ちゃくちゃくと…

テーマ:

<2018.02.22>
今日は風も穏やかで、潮も悪くなく絶好のメバリング日和!?

 

何ですが…

 

夜勤明けで(夜テトラテトラテトラへ乗るのは)ちょっと危険ですえーん

 

それなら週末に行けばいいのははてなマーク

 

しかし

土曜は出勤で、日曜は朝からヘラブナ釣りガーン

 

って、考えると、やっぱり二の足を踏んでしまいます…汗

 

なので、

 

お昼前に帰宅したものの

釣行はあきらめ、そのまま魔界へGO

 

で(黒)

 

気になってたプラグを仕入れてきましたてへぺろ

(シンキングミノーの新色?)

 

そして

家に帰って郵便ポストを覗くと

 

*はっおっビックリマーク

 

ネットで注文しておいた物も届いてました。ニヤリ

 

中身は…

(気になっていたプラグと気になってたラインシザーズ)

 

ハサミは余計ですが、ちゃくちゃくとメバルのプラッキング計画は進行してますてへぺろ

 

あとは…

 

”行くだけぇ~!”

 

ですねぇてへぺろ

 

by knokappa黒猫

 

<おまけ>
帰り道、磁気ネックレスが壊れたので、寄り道して買ってきました。

(今度は安いやつだけど、やっぱり”新”って言葉に弱かった…)

 

AD

<釣行日:2018.02.18>
西高東低の気圧配置…天気図

冬将軍(記号)が居座る中、行ってきました。GO

 

今回は、中川へら研の例会への参加。m_mさんに迎えに来ていただき現地へは6時前に到着。車

 

今回の参加者は12名で、新桟橋の上手から並びます。
(私は10番手、m_mさんは9番手で隣同士となりました)

(養老山脈も雪化粧)

 

7時30分、段差の底釣りでスタートします。

 

朝から風強風が強く、対流で上手にウキがゆっくり流される中、テンポよくエサを打ちます。

 

開始から15分が経過。


それまで、何の変化もなかったウキが小さく入ります。

子ベラでしたが、幸先のいいスタートを切れましたビックリマーク

 

が

後がまったく続きません…

 

ってか、天敵(記号)が縦横無尽に水中を泳ぎます。

 

そうです。天敵とは…

はいです!!

 

カラツンとか弱いサワリがあり、
”よーし釣れるぞ!”

って思ていると…


アレ

アタリが出ない

 

ザバッと天敵(鵜飼)が顔を出します。プンプン

 

こんな、不毛なやりとりのまま前半戦を終了…orz

 

宮前で腹ごしらえしつつ考えます。

(ラーメン定食で身体を温めます)

 

で(黒)

後半スタート前に、石を集めてきます。これで、天敵(鵜飼)との臨戦態勢は整いました。ニヤリ

 

11時に後半戦スタート。

 

しかし

打てども打てどもアタリが出ません…

 

天敵(鵜飼)には投石で応戦し、ウキの周りに近づけないようにしてます。

 

が

それでもアタリが出ません。えーん

 

原因は…はてなマーク


新たな強敵(風強風)が強さを増してきて、桟橋を揺らします。ガーン

必然的にエサ打ちポイントがずれて、ヘラを一点に集めることができないことだと思います。

 

正午。

ノーアタリのまま段差の底釣りを諦め、10尺のドボン釣りへ変更します。

 

一点にヘラを集められないなら一点に集まるようにすればいい訳で、それには流れに強いドボン釣りが最適と判断しました。

 

12時15分に再開。


桟橋が前後に揺れるのを竿を前後に動かすことで吸収し、トップを二目出しにキープしつつ、エサ打ちを続けます。

 

12時35分。二節出ているトップが(いきなりの)消込ビックリマーク
やっと、後半戦一枚目をGETです。ほっ

 

その後、

13時30分過ぎに、もう一枚を追加。

 

しかし

以降ウキが動くことはなく、見せ場のないまま15時に納竿。THEy’s

 

天敵(鵜飼)には勝利(記号)したものの、
消化不良で、天気も釣果もさむ~い一日となりました。ちーん

 

唯一の収穫としては…

前が広い上手の釣座って前提はつくものの

”両グルテンもある!”

ってことが、判ったことかな…

 

by knokappa黒猫

 

<釣行データ>
釣り時間:AM7:30-PM3:00
天気:晴れ
釣果:3枚
累計:(2018年)30枚
 
<仕掛け>
(段差の底釣り)
 竿:7.3尺(八雲)
 道糸:ダン「へら名人イエロー」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、上8cm
         0・3号、下50cm
ハリ:上バラサ6号、下サスケ3号
ウキ:あざみ「底 段底Ver.」14号 パイプトップ(テーパー付)

 

(ドボン釣り)
 竿:10尺(水連)
 道糸:ダン「へら名人イエロー」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、30×40cm
ハリ:上下サスケ5号
ウキ:あざみ「浅ダナ」5号、セルトップ

 

<エサ>
 (段差の底釣り)
 粒戦・・・・・・・・0・5カップ
水・・・・・・・・・1・0カップ
段底・・・・・・・・1・0カップ
 さなぎパワー・・・・1・0カップ
 バラケマッハ・・・・1・0カップ
 へらスイミー・・・・0・5カップ

 

(ドボン釣り)
新べらグルテン・・・・・0・5カップ
新べらグルテン(底)・・0・5カップ
グルテンα21・・・・0・2カップ
水・・・・・・・・・1・5カップ
新べらグルテン・・・・・0・3カップ


(クワセ)
さなぎ玉

 

AD

<釣行日:2018.02.12>
3連休の最終日。

(北西からの)爆風の中、行ってきました知多半島ロックフィッシュ。GO

 

重め(1.8g)のジグ単、ラインもフロロ(0.6号)で、少しでも風の影響をなくそうとしてみました。

 

が

 

そんな小細工が通用するような風強風ではなく、左斜め前から吹き付けられ、わずか10数投で心が折れました。はーとぶれいく

 

し、しかし

 

今回の本来の目的は、竿を出すことではなく、私が知った(知多半島先端の)釣り場の様々な情報を入手することでした。(決して言い訳ではありません)

 

夜な夜なの釣行だと暗くて見えない所でも、昼間なら判ることがあるのでは…はてなマーク
ってことで、やや三河湾よりの漁港を後に先端に向け車を走らせます。ホンダライフ マイカー

 

向かったのは、やはり有名処の漁港。

 

テトラテトラテトラ帯の角っこの情報を集めます。

 

まず、ウィードワカメの様子は…
あれっはてなマーク

思ったほど生えてないぞ?びっくり

 

それでも、テトラ際はびっしりでした…(際を攻める時は要注意ですねビックリマーク

 

それから風向きが、北西から北寄りになると左横、西に寄ると左後ろっからの風強風になるので、冬場に強い釣り場であることは間違いないですねいえーい


続いて訪れたのは、先端から少し伊勢湾側に走ったマイナー漁港。

 

気になっているのが堤防の左側。

どの辺りにブレークポイントがあるのかを探りたい。

 

で(黒)

不幸中の幸いで、今日は波が高く、あるポイントから白波青波 ライン用青波 ライン用青波 ライン用が立っているのが判ります。


つまりそこから浅くなっている(駆け上がり)証で、ブレークポイントの終わりであることが判りました。

(中央に見えるウィードの先にブレークポイントがありました)

 

春先になったら、フロートを遠投して攻めてみたいと思いますビックリマーク(でっかいメバルが潜んでるかも…ドキドキ

 

それからテトラテトラテトラの沖には何もないかなはてなマークって思ってましたが、沈みテトラテトラテトラが点在していることも判りました。

(沖目のテトラに着く個体もいると思うので気が抜けませんね)

 

風向きについては、北なら風裏、北西でも右やや後ろになるはずですが、地形の影響で風が巻き込まれる(記号)のかはてなマーク右やや前から吹き込んできてました。


ロックエリアを狙う際は、ちょっとやっかいです…ガーン

 

今回は
時間の都合で三カ所しか周ることが出来ませんでした。

 

が

別の釣り場についても(機会があれば)明るい内に周って、情報を収集しようと思います。てへぺろ

 

by knokappa黒猫

 

<釣行データ>
場所:知多半島(師崎周辺)
釣り時間:14時から約20分
釣果:なし

 

AD

工作材料の仕入れ…

テーマ:

<2018.02.11>
三連休!!

 

なのに…

 

寒さより潮と風強風で、釣行するのに二の足を踏んでしまいました。えーん
(こんな軟弱な私を尻目に、釣行して釣果を上げてる方もいて脱帽です)

 

最終日に釣りに行くかは未定ですが、前々から(ヘラブナ用の)ハリス掛けを作り直そうとしてて、とりあえず材料を仕入れてきました。

(磁石とステンレス棒はストックがあったので購入しませんでした)


さぁ、完成は3ヶ月後!?それとも半年後…
(要はやる気の問題だけです)

 

ぼちぼち気が向いたら作成します。てへぺろ

 

で(黒)

 

材料を仕入れたホームセンターの近くには魔界が…ドキドキ

 

自然に足が向います。走る

 

そして

 

まだ、やったことのないメバルのプラッキング…
色々な方のブログを拝見してると、シンペンってキーワードをよく目にします。

 

なので

 

まずは、このシンペンのカラーとウェイトのバリエーションから揃えていこうかと…

 

少ない小遣いをやりくりし、早く揃えたいですねぇー

 

by knokappa黒猫

 

<2018.02.04>
前から欲しかったロッドホルスターを買ってきました。ラブ

(ベストと同じメーカーの物にしました)

(つ、ついでに購入してしまった…)

 

で(黒)

新調したフローティングベストへセットしてみました。ラブ

(右のポケットにセット)

(これで、テトラテトラテトラの移動時も両手が使えます)

 

ついでに、

今までのベストから各種アイテムも移行しました。

移行完了~ビックリマーク

 

ポケットの中は…

(右:ジグヘッド&フロート類)

(左上:スナップ等の小物)

(左下:ワーム各種)


背中のポケットが(前のベストと比べ)小さくなったものの…
何とか収まりました。ほっ

(予備の電池、メジャー、ストリンガー、ナイフ)


(勿論、カラビナも忘れませんよーてへぺろ

 

そうそう、

フローティングベストに入れて携帯するのは、メバリング用のジグヘッドやワーム類とフロート&小物とし、メバル用のプラグとかロックフィッシュ用のシンカーやフック&ワーム類はタックルBOXに入れておきます。

 

p.s.

愛読してるブロガーさんの釣行記を観ると、この厳しい中でも良型をGETされてます。(流石ですねぇーいえーい

 

釣り場を厳選するのが大前提にはなるものの

厳しい→ライバルが少ない→場荒れしてない

ってことになるのでは…はてなマーク

 

(3月まで)冬眠も考えてました。

が

 

潮と風を観ながら、なるべく水深のある釣り場に行ってみようと思います。

 

by knokappa黒猫

 

勢力拡大し過ぎでしょ!?

テーマ:

<釣行日:2018.02.02>

ニャニヲくんにフラレたので、一人で行ってきました知多半島メバリング。

所用があるため、短時間(2時間程)の釣行です。

 

現地には18時30分頃到着。ホンダライフ マイカー

とっとと準備しポイントへ向かいます。走る

 

昨年、この釣り場を訪れた時、

”藻の先をフロートで狙って入れ食いした”

って情報をいただいてました。

 

ポイントに着くと、

 

今年はワカメワカメワカメが多いとは聞いてましたが…

勢力を拡大し過ぎてない!?

って思えるほど、辺り一面がワカメワカメワカメで覆われてます。ガーン

 

18時50分。沖目を狙ってフルキャストぉー釣り

 

し、しかし

 

飛ばした距離の半分から手前は、ワカメワカメワカメに占領されてて回収するしかありません…ガーン

 

それでも

 

ワカメワカメワカメの切れ間を見つけてはキャストし探っていきます。

 

と、ここで

 

先行して釣りをしてた方から帰りしなに声を掛けられ、しばし談笑…

 

これだけワカメワカメワカメが多いと、フロートよりジグ単の方が引っ掛かりにくい。

夕マズメに20cmくらいのメバルを釣ったけど、お腹パンパンだったのでリリース。

アタリは小さくモゾッとした後の効き合わせだった。

 

と、貴重な情報をいただき

 

もう少しやったら”ジグ単でやってみます!”と返事してお別れしました。byebye

 

1時間ほど経ち、好転の兆しが無いのでジグ単(1.5g)に変更します。

 

変更して二投目。

 

ワカメワカメワカメ際にキャストし、カウント5からの巻き始めに…

 

*はっビックリマーク

 

ブルルッ

 

お凸(●ウズ)回避です。やったー

 

が

 

この魚って何でしょうはてなマーク

一瞬タケノコと思ったのですが…少し違うような…うーん

(私は、クロソイだと思うのですが…)

 

で(黒)

 

ワームをチェンジしながら撃てるところを探して撃っていきます!!

 

しかし

その後は、何の反応もなく20時55分に納竿としました。y’sTHE

 

週末にも関わらず、出会った釣り人は3名のみ…びっくり

この人数が、釣れないことを物語っているように感じました。ショボーン

 

<おまけ>

自分への誕生日プレゼントとしてフローティングベストを新調しましたビックリマーク

(以前から欲しかった腰ベルト付きのやつ)

 

腰ベルトは、肩への負担を分散させる目的とのことですが…

 

これって、どう見ても腰のサポーターでしょ!?

って、ずーっと思ってました。

 

で(黒)

さっそく着てみると…ドキドキ

 

やっぱり、しっかり腰をホールドしてくれました。ほっ

腰に不安のある私にとって、このホールド感はありがたいですラブ

 

by knokappa黒猫

 

<釣行データ>
 場所:知多半島(常滑)
 釣り時間:満潮から下げ3分
釣果:(多分)クロソイ
×1

 

<釣行日:2018.01.28>
2週続けてのひだ池釣行。GO


今回は、中京BIG(例会報告はこちら)の例会に参加しました。

 

途中で、m_mさんとIWaTさんを拾って6時前に到着。車

 

外気温は-3℃と容易に”厳しさ”が予想でます…ガーン

 

受付終了後に釣座を抽選。

 

で(黒)

 

何と、びっくり

 

先週と同じ座席をGET(但し、奥のヘチ2)します。LUCKY


(水深が)二節ほど深くなっていたことを除けば、仕掛け&エサは前回と同じで7時30分にエサ打ちをスタートします。y’s

(最初っから別作りの粒戦を準備します)

 

そして

 

ん!?

 

おっ*はっ

 

二投目からウキが動きます。

 

で(黒)

 

三投目に一枚目をGETビックリマーク

 

食い渋りを予想してたので、開始早々に釣れたってうれしい誤算ワーイ

 

そして

 

前回の釣行で、バラケの配合は確立(記号)したので、後は釣るだけ!?

 

なんですが…

 

そうは問屋が卸さないって感じで、思うように釣れてくれません。汗

 

古い池って、ヘドロが蓄積していて、いつも底釣りをしているところは掘れていることが多いです。

 

なので、底釣りやる時は、エサ打ち点の前後左右も(底を)測っておきます。

 

当然、この日の釣座も正面と左右では2節程水深が違っていました。

 

エサを打つ地点とかズラシ幅の微調整を繰り返しつつ拾っていきます。

 

10時25分、ランチ休憩までに6枚の釣果と前週の2倍の釣果!!

 

しかし

 

ウキの動いた回数から見ると、まったく物足りない釣果です。ショボーン

 

再度、底を測りなおし、11時15分に再開します。

 

が

 

前半、沈黙していたIWaTさんが連荘で竿を絞る中、アタリが出ません…orz

 

焦る気持ちを抑えつつエサを打ちます。

 

再開から1時間。

 

やっと、私の所にもヘラが回ってきてポツポツ釣れ出します。ほっ

 

で(黒)

 

今度は、逆襲よろしくでかいヘラを狙うため小細工しますビックリマーク

 

元エサに別作りした粒戦を投入(昨年、来たときに粒戦を大量に入れると型がよくなったのを思いだしました)

 

さらに

 

開き過ぎるバラケを、セットアップを追い足しすることでタナまで持たせます。

 

そして

 

この対応がうまく(記号)いって少しだけ型がよくなりペースも上がりました。ラブ

 

ただ、ラスト1時間で失速…ガーン

 

それでも…

 

それなりに満足つつし、15時に納竿としました。満足満足
(今回うまく行ったとしても次回うまく行くとは限らない。それが”ヘラブナ釣り”ってのは判ってますよぉーてへぺろ

 

by knokappa黒猫


<釣行データ>
釣り時間:AM7:30-PM3:00
天気:曇り
釣果:16枚
累計:(2018年)27枚

 

<仕掛け>
竿:16尺
道糸:ダン「鑠」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、上13cm
         0・3号、下70cm
ハリ:上バラサ6号、下サスケ3号
ウキ:あざみ「底 段底Ver.」17号 パイプトップ(テーパー付)

 

<エサ>
粒戦・・・・・・・・0・5カップ
水・・・・・・・・・1・5カップ
段底・・・・・・・・1・0カップ
さなぎパワー・・・・1・0カップ
バラケマッハ・・・・1・0カップ
へらスイミー・・・・0・5カップ
セット専用バラケ・・0・5カップ


粒戦・・・・・・・・0・5カップ
水・・・・・・・・・0・3カップ
※完全に吸水してからバラケエサに投入し、粘りの出たエサをリフレッシュさせる

(クワセ)
さなぎ玉(大粒)

 

<2018.01.27>

今週の寒さは厳しかったですねえーん

こんな中でも釣りに出掛けている方も見えると思います。

 

が

 

私は…

明日(1/28)、ひだ池(ヘラブナ釣り)への釣行があるので自粛(記号)しました。

(実は、超が付く寒さに”負けた”ってのは内緒の話)

 

で(黒)

 

釣りに行かない日の行動パターンと言えば

 

家事手伝いからの実家へ行っての買い物の付き添い

 

そして

 

(次男の)塾への送迎の合間に

 

”魔界散策~”

 

が、鉄板パターンビックリマーク

 

 

メバルを釣るために、ジグ単から入ってフロートの釣りも覚えました。

 

で(黒)

 

次のステップとしては…

 

”プラグで(メバルを)釣りたい!”

 

って思った訳で

 

様々な方のブログを拝見したり、メーカーサイトから情報を収集しつつ

 

メバリングを始めてからメバルの顔を見た(数少ない)釣り場のシチュエーションを思い浮かべつつうーん

 

見よう見まねで買ってきました。

((多分)フローティングとシンキングミノー)

(3gと5gのメタルジグ)

 

シャローな釣り場が多いことと沖目はフロートに任せると考えれば、そんなに重いプラグは必要がないと思いました。

 

が

 

そもそも、プラグを使ったメバリングは

 

まったく、判っていないので、やってみて覚えていきます。てへぺろ

 

さぁビックリマーク

 

2018年中に

 

”プラッキングでメバルをGETするぞー!”

 

を目標に加えることにします。

 

そして

 

チューブラーのロッドも欲しいなぁ…てへぺろ

 

by knokappa黒猫

 

<釣行日:2018.01.21>
一年で一番(ウキが動かない)厳しい季節、中川ヘラ研の1月例会に参加してきました。

 

m_mさんに迎えにきていただき、東海環状を豊田勘八で降りて現地へGO

 

6時前にも関わらず、駐車場は7割方埋まってました。びっくり

 

ただでさえ釣れない時期なのに、人災(フィッシングプレッシャー)も加わり…

 

”こりゃ、厳しい釣りになるぞぉー”

 

この日は旧桟橋の外向きの釣座で、あまりクジを見ると

 

な、なんと*はっ

 

奥のヘッチンではありませんか!?LUCKY

 

(クジ運のみですが)一筋の光妙が見えた気がしましたビックリマークてへぺろ

 

 

釣座は最高だし、気負いすることなく手堅い”段差の底釣り”を選択。

 

水深を見誤り、竿を変更するってミスで、やや遅れて7時55分にエサ打ちを開始します。

 

この日もバラケの配合を変えて開き具合を確認しつつエサを打ちます。

 

開始から20分が経過。

 

思った以上にウキが動く中、やっと出たしっかりしたアタリで第一号をGETします。

 

しかし

 

かなり弱め(釣れない時)のセッティングで入ったのがアダとなり、ウワズリ気味でカラツンが目立ちます。

(別に、作った粒戦を追い足ししますが…)

 

”何かが違う!?”

 

まず、ハリスが長過ぎるはてなマーク

 

続いて

 

ズラシ幅が多過ぎるはてなマーク

 

それから

 

エサが開き過ぎるはてなマーク

 

ハリスの長さを変えると、底の測り直しとなりタイムロスとなるので…

 

ズラシ幅を一節少なくし、バラケも手揉みし一回り小さく付けてみます。

 

しばらくして、ムズッって小さいアタリで2枚目。

 

さらに30分後に3枚目を釣り上げます。

 

ここから思うようにウキが動かなくなり、10時40分に昼食タイムとなります。

(のり弁DX、ボリューム満点)

 

弁当を食べながら、前半戦を振り返ってみます。

 

釣れないながらも、想像してた以上にウキは動いたのでははてなマーク

 

ならば違う釣り方はどうなんだろう…ぅーん

 

ってことで

 

後半は、11尺のチョーチンセットにチェンジしてみます。

 

(0.6mmソリッドムクトップ)

 

11時20分再開。

バラケは、いったん入れてすぐに返るように微調整して打っていきます。

 

が

 

よわーい、サワリやアタリが出るものの釣れるような動きになりません…えーん

 

活路が見いだせないまま2時間が経過。

 

ハリスを80cmに延ばしてみますが…

 

”何かが違う!?”

 

バラケとクワセが同調していない(と思う)…

 

開き過ぎで、クワセが馴染む前にバラケが落下しているのでははてなマーク

 

なので、

 

小分けしたバラケに手水を打ってからGTSを足してヤワボソにします。

(GTSでエサを待たせます)

 

こうすることで、バラケをやや持たせ、GTSの軽い麩がゆっくり落ちていくことで、クワセと同調している時間を稼ぎます。

 

13時50分。

エサが馴染み、トップが水没する寸前にスパッと消し込み、後半の一枚目を釣り上げます。ほっ

(2時間半ぶりに釣れました)

 

そして

 

この日のバラケのタッチが見えたような気になり、GTSのみの調整でラスト1時間で2枚を追加し、納得の納竿となりました。THEy’s

 

今回は、思った以上にウキが動くってうれしい誤算もありました…

 

が

 

次週は再び寒波に見舞われるってことなので、また厳しい釣りとなるのでしょうね…ドキドキ

 

by knokappa黒猫


<釣行データ>
釣り時間:AM7:55-PM3:00
天気:晴れ
釣果:6枚
累計:(2018年)11枚

 

<仕掛け>
(段差の底釣り)
竿:16尺
道糸:ダン「鑠」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、上13cm
         0・3号、下70cm
ハリ:上バラサ6号、下サスケ3号
ウキ:あざみ「底 段底Ver.」17号 パイプトップ(テーパー付)

 

(チョーチンセット)
竿:11.2尺(竜子)
道糸:ダン「へら名人イエロー」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、上8cm、
         0・3号、下70→80cm               
ハリ:上バラサ8号、下サスケ3号
ウキ:あざみ「宙 Slim For Solid with KAYA」6号、ソリッドムク

 

<エサ>
(段差の底釣り)
粒戦・・・・・・・・0・5カップ
水・・・・・・・・・1・5カップ
段底・・・・・・・・1・0カップ
さなぎパワー・・・・1・0カップ
バラケマッハ・・・・1・0カップ
へらスイミー・・・・0・5カップ
全体を掻き混ぜてから
セット専用バラケ・・0・5カップ


(チョーチンセット)
粒戦・・・・・・・・0・7カップ
水・・・・・・・・・2・0カップ
セットガン・・・・・1・0カップ
セットアップ・・・・1・0カップ
さなぎパワー・・・・1・0カップ
バラケマッハ・・・・1・0カップ
PBスーパーセット・1・0カップ

 

(クワセ)
さなぎ玉
さなぎ玉(大粒)

 

<釣行日:2018.01.19>
厳しい季節の真っ只中ですが…ショボーン

 

今週は以外と暖かい

 

週末は風も弱そうだし…

 

(半分)自作したフロートも試してみたいし…

 

ってことで、行ってきました。四日市メバリング。爆  笑

 

ニャニヲくんに迎えに来てもらい、(みえ川越まで)湾岸を経由し19時頃目的地に到着します。ホンダライフ マイカー

 

手前のポイントに先行者の車が2台。

 

しかし

 

今回は、奥の岸壁をターゲットにしてるので、スルーして車を走らせます。ホンダライフ マイカー

 

が

 

えっガーン

 

ガーン

 

で、でっかい船が停泊してる!?

 

(やっぱり)道路が封鎖されてました…ガーン

 

仕方がないので手前のテトラテトラテトラ帯を攻めることにします。

 

が

 

ここのテトラテトラテトラは、入り方が荒く(メタボで短足の)私にとってはテトラテトラテトラ上の移動が非常に困難…(一昨年、初めて降りて四苦八苦しましたえーん

 

出来れば乗りたくなかったのですが、他に選択肢がないので慎重にルートを確かめつつ海面近くまで降りていきます。

 

19時30分。

フロートに37mmの発光体を付け、ジグヘッド(0.2g)で開始します。

 

飛距離は、15~25Mくらいでしょうかはてなマーク

 

フロートの位置がしっかり確認できます。ほっ

 

目視は出来ませんが、テトラテトラテトラ際まで巻いてくると引っ掛かりを感じます。
(多分)海中は、ウィードワカメでいっぱいなんだろうなぁー

 

1時間程、扇状にキャストしつつ、沖目からテトラ際まで撃ちましたが、まったくの

 

”無反応”

 

ここで、ワームをクリア系からチャート系に変更し同じように撃っていきます。

 

少し、潮が効きだしフロートが左から右へ流れます。(目視できてよかったぁーラブ

 

潮の流れに同調するようリトリーブスピードを調整。

 

20時50分。

沖目にキャストし、潮に乗せフロートを流し、時折アクション(ストップ&ゴー)も加えます。

 

半分程巻き取ったところで

 

ん!?

 

ゴン!

 

おっ*はっ

 

グーン!!

 

ウィ―ドワカメに逃げ込まれたものの、ドラッグを締めて強引に引き抜きます。

 

そして

 

ウィ―ドワカメとともに上がってきたのは…

(20cmOVER!)

 

よーしっ!
”攻め方は判った!”

 

と、

 

活かしバケツを準備し10分後に再開しました。

 

が

 

アレ

 

”し、潮が動かない…”

 

で(黒)

 

時合も終了…ちーん

 

その後もワームをチェンジし、

 

一回だけ

 

コッ

 

ってアタリがあったものの、それ以外はウィードワカメの生え具合を確認するだけの不毛な時間だけが過ぎるだけ…えーん

 

22時30分。

かなり潮も引いてきて、やはりテトラテトラテトラ際はウィードワカメに占領されてたことを確認できました。

 

なので、テトラ際は諦め、沖目で、まだ顔を出していないウィードワカメの際を狙おうと、ジグを0.7gに変更し、キャストして放置します。(所謂、縦の釣り)

 

で(黒)

 

結果は…

 

なんの反応もないまま23時30分に納竿としました。THEy’s

 

ニャニヲくんはテキサスに変え、何度かアタリはあったとのことでしたが、お凸(●ウズ)…泣き1

 

帰りは下道で、夜食を食べて帰宅。

 


(ニャニヲくん!運転お疲れ様ーありがと

 

もう少し、ウィードワカメが減ったら、また行こうねぇー

 

そして

 

日曜は、ヘラブナ釣り(ひだ池)でうっぷんを晴らそうねぇー(さらに溜まったりして…)

 

おっとビックリマーク

眠たいけど、捌かねば…

 

by knokappa黒猫

 

<釣行データ>
 知多半島(四日市)
 釣り時間:下げ始めから下げ5分
 釣果:メバル×1