神戸大学体育会サッカー部公式ブログ

神戸大学体育会サッカー部公式ブログ

ブログの説明を入力します。

.
.
今シーズン主将を務めさせていただきます、森啓太と申します。気付けば最高学年、時の流れる早さを実感しています。輝さん、海人さん、美馬さんのような秀でた何かを持っている人間ではないですが、目標達成に向けて、周囲の力も借りながら謙虚に活動したいと思っております。
.
.
チームの年長者かつ、事実上チームを束ねる存在になりました。今回のブログでは、そんな私の弱みを曝け出そうと思います。そして、自分がサッカーをする目的は何なのか、どのような思いで何を成し遂げたいのかを書き連ねました。
.
.
お恥ずかしい話、私の行動の源はおそらく「人から認められること」だった。所謂、承認欲求と呼ばれる類のもの。逆に言うと「人に見下されること」や、「失敗すること」を過度に避けてきた。
.
.
昔から人に褒められることが好きな子供だった。幸い、中高大と試合に出場できなかった時期はなく、常にチームの中心として試合に出場し続け、周囲の仲間は自分のことを信頼してくれた。それが自分自身の存在意義だと思い込み、そんな状況に満足していた。ただ、これにはからくりがある。自分が活躍できないであろう環境を無意識に避けてきた結果だということ。
.
.
中学時代は一つのセレクションに落ちただけで、高校時代は自分より上手い同期がいただけで、大好きなサッカーをやめようかとさえ考えるほど、周囲からの見られ方を意識していた。大分ましにはなったが、今でも無意識のうちに自分と他者を比べる癖がある。少しでも自分が優位に立てる環境を選び、優越感に浸ることを繰り返す弱い人間だ。
.
.
人と比べる癖は大学時代にも出現した。それは自分と背格好が同じくらいでプレースタイルにも共通点がある同期との出会いだった。自他ともに認める私の上位互換だった。(今はもういませんが。)当時そいつだけじゃなく、他の先輩とも自分を比べ、勝手に1人で凹んで、1年秋の後期リーグが始まるまでは、定位置の確保は出来なかった。
.
.
こんな自分の性格にはある程度気づいてた、けど変えようとしてこなかった。試合機会は与えられていたし、周囲も認めてくれてたから。ただ、これじゃダメだった。2年前、2部Aでのシーズン、正直ほとんどの敗戦で失点に絡んだ。自分の力不足でチームのシステムが変わる経験もした。自分の甘さが組織の降格という結果に直結した。そこでやっと、これまで、周囲よりも秀でていることにだけに固執してきた嫌いな自分と向き合った。
.
.
比べるべきは他人じゃなくて、自分だった。実体のない周囲からの評価を勝手に気にかけ、厳しい環境に身を置き、挑戦することから逃げてきた。失敗を避けてきた。こういった経験を通して、今自分がサッカーをする目的が見つかった。
.
.
それは「折れない幹を作ること」。昨日の自分から少しでも成長し、自身の太い幹を作る。あくまで比較対象は自分だ。評価や実績という枝葉は後から自ずとついてくる。最初から枝葉を求めに行くから風に飛ばされてしまう。常に自分にベクトルを向け、歩み続ける。サッカーで作った自分の悪い癖をサッカーで治す。
.
.
正直、サッカーを通してここまで自分と向き合えるとは思っていなかった。まだまだ未熟で、足りないことは山ほどある。自分より上手い選手も山ほどいる。だがもう迷わない。朝起きていきなりサッカーが上手くなることなんてない、いきなり頭が良くなるなんてことはない。仮説検証を通じて、昨日の自分を一つずつ超えていくしかない。口だけで終わるな。まだ1年もある。
.
.
皆さんは「自身の幹」はありますか。
.
.


今回のvol.16をもちまして、新4回生全員ブログリレーを書き終えました!
これからは、新2.3回生のブログリレーを投稿していきます。フレッシュな熱い想いをお楽しみに…!

次回は、神大サッカー部のエース、そして3回生ながら副将を務める栗山高季です。