鹿児島 レイキ 整体 木の丸庵(このまるあん)

鹿児島 レイキ 整体 木の丸庵(このまるあん)

鹿児島で一位の実績を誇るレイキスクールを主宰する
体と心のつながり研究家(整体師)・丸野博和のブログ。
鹿児島・宮崎・熊本を舞台に、レイキ・ストレスケア等の講座を提供。
NLP(実践心理学)、キネシオロジー、コーチング、シータヒーリングを活用しています。


 2015年開催のスケジュール

葉っぱ 木の丸庵のイベント

  下記イベントのスケジュールはここをクリック


☆マインドフルネス気功会(蒲生で朝ヨガ)

月1回、基本的に日曜日の朝に実施

内 容:大楠の周りで気功&蒲生ふるさと交流館で朝ヨガ
時 間:朝7時~8時半 参加費:1000円
☆レイキセミナー

随時実施。

受講希望者と日時をあわせて実施します。

基本的にはマンツーマンですが、再受講の方が参加することがあります。

☆レイキ交流会

 月1回実施

 内 容:基本技法、ヒーリング実践 ※レイキ実践者のみならず初めての方も参加できます。
 時 間:3時間程度 参加費:2000円

テーマ:

お久しぶりの投稿です。

今日は、これまで準備していた明治天皇御製ステップメールについて書かせて頂きます。

(下に登録フォームあり。 対象:系統を問わず、全てのレイキ実践者向け。)

 

レイキを学ばれている方は、「伝統レイキ(臼井霊気療法学会)では、霊気教義(五戒)とともに明治天皇御製125首を唱え、自らの在り方を見つめ直したり、気付きを得て、精神性を高める様にしている」と聞いた事があるかも知れません。

(御製125首は和歌・短歌です。)

 

ほぼすべてのレイキの系統では、霊気教義(五戒)は紹介されていますが、明治天皇御製125首を詳しく紹介されている系統は少ないと思います。

 

私が学ぶ現代レイキでは、代表の土居裕先生が御製についてテキストや誘導CD等で詳しく紹介され、また、解説本(2013年1月発行)を作成して下さり、御製に触れる環境は整っています。

しかし、私も含め、多くのレイキ実践者たちは御製を日々に活かすということはなかなかできていない状況です。

 

 

レイキは、多くの先人が、今(現代)を生き、そして未来を生きる人々が、健康に楽に幸せに生きる為に、高次のエネルギーの活用法をまとめ上げてくれています。

私たちは、積極的にその恩恵を受けることで、先人たちのおもいに応えることができると思います。

 

実際に御製を読み、触れてみると、今の時代を生きる我々にも気付きや学びになることが多くあります。

 

私たちが恩恵を受ける一助になればと思い、土居裕先生からご協力を頂き、御製を一日一首ずつメールが届く御製ステップメールを作成しました。

 

宜しければご登録下さり、素敵な毎日を生きるきっかけにされて下さい。

 

明治天皇御製125首ステップメール・登録フォーム

 

 

※今後、飛び飛びになると思いますが、作成までに至るまでの秘話をまとめてみたいと思っています。


テーマ:

昨日は、月一回行っている気功&朝ヨガの日でした。

 

1月はお休みさせて頂いたので、今年1回目です。

いつもは3名ほどで地味に行っているのですが、今回は8名の方が参加してくれました。

寒くて暗い中ありがとうございます!

 

~早朝の大楠さん~

 

大楠さんの周りでの樹林気功は、体はあたたまりますが手がかじかむので、早目に会場を移し、ヨガをゆったりと行いました。

 

 

~ちょうど朝日が昇りはじめる~

 

ヨガでは、リラックスのポーズ(シャバアーサナ)を各ポーズ(アーサナ)の中に入れ、ゆったりと呼吸を感じたり、体のツッパリ感や痛みに意識を向けてもらい、ゆっくりと取り組んでもらいました。

 

他のヨガ教室に通っているはじめて参加された方が、

 

「ヨガの形はきれいではないけど、頭がスッキリした。この感覚はいつもは無いです。」

と話して下さいました。

 

嬉しいお言葉です。

 

『カモコレ』がきっかけでできた木の丸庵の早朝企画ですが、毎月やって欲しいとのお客さまの声で約4年ほど細々と続けてきました。(途中、お休みを頂くこともありましたが、、、)

ヨガはインストラクターでもない為、望月先生の本をもとに一緒にやりましょうとのスタンスでやっています。

 

今年は、ヨガにも本腰を入れるので、多くの方にご参加下さるとうれしいです。


テーマ:

まちづくりNPOの取り組みの中で、蒲生の着地型観光を通して、楽しいまちを発信したいとスタートした『カモコレ』

 

「人」と「地域資源」を組み合わせて、蒲生を味わい、楽しんで頂くメニューを掲載した期間限定のパンフレットです。

 

人や食、地域の資源を上手く組み合し、掛け合わして価値を高める。

そして、参加して良かった。また、この町に来たい。この人に会いたい。

と思ってもらえれば、楽しさ・元気の循環ができてくる。

 

そうイメージして、10年間やり続けてきました。

そして、来月から12回目のカモコレスタートです。

http://kamo-go.net/vol12

 



 

私も数年ぶりに一メニューの事業者として参加します。

 

私のメニューでは、以下を組み合わせました。

『人』

 私(気功とヨガの実践者) ※ヨガのインストラクターではありません。

『地域資源』

 場所:蒲生八幡神社・蒲生の大楠

 歴史:蒲生ふるさと交流館(蒲生士族共有舎・蒲生保育所跡地、現在、まちづくりNPOの拠点)

 食  :今、大流行のベーカリーchata (朝から空いているので帰りに寄れる!)

 

素晴らしい組み合わせだと自画自賛!

(私を地域資源がフォローしてくれ魅力を作っていると言える。(笑))

http://kamo-go.net/vol12/1896

 

お暇でしたらのぞいて下さい。


テーマ:

今回のヨガ合宿は、ヨガの時間も充実してましたが、全国から集う方々との出会いも有り難いものでした。

 

定年を迎えたり、その後、第2のステージに入られた人生の大先輩方も多く、子育て真っ最中で道半ばの私は、むしろ場違いと思うほどでした。

しかし、皆さんとても暖かく迎え入れてくれました。

 

夜の時間に、同室になった先輩方や、鹿児島で望月先生のヨガを主宰している医師の方と語らう時間が持てました。

それぞれ先輩方が「おもい」を多くの「形」にしていました。

また、その「おもい」のベースに「愛」があるのを知り、大感激でした。

 

人との出会いからは、言葉にはしにくい「存在感」・「エネルギー」を持って感じることができます。

会わないと感じない事、見ないと感じない事はあるな~と実感します。

 

また、桜島の強烈な地のエネルギーを再認識しました。若く元気な時は感じれなかった感覚かも知れません。

 

帰りは、同室になったお二人の関東在住の方と一緒に、鹿児島市を通り、蒲生に戻りました。

そして、大楠の周りでプチ観光をして頂き、お帰り頂きました。

お二人は、普通の旅行では来ることはできない蒲生に来れたことに大感激し、感謝してくれました。

 

桜島、フェリー・バスで移動、蒲生の街並み・蒲生八幡神社・大楠見学と

よく見る風景を普段とは違う、観光者の視点で見ることができました。

 

鹿児島、桜島、蒲生町、なかなか素敵です。

関東からわざわざ来る価値もあります。

 

この場が癒し、生き直しの場になればいいな~と痛感しました。

 

 

 


テーマ:

昨日までの3連休の2日間、桜島にて望月勇先生のヨガ合宿が行われました。

関東・関西をはじめ、全国から望月先生のヨガ愛好家が40名ほど集われていました。

地元・鹿児島での定例実施は、本当に有り難い限りです。



 

初日お昼の集合から、二日目お昼の解散まで、8時間ほどヨガに没頭しました。

合宿参加は3年ぶりぐらいの3回目。

前回はほぼ初心者だったため、ついていくのがやっとでしたが、今回は、DVDで取り組んでいることもあり、丁寧に取り組めました。

 

「ポーズの中に瞑想があり、瞑想の中にポーズがある。」とアドバイスされます。

一つ一つを丁寧にやり、ゆったりリラックスすることを繰り返します。

 

瞑想の時間も多く取り入れらて、瞑想がマイブームの私にはそれも嬉しい時間でした。

終始、至福の感覚です。(プラーナとつながったと勝手に解釈。きっとそう!)

 

桜島の強烈な地のエネルギー、

望月先生の純白のエネルギー、

参加された皆さんのエネルギーが重なり、

とても心地よく、強力な場でした。

 

皆さん、凄すぎる~!

 

今もぽかぽかした感覚がずっと続いています。

それと同時に気付きや課題が見えつつあります。。。

 

ヨガの道は遠いですが、歩む道があるのは有り難いです。

 


テーマ:
昨日は、かごしま新春レイキ交流会。
 
数か月に1回、レイキ仲間のMANAさんと企画しているレイキ交流会です。
 
蒲生の八幡神社の近くの蒲生ふるさと交流館で、ゆっくりと技法やヒーリングを楽しむことができました。

途中、私が新年霊授会の報告をし、MANAさんが気学的にみた今年の話しをしてくれました。
 
私が、新年霊授会での講話や最近のできごとで、決める事、覚悟が大事じゃないかと思うとの話しをしました。(昨日のブログで書いてます)

その後のMANAさんの話しの中でも、変化の年なので、自覚がある無しに関わらず、変化が起きやすい(変化にのまれてしまう)年。
覚悟を決めた方が(向上への)流れに乗せやすいとの事でした。
 
私自身、仲間からお尻をたたかれ、いろんな場で気付きを促され、
ようやく覚悟を決めることができました。

今年は決めた事に流れを任せていこうと思っていました。
 
楽しい時間はあっという間。
毎回ながら、3時間があっという間に過ぎてしまいます。
皆さんの話しを十分に聞けなかったことが反省です。。。

次回の交流会は、3月9日(土)です。
レイキに関心のある方ならどなたでも参加できるので、宜しければご参加下さい。


ヒーリングの様子


テーマ:

昨日、2年ほど前に受講された方が学び直しに来られました。

私自身の至らぬ点や、これまで陥りがちだったパターンに気付かせてもらう良き機会となりました。

 

レイキを学ぶ方、レイキを伝える方にとって参考になると思いますのでシェアさせて頂きます。

 

その方は「レイキを忘れてしまっている。使えない。」との事を話されてました。

これは明らかにお伝えした私の問題です。

単にレイキについてや技法を説明(復習)することではないと直感し、詳しく話しを聞かせて頂きました。

 

「レイキを学んだときは強いストレスを受けていました。また、今日も強いストレスを受けやっとの思いでここに来ました。」との事。

レイキと触れたのはセミナーの時だけで、日常で活用することをしなかった。

レイキに触れることで、気持ちよい体験をしたことが無い事が分かりました。

 

そこで、まずヒーリングを受けてもらい、緩んで頂いたのちに代表的な技法の自己浄化ヒーリング、発霊法を一緒にしました。

もちろんおしゃべりも。

 

結果、「これまで体験したことが無いほどリラックスした。緩むことができた。」

と話して下さいました。

 

レイキと響き合うことで、

楽しさ、気持ちよさ、至福感、

苦しい自分を忘れた・許された感じetc

 の恩恵を容易に受けることができます。

 

レイキを学ばれた方は、頭でなく、心地よい“感覚”を得て頂きたいです。

その為には、セミナーだけでは限界があります。

 

是非、おすすめしたいことは

①日常で自己ヒーリングや代表技法を行う。

 (現代レイキを学ぶ方は土居先生のCDを活用されると良いです。)

②レイキ交流会に参加する。

 (複数で行うと、一人でやるより理屈抜きで高まる。)

③人からレイキヒーリングを受ける。

 

今、様々なヒーリングやエネルギーワークが紹介されています。

有り難いことに、私たちはそれらを学ぶ機会を得ることができます。

その多くは、どこを入り口としても、目指す山の頂上(目的)は

自他ともに健康になる。幸福になる。健康に幸福に生きることです。

 

いろんなヒーリングを学んだとしても学びとれるかどうか?恩恵を受けれるかどうか?は自分自身が決めます。

恩恵を得られるには、自分がそうなると決める事、強い言葉でいうと「覚悟」なんだと思います。

 

レイキには苦しい修行はありません。

楽しく、気持く活用することで、多くの恩恵を受けられます。

その為には、使って楽しむ。楽になると決めることです。

 

ただ、本当にストレスが強い時は、自分でレイキをやろうなんて気持ちになれません。

そんな時は、仲間を頼って下さい。

その為に私たちは居ますので。

 

ご本人にも私にとっても、ぴったりのタイミングにお越しくださいました。

お越し下さったこと、お引き合わせ下さったことに心より感謝致します!


テーマ:

今回の東京滞在中は、レイキの集い以外にも、

望月勇先生のプラーナ・ヨガ教室、天風会(故・中村天風さんの哲学を実践しているグループ)の日曜行修会

にも参加しました。

 

レイキ・ヨガ・天風哲学

 

全て、今の私の学びに影響を与えてくれています。(どれも素晴らしく大好き)

根本の思想は共通点があります。

 

それは、大宇宙(プラーナ・気・霊気)と小宇宙(我々人間)が一体化することで、幸せな生き方が実現するという点です。

 

有り難いことに、それぞれがやり方(宇宙とのつながりを深める方法)を事細かく伝えてくれています。

 

先人、先達の残してくれている智慧と言えるでしょう。

 

参加してみて、

 

望月先生のヨガでは、深く自分とつながる感じ。

天風会の行修会では、よりアクティブ(活動的)で、言葉・動きを伴い、信念・覚悟を強める感じを受けました。

 

どれも素敵です。

 

同じ山の頂上を目指し、どのルート、どの手段で昇るかの違いなのでしょう。

どの時代でも、人は如何に生きるか?よりよく生きるには?と考えるのでしょうね。

集う多くの方たちを見て(人生の先輩方が多かったですが)、同士がいて嬉しいな~と思いました。

 

 

 天風会の行修会が行われるお寺

 


テーマ:

今回の霊授会は、北海道の友人マスターの提案で、実行委員が中心になり準備を進めました。

 

有り難いことに、私も実行委員に誘って頂き、昨年からやり取りを重ねてきました。

私は霊授会に最近参加してなかった為、分からない事が多く、準備にはほどんと関われなかったのですが、当日はみんな一丸となって取り組みました。

 

結果、大成功!

私が担当した二次会も30名を超すレイキマスターが参加して大賑わい。

楽しく、充実した時間を過ごすことができました。

 

レイキを心底愛し、とっても優しく、頼もしく、仲が良く、最高に誇れるレイキ仲間。

一人一人の在り方に、惚れてしまうほどでした。

こんな仲間とつながって入れるのは誇りだ!と心底思えました。

 

そうすると、鬱の後に、度々私を襲っていた「自分は価値があるのか?」とのネガティブな問いが、どこかに飛んで行ってしまいました。

 

今後も、場所や立場、主催云々を超えて、この仲間と仲良く楽しい事を追及していく気がしています。

 

ちなみに、北海道、福島、千葉、神奈川、福岡、鹿児島のレイキ仲間です。
 

今年から鹿児島で行う行事に、これまで以上に全国からレイキ仲間が集ってくれる気がしています。
鹿児島の楽しい仲間たちとの化学反応を見るのが楽しみです!
 

霊授会での受付

 

前日の打ち合わせ

テーマ:

1月26日に、東京で行われた現代レイキマスターが全国から集う「新年霊授会」に参加しました。

 

新年霊授会は、マスターのみが参加できる行事で、現代レイキでは特に大切にされています。

 

私は、最近はなかなか参加できなかったのですが、今年は友人マスターの誘いで、実行委員(裏方)として関わらせてもらいました。

簡単に様子を書かせて頂きます。

 

会場である明治記念館は、明治神宮外苑に位置する明治神宮が直営する施設です。

格式があり、厳かな感じです。結婚式場などで使われている様子。

 

今回は、日本全国、海外はルーマニア・インドネシア・台湾からマスター60名以上が参加。

土居裕先生の講話の後、土居先生の霊授、マスター同士の霊授交換が行われました。

 

土居先生の話しは、新年を迎え私たちが気を付けておきたいこと、また、参加したマスターそれぞれにとって必要な気付き、メッセージを多く含んだものでした。

私も自分の生き方・在り方を振り返り、このポイントが抜けていた!と気付かせてもらいました。

 

(私なりの気付きや理解・解釈は、2月の新春交流会でお話しさせて頂きたいと思います)

 

霊授交換は、20名ほどのマスターに霊授をしてもらいました。

いつもは霊授をしてもらうことはあまりないので、とても気持ちが良く、クリアーになる新鮮な感じを受けました。

 

懇親会の時間も含め60名のマスターと交流ができ、つながれる贅沢・有り難さを痛感しました。

他のレイキの系統ではこの様な機会が無いと思います。

 

みんなが仲良くつながり、支え合っていく機会を先頭に立って導いてくれた土居裕先生と、

準備を重ねてこられたNPO現代レイキの会の歴代の役員さんたちに感謝の気持ちで一杯です。

 

 

土居先生と九州のマスター仲間