お待たせしました!こちらではレシピをご紹介させて頂きます!

 

従来のチョコレートのお菓子はもう時代遅れにきっとなるでしょう。

これからは、体にもやさしいチョコレート風お菓子で決まり!

 

 

 

 

奄美新郷堂の院長。新郷悟司先生が試行錯誤された配合のレシピで私もやみつきになり常備しております。チョコ的なブラウニー

 

「チョコではないが食感はチョコレート!大好きだけどあきらめていた方に大声で伝えたい一品」

 

まず、チョコレートとはカカオ豆の種子を焙煎・発酵したカカオマスを主に砂糖と粉乳をねり固めたものなので今回作るものには砂糖も粉乳も使っていませんのでチョコレートではありませんね。

 

しかし!食感は生チョコです。

チョコ好きな私が言うので間違いありません!笑

少し熱くなってしまいましたが、そのくらい美味しいお菓子ですのでとってもおススメです。

 

 

【用意するもの】
・フードプロセッサー

【材料】
・アーモンド、クルミ、カシューナッツなどどれでも良い※ 100g
・デーツ(ナツメヤシ)約26個 (レーズンでも代用可だがデーツの方が美味しい)
・ココア(カカオ)パウダー 60g (砂糖なしの純ココア)

 

 

カシューナッツやマカダミアは単価が高額なので、美味しいが単純にコスパが悪い。

 

 

 

1、ナッツ類を水に3時間から一晩浸水しておく。

 

 

浸し終わったら、アーモンドの皮をむくのがおすすめです。(食感がよくなります)

 

 

 

2、フードプロセッサーにナッツをかけ細かくし、デーツは種をとり細かく切ってからフードプロセッサーで細かくする

 

 

3、ココアパウダーを加えフードプロセッサーにかける(始めはサラサラですが混ぜていると少しもったりしてきます)

 

 

 

 

4、ジップロックに入れ、冷やし固める。

 

 

 

 

サイコロ状に切り冷凍保存しできあがり!!!!

 

 

 

ポイントは解凍しないことです!

解凍するとチョコの食感がだいぶ低くなります。

 

 

 

 

 

 

食べものこそ最高の幸せの方もいらっしゃると思います。妥協はしたくない!みなさんに「体も幸せこころも幸せ」そんな食事を楽しんで頂きたいと思っております。

そんなレシピをちょこちょこ載せたいとも思っております。

 

 

 

みなさんでenjoy!しませんか?

 

 

 

 

ここで紹介させて頂いた奄美新郷堂の院長 新郷悟司先生はこちらの治療院の元副院長でございました。現在は奄美にて開業されており、この間、本も出版されました。

 

待合室に見本が置いてありますのでお時間ある時にぜひお手に取って見てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

二つの記事という長い長文を読んで頂き、ありがとうございました。

 

ちょこっとチョコ風生活はじめてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:奄美新郷堂