Alpine Skier 小奈津の挑戦!  ”KONA BLO”

Alpine Skier 小奈津の挑戦!  ”KONA BLO”

(株)デンソー北海道所属、アルペンスキーヤーの蓮見小奈津です。大きな夢を掲げて、現在は東欧の小さな国スロベニアを拠点にヨーロッパ,アジアのレースを転戦しています。日々のTR,生活の様子をたま〜にお届けしますので、たま〜に覗きに来て貰えると嬉しいです。


テーマ:
 
6月4日、6ヶ月記念日でした!
 
 
シーズン開幕2日前、
中国でのあの怪我から 半年。
 
 
ここまで、めちゃめちゃ長かった。
 
 
思い返せば、
骨折 × コンパートメント症候群で
悶絶するような痛み、痺れ、で一睡も出来なかった日々、
何1つ計画通りにいかないリハビリ、
復帰への不安、、、   
 
本当に色々なことがあったなぁと
しみじみ思い出します。
 
 
でもその全てが今となっては過去で、
それ以上に印象深いのは
雪上復帰に向けてまるで自分のことのように本気で、
私の怪我に、そして私に、
向き合ってくれた人たちが居たこと。
 
 
そして、その人達と一緒に自分が
怪我と向き合って来た "前向きな時間" が
何よりの宝物です。
 
 
今思うとTr.は ひたすら辛かった。
最初の頃は下半身のトレーニングができない分
体幹と上半身のトレーニングの比重がほとんどで
毎日同じような部位が筋肉痛になり
本当にトレーニングに行きたくないと 
毎日毎日思いながら、
松葉杖で週6日 Rbodyに通った。
 
 
不安を埋めるには
トレーニングをするしかなかった。
 
 
東京医科歯科大学のドクター、理学療法士の先生方にも
診察結果に応じて常に的確なリハビリ指示を貰いつつ、
なかなか思うような経過ではない中で
診察の度に寄り添って頂き、
すごく、精神的に支えて貰いました。
 
 
特に理学療法士の先生からの
トレーニングと連携した
1週間ごとの的確な指示課題は、
いつも気持ちを引き締めて
モチベーションをアップさせてくれるものでした。
 
 
定期的に治療でお世話になっている植野さんにも
身体の調整の面でお世話になり
(癒着剥がしは死ぬほど痛かったけど 笑)
身体の不思議をたくさん教えて貰いました。
 
 
そんな方達のサポートのお陰で、
ようやく今は確信を持って
来季大好きな雪上に復帰出来る!と
言える状況になりました。
あとは時期だけの問題。
   
 
 
どっちに転ぶか分からなかった時期が
あったことを思うと
これ以上に幸せなことはありません。
そして復帰が出来る限りは、
私の中にはより強くなって、速くなって
滑るイメージしかありません。
 
 
そして最近、会う人会う人に
上半身がデカくなった!と言われます。  
 
上半身の種目は既に怪我前の倍以上の
重さになってる種目もあり、
筋肥大は全く目的ではなかったけど 
質を追い求める中で結果的に肥大したのは
積み重ねて来た時間の証 だと思えます。
 

 

 
 
 
 
 


自転車がOKになってからは、
部屋に設置した固定ローラーで
ピストバイクも漕ぎまくりました!



こうして思い出すと、
これだけやってきたんだから当然
という自負も自分の中に少しだけあるけれど、
私がこの期間、腐らずにやって来れたのは
間違いなくサポートしてくれた人達のお陰です。
 

診察結果に落ち込んで
もう何もかも投げ出したいと思った日でさえも
結局病院からその足でトレーニングに向かい
私がいつも通りに "今やれる事" を継続して来れたのは
間違いなく自分の意志だけではなくて、
プッシュしてくれる人達が居たからです。
本当に感謝しかないです。
 
 
患側の足のトレーニングはようやくこれからという所なので、
もちろんまだまだ課題もたくさんです。
でも、ここまでしっかりベースを
積み上げてきたから、GOサインが出た時には
一気に上げていける自信もあります。
 
 
 
そして、1月中旬に退院してからここまでの5ヶ月、
都内にウィークリーマンションを借り
ひたすら病院とトレーニングとを
往復する毎日を送って来ましたが、
この生活を可能にさせてくれたのは
何より 所属先である デンソー北海道 の皆様の
理解があってに他なりません。
 
 
自分が信じ、望む環境で
納得のいくリハビリをさせて頂けたこと、
感謝してもしきれません。
 
 
この期間のほとんどが松葉杖を使った生活で
毎日電車を乗り換えての
慣れない東京生活は本当に疲れたけど 笑  
そのお陰で人の優しさに気が付いたし
有り難い出会いにも恵まれ
とても充実したリハビリ生活でした。
 
 
何も咲かない寒い冬でしたが、
下へ下へと太い根を張ることができました。
 
 
今後も診察や継続していくトレーニングがあるので
月に数回東京に来ることにはなりますが
都内での生活はここで一旦一区切りにし、
今週、北海道に戻ります。   
 
 
まだランニングはできないけど、
代わりに北海道の大好きな大自然で
ロードTr.を始めて行くのが楽しみです!!
 
 
復帰に向けてまだ時間は必要だけど、
その日、が限りなく近付いて来ています。
 
 
 
嫌なことも  苦しいことも 全部消化して
やっとここまで来れたんだから、
ここからだって絶対に、大丈夫  !   
 
 
Keep going  😊👍👍👍 👍
 
 

久しぶりに書いたら
相変わらず長くなりすぎました  (^▽^;)



皆様、引き続き叱咤激励を
宜しくお願い致します!!

KONA ☺︎

テーマ:
つっつっついに!!!

先日  ある 資格試験に合格したので
報告させてください(^^)    

NASM-PES National Academy of Sports Medicine Performance Enhancement Specialist 


私も つい1年前の春までは、
長すぎる名前に   なんじゃそりゃー?!?
と思っていた 一人です。 笑   



{17ABFDB2-B88B-4786-9410-A46C8624DE98}



簡単に説明すると、
アメリカの NASM という団体が認定する
PES というスポーツトレーナーの資格です。

アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出し、なおかつ外傷障害のリスクを減らすことを目的とした、「動作を科学する」カリキュラムで構成されているのが特徴で、

米国のアスレティックトレーナーやストレングスコーチの間で認知が高く、パーソナルトレーナーにおいてはハイランクな資格と位置付けられているそうです。


教本の一部↓↓
{918E3A55-6E76-41F7-A888-70092B8EE447}

{6380D64C-3C61-488D-96E7-A4BF67BEFA91}

{FA73D14C-FB1A-4469-A8E9-4D6369E10A7E}


もともとはアメリカの資格ですが、
私が普段トレーニングを教わっている
R-body Project で日本語の資格試験を
受けることができます。  


で、私がこれを勉強しようと決意したのは、
毎日毎日トレーニングを教わる中である時ふと、
何でもかんでも教わるだけじゃなく、
自分自身がもっと身体の仕組みを知って
その上で意識的に身体を動かすことができたら
絶対にスキーに生かせると確信したからです。


だから、正直最初は
資格を取ることは目的ではなく、
とにかく少しでも自分の身体に関する
原理原則を理解したい、という気持ちだけでした。


でも、いざ勉強を初めてみると
大学等で専門的な解剖学やスポーツ生理学
のような身体の勉強をしてきた訳ではない
私にとってはとにかく難しかった!!!! 


聞いたことのない筋肉の名前が
当たり前のように出てきて
例えば  僧帽筋下部  って言われても
それが 足にあるのか 背中にあるのかすら
知らなかったので、笑  


Q. オーバーヘッドスクワットで
手が前に下がってしまう時
どの筋肉が過活動で どの筋肉が低活動?


なんて聞かれても
そもそも質問の意味すら分かりませんでした!


資格取得を決意する前、
基本的にはトレーニングの指導者向けの資格だけど
会員さんでは一般の方がとった例もある
と言われていたので、勉強し始めた当初は



あーーーー絶対に ダマサレタ!!!!
こんなの ムリじゃんっっっ!!!!

と本気で思っていました(笑)



でもだからこそ、
0からスタートして
テストの為の勉強としてではなく、
ひとつひとつ知らないことを知り、
理解を深めていく過程は
大変でもありすごく楽しくもありました!


{4ACF2729-16E4-447E-B6D3-60933E60FADA}

{6FD6CE17-2566-401C-84BF-7B2D47128220}

{5C0AA375-AE80-430A-AA8F-ED9EE44DD05D}

{24895A45-FF65-4877-A5DE-44EE0C224675}




こんな調子でまとめたノートはいつのまにか100Pを超えていて、、、  もはや賞状よりこのノートが宝物です。笑  


{BCD46D5D-D98B-4897-BF98-7F44D3B887AF}




最初は純粋な知りたい!
という気持ちだけだったけど、
次第に こんなにやってるからには
落ちる訳にはいかない・・・と
どんどん自分へのプレッシャーが大きくなって
肩の荷が重くて仕方ありませんでした。笑  


それでも、
海外遠征中に昼寝を削ってコツコツと勉強をしたのと、
このリハビリ期間中の追い込みもあり、
先日思い切って試験を受けたら
なんと一発合格することができました (^_^)




形になったのはすごく嬉しいけど、
実際は まだまだ知識は浅いし
トレーナーや理学療法士さんなど
専門家の方のように人に教えられる程
正確に理解している訳ではありません。


でも私にとって大事なのは
資格を取得したことよりも
勉強した知識をどう自分の競技に
落とし込めるかという部分です。


特に普段、
日本でトレーニングをしている分には
トレーナーさん頼みでも身体を作れるけど、
海外遠征中は 自分で自分のコンディショニングを行なって、 
身体をコントロールする力が求められます。


どれだけいいトレーニングをして身体を作っても
結局一年の半分以上を海外で過ごすので、
その期間のコンディショ二ングがうまく行かなければ
パフォーマンスが崩れるのは当たり前ですね。


毎年その部分が最大の課題になっていて、
もちろん一年中現場にプロのトレーナーや治療家の方が一緒に居て
管理やケアをして貰えたら
それに越したことはないけど
今直ぐにその環境を作るのは難しいので、

やはり私にとっての究極は 
自分自身が自分自身のトレーナーになる
ということだと常々思っています。  


例えば、自分の滑りを分析して、
今動きがこうなっているから
今日はこういう目的でこういうトレーニングを
組み立ててやってみようとか、
ウォームアップでこの筋肉をリリースして
この筋肉はアクティベートしようとか。




そうやって自分のコンディショニングを
自分でコントロールできる力がつけば
圧倒的にパフォーマンスに生きるだろうなと。


そんな究極を目指す為にはまだまだ
知識も経験も足りないけど、
今回この資格を通して勉強したことの中には
そういう意味で沢山のヒントが隠されていたので、  
すごく勉強しがいがあり、楽しかったです。



1つの目標を達成したので、
次は何を勉強しようかな ??


もし、こんなのあるよっ  
アスリートとして、これを知っておくべき!!!
ってことがあったら是非教えてください 





資格の話はここまでで、最後は、ここ最近のトレーニング動画を載せます!

↓↓↓ 
ハングクランチツイスト  20 rep ×2 set【3kg】




因みに、ほぼ同じ種目の2年前の動画がこちらです↓↓↓






こうしてみると違いが一目瞭然ですね!
この種目のポイントは肩のポジションです!


自分でも忘れていた
この古い動画を見つけた時は
こんなに 変わったのか!!!!!
と嬉しくなりました (°∀°)b 


そもそも、2年前は足に挟んでいるのが
重りなしのフニャフニャボールです(笑)

それでも辛いので惰性で少しでも早く
終わらせようとしていますね。。

が、しかし、それでも続けられないので
途中で休憩入れてサボりまくり(笑)

そして肩のすくみ具合。。。
そもそも 肩のフォルムも違いますね。


この種目がいい肩のポジションで
出来るようになったのはもちろん
トレーニングの積み重ねの成果でもあるけど
少なからず正しい動作とは? を
理解できた成果もあると思います(^^) 


因みに今はこの種目では
3kg を卒業して 4kg に挑戦中です!!



さて、気付けばもうすぐで
リハビリ生活4ヶ月に突入します。
ひたすら体幹・上半身 を 鍛えてるお陰で
確実に上半身が強くなってる実感があります。

そもそも、怪我に関わらずオフトレでも
人生でこんなにトレーニングをしたことはありません。
それでも、毎日毎日、
まだまだ やることがいっぱいです。


足の状況に関しては正直に言うと
まだ長いトンネルの中にいるような気持ちだけど、
たくさんの方に励まし、背中を叩いて頂いているので
トンネルの彼方先の光だけを信じて
今出来ることを積み上げて行きます!!







テーマ:
  

こんにちは。
日本中を熱くさせたオリンピックと
パラリンピックが終わり  
気がつけば春の気配が直ぐそこに、、、
ウィンタースポーツに生きる 人間としては
雪が名残惜しくて  嬉しいのに寂しい
そんな気持ちになる季節ですね🌸



さて私はというと
シーズン直前の下腿骨折の怪我から
3ヵ月半が経ちました


2歳でスキーを始めて以来、
初めてスキーをしない冬。
初めて東京で過ごす冬。



特に今年は覚悟を決め 7月から丸半年かけて
ヨーロッパで  積み上げてきた年。


当然なんだけど、怪我をした瞬間から、
身の回りの全ての環境が一変して。


それは私にとって
いつも自分が居た場所とかけ離れすぎていて
あれ、夢かな?って思うことも
何度かありました 。笑  



1か月半の入院を経て、
この2ヶ月は東京を拠点に
東京医科歯科大学での治療、リハビリと
以前からトレーニングを教えてもらっている
RBODY 恵比寿でのトレーニングを
ひたすら往復する毎日。  
それぞれ週5日と6日ずつ通って、
休みが違うので、本当に何も無い日は
ほとんどなかった 笑い泣き

{85CBB768-1666-4276-AB74-338371818023}


{A3F12B78-6825-4B67-B2CB-A71BCB4185E8}

{993C52E7-5AF6-4841-9C03-6FA6DC86FC69}



{085B3DC7-2FCE-436B-A3FB-98E18F64BD40}



そんなリハビリ生活ですが、
私の周りはいつも本当にポジティブで
常に何か気付きを与えてくれるような
素晴らしいエネルギーに溢れたドクター、
理学療法士さん、トレーナーさん、治療家の方、
そして コーチ、先輩、仲間 に囲まれていて。


それぞれアプローチは違ってもゴールが同じ。 
何も言わなくても選手としての私の
悔しさや焦り、色んな気持ちを汲み取ってくれて
その上であらゆる方向から
常に最大限のプッシュをしてくれるから
時にうまくいかないリハビリに
下を向きそうになっても

コンマ1秒で 頭を上げて    
次の瞬間にまた 全開で走り出す

そうやって今日までを
過ごして来ることができました !!!!!


実は手術直後コンパートメント症候群になり
2回の手術を受けたことも含め 、
思い通りにいかないリハビリ、足の状況、
本当に色々なことがあったけど
おかげさまで今  足の回復は 順調です!!


3ヶ月半という時間を考えた時には
思った以上に時間がかかっている
というのもまた正直なところだけど、
 

そんな状況を 1ミリも悲観せずに  
信念を持って、
毎日ひたすら自分のベストを尽くせているのは  
紛れもなくそんな周りの人たちの
熱いプッシュのお陰です 🔥🔥🔥  


生活はまだ松葉杖なので、
トレーニングにも生活にも制限がある中、
"今しか出来ないこと"  を見つけて 
取り組むこと。
それが今の最大のストレス
発散方法になっています🔥🔥🔥 


リハビリ、トレーニングで徹底的に
神経や筋肉を鍛え上げるのは当然の仕事。


でもそれ以外にも、
身体の勉強や語学、栄養、料理、メンタル面、、、
エネルギーを向けるべき事は山ほどある


そんな当たり前の事に気が付き、
改めて目を向ける時間を得ることができた
きっと怪我の功名とはこのことですね


目指すゴールに向けては
まだまだ長いリハビリだけど、 
中途半端な復帰を目指すつもりは
毛頭ありません。    
全てを乗り越えた先に
必ず新しい景色があると強く信じて
引き続き毎日走り続けていきます!
(まだ走れないけど😜笑)



情けないかな 1人ではブレブレの私なので
周りの方々に引き続き助けて頂きながら

stay strong!    
keep pushing! 


前に進み続けて行きたいと思いますウシシ



最後は、
地元 菅平のスキー場で子供の頃から
応援してくれてるリフトのおっちゃん
とのワンショット🐢


先日 帰省した際に 偶然、
数年ぶりに会う事ができて
小奈津に会えてよかった〜    
って涙を流して喜んでくれてるのを見た時、
込み上げてくるものがありました 


黒岩さんありがとう! 
  2022年、待っててね!(^^)  

{FA1385FA-9E10-415A-8363-29325F438CBC}





テーマ:


先日、Facebookでもご報告しましたが
12月上旬 Fer East Cup 参戦の為に訪れた中国で
脛・腓骨骨折の怪我をして、
レースシーズンを目の前に
雪から離れることになりました。


今は術後10日が過ぎ、 
リハビリの虫になって居ます。
最初の一週間、ベットから一歩も動けない
寝たきり生活だったので
車イスで自由に動き回れるようになった今、
病院の廊下で
蓮見さーん、スピード違反です!と
看護師さんに笑われるほど
チョロついています。
 

ご飯の時間以外は、
リハビリ室にこもって黙々と
患部外トレーニングと、リハビリ。 


{3E3A2FF2-569F-41C1-9648-64074947EDA0}

{11218322-CC91-422B-BB3A-A1AE9997D11C}


動けなかった時間が私にとって
何より地獄の日々だったので、
動ける、やれることがあるということが
こんなに幸せなのかと
幸せを噛みしめる毎日です。
お陰で看護師さんが、
日中の体温チェックやらなんやらするのに、
なかなか私を捕まえられなくて困っています。笑 


そーは言っても、
欲を言えば、歩きたいし走りたいしもちろん滑りたいし、
せめて部屋の窓から見えるマックにコッソリ行きたい!!!!!


色んな邪念や葛藤がありますが、
トレーニングをしている時間は唯一、
余計なことを何も考えずに集中できて
尚且つ前に進んでいると思える時間なので
動ける、やれる事があるというのは本当に幸せです。 


怪我をした時は正直、泣くだけ泣きました。
救急車で病院に行く途中、
それから病院で結果を聞いた後、
一緒に付き添ってくれたミハの胸を借りてめちゃくちゃ泣いた。
悔しさで言葉が出てこない代わりに涙だけが出てきた。


でも病院からホテルに帰る途中、
私ついに怪我しちゃったー
人生初の手術だよー  って言ったら、

俺は17歳から今のお前の歳までに
10回手術をしたとあっさり言うミハ。笑   

ちょっとびびってる自分が一瞬で
恥ずかしくなると同時に、
だ、か、ら、この人はアホほどにタフで強いんだと悟った。   

何度も何度も何度も逆境を乗り越えてるから。



てことは、今回手術をしたとして、
それは鉄人ミハに近付くための
やっと1歩目だね、ってその時初めて笑えた。笑


今シーズン教わったのはスキーだけじゃなかった。 
無駄なことなんて1つもなかった。


どんな時も強くいること。
本気で自分を信じて、強気で居続けると
本当にそういう自分になっていく。
そして、何より大切なのは
常に120%の努力をし続けること。



文字にすると簡単だけど
それがどんなに難しくて大切なことなのかを
何度も何度も喧嘩しながら(笑)、
厳しく 教えてもらっていた事に、
こんな状況になってから気付きました。


私はきっと変わった。
でも、もっともっともっともっと変われる!


今、そのチャンスがやって来たんだと信じて、
これからも毎日自分と向き合っていきます。


最後にこの場を借りて、怪我をしてから
温かい言葉で励まして下さった皆さん
本当に本当に本当にありがとう。
どれだけ救われたか分からないし、
1人じゃないんだって気が付きました。


今日は昨夜中国から帰って来たばかりで
疲れていてそれぞれ本当に忙しい中、
サロモンチームの彦さん、金田さん、晴菜、瑶子が
わざわざお見舞いに来てくれて
本当に嬉しかった!!!!
久しぶりにスキーヤーに会えたのが嬉しくて
まだまだ話し足りなかったけど。笑   
貴重な1日か2日しかない休みを使って
はるばる筑波まで顔を見に来てくれた
皆の気持ちが何より嬉しくて、
パワーを貰いました!本当にありがとう!
SALOMON TEAM 最高ですね!!!❤️

{EF7C1EA0-FC44-4769-AB0E-071A0DABDBE0}

{192C5572-047B-4096-AB07-D80093FE0DE8}




私の周りの人は皆 優しすぎるので、
これから先はもう、
甘い言葉は一切必要ありません。
次からは、お前はちゃんとやってるのかと、
毎日死ぬ気でやってるのかと、
叱咤激励をどうぞ宜しくお願い致します!!



さーて、明日も看護士さんに
廊下で逮捕されない事を願いつつ、
逃げ足早めの リハビリ虫になるとします🙋


ではでは皆さんも、
良い一週間を宇宙人しっぽ宇宙人からだ宇宙人あたま



術後4日目頃👇笑
{0EF1C1DB-51DF-4DEF-BEC2-F21642CDD7DC}


#staystrong
#keepsmiling
#comebackstronger

KONA





テーマ:
 
こんにちは!   
日本からも初雪の便りが届き、
朝早く外に出るとツーンと冬のにおいがする
そんな季節になりましたね。
 
{A6148605-777C-4786-8839-9DBF1AAEF6DA}

 
 
私は7月にヨーロッパに来てから、
あっという間に3ヶ月以上が経ちました。
お陰様で元気に、順調に、
練習を進める事が出来ています⭐️
 
 
 
10月に入ってからは週ごとに
サースフェー、メールタール、スチューバイと
スキー場を変えながら
様々なコース、雪、条件で練習をして来ました。 
 
 
 
先週のメールタールは 
5日間連続でアイスバーン×快晴 と
パーフェクトとしか言いようが無い条件で、
また一つステップアップすることができました!
 
 
かと思えば、
スチューバイで練習を行った今週は
強風、吹雪、柔らかい雪、急斜面、ボブスレー並みのボコボココース、など
これでもかというくらいタフな条件が続きましたが、  
これこそがアルペンスキー。   
 
 
 
今までだったら 今日は練習無理でしょ?
と思うような、どんなにタフな日でも
ミハとアーニャのお陰でお尻を引っ叩れながら
(文字通り、本当に引っ叩かれる笑)
その日その日の環境に、自分に、向き合って練習して来ました。  
 
{7F94ECFF-6C65-4B2B-93EF-F87414D41386}
 
{AC0D01ED-67CF-47C1-A689-E08AA39B30D3}
 
{50E277AD-CD62-4EC1-BA7F-1A3F30067BC7}
 
 
 
 
今月はたくさん雪上に立ったので
明日から約1週間は一旦雪上を離れ、
拠点のスロベニアで
本格的なシーズンイン前に
最後のガッツリ陸トレ期間です🤸🏽‍♂️🏋️‍♀️🚴‍♀️
 
 
今月はスキーの比率が多くなった分
少し身体のコンディションが崩れぎみなので、
ココでもう一度ビシッと追い込んで
身体に良い刺激を入れたいと思います👊👊👊
 
 
 
スロベニアを拠点にしたヨーロッパ生活も
あっという間に3ヶ月以上が過ぎ、
思い返すと雪上・陸上・生活サイクル、
その全てにおいて
本当に充実した毎日でした。
 
 
出発前は半年近いヨーロッパでの生活を
長い長いと心配していたけど、
折り返し地点を過ぎた今、
全くそんな風に感じないのは
生活を共にするコーチ・仲間に恵まれていること、
そして目的に向かう日々が本当に充実しているからだと思いますニコ
 
 
ヨーロッパではワールドカップも開幕し、
来月からはいよいよ私の北欧でのレース転戦も始まるので、
残りの期間も更にあっという間に過ぎていくことでしょう。
 
 
 
過ぎていく時間の早さに追い越されないよう、
月並みな言葉ではあるけれど、
毎日を大切に。
私にできることはそれしか無いので、
自分のやるべきこと、やりたいことに全力で、
更に更に魂を込めて 日々を
走り抜けて行きたいと思います!!!
 
 
 
Don't forget your initial enthusiasm like them. ウシシ星星星星
 
 
{C835B39E-679F-4125-8DA5-5A131089D453}
 
{6A93D94C-D831-406A-87F0-8CF0BFBE299E}
 
{60896857-7E17-45AA-83E9-B1F1A0209D08}
 
{30B351A1-4911-4794-B7BE-4C6824435E8A}


チョキチョキチョキチョキチョキチョキ

KONA
 

 

テーマ:
 
 
そういえば、
前回の合宿中に面白いことがあったので、
備忘録としてちょっと言葉にしてみようと思います。
(長いので、お時間のある方だけ是非)
 
 
ある日、雪上でミハ(コーチ)と喧嘩をしました。
今年に入って大きな喧嘩は2回目…
いや3回目かな。笑
 
 
事の発端は、こんなことでした。
その日までの数日間はアイスバーン×晴天 の
謂わゆる〝完璧〟な条件が続き
日に日にGSで良い感覚を掴んでいました。
でもその日は約30cm雪が積もってコースは掘れ、
前日までとは全く違う不安定な条件。  
 
 
そうなると途端に滑りが逆戻りして
前日まで出来ていたことがまるで出来なくなり、
その滑りにミハがブチ切れた。
 
昨日までは良いスキーをしていたのに、なんで今日はやらないんだ!!!!
あの💩💩💩みたいな滑りはなんなんだ!?と。
 
(どの条件でもやるべきことは同じだと言うミハに、条件を言い訳にしたら絶対にもっと怒るのは目に見えているので、とりあえず黙る私。)  
 
 
でも、問題は今日タイムを計ってないからか?
だから適当に滑ってるんだろ? と
言われた時はついイラっと来たので、
顔も見ずにNOOO!!!!!!  
 
タイムがあるかないかなんて興味もないわーーーー!!私は常にレーサーよ!!と。笑   
 
 
そのあとも滑り終わる度に
ことごとくダメ出しをして何回も何回も
「やる気あるのか?」
「もっと自分をプッシュしろ!」
「何故昨日と同じように攻めない?」とまくし立てるミハ。
 
 
その時私は、自分が良いスキーを出来ないことを
やる気がないせいだと言われるのが何より悔しかった。
やろうとしてるけど出来ない、というのが私の意見。イメージしてやりたいことが全部できたらとっくに世界一だと、言いたかった。
 
 
それなのにミハが余りにもしつこく同じことを言ってくるから余計にイライラして、 わざと明後日の方向を見て 顔も合わせなかった私。(ゴメンナサイ)
 
 
そして、そんな様子を見兼ねたミハは
お前は良いスキーをしてるときだけ機嫌が良くて、うまくいかないとすぐやる気を無くしてトライすらしないと、さらに怒る。
 
……………………………………………………
 
 
だけどそんなこんなしながら滑ってるうちに
少しずつ下の硬い雪が出てきた。
 
そして何より余りにも
ミハに対しての怒りが収まらず
見てろよこの糞頑固野郎ーーー!!
って思いながら(笑)、
ストレスをコースにぶつけて滑っていたら
最後の最後の10本目にコースはバンピー(ボコボコ)な中で突然快心の滑りができて。
 
 
ゴールした瞬間に、
あれ?!今できたっっっ!!!!!!
って自分でもびっくりしたのと同時に、
この滑りに文句は言わせない!!
と思ったくらい(笑)、
今の自分にとっては納得の滑り。
 
 
そしてスタートに上がったら、
ちょっと嫌味っぽく、でも半分笑いながら、
お前は10本目になんで今更今日のベストランがでるんだ?  最初からあーやって滑ればなんの問題も無かっただろ?とミハ。
 
その言い方がもう。ね? 笑
だからつい、
 
「そうだね、今私はゴールした瞬間にこう思った。ミハは私に〝今のは完璧だった〟と言うべきだ!!!」って!笑   
 
 
その言葉にミハは笑っていて、
(もちろんそこで頑固なミハがパーフェクトなんて言う訳が無いことは、私も充分解っています笑)
 
そこからまた、お前は今のように  
に "やるか" 、"やらないか" をお前の頭で決めるべきなんだ。
必要なのは決断をすること、ただそれだけ。
そしてもし少しでも条件が悪いことや難しいことが嫌で、やらないと決めるなら、その時点で go homeだと。       
 
 
そこで初めて私は、堰を切ったように不満をぶつけた。
 
言いたいことは分かるけど、ミハの意見は決定的に間違ってる所がある。私のモチベーションは常にパーフェクトだし、良いスキーができないからってやる気がないわけじゃない。 今日だって1本目から私は常に自分をプッシュしていたけど、それでも最初は出来なかった。  
 
ミハはいつも良いスキーが出来ない時に私のモチベーションのせいにするけど、問題は決して私のモチベーションがあるかないかじゃなく、私のスキーテクニックなんだ!!と。
 
 
あー言いたいこと言ってスッキリした!と
思った矢先、
そこでミハから返ってきた答えは予想外の
 
NOOOOOOOO!
 
 
お前は、本気でそんなことを思ってるのか?
歩くことにテクニックも糞もあると思うか? 
お前は昨日まで歩けてたのに、次の日に歩けなくなることがあるのか?    
スキーも歩くことも同じ。
お前の身体は歩くことと同じように、良いスキーのテクニックをもう覚えてる。
どんな条件でもやるべきことは同じで、お前にはそれができることを俺は知ってる。
お前の良いスキーを俺は何度も見ている。
 
 
でもそれをスタートに立ってやるかやらないか決めるのは、常にお前の頭だと。
 
 
 
私はその時、そこまで言われてやっと、そっかって思えました。
確かに、リミットを決めてブレーキをかけていたのは自分の頭(経験)かもしれないって。  
 
本当はもう出来る。身体も覚えてる。
なのに、少し条件が変わって、やらないだけ。
できないんじゃなくて、やらない。
 
 
自分の意識(心)はもちろんやろうとしてるけど、  頭が自分の経験からここではできないって判断してブレーキをかけてるんだろうなと。      
 
 
最後は、少なくとも今日のお前はふてくされてやる前に全てを諦めていて、俺が話してる時に目も合わせずに、俺はまるでゲート(ポール)に向かって独り言を言ってるようだったって、大袈裟にジェスチャーしながら言うミハ。
 
 
その大袈裟なジェスチャーがあんまり面白くて、わかってるごめん、て言いながらその場で一緒に爆笑(笑)
 
 
 
でも、この日のトレーニングとミハとの喧嘩、
その全てを通して、本当に考えさせられました。
そして、気づいた。  私はできると。
だって実際、10本目に本当にできたから。    
 
 
いつも自分を信じられていないのは自分だった。
 
 
そして時に、自分の気持ち(心)と頭の中は違うということを理解するべきだと気付いた。
 
その上で、コースに立つ時は常に、強い気持ち(what i want to do)で 頭の中の不安や恐怖、経験、それら全てをも押し切って限界を越えようとしない限り、身体は思い通りに動かない。
 
気持ちと脳が連動し 全神経が集中した時に、初めて思い通りに身体が動くんだろうなと。
 
大抵の事の答えは自分が思っている以上にシンプルであるように、
意外とすぐ先に、もっともっと良い滑りがあるのかも、と思いました☻
 
 
世界一頑固でしつこくてムカつかせる天才だけど、ここまで私をプッシュして、怒ってくれるミハは、私にとって紛れもなく最高のコーチ。
きっと誰より私の性格を熟知している気がします。笑
 
 
そしてこんな風に本気の話し合いができるコーチは他には居ないし、何より外人の良いところ!  
 
それでいてどんなに言い合いをしても
5分後には心の底から笑っていられる
そんな信頼関係が何より居心地良いです。
 
 
常に自分にも相手にも正直であることが
何より大事なことだと思っていますが、
こういうやり取りを何度かしていると、
自分の意見を正直に相手に伝えることで
初めて相手の本心が見えてくることもある
ということに気が付きます。
 
 
この日は私にとって凄く貴重な転機になり
この日を境にトレーニングに対する考え方が変わりました。
 
 
ありがとう、ミハ。
 
 
まだまだ甘い私です。
今シーズンを戦っていく上でこれからも
こういうことがたくさんあるんだろうな。
でもその度に勉強して、吸収していくのが楽しみです。
 
 
私は今シーズン、ミハが言ってくれたこの言葉を絶対に忘れない。
 
 

When you standing on start gate, you always just need to decide in your head what you want to do.  

If you decided once, i know you can.

Because you are strong!

 

You must trust me and yourself.

 
{C4301192-F8F3-42F7-9B7B-01053E22FCBC}
 
 
KONA
  

テーマ:
 
こんにちは〜!お久しぶりです ドキドキ  
日本では🍁秋🍁の味覚が美味しい
季節になりましたか?
秋刀魚、松茸、ぶとう、栗、さつま芋……… 
私のヨーロッパでの生活もあっという間に2ヶ月経ち、日本の秋の味覚が恋しくなっています。
 
 
さて、私はというと9月初旬から約3週間に渡り
スイス、サースフェーにて第2回目の
長期雪上キャンプを行なって来ました!
順調にトレーニングを消化して今週末に
再びスロベニアに戻ってきた所です🤸‍♀️
 
{8710F01D-86F3-4EF9-A8C5-80B456486277}
{D4FE0A6E-3F57-4694-B627-6247E10BCA2D}
{91FBF58E-06EA-42D1-BBD8-1BFC991265DE}


ご覧の通り、
9月に入ってからのサースフェーは
先月とは打って変わって雪がたくさん積もり、
気温もマイナス10度前後まで冷え込んだ為、
連日ほぼ真冬並みのコンディション🎿
 

クローズもほとんどなく
文字通り "最高"の トレーニングを
積み重ねることができました!
 
 
春からの身体作りを含めた
1つ1つの取り組みが繋がり始め
確実に良いターン、速いターンが増えていることに
手応えを感じています。
ですが、もちろん課題は尽きません。
今回はすごく良い形でトレーニングを
終えることができたので  
疲れた身体と脳を一旦リセットさせて
また次のキャンプからフルパワーで
さらに滑りを磨いて行きたいと思います。
 
 
 
何より、今季は
最高のチームで練習出来ていることが
本当に幸せです!!
このチームで笑いたい!!
スタートで全力で応援し合って、
ゴールでよっしゃーーーってハグする、
そんなイメージ準備万端です 🏅🏅🏅🏅
 
{D0871341-9457-4547-8D10-0DC6340AF222}
 
{FD1F2896-4E2D-4122-A0C9-ECAE5D16AF55}

 
 
 
KONA 

テーマ:



おっと、危うくまた存在を
消しかけるところでした。笑 


ここ最近の出来事をざっくりと


8月1日〜20日までの約3週間 
スイス🇨🇭サースフェーでの
雪上合宿が無事に終了し、
今はスロベニアに帰って来ています。


そして次の合宿に出発する
9月3日までの約10日間、
今は1人で休養と陸上トレーニング期間を
過ごして居ます🤸‍♀️ 


サースフェーでの毎日の
4時半起き生活から解放されて、
自分のペースで
陸トレ、勉強、自炊、たまにオフ。。。  
と心と体の充電をする毎日ウシシ  



先日は、せっかくだから
今しか出来ないことをしたい!
と思い立って、 
ロードバイクで1人旅に出かけました やしの木


シュコフィアロカという今住んでる街から、
スロベニアの海沿いのリゾート 
ポルトロシュまでの  片道 150km 自転車


携帯も使えずおまけに地図も持たずに(あっても読めない。)
見知らぬ土地で
右も左も分からずに走る150kmは
想像以上に過酷でした。


今年の夏に札幌から阿寒まで300km を
2日間かけて1人で走った時も相当にキツかったけど
(地獄の暑さに無念の途中リタイア

今どこに自分がいるのか、
ここから登りなのか下りなのかも分からない
不安と辛さは あの時とは比になりませんでした。


それにしても、述べ20人くらいの人に
道を尋ねたと思いますが、
スロベニア人はほんっっっとに優しいです。
皆、丁寧に道を教えてくれて、 
ポルトロシュまで!?! 応援してる!!!
ってハイタッチしてくれて、
流石はLOVEの国     ドキドキsLOVEniaドキドキ



超がつく方向音痴の私が見知らぬ土地で 
無事に目的地に到着できたのは
紛れもなく親切にしてくれたこの国の人のお陰だし、
こんな無謀な挑戦ができたのは
スロベニアだからこそ!  

{54F47143-5A13-4044-BC64-E0BE50927CAE}

{0587294A-A31B-4A1A-AA11-744878E1B19E}




無事にホテルに到着…

{18D0F4A7-FB54-45B5-91EB-7B8DF6DBD8C8}



↓日焼け具合、御愁傷様ですお願い
{610FF219-69EC-43AC-B300-8FA2D47BF253}




そして、孤独の中7時間半 
アップダウンのある道のりを走り切り、
海辺を散歩しながらアドリア海に沈む
この夕陽が見れたときは心の底から感動しました。

あーー来てよかったーーーーー!と。

{477643B3-62E9-46B5-957C-DA359C49C482}



次の日は、バキバキの身体に鞭を打って、
ジムでウエイト。プール。海。






そして夕方にはのんびり
海を眺めてリラックス………  🏖

{4B0A9929-57D1-4C4F-BE4D-0BD05E588F6A}

{69B0DD92-76D0-4B63-AF09-71A7330EAE24}


{171B9332-2C78-45F0-B7FC-E6E59D0702BD}




私、今が本当に  幸せだなって
って心の底から思いました。 

大好きなスキーで、 
たくさんの人の力を借りながら
夢に向かって 挑戦をさせて貰っている。


その途中で、 
僅か2年前には想像もできなかった
1人でのヨーロッパでの生活やトレーニング、
英語でのコミュニケーションを当たり前のようにこなせるようになった。


毎日必死でなかなか気付けないけど
ふと冷静に考えるとこんな経験、
なかなか出来ることじゃなくて、
こんなに楽しいことがこの先にあるのか 
心配になるほど
今が充実しています。


改めて、これまでの私、
そして今の私を支えてくださる
たくさんの方々に心から感謝です。



そして、この感謝の想いを伝えるには、
"result" しかないのだと、
改めて決意を強くします。




{014516F7-203F-4804-ADCC-6DFB6531F251}


KONA




テーマ:


こんにちは〜!  
やる気のあるうちにさっそく第2弾 


えーっと、まずは簡単に近況報告というか、
この頃の私の様子について。笑   



7月27日に日本を出発して、
ヨーロッパにやって来ました!  



実は2年前からヨーロッパでは
東欧の小さな国 スロベニア🇸🇮を拠点にしていて、首都リュブリャナから20分程の Skofja Lokaという街にアパートを借りています。


アパートと言っても大きなお家の中の
ワンフロアを借りている感じなので、
下には家族が住んでいるし 
ホームステイに近いような感じです♡  

長くなるので
スロベニア🇸🇮での生活については、
また追い追い、ご紹介していきますねチュー




ということで、日本を出発してから、
まずはスロベニア🇸🇮に飛んで来ましたが、
翌日には早速第1回目のサマーキャンプ地
スイス🇨🇭Saas-fee にコーチと一緒に陸路で移動してきました。


ここから約3週間のスキーキャンプの始まりでーーーす!!!


と言いたい所なんですが、 
雪が、、、
肝心の雪が、、、
                             

なーーーーーーい!!!



今年の夏が暖か過ぎるのはヨーロッパも例外ではなく、
ここサースフェーも例年と比べると随分雪が少ない状態です。


ただそれでも、
スキー場のクローズは例年より多いものの
条件の良い日は山に上がることができますし
この暖かさの中でも問題なくゲートトレーニングができるのは本当に有難いですアップ


ヨーロッパの他の氷河のスキー場は既に
営業停止になった所もあるとか、、、
アウトドアスポーツが自然に左右されるのは当然なので、
そんな中でもここは随分恵まれている方だと思いますアップ



そして何よりここサースフェーは
ベースの標高が1800mあるので
ハイキングに行けばたったの1時間で
2500mを軽く越えることができ、
絶好の高地トレーニングのチャンスです!
更に人工芝、タータン、そしてもちろんウエイトトレーニング用の器具も持参しているので、
スキーをしない日の
フィジカルトレーニング環境が抜群です。



特に、スーパーストロング で クレイジーなコーチの元では・・・笑 



↓↓↓オフの日の登山の様子 
{D0610708-B0ED-4F1B-A237-56D607F560F3}
{8D96461B-9B02-4535-97B1-6F8EB061D658}


私の脈はとっくに170を超えて
ヒーヒーハーハー言っているのに、
心臓止まっちゃってるんじゃないかってくらい
ウンともスンとも言わずに
スタスタ先頭を登っていく。。。


{B05D3C8A-F827-4FFE-B436-5EAAD50EC2F2}


でも山頂に着いた先に見えるその景色は。。。


{FBCB6475-6699-41A6-B559-CD1CBE4716BC}
{A56EC3A8-04EE-45E0-82AA-0968887693F2}


{ADA8EE54-D908-4696-84FC-D4E399B85F1A}
{71F95102-E8CA-478E-A25C-B9290AB25BC1}
{49E2115A-38F7-4083-B7C1-FBDD2F0C4344}



{62957BD6-59FD-4511-ACED-9E2D25D7045C}


Amazing‼️     

4000m級のアルプスが周りに
ゴロゴロと見えるこの景色は、
疲れが吹き飛ぶほど毎度毎度  圧巻です!!



    
そして、これが 噂のスーパーストロングクレイジーコーチの後ろ姿ウシシドキドキ 笑   ↓↓

{00524E5D-1A97-4B63-9C3D-08A520BAE95E}


体型見れば、分かりますよね?? 

だいたい想像つきますよね??  


何をやっても凄過ぎてとにかく
クレイジーとしか言いようがないんだけど、、、


いつも底無しのポジティブさとストイックさで
一緒にトレーニングをこなしながら
私にスキーの全てを教えてくれる、


尊敬する 大好きなコーチです。



最強すぎる2人のコーチについても
また追い追い、ご紹介していきますニヤリ




さーてと、長くなってきたので、
今日のところはこの辺でウシシ


たま〜に、と念を押したのに
こっそり見に来てくれた皆様、、、
どうもありがとうございましたにやりドキドキドキドキ



またお時間の許す限りで
こっそりと、、、
宜しくお願い致します笑い泣き




KONA 




テーマ:



ブログ再開してみようかなって思います。
ひっそりと、、、あくまでひっそりと。笑 



ヨーロッパでのトレーニングやレース、生活の様子、日々考えていること、などなど、、、
本当は届けたいことがたくさんあるのです!
言葉にして残したいことがたくさんあるのです!



もともと日記を書いたりノートを書いたり
文章にすることが好きなタイプで
まるで分厚い辞書の様な10年日記を
一年中どこでも持ち歩いていて(笑)、
今年で4年目ですが今も続けていますし、
9歳で本格的にアルペンスキーを始めた当初から書き溜めている
スキーノートは既にかれこれ数十冊、、、


{9C6DE0D2-622A-4B8B-8E4E-19A8831A7358}





そんな私が、最近あるきっかけで
ふと自分のブログを見返してみたら、
へ〜こんなこと考えてたんだ。。。
と自分でも忘れてることがたくさんあって、
ネットに残すっていうのも
これまた良い手段だなって思ったんです!





そんな訳で、突然、また始めたくなりました。





でも、先に言っておきます。
たま〜に しか更新しないので、
たま〜に 覗きに来てくれれば充分です(笑)




では、はじまりはじまり〜!!!口笛


{85D3AF28-B125-491E-A256-3DA11FA7F9D2}



2, August ,2017



KONA





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス