<体操ワンポイントレッスン>

NHKテレビ・ラジオ体操のインストラクター、アシスタント、ピアノ伴奏者が登場し、川越市立富士見中学校の生徒と一緒に体操のレッスンを進めるという内容です。ゲストは、インストラクターが鈴木大輔さん。アシスタントが清水沙希さんと今井菜津美さん。ピアノが幅しげみさんでした。

鈴木さんが巧みな言葉遣い(比喩含む)で、動き(取り上げていた運動は「伸びの運動」「横曲げの運動」など)のコツをすぐにイメージできるように説明していたところが好印象でした。

 

<保育園児や小学生、高校生によるラジオ体操の披露>

保育園児は川越市内の保育園児(川越市では市立保育園で就学直前の園児(年長クラス)に対し、体操の講習会を行っているそうです。小学校で違和感なく体操を元気よくできるようにとの計らいがあってのことでしょうね)。小学生は「ラジオ体操コンクール」で金賞を取った経験のある三郷市立八木郷小学校。高校生は埼玉栄高校の男子新体操部員が出演し、それぞれラジオ体操を披露していました。

 

高校生の新体操部員はラジオ体操だけでなく、新体操の演技も見せてくれました。また、保育園児からのリクエストに応え、側転をやってみせる場面もありました。部員は日頃から文字通り「体を操って」鍛えているわけですから、新体操演技の完成度もかなりのレベル。ラジオ体操もキレのよい体操で、伸ばすところは伸ばし、かかとを上げるところは上げ、「腕を振ってあしを曲げ伸ばす運動」ではしっかり膝を開いて曲げていました。

 

AD