KOKO美容外科

KOKO美容外科

20年の伝統技術を誇る韓国鼻手術専門美容外科、
KOKO美容外科です。

こんにちは!

22統の技術力で

安全な手術を目指している鼻の整形門病院

KOKO美容外科です。

 

鼻筋は人工プロテーゼや真皮及びその他の多様な材料を使うなら、鼻先に自家鼻中隔軟骨を主に使用いたします。

 

鼻先は皮膚が薄く敏感で、動きに柔軟である必要があるからです。

人工プロテーゼを鼻先に使用すると、形と動きが不自然になる可能性があるだけでなく、場合によっては炎症も誘発することもあります。

 

しかし、鼻の再手術は以前の手術に鼻中隔軟骨を使用して足りない場合が多いです。

この時に代わりの材料で一番よく使われるのが "自家"肋軟骨です。

 

 

自家とは自分のものであることを表し、肋軟骨は私たちの肋骨の中の軟骨部分を意味します。

(主に7番目、8番目の肋軟骨を使用する場合が多いです。)

 

つまり、自身の肋骨から軟骨の一部を採取して '鼻先' の材料に活用することを意味します。

 

 

鼻中隔軟骨が一番良いのですが、以前の手術で既に使用していたり、あるいは鼻中隔が短く弱いために使用に適さない場合に

代替材料としてよく使われるこの肋軟骨は鼻中隔を使うよりもより多くの経験とノウハウが必要です。

その理由は以下の通りです。

 

1つ目 #肋軟骨 が歪む現象についてよく理解し、経験が必要です。

 

肋軟骨は若干曲がった形をしています。

なのでこれを鼻先に使う時にはこういった歪む現象についての理解と共にそのリスクを最小化できるノウハウが必要です。

 

例えば、肋軟骨採取時に一番歪みの少ない部分を探して採取することと、食塩水にどれほどの時間浸けると曲がる現象が現れるかどうかの確認、そしてこれを実際に鼻先に使用する際にどのように配置するのかについてのノウハウが必要です。

 

もう1つは傷跡を最小化することです。

 

自家材料を採取するなら、仕方なく切開が必要です。よって切開部位に小さい傷跡が残ります。

この切開幅を最小化して採取すると、以後残る傷跡も最小化されます。

しかし、これは人によって違う皮膚の厚さ及び肋軟骨の位置によって少しは違って現れることがあります。

 

最後に痛みの管理です。

 

肋軟骨を使用すると、回復期間の間は痛みが発生します。

この痛みの程度は出血量と相関関係があります。

よって、組織の損傷と出血を最小化しながら時間を早くすれば、こちらも可能性を低めることができます。

 

---

 

肋軟骨を使用した鼻整形または鼻の再手術は彫刻という段階を通して鼻先の支持台を作るのに使い、場合によっては耳の軟骨の代わりに鼻先の形を作るのに使われます。

 

この肋軟骨を彫刻する過程は単純に削って使うという意味を超え、"経験豊富な医療陣がこれを使用ながら鼻の形を予想して多様な面を一緒に考慮しなければならない美的感覚と努力、そして長い時間がかかるひとつの芸術的彫刻作業"とも言えるでしょう。

 

このような理由により、肋軟骨を使用する鼻整形または再手術は他の材料に比べて価格もまた高い方でございます。

 

最後に、肋軟骨を使用した鼻は他の自家材料に比べ比較的硬い方です。

しかし、これは鼻の美的完成のためには目をつぶらなくてはいけない部分ではないだろうかと考えます。

 

以上でブログを書き終えようと思います。

 

 

最近の美容整形は、安全を最優先に追求するため、

副作用が発生しない点が美容整形の重要な基準となります!

 

22年の伝統技術力で安全な鼻整形専門病院、

KOKO美容外科で今すぐカウンセリングを受けられてみて下さい。

 

🌻次のKOKO美容外科の記事もご期待ください🌻

 

 LINE Officialアカウント

@kokopsjp

 

KOKO美容外科SNS

-インスタグラム : @kokopsjp

-フェイスブック : @kokopsjp

-ツイッター : @kokopsjp

-公式ホームページ : http://kokopsjp.com/