バーゼル銀行監査委員会

テーマ:

過日、バーゼル銀行監査委員会の新聞記事化掲載された。


世界の主要の国で構成される銀行の規律を定めその監査を行っている。


この度の記事は、自国の発行の国債にもリスクを計上すべきだとするものです。


現在日本国債は、リスク0%であり、100%安全資産とされている。


この国債にリスクを計上するとなると、国債を保有する銀行郡は引き当てをしなければならなくなる。


とすると、引き当ての出来無い銀行や少しでも引き当てを下げたい銀行は、


日本国債を売ることになり、国債の価値が下がり、


金利が上昇し、


インフレが発生する可能性が極めて高くなる。


このことを私たちは十分に


理解しておく必要がある。


顧問先様へは円資産リスク分散をお勧めいたします。


やり方が分からない方はご連絡ください。


小牧義昭拝