カーオーディオの神髄

カーオーディオの神髄

KKMオーディオファクトリー

最近になり一切触ることができないようなナビオーディオが増えてきました。

一部の車種ではCDプレーヤーさえ無く、デジタルメディアありきで困ったものまであります。

しかも、少しでも良い音にしようとしても無理っぽいものまで。 

純正オーディオで内臓アンプでドライブしてるのであれば、スピーカーだけを作り直しチューニングすれば見違えるほどの良い音になるのですが、パワーアンプ部が分かれているオーディオは問題アリです。

今回は、内臓アンプでドライブされてるオーディオについての打開策を紹介します。

内臓アンプの出力信号はフルレンジなので、いかようにでもスピーカーチューニングができます。(但し、物理的にスピーカーユニットを取り付けられるスペースがあればの話ですが)

皆さんはオーディオを良い音にするためには、デッキ・アンプ・スピーカーなどを評判の良いブランドとか、高価な物にしないと良い音にならないと思い込んでいる方が殆どではないかと思います。それは大きな間違い勘違い根拠のない先入観。デッキなどの機器類では価格やブランド等に関係なく音質の差は思うほど無いのもなのです。費用対効果を考えれば一番効果が有り感覚的に実感できるのはスピーカーです。スピーカーと言ってもブランド・価格は一切無関係でチューニング(調律)次第で大きく変わります。私が知る限りではチューニングをしているお店は殆どないのではないかと思います。中には素晴らしいチューニングを施していると自慢気に誇ってる店があるようですが、取り付け内容をみるととてもチューニングをしているように見えません。しかもチューニングの意味を履き違えています。

機器類の音質の差はどんなものでも大差はないので、適切なスピーカー選択と全体の音質設計を行えば純正デッキでも相当良質なオーディオに変貌する事実を多くの皆様に知って頂きたいと思ってます。

昔から現在に至るまで何にも変わってないカーオーディオです。つまり進歩が見られない。いつまでも人の真似をしてるだけで、 勉強し自ら考え実行する努力が全く無いのですから、進歩するはずないですよね。金儲けに走ってるようにも思えます。

https://www.kkm-audio.com/car/car_index.html

 

※定休日(木曜)以外に店を閉める日があります。
せっかく来店頂いて留守では申し訳ありませんので
事前に連絡して頂けるようお願いします。
045-324-2820