こんにちは。ブログのトリを飾ります主将の森本翔吾です。文章力の無い私ですが最後まで見ていただけると光栄です。

私は多くの人に支えられてここまで成長できたと感じます。特に同期。自分なんかを主将に選んでくれてありがとう。昔からヤンチャで野生児が多いい同期だったけど1人1人良い個性がありそれが良い化学反応を生んだんだと思います。けど一度も言うこと聞いてもらった覚えありません。ボール探しはしようね。後後輩は苛めないように。

特に同期の中でもDFの田中佑樹の存在は大きいなんてもんじゃなかった。
同じDFで嫉妬するくらいうまくて強い。多分自分は佑樹に憧れていた。佑樹に少しでも近づきたくて壁当ても筋トレも頑張れた。目標にできる選手が近くにいることは大きかったな〜。とにかく佑樹のおかげでラクロスが楽しかったし同じラインに立ちたくて努力できた。ありがとう。



それ以外にも先輩や後輩、コーチにも沢山の感謝を言いたい。生意気な口を聞いても常に優しく教えてくれたJJさん、インドさん、純さんありがとうございました。いくみさん、大地さん、じゅんぽさん、コーチとして休みを削り練習に来てくださりありがとうございました。そして後輩には1つだけ伝えたいことが。自分は才能や運動神経がないけど努力してここまでこれた。もし同じように悩んでる人がいても結局は自分がどれだけ努力するか。言い訳する暇があれば努力しよう。以上。

今年はコロナウイルスの影響で約半年間練習ができなかった。改めてラクロスを当たり前にできる環境があった今までに感謝したい。他大学との試合。合宿。芝のグランド(泥にまみれるのはもう嫌だ)

失った時間は帰ってこない。限られた練習時間で今できることはなんだろう。今年は昇格や順位がない中で自分達駒澤大学のスローガンである『繋』を体現できる方法は勝利だけだと思う。東洋戦は負けてしまったけど最後の日大戦に向けて準備しよう。相手も死ぬ気で勝ちにくる。最後は気持ち。そして4年生最後の勇姿見ててください。必ず勝ちます。




#4 森本翔吾