皆さんこんにちは😃

なかなか新型コロナウイルスが収まらず、授業などもオンラインで受けているという学生の方も多いと思います。

しかし、このような状況の中でも、「学ぶこと」は大切です!

ということで今回は、以前も取材させていただいた、LEARNING SPACE CANDLEの運営をしていらっしゃる、濱野孝司さんに取材を行なってきました!



塾講師も務めていらっしゃる濱野さんに、オンライン授業についてお聞きしてみました。

オンライン授業には良い面もあれば、悪い面もあるとおっしゃっていて、やはり実際に表情などを見ながら授業を組み立てていくことが出来ない分、オンライン授業は難しいとおっしゃっていました。

確かに、その場で気になったことなどを質問出来なかったり、生徒の顔を見ながら進める授業がオンラインでは難しいので、授業のクオリティを維持するのは大変ですよね😅



そこで、効率的なオンライン授業の受け方をお聞きしたところ、「能動的に授業を受けること」と、おっしゃっていました。

オンライン授業では、聞くだけ、見るだけなどとどうしても受動的になってしまいがちですが、授業の内容を自分の経験に当てはめて考えてみたり、普段の生活などに応用して考えてみるなど、能動的に受けることが重要だそうです🤩


学習は能動的に受ける姿勢が大切だということもおっしゃっており、自分に関わることの方が記憶に残りやすいとのことです!

私はこれを聞いて、受動的な学習になってしまっているなぁと実感する部分が多くあったので、「自分で考える学習」というのを常に意識することは、やはり大切だなぁと感じました(O;)





新型コロナウイルスの影響で、学習の面で孤立した人が多く、個人的な学習になってしまっている学生の方が少なくないそう。

個人的な学習は効率は上がりますが、人とコミュニケーションを取りながら学習を出来ない為、学びの側面がなくなってしまい、質が落ちてしまいます。



そこで!

学びのサポートをしてくださっている

LEARNING SPACE CANDLEさんが、9月から利用方法を変え、より学生の学びをサポートしてくださるようになるそうです🤩


まだ検討段階ですが、学生は利用料が無料になり、学習するために利用するのはもちろん、ミーティングなどに利用することもできるそうです!

学生の学びに、こんなにもサポートしてくださる場所は他にないと思います😆


新型コロナウイルスが落ち着いてきたら、ぜひ!

LEARNING SPACE CANDLEさんで意欲的に学びましょう!