念した「疫神斎」の御神札は、数に限りはありますが、本日より頒布させていただきます。どうぞ、ご家庭のお守りとしてお受け下さい。

(写真は昨年の神札です)