パク・ヨンハと母

テーマ:


こんばんは。

今日、シンガーソングライターをしている弟が、ファンの方から貰ったという、母が好きだった、パク・ヨンハのCDを預りました。
弟と母へ心のこもったお手紙も一緒に。

早速母の仏壇に供えました。

確かに、母は韓流にハマりファンクラブにも入って本やCDも沢山集めてました。
こちらのブログでも何度も話題にしてました。

CDをくれた方も韓流が好きだったようで、母のブログも読んで下さっていたみたいです。
きっと母も喜んでくれていると思います。

母に代わってお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

弟も頑張っているみたいなので、これからも応援してもらえると嬉しいです!


野外ライブへ

テーマ:
GWの最終日、弟(次男)が出演する野外ライブへ、、、。
{71B87E7F-E82A-453D-9DC7-D8E41F5E8816}


13時に始まった時は暑いくらいだったのが、だんだん雲行きあやしくなり心配してましたが、何とか出番の15時まで雨は降らずに待ってくれました(^^)だいぶ曇ってはいましたが💦
今日もお母さんのおかげかな⁉️
{3AA24F87-FDFF-4342-A5C2-6C867CD8A597}


車椅子でも、どんな形でもいいから、連れて来てあげたかったなーっと強く思いました。

今日で長かった連休も終わりですねー💧
明日からまたがんばろーう‼️

新学期

テーマ:
早いもので、明後日4月13日は母の四十九日です。
そして、今日から学校は新学期🌸

お母さんっ、お母さんの孫達は今日から、小学5年生と2年生になったよーっ‼️
好きな子と同じクラスになれたって報告してきてくれたよー笑
2人共、めちゃくちゃ家族想いで優しくて、勉強もできて立派に育ってるよーっ‼️
嬉しいねーっ😊😊

皆んな皆んな頑張ってるよ。すごいよー‼️
姉(私)も頑張らないとあかんねー💦って自分に言い聞かせてブログ書いたよ(^^)

じゃあ、おやすみなさい💤

命日

テーマ:
こんばんは。

今日は2年前に亡くなった祖母(母の母)の命日です。

祖母はしっかり者で気の強い所もありましたが、私達家族(特に孫、ひ孫)にはとても優しい人でした。
祖母が認知症になって、施設に入るまでは、母と私が祖母の家に一緒に住んでいて、主に母が祖母の介護をしてました。
母は元々声は大きいのに、祖母が耳が遠いせいで更に大きくなり、普通の会話でも、言い合いをしてるようで、毎日賑やかでした(^^)


天国でも大声でケンカしながらも仲良くしてるかなー。
こんなに早く自分の元へ来たことに祖母は怒ってるでしょーね。


今日は2人とも甘いものが好きだったので、粒あん饅頭を供えました。喜んでくれてるといーな(^^)

お母さん

テーマ:
おはようございます。

今日は、もう1人の娘が書いてます。

母がこの世を去り一週間余り、長いような短いような、日常であり日常でない、なかなか経験したことのない複雑な日を送ってます。

この母が残してくれたブログも今はまだ読み返す事は避けてしまってます。
いつか冷静に読み返せる日がくるのかな?

でも、時々ズル(どこかの記事のコピペなど)をしながらも、一生懸命書き続けてきたこの大切な母が残したブログを、大したことは書けませんが、ちょっとづつ読み返しながら、私達家族で時々更新したいと思います。


今日は、2年前に亡くなった母の母(祖母)の誕生日です。
このブログでも何度も(家族ではおそらく最多?)登場してました。
お母さんだったら、今日ここに何を書いてたかなぁ?
序盤祖母の誕生日に触れつつも、途中からは全然別の話になっていたり、、、結局自分の事書いていたり笑
色んな母のパターンを想像します(^^)


去年はこの時期ちょうど祖母の一周忌だったのですが、母が闘病中でしたので、元気になってからしてあげようって話してたのを思い出します。
あれからもう一年経ったんですねー。


さすが!今日はめっちゃ天気良い!
2人のパワーを感じます(^^)
少し寒いけど💦


おっさん(旦那)、息子達、娘達、孫達は今日も頑張りますっ‼️

※慣れない為、まとまりのない雑な文章ですみません。

母と私

テーマ:
母は私から見て姑にあたります。

女に古いと書くこの呼び方を、母は特に嫌っていました。


私のことは必要に応じて「長男の嫁」と表現するものの、
基本的には うちの娘 と言ってくれました。



私は実母を2歳のときに亡くしています。
その後 一緒に暮らした継母は子ども嫌いを公言して憚らず

許されることと
受け入れられること
のない子ども時代を過ごしました。


母は私に家族とはどういうものかを教えてくれたひとです。

母に繰り返し、許されて
受け入れてもらうことで
言葉じゃなく身をもって家族の愛情を知れました。


こんな形で二度も母親を亡くす形になり残念でなりません。



台所で料理をしていたり
お風呂に浸かっていたり
外を歩いているときなんかに

母の不在がうわっと襲ってきます。


そういう時には 母がいたら何て言うかを想像してみます。

なかなかに規格外なひとだったので
長い付き合い、その言葉やふるまいを想像するのは意外に容易で笑

現実の不在を超える、母の強烈な存在感にちょっとですけど悲しみが紛れます。


そうやってこれから先も一緒に生きていくのだなと思います。




このブログに母が最初に書いた記事は
お姑さんのことでした。

今の私が、当時の母と同じ立場で
母のことを書いていることに不思議な縁も感じます。



母の喜ぶ顔が見たいだけのブログ更新です。

のんびり、気ままにやっていこうと思います。

{35C60FDB-EE8A-4533-96B0-3A13D38049BE}


母とブログ

テーマ:


母がこのブログを始めた頃は
今ほどブログをやっていること自体、一般的ではなかったせいもあって
信じられないことにランキングの上位にいた時期がありました。



Amebaさんから折りたたみ自転車が贈られたこともあります(!)



読み返してみても大したことは書いていないし

隠し撮りや

無断転載や

コピペの嵐で

更新のマメさだけが際立っているくらいですが、

ブログをやっていることは
間違いなく母の生きがいでした。



1日の閲覧者数に一喜一憂したり

コメント欄を荒らされて落ち込んだり

いろんな時期がありましたが
こちらでの交流を喜び、支えにして、
楽しそうにパソコンに向かっていた姿が思い出されます。



…後半はピグに夢中になって(なり過ぎて?)いたきらいもありますが。



昨日の記事、何人かの方にコメントいただいております。


ありがとうございます(涙)



母に報告しますとともに

代わって感謝申し上げます。


ありがとうございます。


{9CFF7303-2349-4F14-A743-FD5401F0EE64}