次回へ
記事一覧
ダウンロード

de1
ブログ開始以来、一か月無更新の不名誉な記録が出来そうだったので、ひとまず回避。更新しなかったからって、別段どうってことないけど。ネタにちょっと困っていたが、良いタイミングでDQクローンの新作が出てくれたので、攻略していくことにした。タイトルは「DRAGON QUEST Excite」(ドラゴンクエスト エキサイト)。RPGツクールVX製。特にタイトルに意味はないらしいが、まぁエキサイト出来ればいいかなと(*´c_,`*)
de2
ゲームを起動すると、最初の図のようにファミコン版DQ3のような地味な出だし。その後、主人公の名前入力と進む。フェイスを確認すると、某8の主人公のように見える。名前にデフォルト名はないので、自由に決められる。が、私は特別つけたい名前がないため、こういうのが一番困る。仕方ないので、紹介画像と同じように「ゆうしゃ」としておく(´・,_っ・)-3
de3
名前が決まると、本格的なタイトル画面に移行。ひたすらフィールドを縦にスクロールさせる、お馴染みのシーン。ここが今回冒険する世界だろうか。この画面になってから、しばらくすればスキップできる。
de4
タイトルが終わると、いきなり城の中に放り出された。目の前には女王様がいて、主人公はその息子、つまり王子のようだ。某2のような出だしだろうか。女王の話が始まると、その内容に驚く。何とここは魔界で、リュウ族(竜族?)という一族の国。この魔界に再び魔王が現れ、光の世界への扉の封印を破ろうしている。魔王の名はウェライ。魔界をおさめるリュウ族の王子として、魔王ウェライを倒し、この地に平和を取り戻せ、とのことだった。魔界であること以外はありきたりの話だが、魔界なら魔王は味方ではないのだろうか?そして主人公は、人間のように見えるが魔族なのだろうか?光の世界とは?いろいろと謎めいたスタートである(`・c_,・´)
de5
話が終わると自由に動けるので、メニューを確認。道具に設定アイテムがあって、いろいろと変えられる。バトルスピードは初期のままで問題なさそう。メッセージ音は、プルプルプル・・と口パクの代わりに出る音だが、これがあるとやや動作が重いので、消した方が良いかもしれない。ダッシュは、Shiftキーを押すことで通常歩行と切替が出来る(押しっぱなしにする必要はない)。2倍から4倍まであるが、2倍でも十分だろう。もちろん、フィールド上ではダッシュは出来ない。
de6
つよさの画面。命中率や会心率がわかるのが面白い。右欄の中央にあるのは、状態異常耐性のことだろうか。ドラクエにはちょっと珍しいステータスである。
de7
こちらは装備画面。装備は8種類あるようだ。それだけたくさんの装備がありそうだから、装備の楽しみは増えそうだ。
de8
スキル画面。本作では呪文も含めてスキルのようだ。スキルは装備することによって使えるらしい。10個まで装備できるようだが、それを超えると選んでいかなくてはならないのだろう。このシステムは、難易度を高めるためのものかもしれない。
de9
近くの宝箱を開けてみる。橋キットと、また謎めいたアイテム。説明を見ると、壊れた橋を一瞬で修理できるらしい。そして西側から使う、とある。西とは左のことだが、そのうちわかるかもしれない。
de10
左から外に出ると、廊下へと続く。ここはお城の2階のようだ。兵士たちが色々とアドバイスしてくれる。ゲームオーバーは、昔ながらのドラクエと同じようだ。
de11
昔話をしてくれるお爺さん。100年前にもデーモスという魔王が現れ、世界は恐怖に包まれたらしい。しかし、光の世界より現れた勇者によって、デーモスは滅ぼされたという。その勇者と共に戦ったのが、主人公の父フォーゲルであり、この国を築いたということだ。この話から、光の世界とは人間の世界のように思える。フォーゲルや主人公は魔族なのかもしれないが、なぜ人間と共に戦ったのだろうか、という事も気になる。
de12
この子は妹らしい。王女のようないで立ちをしているが、それに引き換え、王子である主人公の服装はどうかと。まぁ、ピカピカの王子の格好で冒険に出るのも変だが(´・,_っ・)-3
de13
隣の部屋は、主人公の寝室。タンスを調べると、着替えることが出来る。着替えると、何と歴代の勇者たちの姿に変身できる。ここで、いつでもフェイスと歩行グラを変更可能だ。
de14
紹介ではドラクエ3っぽい仲間がいたので、合わせてドラクエ3の勇者にしてみた。
DQ1DQ2DQ3DQ4
DQ5DQ6DQ7DQ8
衣装一覧は、この8種類。偉大な方々ばかりだが、着替えるだけで顔まで変わるものだろうか?100歩譲って、1から6までと8はメイクを頑張れば何とかなるとして、7はちょっと無理過ぎのような・・。カンペキ子供じゃん。お面でもつけるのかな?(・c_,・ ;)
de15
1階に降りると、色々な施設がある。本作は、基本的なセーブは教会で行う。ちょっと古風だが、まぁこれもこだわりだろう。
de16
隣は宿屋だが、ベッドに見知らぬ男が伏している。病気のようだが、万能薬があれば治るかもしれないという話。何かのイベントかもしれないので覚えておこう。
de17
魔界というだけあって、魔物も普通に暮らしているようだ。西のすぐ近くに魔王の城があるらしい。
de18
何気なく足元を調べてみると、アイテムを発見。こういうのはノーヒントで見逃しやすい。新しい街へ行ったら、目を光らせないといけない(`・c_,・´)
de19
ツボ・タルを調べられる。が、何と本作ではアイテムにランダム性があるようだ。アイテムが無い時や、別の物が出ることもある。なお、足元のアイテムは固定のようだ。
de20
武器屋は大したものはないが、ひとまず銅の剣でいいだろう。
de21
道具屋では、道具の他に防具も売っている。キメラの翼は、前回立ち寄った城や街へ戻る(セーブをとった場所ではない)。中断の書は、どこでもセーブできるアイテム。わざわざアイテムにする意味はわからないが、何かのこだわりだろう。安いので、お金がたまってくれば気軽に使えそうだ。
de22
お城を出てみる。魔界ということで、オープニングと違って暗い雰囲気。光の世界には行くことが出来るのだろうか。近くにお城が見えるが、これがスライムべスの言っていた魔王の城だろう。そして、壊れた橋がある。橋キットを使えば直せそうだが、西からということでこちらからでは無理。初代DQのように、近くにあっても長い冒険の末にたどりつくのかもしれない。
de23
フィールドをしばらくうろつくと戦闘へ。オーソドックスなフロントビューだが、背景もついている。最初のエリアではスライムとスライムべスが出てくるようだが、普通に敵のようだ。相手にカーソルを合わせたり攻撃すると、HPのゲージが見られる。これで、おおよその残りHPがわかる。これは前に書いた「眠れる精霊と滅びの竜」にもあったシステム。会心やミスなどの文字が出るのも一緒。また、戦闘中に装備の変更を自由にできる。
de24
ほどなくして、レベル2になった。同時にホイミのスキルを覚える。スキル枠に空きがあるうちは、自動的に装備されているようだ。右上に気になる文字があるが、おそらく使える職業ということだろう。勇・僧・賢は何となくわかるが、レ・パとは何であろうか?職業っぽく思い浮かぶのは、レンジャーとかパラディンとかかな?想像するとわくわくしてくる(*´c_,`*)
de25
遠くへ冒険に出てみたいが、橋を渡ると敵が強くなるようだ。ある程度防具をそろえてからにしてみよう。

ということで、攻略していきます。(*´,_っ`)ノ゛ ヨロシク

次回は「武闘家ヤップ(`・c_,・´)

トップへ 記事一覧
AD