成田市議会議員 会津素子の「えこねこ日記」

成田市議会議員 会津素子の「えこねこ日記」

命と環境と民主主義を守る立場で、2期目を歩んでいます。宜しくお願いいたします!

こんばんは。会津素子です。

 

3日間続いた決算委員会が、本日終わりました。

決算委員会では、2019年度の成田市の一般会計と特別会計の事業の総括を行ない、来年度の予算に生かしていただくものです。

 

色々な事業がある中で、私が一番始めにご報告させていただきたいのは、学校給食の出汁です。

 

成田市の学校給食は、化学調味料に頼りがちだった和風スープ(味噌汁やすまし汁)が、大きく変化しました。

2019年度は、ついに100%天然だしとなりましたラブラブラブ

 

 

<成田市全給食調理場における、和風スープに使用されるだしの使用割合。11月の献立より>

 

 

私も議会で何度も「だし」について取り上げ、食べものくらぶメンバー始め、子育て中の女性たちと一緒に運動を行ってきました。

 

 

学校給食に天然出汁を導入したら、子どもが元気になった! 香川県三豊市を視察させていただき、成田市で視察報告会を開催しました。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12108086323.html

 

 

食べものくらぶのメンバーたちと、県内全市町村に電話かけ調査を行い、天然出汁使用状況を調べました。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12173112569.html?frm=theme

 

 

高知県南国市にも視察させていただきました。一人で飛んで行ったな〜・・・。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12269460296.html?frm=theme

 

 

学校給食に玄米やオーガニックを導入した元校長先生をお招きして勉強会を開催しました。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12193555121.html?frm=theme

 

 

 

小学校料理場や給食センターに見学に行かせていただきました。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12213495442.html

 

 

学校給食センターや担当課の職員の方々と、食べものくらぶのメンバーで意見交換会をおこないました。

https://ameblo.jp/koshary/entry-12380478525.html

 

 

 

 

他にも様々な取り組みを行ったことが、ようやく実りました。

給食センターの職員の皆様、各調理場の皆様、特に栄養士・教諭の皆様、調理員の皆様、教育総務課の皆様、本当に本当にありがとうございましたキラキラ

 

これからも、さらに質の良い、子どもの健康にも良い給食を求めていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

こんにちは。会津素子です。

 

昨日は、子ども食堂からべえでした。

コロナウィルス以降、からべえの利用者が激減してしまい、寂しかったのですが、ようやく賑やかな子ども食堂が戻ってきました照れ

 

子どもたちが成長していたり、誕生していたり! 沢山の嬉しい再会と出会いがありました。

 

ボランティアスタッフも10名を超え、キッチンも賑やかでした。

インターンとして活動している二人の大学生も手伝ってくれました。

 

今回もたくさんの差し入れをいただきました。本当にありがとうございました!

 

さて、明日から決算特別委員会です!

今日中に準備が終わるのか、ヒヤヒヤですが頑張ります。よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

まちゃるさんこと、高坂勝さんのオーガニックバー「たまTSUKI」に魅せられて呑みに行った人は数知れず。高坂さんに影響されて、ダウンシフターに転身した人も数知れず。

 

高坂さんは現在、千葉県匝瑳市にお住まいで、農を中心とした地域づくりに取り組んでいらっしゃいます。そんな匝瑳市に魅せられて移住する人も多いようです。

 

当日は、アフターコロナ時代を生き抜くための 自給・循環・コミュニティを通じた地域 づくりについて語っていただきます。

たくさんのご参加お待ちしておりますニコニコ

 

 

クローバーウェビナーお申し込みはこちらから ↓

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_SIQe-cfzTzeGsiT--Ln_xw

 

 

高坂勝さんzoomウェブセミナー

【アフターコロナ時代の農を中心とした地域づくり】

 

日程:9/27(日)18:30~20:30

参加費:無料

共催:緑の党ちば&緑の党いばらき

 

<お問合せ先>

メール:緑の党ちば go.green.chiba@gmail.com

電話:会津 090-6704-9996

こんばんは。会津素子です。

 

コロナ禍により、経済的に困窮している市民が激増したことが、①〜③に表れています。

 

①緊急小口資金の申請件数

2019年3〜7月 4件

 ↓

2020年3〜7月 1,297件

 

②生活困窮者支援の相談件数

2019年3〜7月 1,220件

 ↓

2020年3〜7月 3,067件

 

③市税支払い猶予の相談・決定件数(2020年7月末)

相談 630件

申請 176件

決定 131件

 

 

そして、③の納税の猶予申請176件の総額は、55億円です。

成田市に納付される予定の55億円が、未だ入っていないのです。コロナ禍はこれからも続き、猶予申請も増えることでしょう。

-55億円はさらに膨らむ可能性があります。

 

今年度、返済しなければならないローン、つまり「公債費」は、53億円です。毎年、この規模の額を返済し続けてきましたが、今年度は公債費と同程度の収入が途絶える恐れがあるのです。

 

今後、支出は増えていきます。

少子高齢化が進む成田市では、社会保障費は今後さらに増大します。

 

成田空港を中心に発展してきた成田市は、他の自治体と比べてコロナ禍の影響を大きく受けていると思われます。

成田市では、これからも大規模事業が計画されていますが、計画の大幅見直しは必須です。市民の命と生活を最優先にして事業を選択していかなければなりません。

来週以降の委員会も気を引き締めて臨みます!

 

(この記事で使わせていただいた数字は、油田清議員と大倉ふじお議員の一般質問から引用させていただきました。)

こんばんは。会津素子です。

 

本日、一般質問を終えました。とても嬉しいことがありました照れ

 

成田市が「気候非常事態宣言」を出すことについて、前向きに検討くださることになりました。

早く進めば、千葉県内で最初の宣言となり、成田市の地球温暖化対策が大きく前身すると期待しています。

 

市長始め、執行部の皆さま、ありがとうございます!

 

未来世代が生き残るための、第一歩ですあし