人気ブログランキング参加中。ここをクリックしていただけますか?

 

なぜ、ミュージカルでは、いきなり歌い、踊るのでしょうか?

 

誰もが、疑問に思っていたことにひとつの答えを与えて
くれるのが本作です。

 

ミュージカルが苦手なOL・静香(三吉彩花)は、休日に
訪れた遊園地でマーチン上田(宝田明)に催眠術を
かけられてしまいました。

 

それは、音楽が聞こえると、ところ構わず歌って踊って
しまうというはた迷惑な術でした。

 

そのため、会社のプレゼン会議をぶち壊し、
レストランでは、店内を破壊してしまい、かなりの弁償金を

払わされます。

 

術を解かなければ、まともな生活は送れないと遊園地に
行くと、なんとマーチンは、夜逃げしていました。

 

マーチンのサクラを務めていた千絵(やしろ優)を
つかまえ、依頼した私立探偵の渡辺(ムロツヨシ)と共に、

マーチンを追い、日本中を飛び回る羽目に……。 

 

 問:ミュージカルでは、何でいきなり歌い踊るの? 

 

 答:催眠術をかけられているから。

 

 やや反則かなあとも思いますが、理にかなっています。

 

 本作では、『狙いうち』や『年下の男の子』など昭和の
 名曲が目白押し。

 

 特に、とある場所で歌われる『ウェディング・ベル』は、
 イントロを聴いただけで、その後の展開がわかって
 しまい、昭和に生まれてよかったなあとしみじみして
 しまいました。

 

 もちろん、平成生まれの方だって楽しめますよ。

 

 踊っているときの楽しげな静香の表情に、わくドキです。

 

 静香と千絵の微妙な友情や、なぜ静香はミュージカルが
 嫌いなのか? 様々なエピソードが楽しめます。

 

 歌って踊って、あっという間にエンディングですが、
 ラストの静香が選んだ決断に、うなずいてしまうこと
 必至です。 

 

 夏の疲れを吹き飛ばしてくれる作品ですよ。

  

     8月16日(金)から、劇場公開中

人気ブログランキング参加中。ここをクリックしていただけますか?

 ついにシリーズ最終章と、めちゃくちゃ楽しみにしていた本作。

 期待は裏切られませんでした。

 宇宙での救出ミッションの事故によって、心の闇に潜んでいた
 もう一つの人格「ダーク・フェニックス」が目覚めてしまった
 ジーン(ソフィー・ターナー)。

 あまりに巨大な力ゆえ、仲間から孤立し、人類の敵になって
 しまいます。そんな彼女に「謎の女」(ジェシカ・チャステイン)が
 近づいてきて……。

 ジーンと育ての親であるプロフェッサーX

 (ジェームズ・マカヴォイ)の対立がせつないです。互いに

 相手を思っていながら、すれちがっていく心。

 そして、ジーンの孤独は、仲間でさえ、埋められません。

 「謎の女」を演じるジェシカ・チャステインがいいんですよね。

 あの美貌が人間ばなれしていて、とてもリアルです。二人きりに
 なったら、とっても怖いだろうな。

 ヒーローもヴィランも共に女性というのは、コミック映画では
 とても珍しいそう。女性の時代を力強く歌い上げる作品です。

 ラストはハードだけど、後味はいいです。一人で見にいって

 世界観にどっぷり浸るもよし、複数で見にいって、

 後で語り合うもよしですよ。

  6月21日(金)全国公開

人気ブログランキング参加中。ここをクリックしていただけますか?

 

  【わくドキ】度3 ★★★【ハンマー】   

 

アスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、
ある事件をきっかけに、第一線の警察官から、
緊急通報指令室のオペレーターに配置換えされました。

 

そんなある日、今まさに誘拐されているという
女性自身からの 通報を受けますが……。

 

彼に与えられた手がかりは、電話を通した音のみ。

本作は、電話からの声と音だけで、誘拐事件を
解決するという物語です。

 

ちなみに、人間が聴覚から得られる情報は、
11パーセント なのだとか。視覚からは、
80パーセント以上得ているというのに。

 

わずかな情報から、予測不可能な展開が生まれ、
飽きないんですよ。
 
本作は、第34回サンダンス映画祭では、
『search/サーチ』(NEXT部門)と並び、
観客賞(ワールド・シネマ・ドラマ部門)を受賞。

 

そのあとも、第47回ロッテルダム国際映画祭観客賞、
ユース審査員賞や第44回シアトル国際映画祭監督賞を
受賞し、世界中の映画祭で観客賞を総なめにしました。

 

第91回アカデミー賞外国語映画賞の
デンマーク代表にも選出されています。

 

視覚情報がなく、劇中で耳にするいろいろな音の
なかから、犯人を見つけ出すという、
 

いまだかつてない展開にわくドキ状態と緊張が
止まりません。

 

ラストまでの88分間。見ているあなたも、
アスガーの視点で、誘拐事件を推理しちゃうハズ。

 

久々のハンマーです。絶対オススメ。
  
     2月22日(金)から、劇場公開中