工房1970日目 群馬県で研修会が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:

本日、群馬県社会福祉協議会様主催、

「平成27年度 福祉施設等指導的職員研修」が

開催されました。



午前8時30分、ホテルをチェックアウトして、

会場に移動します。

道すがら見える並木は、

次第に紅葉の色合いを深めていました。



今日は一日を通して、よい天気になりそうです。



会場に到着する直前、

あすなろ工房さんの前を通過。

私が一方的にリスペクトしているだけですが(笑)

同じ“工房”ということで、

群馬県に出張の際は、必ず前を通ります。



群馬県社会福祉総合センターに到着。

主催者様とお目にかかり、

最終的な打ち合わせを行いました。



その後、開講時間まで、

講師控室でスタンバイしていました。



午前10時開講!

まずは皆様に対して自己紹介。



本日は、群馬県内の社会福祉施設等で

指導的な立場でお仕事をしている皆様、

92名が受講されました。

15グループに分かれていただきました。

皆様同士も、まずは自己紹介。



その後、午前中は、私から皆様に対して、

福祉職場における人材育成や研修のあり方について

お話をさせていただきました。



皆様も自職場の状況を思い起こしながら、

お聞きになっていました。



昼食時間をはさみ、

午後は、理解促進討議法(CCテスト)を使いながら、

人材育成や職場研修全般の理解を深めました。



一日がかりの研修の場合、

確かにハードワークになりますが、

受講者の皆様同士の連帯感も深まるものです。



お互いの職場の状況などについても、

積極的な意見交換をされていました。



午後4時、研修会が修了。

私も主催者様とお別れして、

新前橋駅にもどってきました。



新前橋駅から高崎駅までは、約10分。

夕方のラッシュが始まる時間帯でした。

高崎駅に到着後、新幹線の改札を

あらためて通りました。



高崎駅から、午後5時30分発の新幹線で

上野駅に戻ることとなりました。



新幹線が入線してきました。

では、私も帰社することといたしましょう。


今回の研修会を受講された皆様、

たいへんお疲れさまでした。


さて、今後の私はというと、

12月に、今一度群馬県を訪れます。

今度は、県内の民生委員・児童委員の

皆様を対象にした研修会に臨みます。


ペタしてね   読者登録してね





◇よろしければ、右下の

 「いいね」 ボタンも、ポチっとどうぞ (^^)v


◇当ブログへの 「コメント」 もお待ちしております (^_-)

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス