11月7日夜便にて行ってまいりました。

 

この日は、北西の風で10メートル前後吹いてました。

黒母瀬に行きたかったのですが、先客が3人上がってた

とのことで、風裏の前子島の中尾平へと行くことに。

 

午後10時半。久しぶり参加の川崎さんと二人上がりました。

夜釣りは、カゴ仕掛けで、イサキを狙います。

徐々に棚を深くして、竿2本半で一匹目のイサキが来ました。

撒き餌が効いてきたのか、一投ごとにアタリだし数を稼いで

いきました。

 

午前3時。撒き餌がなくなったので夜釣りは終了。

イサキばかり30㎝~40㎝を30匹くらい釣りました。

 

3時間ほど眠って、夜明けとともに起きて

石鯛仕掛けを用意します。

川崎さん。遠景は六島と野崎島。

先端は、涛竿崎。

 

カラス貝の撒き餌をして、ガンガゼを餌に釣り始めます。

始めはアタリもなく沈黙が続きます。

 

引かれ潮に仕掛けを入れて待つと、アタリが出だします。

一度だけ穂先が舞い込みますが、針掛かりせず

穂先は戻ってしまいました。

 

今回も、石鯛はお預けとなりましたが

根掛かりが少なく、足場がいいのでお気に入りの

ポイントとなりました。

 

午後2時回収でした。

帰港してみなさんのクーラーをチェック。

藤田君は5キロのアラと石鯛を。

石鯛は、私のクーラーへ。いつも有難う。

大原君は、クロでクーラー満タン。

珍しい魚。ひげダイも釣っていました。

この魚も、私のクーラーへ。

このひげダイ、めっちゃ美味しかったですよ。

大原君ありがとうね。

笑顔が素敵な大原君でした。

 

 10月24日(土)夜便にて行ってきました。

この日は、北西の風が強く、うねりもあって

ポイントは限られそうです。

 

まずは古志岐三礁へ向かい5か所にあげてから

黒母瀬へ、、本島に4名あがりました。

次にハナレへ自分と河野君、平野くんの3名で瀬上がり。

 

風がかなりありましたが、なんとかやれそうです。

自分は、カゴ仕掛けをセットして、先端まで移動して釣り開始。

2投目でイサキが釣れだしました。しかし型がいまいちで

30~35㎝くらい。15匹程釣れたので、午前3時に寝袋に入りました。

 

夜明けとともに起きて、石鯛を狙います。

他の二人はさらしを狙ってルアーを引いてます。

河野君は朝からヒラスズキを3回程バラシたらしく

悔しがっていました。しかしそのあと、でっかいイサキを5匹釣ってました。

平野君もデカイサキをゲット。

ルアーで釣れるイサキはデカいですね。

 

一方、底もの釣りの方は、アタリが全くなくて

3人とも撃沈でした。

 

イサキの鱗と内臓を処理して、回収を待ちました。

次回は、ルアーを持参しようかな。

 

  6月20日夜出港で行ってきました。

 

今回も北東の風が13メートル前後吹いております。

風を避けながら、黒母瀬、古志岐と瀬上げして。

 

対馬瀬えんが下向きへと上げてもらいました。

タナが浅めなので、フカセでイサキを狙います。

 

まずは二ヒロで探ってみます。

エサが残ってくるので三ヒロに。

すると、左に流れたウキが入り、

合わせると、重たい引きで無理やりぶりあげると

イサキとクロがダブルで釣れました。

しかもイサキがデカい。

 

次に来たのはマダイ。

きれいなピンクでなかなかの良型。

 

潮がゆるやかな左流れだったので釣り座を左側に移動。

2時間ほどねばりましたがイサキが一匹だけ。

 

そこで、いままで釣ってなかった右側の潮上へ移動してみることに

二投目に、ウキがゆらゆらと入るも、カラアワセ。

 

しかし、次のアタリをとらえてイサキが釣れました。

2匹追加したところでまきえが切れ夜釣りは終了。

えんが下には釣り人が。

釣り座の正面。

右側。

左側。

朝まず目は、石鯛を狙います。

エサは、ガンガゼとサザエ。

 

しばらくして、穂先が海中へ。上がってきたのは。

ハトぽっぽ。がっくり。

 

その後も2匹連チャンできました。

 

あとの二匹は、リリースして午後2時に納竿。

本日の釣果。

 

帰宅して、イサキの刺身と塩焼きで日本酒をグビグビ

いっちゃいました。

うまかー。

釣りってほんとうにいいもんですね。

さよなら。さよなら、さよなら。

 

 今回、久しぶりの釣行となりました。

6月6日午後10時出航です。

 

 午後11時頃、前子島の宇久島向きに、1人で

降ろしてもらいました。

北東の風が10mほど吹いていましたが

風裏なので気にならない程度です。

 

今回の一番の目的は、イサキを釣ること。

大好きなイサキが脂がのって旨い時期なので

何としても持ち帰りたい。

 

カゴ仕掛けを作り、探っていきます。

船長のアドバイスでは、沈み瀬が多く

水深は浅めとのこと。

竿一本のタナで始めます。

 

潮は上げ潮で右流れ、下げ潮で左流れ。

ゆったりと流れます。

ぽつりぽつりとイサキが釣れ出しますが

数が伸びません。

そこで、タナを少し浅くすると

型が良くなり続けて釣れだしました。

 

午前3時頃、強い引きで上がってきたのはマダイでした。

 

朝の5時まで粘って、イサキ35㎝~40を15匹。

これで十分と、休憩することに。

 

北向き。

南向き。

 

夜明けからは底物。

ヤドカリ、サザエ、ガンガゼとエサを変え探っていきます。

エサ取りのアタリはあるものの

本命のアタリは無く、石鯛はおあずけとなりました。

今回の釣果。

今晩のお酒のあてにイサキを2匹さばきました。

2匹とも真子が入ってました。

午後2時、エビス丸の回収です。

今回、みなさんの釣果の写真を撮り忘れてしまいました。

石鯛は全滅でしたが、クロは良型が数釣れとりましたよ。

 

 

 3月8日朝便にて行ってきました。

この日は、北東の風が強く、古志岐周りは

あきらめて西側へ行くことに。

 

 午前7時頃、相の瀬へ到着。

佐伯さん、大原君と三人で上がりました。

野崎向き。

寺島向き。

 

北東の強風が吹いているものの、後ろからなので

釣りやすそうです。

 

朝は上げ潮で、満潮近くになると左側の沈み瀬は

水没しました。

なかなかアタリをとらえきれず、満潮までに地グロを2枚のみ。

下げ潮になるとエサが残りだしたので、重たい仕掛けに

変えて、竿2本のタナをさぐると2匹釣れたので

そのまま釣り続けました。佐伯さんと大原君は二ヒロのまま

釣っています。ここで、二人にクロが釣れだし自分は蚊帳の外

クロが浮いてきたようで、自分の仕掛けでは、なかなか

食ってくれません。

14時、撒き餌が無くなったので納竿。

この日の釣果は、クロ5枚のみ。

チヌ3枚とクロ3枚は二人から頂きました。

大原君のクーラー、マダイまじりでクーラー満タン。

佐伯さんも良型を揃え10匹以上釣っておられました。

15:30、エビス丸回収。

 

帰港して写真撮影。

大原君が釣ったマダイ。

志賀さんは良型石鯛2匹。

 

みなさん強風のなかお疲れ様でした。