11月20、21日に奈良で日本皮膚科学会中部支部学術大会がありました。

現地参加でもリモート参加でもできるハイブリッド開催だったのですが、21日の日曜日には座長の任が当たってましたので、現地参加してきました。

まずは腫瘍のセッションで近畿大学奈良病院の山田秀和先生と座長を務めました。その後は皮膚エコーのシンポジウムを聞きに行きましたが、奈良県立医大の先生がきれいなエコー写真を提示されていて、わかりやすい内容でとても勉強になりました。

午後からは皮膚外科のシンポジウムを聞きました。

会場にはたくさんの人が来ていて活気を感じましたね。

そして、ここ1,2年で親しい先生方がいろんな大学の教授に就任したのですが、コロナの関係で顔を合わせてお祝いを言う機会がなかったのですが、関西医大の谷崎教授、兵庫医大の金澤教授、滋賀医大の藤本教授に久しぶりに会うことができて、お祝いの挨拶ができました。

やはり学会参加はいいですね。

 

これえだ皮フ科医院
院長 是枝 哲
http://koreedahifuka.com