都立個人 ダブルス 2日目

テーマ:


本日ダブルスの2日目がありました。

結果です。

I&M
5R 4-6

ベスト32

I&T
5R 4-6

ベスト32

小平の弱点、それは一体なんなのか。スタッツをみてみると、答えは明らかでした。

もちろんペアごとにそれぞれの弱点がありますが、共通して言えることはポーチの少なさです。

練習ではすごくいいポーチができているのに試合になるとあまり出ることができない。それは"緊張している" "チキっている"ではなくて、様子を見てしまうのです。

初対戦の相手にはどうしても探りながらいかなければなりません。
自分たちに足りないのは"探り"を終わらせるタイミングがしっかりつかめていないと言うことではないでしょうか。

初対戦の相手との戦い方、もう少し見直す必要があります。
もちろん、声などによる勢いもとても大切ですが、サーブが一回りする4ゲームで、相手の癖や弱点を見抜いて、しっかり戦い方を決めなければいけません。

引き出しを多く持っている小平ダブルスだからこそ、成し遂げたいものであると痛感しました。


しかしながら、昨年より1ペア多くの出場、そういったものは自信を持っていいと思います。
今大会で得た自信やその他感じたことをこれからにつなげていくことが、今回試合に出た人のすべきことだと思います。

応援ありがとうございました!



なお、昨日のシングルスの結果によりK.Iが都立選抜(8名)に選出されました。