癌さんありがとう。きょうこの「いただきます」ブログ

癌さんありがとう。きょうこの「いただきます」ブログ

富士山の麓で暮らす血縁を超えた大家族、木の花ファミリー。互いに助け合い、生かしあう、愛がいっぱいのコミュニティ。
そんな中で、癌をいただきながら、日々の想いを発信していきます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

インフルエンザが大流行しています。

日本全国的にも患者数が過去最多なのだとか。

木の花ファミリーでも未だかつてないほど大流行しました。

かく言う私もインフルエンザにかかり、やっと熱が下がったところです。

 

今年はなぜそんなに流行したのかをネットで調べてみました。

諸説ありましたが、その中で「ケムトレイル」というページに出会いました。

 

「ケムトレイル」とは「ケミカルChemical(化学的)」と「トレイルtrail(航跡)」または「コントレイルcontrail(飛行機雲)」を合わせた言葉で、化学物質を含んだ飛行機雲。航空機が化学物質を空中散布することによって現れる飛行機雲に似たもののことだそうです。

 

その情報によると、これは先進各国の政府と軍と製薬会社の共同プロジェクトで、政府は人口削減目的、軍は生物兵器実験・気象操作、製薬会社は病気を与え、その薬を売るためにやっているとされます。バリウム・アルミニウム・インフルエンザウイルスなどが含まれており、バリウムはうつ病、アルミはアルツハイマー病の原因になるものです。

世界中の先進国の各都市、日本国内でも見られるということです。

 

これを見た時「えっ?そんな恐ろしいことがあり得るのだろうか・・・」と驚きました。

有害金属やインフルエンザウイルスが空から降ってくる・・・。

他のページではこれを被害妄想としているものもあり、これが事実かどうか確かなことではありません。

 

ただ、これが事実でないとしても、利益優先のこの世の中にあっては、起こり得ることであると思うのです。

医療技術は日々進歩しているのに、増え続ける病人と医療費。

「国」は人々やその環境を守るためにあるはずなのに、そうではない現実・・・。

 

 

「スノーデン」という映画を皆で観たことがあります。実在するエドワード・スノーデンという人物について描いた事実に基づく映画です。

 

アメリカ国家安全保障局(NSA)、および中央情報局(CIA)の元局員であるスノーデンが、

NSAがテロ対策として極秘に大量の個人情報を収集していたことを暴露しました。

米国ではテロ対策とプライバシー侵害をめぐる議論が沸き起こり、ヨーロッパや日本などの友好国に対しても盗聴していたと暴露したため、世界中に衝撃を与えました。

 

テロ対策として、秘密裏に情報を収集する。

でもテロの無い世界を創れば、そんなこと必要ありません。

 

疑って疑って・・・疑心暗鬼になって情報収集するエネルギーを、

闘いのない、信じあう世界を創る方に向けた方がどんなにいいか。

 

「ケムトレイル」にせよ「スノーデン事件」にせよ、どれを見ても

この世界が混迷の中にあることには間違いありません。

 

空を見上げて「きれいな飛行機雲だね!」なんて言っていられなくなった時代なのかもしれないけれど、

でも、この世界は「大いなる善意」のもとにあることを、私は信じています。

 

・・・ところで、木の花ファミリーで猛威を振るったインフルエンザで、大人も子供も半分以上の人たちが臥せってしまいました。

カフェ&ショップロータスランドでも何人かいる調理スタッフが複数インフルエンザで倒れたため、急遽「臨時休業」かと思いきや・・・なんと「春のわくわくパンフェア」で毎日たくさんの種類のパンが登場し、お客様にもご好評をいただいています。

普段は畑隊のあきちゃんをはじめ、木の花パンチームが大活躍。

 

「災い転じて福となす」ということわざがありますが、

まさにインフルエンザの猛威もものともせず、新たなものを生み出してしまうというパワー。

これこそ大家族で暮らしている醍醐味ですね!!

 

皆様も是非、ロータスランドの「春のわくわくパンフェア」にいらしてくださいね。

お待ちしています!!(2月11日(日)まで開催しています。)

 


テーマ:

1月27日「富士浅間木の花祭り」が開催されました。

今年で6年目を迎えたこのお祭り、今年は来客者も多く、これからますますこの地に根付いていくことを感じました。

 

このお祭りは、鎌倉時代末期から室町時代にかけて奥三河へやってきた熊野の修験者たちが、修験道の教義である「人間は修行によって生まれ変わった新しい人格へと自らを再生することができる」ということを、当時都で流行っていた歌や舞を通して村人たちにわかりやすく演じてみせたことが始まりと云われています。

 

人と神仏との共演による「生まれ清まり」。

舞手は何度も何度も同じ所作を繰り返すのですが、同じ所作を繰り返し舞うことで、重ね重ね神々に捧げる心を表現しているのです。

 

 

新しい自分へ生まれ変わる・・・。

 

2016年10月から11月にかけて、私は何度も死にそうになり、今こうして生きています。

それまでの自分を捨てられなかった、つまり自分の力では新しい人格へと自らを再生することができなかったから、神様がガンというものをくださって、強制的に変えざるを得ないようにして下さったのです。

 

考えてみれば、私たちの細胞は毎日生まれ変わっています。

死と再生の繰り返しの結果、生きている。

宇宙の法則からすると「死と再生」がなければ生命は維持されない。

変化変容し続けていくことがこの世界の仕組みなのです。

 

けれど、人間というものはなかなか変わらない。

つまり宇宙法則から観れば、法からはずれているのです。

 

舞手が何度も何度も同じ所作を繰り返すように、何度も何度も繰り返し繰り返し、与えられた人生の課題を越えていくことで、人は新しい人格へのステップを上がっていける。

だから日々目の前に与えられていることは、新しい自分になるために神様から与えられていることなのです。

 

そして、祭りの中でも大切な存在として登場する「鬼」。

現代の日本では、鬼は災いをもたらす存在として忌み嫌われ、節分には「鬼は外、福は内」といって豆まきをしますが、実は鬼は人々の心の中にある闇を照らしにやってくるのです。

道を踏み外そうとしている者の心の闇に光を当て、元の道へと還ることを教えてくれているのです。

 

「毎日がマツリ」だと私たちはよく言います。

心の闇と向き合い、日々新鮮に生まれ変わる。

特別な祭りの日だけでなく、日々この心を持って生きていくことが大切だということです。

 

 

また、このお祭りのために、世界各地・日本各地100カ所から御清水が届けられました。

そのお水を舞庭(まいど)の中央に置かれた大きな釜で融合させ、その周りで皆で舞い踊りました。

世界が一つに溶け合って融合する。みんなが一つになったら世界は平和になるはずです。

その釜から立ち上った湯気は大気となり、また世界中に還っていきます。

 

祭りで使った諸々のものは翌日28日の「火の御用」で焚き上げられ、その煙はまた天に昇り還っていく。そして「水の御用」では釜の中で融合させた水を川にお返しし、その水は海へと注ぎ、世界中に広がっていくのです。

このお祭りは世界平和のお祭りでもあるのです。

 

自らを清め、世界平和を想う。

それは私たち木の花ファミリーが一番大切にしている心であり、

そのために私たちは集い、血縁を越えて88人の大家族で暮らしています。

世界各地からたくさんの方が、この暮らし方を学びに来られます。

 

この心が、釜から立ち上った湯気とともに、焚きあげられた煙とともに、川にお返しした水と共に、世界中に広がりますように。

 

お祭りのクライマックス「湯ばやし」では釜の湯が会場に振り撒かれます。

場が清められ、湯を浴びた人々も清められると言います。

 

祭りで使った諸々のものは焚き上げられ、煙となって天に還っていきます。


テーマ:

今日で49歳になりました。

一昨年2016年の冬に退院してから、2回目の誕生日になります。

 

2016年に新しい人生がスタートしたとしたら、

新しい自分2歳。

皆に支えられて、こうして2年目を迎えることができました。

 

この人生は自分のものであって、自分のものでない。

私が死にかけたからそうなのではなく、そういうものだと思うのです。

 

もともと自分の意思で生まれてきたわけではなく、

息をすることも、心臓を動かすことも、自分の意思で意識的にしているのではなく、

一瞬一瞬物理的にも生かされているのです。

 

神様はなぜ、人間をこの地上に降ろされたのか。

私たちは何をするべくして存在しているのか。

 

そんな風に想いを向けると、

なすべきことは、自分の欲を叶えることではなく、

天の意思を実現するためにあるということ。

調和ある世界を創ることだと思うのです。

 

私一人分は、本当にちっぽけな存在でしかないかも知れませんが、

76億人分の1人分は確実に変えることができるのです。

それは希望です。その輪が広がればもっと希望ですね!

 

みんなの役に立てること、私にできることをさせていただく。

そんな気持ちで日々過ごしています。

 

改めて、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

赤富士です。富士山はいつ見ても美しい。凛として、気高くて。そして、真っすぐ天にむかっています。そんな風に生きる。富士山は私の人生のお手本です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス