ピティナ予選無事通過☆

🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹

生きた音楽を子供達に
生きる力を育てる
練馬区下石神井3丁目
 谷あやピアノ教室です。


🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹

先週末にピティナの予選が終わりました。

当教室からも小学一年の生徒さんが初挑戦。

無事通過出来ました。

実はこの生徒さん、

本番3日前から胃腸炎で

39度の高熱が続き、

全くピアノにも触れず、

更には前日にお母様にうつり、

お母様が病院で点滴を受けるという状況でした。

当然のことながら

当日も体調は思わしくなく

恐らくふらふらのまま舞台に上がったのだと思います。

正直、お母様から前日にメールを頂いた時

ご無理なさらなくても、またの機会を狙っても、と

喉まで出かかりました。

きっと、ご家族の方も、そう思ったと思います。

でも、一番大変だったと思われるお母様は

そうなさいませんでした。

自分の娘が

今日まで頑張ってきた努力を

一番近くで見てきたからだと思います。

今回生徒さんが選んだ曲は

三善晃先生の「三度のワルツ」

右手は右手の音楽、

左手は左手の音楽、

しかもテンポも早くないので

ノリやテクニックでごまかすこともできない、

緊張して身体がかたくなると

一気に弾けなくなるという、

大人が弾いても難しい曲でした。

それを、毎回のレッスンを録音し、

毎日毎日地道な努力を積み重ねてきたのです。

お母様が、娘をコンクールに向かわせる以上は、

私が口を出すことではない、と

言葉を引っ込めました。

私はといえば

どうにか無事に舞台にのれますように、

今までの努力が実りますように、と

祈ることしか出来ませんでした。

お母様から当日きたメールには

「なんとか間違えずに弾けました。

でも体調が思わしくないので、

結果はネットで確認します」

と。

もう100点満点だと思いました。

よく頑張ったと、

今日の経験が、

その子にとってどれだけプラスになるだろう、と

胸をなでおろしました。

そして、更に予選通過のメール。

「奇跡です」

と書いてありました。

私も、その子の努力と精神力と

お母様の我が子を信じる力に

本当に涙が出ました。

次は本選です。

「自分は頑張れる」ということを

経験した彼女は

次の本番へも、全力で迎えると思います。

本当におめでとう!


☆お問い合わせはこちらです☆

谷あやピアノ教室

ホームページ

お電話はこちら
03-6766-1515

メールはこちら
taniaya-piano☆outlook.jp
(☆を@に替えて送信して下さい)

※レッスン中など、お電話に出られない時があります。
メール、または、留守電にご連絡先を入れて頂ければ、折り返しお電話させて頂きます。

※24時間以内に返信がない場合は、メールがはじかれている可能性がございます。お手数ですが、お電話などで再度お問い合わせ下さい。
🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹

生きた音楽を子供達に
生きる力を育てる
練馬区下石神井3丁目
 谷あやピアノ教室です。


🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹

先日、他教室の生徒さんを

レッスンさせて頂きました。

なんと

ご近所で仲良くさせて頂いている

大!人気教室の

ふるつかピアノ教室の生徒さんです。

古塚先生のお教室には

一体何十人の生徒さんが通われているのかしら、と

いつも満席の先生です。

そんな古塚先生、

私も大好きで

「困った時の古塚先生」

とばかりに

何かあると、ご相談のメールをさせて頂いてます。

そんな古塚先生から

「初めて生徒をコンクールに出すので

レッスンして頂けませんか?」

と、何とも光栄なご依頼を頂きました。

ブログを読んでいる限り

古塚先生のご指導で十分なのでは…と

思いましたが

せっかくお声をかけて頂いたのですから

私で何かお力になれれば…と

恐れ多くもレッスンさせて頂きました。

いらした生徒さんは

なるほど、

上手くなりたい!という気持ちが強く

学べるものは何でも学びたい!

と思っているような

素直な生徒さんでした。

古塚先生と私は

師弟関係などではない為、

全然メソッドが違ったらどうしようかな…と

心配していましたが

その生徒さんは

基礎もしっかりしていて

古塚先生が基礎を大切に教えていらしたのが

よく分かった為、

私はアドヴァイスできたのは

味つけ部分だけでした。

むしろ、基礎がしっかりしているから

初めて会った私の言うことにも

柔軟に対応出来るのだなあと

古塚先生のご指導に

感銘を受けました。


更に…

私が実は、古塚先生のことを

心から信頼できると思うのは

古塚先生の

ご自分の生徒さんに対する成長を望む力、

そして、

ご自分の教え方に対して

誇りと自信をもってらっしゃるということです。

そうやって育ててきた生徒さんでなければ

他の先生に見せたところで

他の先生のメソッドに惑わされて

混乱するだけ、というのもよくある話です。

例えば、コンクールに入賞する為だけに

色んな先生を渡り歩くと

メソッドが定まらずに

結局は散漫な演奏になってしまうのです。

ですが、ご自分の考えをしっかり持ちながら

レッスンしてらっしゃる先生についていれば、

要は、自分がやっていることが

しっかり分かっていれば

他の先生についても、

より自分を磨けると思うのです。


本当に

ご近所にこんな先生がいて下さり

感謝です!

私にとっても、とても有意義な時間を

ありがとうございました!


☆お問い合わせはこちらです☆

谷あやピアノ教室

ホームページ

お電話はこちら
03-6766-1515

メールはこちら
taniaya-piano☆outlook.jp
(☆を@に替えて送信して下さい)

※レッスン中など、お電話に出られない時があります。
メール、または、留守電にご連絡先を入れて頂ければ、折り返しお電話させて頂きます。

※24時間以内に返信がない場合は、メールがはじかれている可能性がございます。お手数ですが、お電話などで再度お問い合わせ下さい。

おかあさんコーラス大会に出場しました

テーマ:
6月3日に行われた
全日本おかあさんコーラス東京支部大会で
アンサンブルSZIAの皆様の伴奏を
させて頂きました。

東京都合唱連盟主催の
とても大きなコンクールですので、
懐かしい方々にもご挨拶でき
何よりもSZIAの皆様の素敵な演奏で
沢山パワーを頂きました。

SZIAの皆様、ありがとうございました!

via 谷あや ピアノ教室
Your own website,
Ameba Ownd