教育講演、相談、研修 ~こんだ直人教育研究所~ 近田直人の世に棲む日々

 教育講演、相談、研修 ~こんだ直人教育研究所~ 近田直人の世に棲む日々

おもしろきこともなき世をおもしろく
すみなしものは心なりけり
教師生活30年を投げ捨てて
教育のサムライが語る
教育再生の奮闘記

命のトリアージは始まっている。

誰に任すか?


とりあえず、この人はあかん。

橋下徹元大阪府知事。


下記の動画を見れば、人の命を救うと言う立場と人気取りの立場の違いがまざまざとみえてくる。


Mr.サンデーで橋下徹が論破される( ; ; )橋下徹vs岩田教授!ロックダウンの是非について大討論!リンクyoutu.be


二年前の東京大学入学式での上野さんの祝辞を思い出す。


☆たどり着いたら東京大学入学式祝辞。

https://ameblo.jp/kondayao21/entry-12455108165.html



以下上野さんの祝辞抜粋


「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください」




自分が他人より優位になる為だけに学び議論しているのなら、世間やお天道様は許しはしない。


現状の大阪をみる。

コロナ禍で失う目前の命。

目前の命と真摯に向き合う人に、無責任に経済を止めれば将来的に自殺が増えると脅しをかけるべからず。


コロナで失う目前の命と経済で失う命を同じ土俵で議論する事はある意味トリアージ。


コロナ対策と経済対策のバランスをとる度量は今は無い。どちらも崩壊している現状が物語る。


今、必要なのはコロナ対策と経済とのバランスでは無い、補償とのバランス。


さらに言う、


“医療の逼迫”と、もう言うな。

感染しても入る病院もない今の大阪。

医療崩壊以外なんと呼ぶのだろう。


多様な意見もあっても良い、

理屈、論破なんてどうでもいい。

嘘偽りの無い現状認識をお願いしたいが、間違いを認めれない輩にはそれは無理。


昨年に大阪モデルで大丈夫と大阪都構想に明け暮れた大阪維新。


今、責任を取れとは言わないが、しっかり現状打開をお願いしたいが、


ごめんなさいと素直に真摯に向き合えない輩に勝手な命のトリアージをされてはたまらない。


気づかぬ世間や大阪ではあるまいに。



追伸


私は政治家でも財界の人間でもありません。私にできる事は、批判を恐れず、命と真摯に向き合う事を教える事、自殺と経済破綻の悲しい紐付けを命の教育で少しでも解いて行く事。そう感じさせてくれる沢山の教え子達や友人に感謝しかない。





こんだ直人教育研究所

image

ラジオパーソナリティー

近田直人の「先生どないしたらええのん?」

毎月第3金曜日22時30より

http://radicro.com/

image

ポッソクワトロは、こんだ直人教育研究所を応援しています!