神戸で交通安全を願う社労士のブログ

神戸で交通安全を願う社労士のブログ

元教習指導員・技能検定員で社会保険労務士のブログです。
出張ペーパードライバー教習『神戸ドライバーズサポート』代表。
『沖真一社会保険労務士事務所』代表。

NEW !
テーマ:

2017年10月18日午後8時15分頃、岡山県津山市坪井上の中国自動車道上り線で、追い越し車線の路上に落ちていたタイヤに約20トンの大型トレーラーが乗り上げ横転、この直前に同じタイヤに乗り上げて動けなくなった軽自動車に乗車していて、ガードレールの外に避難していた親子が巻き込まれた死亡事故。

 

タイヤを落としたとみられるトラック運転手は「タイヤを落としたことに気付かなかった」と話している。

 

 

 

これを受けて、大型トラック・大型バスに備えるスペアタイヤ及びツールボックスを新たに定期点検の対象に加えるべく、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に基づく「自動車点検基準」(昭和26年運輸省令第70号)を改正し、本年10月より施行されます。

 

 

1.改正の概要

(1)自動車点検基準の一部改正

車両総重量8トン以上又は乗車定員30人以上の大型自動車の3ヶ月ごとに行う点検項目に次に掲げることを追加します。(事業用自動車等の定期点検の基準を定める別表第3及び別表第4の改正)

・スペアタイヤ取付装置の緩み、がた及び損傷

・スペアタイヤの取付状態

・ツールボックスの取付部の緩み及び損傷

 

 

(2)自動車の点検及び整備に関する手引(平成19年国土交通省告示第317号)の一部改正

(1)により追加する点検の方法として、次に掲げることを定めます。

・スペアタイヤ取付装置に緩み、がた及び損傷がないかをスパナ、目視、手で揺するなどして点検すること

・スペアタイヤが傾きや緩みなく確実に取り付けられているかを目視、強く押すなどして点検すること

・ツールボックスの取付部に緩み及び損傷がないかをスパナ、目視などにより点検すること      等

(国土交通省ウェブサイトより一部抜粋)

 

 

 

高速道路の落下物ワースト3は、

 

①プラスチック・ビニール・衣類(毛布/シート類)

 

②自動車部品類(タイヤ・自動車付属部品)

 

③木材等(角材・ベニヤ等)

(平成25年NEXCO調べ)

 

 

落下物は、落とし主の責任です。

 

 

 

タイヤだけでなく積荷もチェックして、事故防止に努めてください。

 

 

 

 

 

末尾になりましたが、亡くなられた方々とご遺族の皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。

 

また、負傷をされた方々には、一刻も早い回復をお祈りいたします。

 

 

 

 

ウェブサイトはこちらをクリック↓↓↓

 

 

 

ブログはこちらをクリック↓↓↓

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス