っちーです!

 

 

「ジョグ」と聞くとあなたは

どんなイメージを持ちますか?

 

・楽な練習?

・ゆっくり走る?

・疲労抜き?

 

どれも正解であり、

上記のようなイメージを持つ方が

多いのではないでしょうか?

 

 

私が思うに、「ジョグ」

1番大事な練習です。

 

ジョグを大事にするランナーは、

1回のジョグから得られる効果が大きく、

タイムをどんどん伸ばしていきます。

 

 

 

 

「いやいや、ジョグを大事にしても

 ポイント練習をしないと

 タイムは出ませんよ!」

 

と思うかもしれませんが、

ポイントは大事、

ジョグには重きを置かない

というランナーは、

 

タイムの伸び幅がどんどん下り、

サブ3が達成できたのに

達成できなくなります。

 

 

では、なぜジョグが大事なのか?

ジョグを大事にすればタイムが伸びるのか?

についてお話しします。

 

 

 

ジョグはただの

ゆっくり走る練習ではない。

 

 

ジョグは、週4〜5回走るランナーにとって

1番多い練習となります。

 

つまり、最も多い練習を

どのように行うか?はあなたのタイムに

どんどん直結していきます。

 

 

では、ジョグでどんな意識を持つべきか?

というと

 

 

①ジョグの目的を明確にする

 

・疲労を抜くためにペースを上げないジョグ

・フォームを刷り込むジョグ

・LSDのようなスタミナをつけるジョグ

 

このように、

 

「今日って何のためのジョグだっけ?」

 

を明確にすることが大事です。

 

タイムが伸びないランナーは、

目的なしになんとなくで走っています。

 

 

②だいたいのペースを決める

 

・1km6分以上あげない

・1km6〜5分まで上げよう

・あえてペースを気にしない

 

ざっくりで良いので、

ペースを決めてください。

 

特に大事なことは、

あげたとしても1km何分までか?を

決めることは大事です。

 

疲労抜きのジョグなのに、

人に抜かれたからイラっとして

ペースを上げすぎました!

 

などということはよく聞きます。

 

なのでざっくりでもペースを決めましょう!

 

 

③フォーム意識ポイントの明確化

 

「今日は腕振りの意識を持つぞ!」

 

「姿勢を大事にしよう!」

 

など、どんな意識を持って走るかを

走る前に明確にしてください。

 

 

箱根ランナーもフォームを意識して

走っているランナーは多いです。

 

常に効率良いフォームで走ることを

意識することは練習において必須です。

 

 

④練習後に振り返る

 

・目的に合う練習ができたか?

 

・フォームを意識して変化はあったか?

 

・次の練習でさらに意識すると効率よく走れる

 意識ポイントはあるか?あるなら何か?

 

など、練習を振り返ってください!

 

 

90%以上のランナーは

振り返りをせずにずっと練習をし、

問題解決ができていません。

 

 

以上4つの方法を意識して走れば、

「1回の練習の質を上げる練習」

行うことができます。

 

特に余裕があり、ペース変動もできる

ジョグで質を上げる練習ができれば、

あなたはインターバルでも

ペース走でも、自分で考えて練習ができ、

 

どんどんタイムを伸ばすことが

可能となります。

 

日々実践するだけで、

1回の練習が濃くなるので

必ず実践してくださいね!

 

============

 

1万以上が手にした、

効率よく走れるようになる

『オンランフォーム講座』を開講中です!

効率良いフォームを手に入れる

 

 

みっちーのSNSはこちら↓

 

●インスタグラム

https://instagram.com/mr.k.023?igshid=1mj0fhzvk4pc4

 

 

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UCOMXa6Up-Xyc4L9dd-sUElQ