【うつのくれた贈り物】うつ・不登校・苦しい心を抱く人に贈る幸せの法則

【うつのくれた贈り物】うつ・不登校・苦しい心を抱く人に贈る幸せの法則

うつ病を得て気が付いた「たくさんの幸せ」

たくさんの子ども達と向き合って 家族と向き合って
色々な人たちに出会って繋がって 大好きな自然の中で深呼吸して

そんな中から見つかるほんのりあったかい「幸せ」を拾い上げて紡ぎます

教職25年の後半10年間はうつ病と闘いの日々でした。
今も教育現場、家庭や社会で、たくさんの心が苦しい人たちと出会って。
2度のうつ病体験から「スマイルコーディネーター」として活動を開始。
見えない心の傷に悩む人たちに必要なのは”心の居場所”。
いつでも、どこでも、学びたい人が学べるところ。疲れた時にそっと静かに自分を見つめる場所。
そんなお手伝いを「信州あそびの杜学園」でしています。

スマイルコーディネーターの駒村です。

 

わたしは毎年書き初めをしています。

 

いつも、ふと気になった言葉を書いています。

今年(2010年)は「虚心坦懐」という言葉に出会いました。

 

「虚心」とは空っぽな心。

「坦懐」は穏やかな心。

 

その文字を眺めていていろいろ気が付きました。

 

今日は、それをテーマにします。

 

・‥…━━━★・‥…━━━★・‥…━━━★

 

様々を乗り越えたときに、心はフラットになる。

 

・‥…━━━★・‥…━━━★・‥…━━━★

 

最初、「虚心坦懐」の四文字を目にしたとき。

 

 

……心が空虚なのかなぁ?

 

文字から受けるイメージは、

実はあまりいい感じではなかったのです。

 

「虚」という文字は「うつろ」と読むし。

「偽り」という意味でも使われるし。

 

「懐」という文字は、「壊」と似ていて、

一瞬見間違えてしまったので……

 

心がうつろで、壊れちゃっているの?

まるで、うつ病の状態みたい………。😢

 

最初に見たときには、そう思ったのです。

 

でも、文字の意味をよく調べてみたら。

「虚」という文字は確かに空っぽの状態を表すのですが、

「わだかまりのないからっぽさ」……

 

つまりは、すべて物事を察した上でのこだわりのなさ

 

何もない、ただ空しいだけの空っぽなのではなくて

いろいろ見て、聞いて、感じて、体験して……

そういう様々な物事を越えたその上で

余計なものを捨て去ったシンプルな心。

 

こだわりがなく、わだかまりもなく。

偏見も誤解もなく。

ありのままで対象を見つめるシンプルな心。

 

それが「虚心」。

 

それから、「壊」と見間違えた「懐」は。

作りの部分は「十と目と衣」で出来ています。

 

これは、目から涙がこぼれ落ちる……

それを衣で包み隠す、という状態を表すのだそうです。

 

さらに、へんが「りっしんべん」。

つまりは「心」を表すのですから、

涙を胸の奥深くに大切に持った心を表しています。

 

「坦」は平たい、平らな……という意味。

それに「懐」がつくことで

 

心の奥にはちゃんと人に対する想いも優しさも

様々な出来事に涙して苦しんだ気持ちも

すべてその旨の奥深くに持ちながら

 

それでも穏やかに、フラットに、

たぶんほほえみながらすべてを受けとめられる

そんな気持ち。

 

それが「坦懐」。

 

そんな風に漢字を読み解いていくと、

深い心を持った状態でありながら

ゆらぎ無い でこぼこのない 穏やかな心でいられること……。

 

そんな思いもかけない

深い意味を持っていることがわかりました。

 

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

 

ふと、想ったのです。

最初一見したときの感じからこの4文字を

わたしはまるで「うつのようだ」と想いました。

 

けれど、よく見てよく知ると、

それはさまざまな「苦しいことや悲しいこと」を乗り越えた上で

それでも……いえ、だからこそ「穏やか」でいられる状態なのでした。

 

人は、なぜ微笑むのでしょうか。

 

「笑い」は楽しいことや愉快なことでも起きますが。

「微笑み」はちょっと違います。

 

モナリザの微笑みは謎をたたえて。

聖母マリアの微笑みは慈悲をたたえて。

 

人は、微笑むとき、たぶん心がフラットなのだと想います。

フラットな心で穏やかに受けとめる時に「微笑み」が浮かぶのだろうと想います。

 

単に嬉しいからとか楽しいから、ではなくて

様々な想いの中にあって、それでも穏やかに受けとめられる

そんな時に浮かぶのが「微笑み」です。

 

そして、それはまさに「虚心坦懐」の状態なのでしょう。

 

心がうつろで、苦しくて悲しみで一杯で

涙が流れて、ただただ泣くだけの毎日。

 

それがうつの時のわたしでした。

 

けれど、そういう自分がいることを

ちゃんとここにいることを自分で認めることが出来たときに、

 

そういう自分がいることを認めてくれる周りの人たちに対して

そういう自分を取り囲む周りのすべてのものに対して

 

わたしはゆったりと微笑んで見つめている

自分がいることに気が付きました。

 

たぶん。

このメルマガをお読みの方は、きっと何か心に苦しいこと、悲しいこと

辛いことを抱えて動けなかった経験をお持ちでしょう。

 

もしかしたら、今、まさにそこにいるのかもしれません。

 

でも、それだからこそ……微笑むことが出来るのです。

 

大変な苦しみや悲しみを知るから、穏やかに笑顔になることが出来るのです。

 

その心の奥には、たくさん流した涙がある。

それだからこそ、いろいろな物事を優しく見つめる。

 

「虚心坦懐」

 

たぶん、うつや心の苦しみを経験した人びとは

この言葉にちょっとずつ近づいている人たちなのでしょう。

 

そんな事を、ふと想った年の初めの書き初めでした。

 

わたしも、今年は穏やかでフラットな心で

いろいろな物事を見つめていきたいと想っています。

 

☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【うつのくれた贈り物】~「うつ」からもらった、幸せの法則~

2011/1/11配信メルマガNo.67より

☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

それでは、また次の「幸せ」まで。~See You💖~

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

誰かに聞いて欲しいけど、話せる人がいないとき。

私宛のメールでつぶやいてみませんか?

心を軽くするお手伝いができるかもしれません。

komamidwl@komacafe.net(相談専用)

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ 

 

「コマちゃんのティールーム」

「信州あそびの杜学園」 あそびの杜Facebookページ

「笑顔をつなぐスマイルコーディネーター」Facebookページ

*「スマイルコーディネーター」は、駒村みどりの登録商標です。