ご報告が大変遅れましたが、東北被災地公演が無事に終了いたしました。

公益社団法人企業メセナ協議会から、同公演活動が助成認定制度(寄附金控除対象)に採用されたこともあり、先月同協議会への事業活動の報告事務も済ませたところです。

この助成認定制度ですが、どのような制度なのかなかなか理解しずらい部分があり、寄附を募るにあたり非常に難しさを感じました。

『助成』の文字があることから、認定したメセナ 協議会から活動資金としての「補助金」が出ると思われる方がほとんどでした。

実際には我々が一般の方々から寄附を募り、メセナ協議会を通して寄附をする制度で、その寄附が税務上の寄附金控除対象となるというものなのですが、このことを説明するのに大変苦労しました。

また、あるSNSには、助成認定制度を使っての被災地活動に快く思っていない書き込みもありましたが、これについても、補助金をもらって懐を痛めずに偽善的な活動していているように見えたのかもしれません。

最終的な収支は100万円単位での赤字となり、今後も継続的に活動していくには、クリアしなければならない課題が山積みなのですが、それでも公演活動の趣旨に賛同くださり、寄附をして頂いた方々には感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございました。


気仙沼市、陸前高田市、福島県富岡町、石巻市の4公演を行ったわけですが、私達が想像していた以上に多くの方々が会場まで足を運んでくださいました。

足を運んで頂いた方々から「感動した」「素晴らしかった」「来てくれてありがとう」といった声を多く頂戴いたしました。

特に震災からの復活を描いた『HAKURAKUSEI』は、水衣を纏ったバレエダンサーがとても哀しげにそして美しく、津波を演じた能楽師の津村禮次郎氏の鬼気迫る舞とともに、皆様から感動的だったと評価していただきました。

今後の活動の参考になると考え、座席のある会場(気仙沼公演・石巻公演)では、アンケートを実施しました。

一般的にこのようなアンケートは、回収率は低くアンケート用紙はそのまま捨てられてしまうことが多いのですが、公演後にはほとんどの方が回答してアンケート用紙を提出していかれました。

ご意見欄にも、びっしりとメッセージを書いてくださった方も多く、驚いたのと同時に、本当にありがたいと思いました。

中には、能もバレエも初めて見るという方もいて、このコラボレーションを心から楽しんでいただけたようで、短い時間でもこういった芸術・芸能に触れられたことへの感謝の言葉が述べられていて、それを見た時は涙が出そうになりました。

菜の花被災地応援ステージ実行委員会のフェイスブックに、回答頂いたアンケートを抜粋して画像掲載しているので、よろしかったらご覧になっていだければと思います。

当初こういった被災地公演は、被災地の方々から、主催者の独り善がりな押し付けがましい活動と捉えられたりするのではないかという心配もあったのですが、公演後の観客の皆様のお声を直接聞いたり、アンケートで思いを間接的に読んだりしてみると、ほんの少しでも被災地の方々の心に暖かみを感じてもらえる事ができたことがわかり、これはきっとやってよかったのだろうと思いました。

先に書いたように、こういった活動を続けていくには、どうしても資金的な問題をクリアしなくてはなりませんが、そのためには良い演目を創り上げていくことがやはり大事なのだろうと思います。

良い演目とは、多くの人の心を暖かく震わせることができるような舞台。

そういうものを創ることが出来ていけば、もしかしたら様々な課題が自然と解決していってくれるかもしれません。



下記は気仙沼のケーブルテレビの取材映像です📺




令和2年もあっという間に2月になってしまいました。

新年早々にスポットの仕事が続いて、1月中は平日より土日が忙しい月でした。

今週、関東信越国税局のコールセンター業務があり、ようやく確定申告モードになりつつあります。

関東信越国税局はさいたま新都心にありますが、上層階の大きな会議室にコールセンターを設け、そこに10名ほどの国税局員、40名ほどの税理士、数百名の電話オペレーターが待機する体制となっています。

国税局員の中には、決まって顔見知りの元同僚がいるので、空いた時間等にお互いの近況などを話したりして、ちょっとした楽しいひと時を過ごしたりもします。

医療費控除、住宅借入金控除、あるいはふるさと納税といった寄附寄控除などを適用する還付申告は1月6日から申告が始まっていますが、自営業者などの本格的な申告期間は2月17日からとなります。

この時期は年1回お会いするお客様もいて、基本的にその1回で1年間の状況や特殊事情などの確認をするので、確認漏れなどがないように神経を使うことになります。

書類が揃い、様々な事実関係を把握すれは実際の事務処理は難しいわけではないので、お客様との面接こそが間違いのない処理をするための全てといってもいいかもしれませんね。

とにかく3月まで体調崩すことなく、この確定申告期間を乗り切りたいと思います🥳

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんが、今回の税金の申告漏れや社会保険未加入の問題で芸能活動を自粛すると発表しました。

記者会見では、徳井さんが代表を務める会社の2012年3月期から2015年3月期の4期分については、経費として計上されたもののうち約2,000万円は私的な費用として否認され、2016年3月期から2018年3月期の3期分については無申告であったため、期限後申告を行いその課税所得(税務上の利益)が約1億円で、合計約1億2,000万円の申告漏れがあったということでした。

私的な費用とされた2,000万円部分については、法人税法上の仮装隠蔽行為があったものとして、重加算税対象となったようです。

いわゆる「社長等が私的な支出を会社経費へ付け込む」という、法人税調査ではよくある典型的な仮装隠蔽行為です。

ちなみに重加算税については、国税庁の通達があり「こういった場合には重加算税を賦課する」という取り扱いが公表されていますので、興味ある方は読んでみたらいかがでしょう?

ただここにきて、吉本興業から徳井さんに関する報告文がホームページに掲載され、それを読んでいくと無申告が今回だけではなかったようで、先の記者会見から受けた印象とは別のものとなりました。

❇︎2009年に徳井さんが代表を務める会社を設立
❇︎2010年3月期から2012年3月期まで無申告
❇︎税務署からの指摘を受け2012年6月に3期分を期限後申告
❇︎2013年3月期から2015年3月期まで無申告
❇︎再び税務署からの指摘を受けて2015年7月に3期分を期限後申告。納税については滞納を続け、銀行預金差押えとなる
❇︎2016年3月期から2018年3月期まで無申告
❇︎国税局の調査を受け、今回の問題が発覚

さらに徳井さん個人の所得税の申告についても、吉本興業の報告で触れられています。

徳井さんは自身が代表を務める会社からの役員報酬である給与所得と、徳井さん自身フリーランス芸人という立場の収入(事業所得)があるようで、これについても連年無申告であったようです。

役員報酬である給与所得は、通常はサラリーマンと同様に年末調整で税金の精算を行います。

ただし給与収入が2,000万円を超えると年末調整対象外となり、翌年に所得税の確定申告をすることになります。

徳井さんは第一線で活躍している芸能人ですから、会社収入はかなりの額になるでしょうし、会社から支払われる役員報酬は2,000万は超えていたんじゃないかなと思います。

いずれにしろ、翌年に役員報酬である給与所得とフリーランス部分の事業所得を合わせて、所得税の確定申告を行うことにはなります。

これらについても無申告であったというのも、ちょっと信じがたいですね、、、(2018年分は期限内申告をしていたようです)

加えて会社が社会保険に未加入だったということも報告文に記載されていました。

会社を設立すると、例え社長一人だけの会社であっても、そこに役員報酬の支払いが発生すれば社会保険加入義務があります。

年金事務所から加入要請の督促状が再三届いていたのではないでしょうか。

おそらく現状は、徳井さんご自身が住んでいる住所地の国民健康保険と、国民年金に加入していたのだろうと推測されます。

ここまでくると国民年金も払っていたのかなと疑わしく感じてしまいますが、、、

バラエティに限らず多くのメディアに出て社会に影響力の大きい一流芸能人だからこそ、ルールはきちんと守って欲しいところですが、、、

その反面、社会のルールから逸脱した人間だからこそ、芸能界という世界で能力を発揮できるという、昭和の時代の芸人気質を持つ人が少なくなってたと惜しむ人がいるのも事実ですね。

時代が変わり、SNS等の発達もあり、芸能人と一般人との垣根が低くなり、昔のように「銀幕のスター」のような存在も減り、昭和の時代だったら畏敬の気持ちを持って、大概のことは許されていたようなことも、今では状況が一変していると思います。

私は、税務職員や税理士として長年税金に関わる仕事をしてきて、たくさんの納税者を見てきている中で、正しく納税している人は確実にいるので、ズルする人が得をするような社会にならないように納税義務を果たしていない人には相応の罰が下されるべきだと思います。

ですから徳井さんはしゃべくり007等を見ていて好きな芸人ではあるけれども、今回の徳井さんの一連の行為は腹立たしい限りです。

毎年3月の確定申告時期に、申告会場で順番を待つ納税者の長蛇の列の映像がテレビで流れますが、そんなとき彼はどんな気持ちでいたのでしょうか、、、