猫昌漫画 

猫昌漫画 

もふもふ子銀と、
銀色ネズミ色かなんの
おちゃめな絵日記(予定ね)
子銀ままが、日々、格闘中。


テーマ:

画用紙に描きました。

写真が 斜めになりました。

 

次第に、クレパスのコツがつかめてきました。

いかに白を使うかです。

 

色は、強烈でも、白や、クレーを重ねると落ち着きますね。

 

 

もう11月ですね。

平成30年も終わりに近づきました。

昭和30年生まれで、今年は、何か特別な感情がありました。

 

来年はどんな年になるのでしょう。

 

 


テーマ:

 

ねこや

 

あんまり 人を信用しすぎるなよ

 

ついつい 言いたくなる

 

自分で生きていく方法を 考えねばなあ

 

人間もさあ 猫もよぉ 

 

おんなじよね。

 

この世が、野良猫にとって 住みにくいことは事実だね

 

計画的に秩序よく

 

猫や、きついねえ

 

来世は 人間のいない世界で 生まれような

 

私も そこ行くから

 

 

とか

 

なんとか

 

オイルパステルです。

 

サクラクレパス。

 

私は、この画材が好きです。

 

水彩も同じように描けるようになりたい。

 

来世は、肉球で地面に絵を描くぞ。

 

 


テーマ:

 

ネットで、ミ・タント紙50枚入りを買いました。

 

私は、A4サイズのつもりでしたが、あわてんぼうの子銀まま、

 

届いたら、はがきサイズでした。

 

まあ、50枚絵をかいたら、少しは思うような絵が描けるようになるかなあ。

 

 

ソフトパステル、パステル鉛筆。

 

この画材は、私が昔から使っていたものです。

 

コンテ止めを吹きかけると少々色が変化する気がします。

 

 

もしよかったら、皆さんが好きな画材を

 

教えていただけると楽しいなあと思います。

 

 

あと、47枚はがきが残っているわ。

 

 


テーマ:

 

挫折とあきらめの中、不屈の精神で方向転換しました。

 

水彩と油性ペンで描きました。

 

サイズは、絵ハガキ程度。

 

大きな絵から始めましたが、板張りをして、下絵を描いて、立てかけて置いたら

 

息子が、コ、コ、コーヒーを、絵に、絵にの上に、こぼしましたぁ...

 

デジタルなら、こんなこたぁないしぃ。

 

まあ、小さな絵から再開します。

 

では。

 


テーマ:

 

9月30日の深夜、11時過ぎ、台風の暴風のさなか停電しました。

また、一部の停電と思いきや、静岡県内71万4200戸も停電したのです。

 

ついたのが昨夜10時過ぎ。

まん丸1日の停電生活でした。

 

水、ガスは、大丈夫でしたので、生活はできました。

 

でも、地震の災害にあられた方々は、どれほどのご苦労でしたでしょうか。

今回実感の一部を体感しました。

 

まあ、信号機は動かず。

譲り合いの道路でした。

 

スーパーは、閉店。

イオンは開いてましたが、困っていなかったのでよりませんでした。

 

よかったのが、セブンの店員の方たちの対応。

真っ暗闇ななか、あるだけの商品を定年な対応で応対して販売をしてくれていました。

頭が下がりました。

 

我が家は、懐中電灯1本、ろうそく数本、なん10年か前の携帯手回しライト。

それのみで、携帯はすぐ充電が終わり、自動車で充電しましたが、心細かったです。

 

備えは必要ですね。

ランタンと、懐中電灯の予備、ラジオは、用意しなければと思いました。

 

何の用意もなかった我が家。

反省しました。

 

でもね、親子で夜の散歩をしたり、いつもより 多くのおしゃべりをしたり

大人4人、きずなを感じた丸1日間でした。

 

真っ暗な夜。

星がきれいでした。

静かでね。

 

これもよし。

そう感じる時間でした。


テーマ:

 

デンちゃんは、今「虹の橋」という名の駅にいます。

 

そこの、待合室のソファで まん丸くなって ママの到着を待っています。

 

駅の電光板では きらきらと光りながら 

 

次々と電車の到着を知らせています。

 

待合室の、住人たちは必至で到着便を見つめています。

 

でも、デンちゃんはぜんぜん気にならないようです。

 

デンちゃんが眠っていると、白黒猫のみーちょさんがきました。

 

みーちょさんはイタリアからこの待合室に来た猫です。

 

「ね、ね、お母さんが何をしているか、見てよ」

 

みーちょさんは、デンちゃんに言いました。

 

眠そうなデンちゃん。

 

「うん」

 

デンちゃんは目を開きました。

 

デンちゃんの目は、緑色の目と銀色の目をしています。

 

その銀の目には不思議な力があるのです。

 

本当に、会いたい人を見ることができる力があるのですよ。

 

デンちゃんはみーちょさんのお母さんを探しました。

 

「ああ、元気だよ。とっても忙しそうだし、

 

君の弟をとてもかわいがっている。

 

そして、君をいつも思っているよ。

 

だいすき、だぁーいすきって」

 

みーちょさんは嬉しそうに、のどをならしました。

 

ごろごろごろごろ、、、、、。

 

でもね、、デンちゃんは必ずこっそり眺める場所があるんです。

 

そこは、デンままのいる場所。

 

ああ、元気だ。

 

よかったぁーー。

 

まま、だいすき、だぁーいすき。

 

デンちゃんは、ささやきます。

 

いつまでも、いつまでも。

 

銀の目が、きらきら光ります。

 

まま、ささやきがきこえますか、、、、、、。

 

ほら、虹色の光のような、声ですよ。

 

 

 

 

 

さて、この絵も小さな絵です。

 

B5のスケッチブック。

 

サクラクレパス。

 

鉄筆でひっかく方法が楽しくて、ひっかきを多くしちゃいました。

 

まだまだ先へ進みます。

 

ありがとうございました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス