梶貴美男のマイペースのススメ

梶貴美男のマイペースのススメ

ビジネスコンサルタント梶貴美男のブログ。
マイペースに生き、マイペースに仕事をしています。
マイペースな生き方、マイペースな起業、マイペースなビジネスをセミナーや講座で教えています。


テーマ:

今年の梶さんのテーマの一つが、「身体を整える」です。




ちなみに梶さんは、タバコはすいません。

お酒は昔はよく飲んでいたみたいですが、今は全く飲みません。




以前から中性脂肪が高いのは健康診断でも指摘されていました。

また、毎年恒例の花粉症も薬を飲まないといけない感じです。





できるだけ薬は飲みたくないということで、漢方内科に行ってみました。



漢方内科の先生から普段の血圧はそれほど高くないけれど隠れ高血圧かもしれないといわれ、朝起きた時に血圧を測るようになりました。




すると、

高い時の血圧が147104高い!!


そして、

中性脂肪の数値が桁違いに高い!!

生活習慣の改善が必要です。







それからというもの、梶さんの食生活の改善が始まりました。

それまでも私なりにいろいろやってはいたものの、こればかりは本人の意思が大切。




その結果、約1ヶ月後に採血した数値が、


中性脂肪は、少し高いけど許容範囲内。

血圧は、上が106122、下が7181

体重も4kgほど減。



素晴らしい!!




そしてこれから先は運動が必要とのことで、最近はまた少しずつウォーキングも始まりました。




しかも、ウォーキングを兼ねてスーパーで買い物もして来てくれます(^^)v

梶さんの方が私よりも買い物上手だと思うのと、梶さんにお買い物をさせていることに驚きを感じている私です(^^;;




梶さん、ありがとう!




そして、やっぱり健康第一!

お互いに健康で、梶さんと楽しい毎日を過ごしていきたいと思うのでした(^^)




それでは皆さまも健康で気持ちいい一週間をお過ごし下さいませ(^^)











テーマ:

令和になりました。

10連休もそろそろ終わりです。

皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。




我が家は特に普段と変わりない日々を過ごしています。

私はこの変わりない穏やかな日々を過ごしていることにとても幸せを感じます。






429日に日枝神社に行き、51日には氏神様にご挨拶。





54日、梶さんは神田明神へお参りしたらお神輿が出陣準備していたみたいです。













新たな時代はどんな風になるのでしょうか。

それでは、10連休も終わりに近づきました。

新たな気持ちで一週間を迎えたいと思います(^^)

皆さまも、良い一週間をお迎えくださいね(^^)



テーマ:

平成も残りわずかになった昨日、初めて皇居東御苑に行ってまいりました。



数日前に梶さんが皇居に行ったので「私も行きたい!」ということで案内してもらいました。




広くて綺麗に手入れされていて、かつ歴史の片鱗が見える皇居にちょっと興奮!!




別世界のように見えます。





皇居外苑も綺麗です。




大手門で持ち物検査してはいります。



シャチホコと一緒にパチリ。







石の大きさに感動!




竹林が美しい。



こんなせせらぎもありました。



諏訪の茶屋の近くにあるツツジが色鮮やかでとても綺麗。


石垣に感動!








皇居がこんなに良いところだとは知りませんでした。

まだ行ったことのない方は是非一度!!

東京の真ん中にこんな空間があるのに感動です。

流石に皇居ですね。街中とは気が違いました。




もうすぐ平成から令和に時代が変わります。

時代の移り変わりに何か感慨深いものがあります。



皆さまもそれぞれ良いGWをお過ごし下さいませ。





PS

武道館では、MISIAのコンサートやってたよ👀





テーマ:
久しぶりの奥さま日記です(^^;;


3月に私が54歳になり、
4月に梶さんが56歳になり、
二人合わせて110歳になり、
改めて健康第一だと思う最近です。




梶さんは中性脂肪を落とため食生活を改めています。いまで4kgほど体重が減ってきました!



今年は「身体を整える」が我が家のテーマの一つです。
新たな時代に向けてまずは身体を整えていきたいと思います。


それでは、皆さま良い一週間をお過ごし下さいませ(^^)




テーマ:


《幸せな人生を送るための10のヒント》




【ヒント10】「〇〇になる」より「〇〇になれる自分になる」ことを基準にする




「私は何々になりたい」という考え方や「大人になったら何になりたいか」という質問があってそこに向かっていくことがあります。




スポーツの世界で「世界一になりたい」とか「日本一になりたい」。

それ自身は素晴らしいことなのですが、実は「◯◯になる」と言うのは結構難しいのです。




そうならない。

なれない可能性がすごく高い。

ほとんどの場合がなれません。



例えば、オリンピックで金メダルを取る。4年に1度1人です。

ということはどれだけ才能があろうが実績があろうが取れない人がいっぱいいるというわけです。



だからその「◯◯になりたい」というのは一見良いように見えてものすごく良くありません。




なれない可能性が高い。なれないかもしれない、ということを知っています。

だから「◯◯になる」という考え方を持っていたり、子供さんにそういうことをいっていたら、それはちょっと違うなと思ったほうがいいと思います。






ではどうするのかというと、

例えば、「金メダルを取れる自分になる」と考える。




「金メダルが取れるチームになる」方が進みやすい。道を作りやすい。

取れるかどうかわかりませんが、取るために必要なことは全部やる。その上で運もあるしタイミングもある。



「金メダル取る」と言っていたら取れるか取れないかになります。取れるかどうかは結果です。いろんな要素が関わってきます。

そこが大きく変わってくると思います。




ごくごくまれにそうなれる人もいますが、ほとんどの人が「◯◯になる」といった瞬間になれない人になることが多い。

そういう考え方をすると幸せにはつながらないと言う事ですね。



そうなれる自分になるようにしていく。

結果にコミットするのではなく、プロセスにコミットする。

プロプロセスをやっていく。

そうなる、そうなれる自分になっていく、ということです。







○○になる」は幸せにつながらない

○○になれる自分になる、

の方が取り組みやすい人が多い。

どちらがやりやすいか。

やりやすい方を選ぶ。





*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。




《幸せな人生を送るための10のヒント》をお届けしました。





テーマ:

《幸せな人生を送るための10のヒント》



【ヒント9】見える貢献、見えない貢献



貢献というのがあります。

貢献マインドとか、

貢献したいとか、

誰それに貢献したい、

世の中に貢献したい、

という人達がいらっしゃいます。




■見える貢献

自分の家族や子供に財産を残すというのは子供達のために見える貢献。

直接的に貢献が見える貢献になります。





■見えない貢献

実は見えない貢献もあるなと思っています。

西郷隆盛という人がいました。

明治維新の立役者です。

西郷さんは明治維新が起こった後、実質一番偉くなってしまいます。




明治政府を作った時に給料も爆発的になり誰よりもたくさん貰うことになりました。

でも西郷さん「要らない」と言います。

が、「貰ってもらわないと他の人達に配れません」と言われ渋々貰いました。

しかし貰ったもの全部色々なところに使ってしまいます。



それまで武士の世界でも農民の世界でも「家督を続ける」「家を存続させる」ということがものすごく大事だといわれていました。

 


しかし西郷さんは「子孫に美田を残さず」と言って子孫には財産は一切残さず、他の人に色々なことをしてあげました。



見返りを求めずに良いことをしていく。

徳を積んでいるんですね。

徳を積むことで子孫にやっぱり残るんです。




「西郷さんに助けて貰った」という人や、「助けて貰ったことを忘れるな」と言う風にずっと子孫に言い伝える。  

そうすと何かあった時には助けようとする人が現れる。

見返りを求めない人は尊重されますし、回り回ってやってくる。そういう貢献。






直接的な貢献として、病気の人に貢献するというのもありますが、間接的に人類に貢献するというのもあります。




例えば、蝶々のことを研究している人がいました。

その人は「蝶々が何故この季節にこの周りを飛んでいるのか」ということを子供の頃に気になり30年かけてその謎を解き明かしました。




今いろいろな研究が進んでいます。

日本列島が昔ユーラシア大陸と繋がっていた。あることが起こりそこから剥がされた。そして今度は南洋の方から火山噴火でだんだん日本列島のほうに近づいてぶつかってできたのが伊豆半島だとか。

そういう事がだんだんとわかってきました。




そういう研究をしている人に対して「そんなことを研究して何の役に立つのか。もっと役に立つことを研究したら。」という人がいるわけです。




でも、こういうことを研究することは今直ぐに役立つことは無いかもしれないけれど、人間が今後繁栄していく上で何かのヒントになる可能性があるかもしれない。



それが分かることで解明され、長い目で見たら人のためになるというのが僕は貢献することだと思っています。

そういう直接的な貢献ではない貢献もあるんじゃないかなと思います。




そういう研究をしている人達は好きでやっています。

蝶々を研究してる人も、海底火山のことを研究してる人も、自分の好きなことを研究して行ったら、そういうことが人類への貢献に繋がるかもしれない。



自分の好きなことを進めていったらそれがやがて何かに繋がるかもしれない。

そういう見えない貢献というもすごく大事だと思っています。

正しく生きることによってそのいう貢献することもあるかもしれません。 





人間の世界では偉人といわれます。

生物の世界では偉人とか、

あいつは偉い人だったとか、

あいつがいたから生き延びられているとか、

ありません。

ところが人間は「あの人は偉い人だ」みたいになっているんです。



見えない貢献、分からない貢献をしている人がいっぱいいるんだろうな、と思っています。

それは過去の人達もそうだし僕達もそうなんです。






源氏という人達は天皇家から枝分かれしていますが、その中の一つに清和源氏という源頼朝や義経や足利尊氏に繋がる人で清和天皇という人がいました。



その清和天皇がいたから今の源氏が生まれたり、鎌倉幕府や室町幕府ができたり。

その人がいなければそういう歴史は生まれていなかった。



その清和天皇は子供をたくさん作ったけども天皇としてあまり何もやってないんです(笑)

生きていた時の実績はあまり貢献していないのですが、日本の歴史でみたら結構貢献している。

私達もそういう貢献ができるかもしれませんよ、ということです(笑)




直接的に人や何かに貢献する人もいれば見えない貢献をする人もいるということです。





*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。



次回は、

【ヒント10】「○○になる」は幸せにつながらない


をお届けしたいと思います。お楽しみに(^^)





テーマ:

《幸せな人生を送るための10のヒント》




【ヒント8】過去と現在と未来




「過去」と「現在」と「未来」という時間の概念があります。



時間の概念は本当はないんだという説もありますが、我々人間は普通に過ごしていると過去があって今があって未来はやがて来る。




この「過去」と「現在」と「未来」というものと正しく付き合おうという考え方がいるのではないかなと思っています。




どういうことかというと、先ほどの愛するものを守りたいが故に人と争うとする人を見ていると、「過去にこだわる人」と「未来を夢見ている人」がいるなぁ、と思のです。







過去にこだわる人。

過去にこだわる人の中に「あの人はすごかった。あの人を超える人はもう絶対出てこない。」というような言い方をする人がいます。


イチロー選手が引退しました。

「イチロー選手を超える人は絶対二度と現れない。生まれてこない。」という言い方をする人がいるんですね。これっておかしいんですよ。



現実、生まれないかもしれません。

でも未来のことなんかわからないじゃないですか。

すごい実績をイチロー選手が残した事はわかります。恐らく他の人ではできないようなことをやったのもわかります。

でも「未来永劫出てこない」なんて事はいえないわけなんです。

何故ならば未来のことなんて誰もわからないのだから。




でも「過去にこだわる」ということがあるんです。

この「過去にこだわる」というのは個人の中で結構あります。



例えば、以前ある物を食べたら美味しくなかった。それ過去なんですね。過去で判断しているんです。



過去は大事です。

ですが過去の中には実際に起こった事実だけではなく、そこの中で記憶されたものだけが過去になっている。

なので過去にこだわる人は現実を生きていないんですよ。



確かに昔食べた時にはまずかったのかもしれません。今はその当時に比べてたら技術も変わっているかもしれないし、加工方法も変わっているかもしれないし。



過去にこだわって今を判断しすぎる人というのは、今を存分に生きれないんです。

さっきいいましたが、幸せに生きる人は現在幸せということが大事なんです。

過去は違うんです。

過去は関係ないんですよ。

今幸せなのかどうかなんですよ。



今が基準になるので過度に過去にこだわってはいけない。

過去は参考にはなるけれど縛られるものではないということです。  







未来を夢見ている人。

未来を夢見ている人というのは未来を「楽観視している人」と「悲観ししたいしている人」と大きく2種類に分かれると思います。



AIの研究をしたりテクノロジーを研究をしている人は未来を割と楽観視している人が多いと思います。



その技術が役に立つこともあれば最悪をもたらすこともあります。楽観視だけしてもいけない。

これはあくまでも今までの過去から来て、今を見て今の研究の結果で行く。

こういう未来が待っているというだけであって、無数にある未来の中のその1つの選択肢の確率が他より高いというだけの話なのです。未来を見すぎてもどうかなと思います。

 


個人の生き方でいうと、未来というのは例えばオリンピックで金メダルを取るんだといっていても取れない場合もある。


未来にこだわって「金メダルが取れなかったから」「オリンピックに行けなかったから」といって、挫折してもいいんですがその未来だけに縛られるのはあまり良くない。



現実的にそこで金メダルが取れなかったとしても、そこからどこにシフトしていくのか。

行き詰まった時にどうするのか。一旦引き返すのか。別の道を探すのか。そんなことをしながらまた進んでいく。



未来は見据えておく必要はあるもしれません。

現在・過去を参考にして生きることもテキストにはなりますけれども、過去起こったこと全て当てはまるわけではないので100%その通りやっていてもいけない。



大事なことというのは「現在、今を精一杯い生きましょう」という事ですね。

特に幸せに生きるためには今が大事です。




*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。




次回は、

【ヒント9】見える貢献、見えない貢献

をお届けしたいと思います。お楽しみに(^^)







テーマ:

《幸せな人生を送るための10のヒント》





【ヒント7】自然との付き合い方


自然と付き合うというのが大事だなと思っています。




地球環境問題もいろいろあります。

この間テレビでやっていましたが3.11の津波。

あの津波は普通の津波ではありませんでした。津波の中には海水だけでなく海底のヘドロがいっぱい混ざっていたそうです。

黒い津波になっていたらしいです。



黒い津波というのは密度が高かく普通の海水よりも津波が来る速度が速く威力も強いらしいです。

それに巻き込まれた人たちは、その黒い海水を飲んでしまい小さな粒子がたくさん入って呼吸不全などで苦しい亡くなり方をされたらしいです。



そういうものは元々あったわけではなく、

自然がそんなものを生み出したのではなく、

人間がいろいろな物を作り出していく過程の中でそれらを撒き散らす。作ってしまった。




そういうのはダメだというエコの考え方も大事だと思うんですが、個人個人でいうとこんな考え方ができたら面白いいいんじゃないかなと思うんですけれども。





誰しも自然から色々な恵みをいただいているわけです。受け取っているわけです。



食べ物もそうですし衣食住とか。

今は合成的に人工的に作られているものも多いですが、元々は自然から得たものだけで生活していました。

今もその自然から受け取っているものというのはずっと受け続けている。




受け取ったら返さないと、と思いませんか。

自然から恵を受けているんだから何か返そう。

自然の生物は、自然から恵を受けて餌を食べ自分も食べられたりして、そして自然に還っていく。

自然に還ってバクテリアなどに分解されエネルギーに変わっていったりする。

循環していく。






人間は人工的なものを作り出したり、還さないようにしていたりしているので、「そこってどうなのかな?」と思います。

恐らく自分たちが生きている間に次第に自然に還ていくものが出てくると思うんですけれども。




自然から恵みを受けているんだ。

太陽の光、風。




洗濯物を外に出していて乾くというのは太陽の恵みがあったり風の恵みがあったりするから。

本来、自然の恵みはいっぱい受けているではないですか。






自然の恵みを受けたら何か返そう。




では、「何を返したらいいのか」というと「人それぞれ」。



そういう気持ちを持って生きていけば、そんな大それたことをする必要はないと思います。

動物愛護協会のようにジュゴンが死んだからどうのこうのと言うのではなくて。それはそれでおかしいと思うんですが。



何か返すというのは、

自然にゴミを捨てないようにしようとか、

自然に還らないゴミを捨てることをやめようとか、

落ちているゴミを拾う、

とかでもいいと思いますし。



何かわからないですけれども、皆さんそれぞれが感じて自然に還したいように還したらいいと思います。



「自然からいっぱいもらっているのだから、やっぱり返したいなぁ」と、思えるようになっていったらいいんじゃないかなと僕は思ったりしていているんですけれど。




お互い様。

自然から恵みをもらっているのだから、「ありがとう。お日様には還せないからここの地に何かを返そう」とか。

こういう考え方、こういう考え方で生きている人は、幸せに生きやすいです。

そんな考え方をしていくと、ちょっとずつ幸せになっていけるんじゃないかなと思ったりしています。




*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。




次回は、

【ヒント8】過去と現在と未来

をお届けしたいと思います。お楽しみに(^^)







テーマ:

《幸せな人生を送るための10のヒント》





【ヒント6】失敗のススメ


失敗はめっちゃ大事です。

失敗はやらないといけないです。

失敗しないで生きているというのはダメです。人としての生き方を間違っています。




失敗は大いにすべき。

失敗したら失敗したということを覚えているじゃないですか。

それで、何が失敗したかというのがわかったりするじゃないですか。

失敗したら何か取り組んだこと、やっていることを早く学べるんです。

早く覚えます。

失敗しない来たままの人よりも、失敗してきた人の方が早く覚える。




これもスケートの話なんですが、

最初に教えるときにどんな教え方をしますか。どういう人が伸びそうですか、とコーチに聞くと「こけるのが上手い子」と言っていました。

だからスケート教室に来た時に、最初こけてもらうそうです。こけるのを怖がったらダメなんですって。






当たり前にいろんな技にチャレンジして失敗したらこけるじゃないですか。

こけるのを嫌がったり、へたくそだったりするとダメなんです。

こけるというのは失敗なんです。

まずそこで判断するんです。




失敗したら忘れない。

何かミスしたことは覚えているんですよ。

ところが成功してしまうと、ミスみたいなこと、ミスかミスでないか分からないことがあったとしても忘れてしまうんですよ。



失敗したら次に生かそうとする。

失敗は絶対OKです。



今の話は、「幸せに生きる」といっておきながら成功の話。

成功するための考え方ですけれども。




幸せに生きることに大事なのは、失敗という概念はなくした方がいいです。


概念なくすのは難しい人もいるかもしれませんが、失敗はOKだ、失敗は経験だ、ということです。




人間社会というのは失敗して成り立って来ています。

色々な人の失敗があって成り立って来ている。



失敗がいるからいまフグが食べられます。

フグを食べて死んだ人がチャレンジしてくれたいま、こういう料理の仕方だったら大丈夫というのは奇跡的じゃないですか。

失敗するかもしれないと大勢の人がチャレンジして来てのです。

失敗してくれたお陰でいまフグが食べれる。



失敗は糧になります。

失敗してくださいね。いっぱい。





*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。




次回は、

【ヒント7】自然との付き合い方


をお届けしたいと思います。お楽しみに(^^)




テーマ:

《幸せな人生を送るための10のヒント》





【ヒント5】覚悟と挫折




皆さん覚悟をして生きていますか。

覚悟はありますか。




この間、「覚悟」というがテーマになったことがあって考えていました。

「覚悟して生きる」というと結構ハードルが高いと思いますが、

 


何か決める時、

「覚悟を意識して決めているか」というと、

「そんなに覚悟までしないといけないのか」というみたいになるんですが、、、(笑)


   



「覚悟」というのは、全てを受け入れること。

選んだ結果で得ること全てを受け入れる。







【ヒント4】人生の決め方は3つ(前編)

【ヒント4】人生の決め方は3つ(後編)

に関係しています。



自分で決めた人生が決めた通りにならないですよね。



人生進んでいたらなかなか大変なこともありますよね。



人生決めないまま来たから、何かふわふわしすぎてるかもしれませんよね。




でも決めている以上、覚悟しないといけない。自分が決めているから。





覚悟というのは、結果を受け入れると言うことです。




決められない人は覚悟できない。

全て受け入れない。

受け入れられないという事です。





例えば、オリンピックに出ると決めて進んで行っても、そうなりたいと思っていても、それをそのまま持って大人になっていく人というのはごくごく限られた人です。

 



それを続けられる人は続けたらいいですが、自分の人生、自分でオリンピックでメダルを取ると決めた。

でも何かがあって、或いは何かがなくてその道から外れた。

決めたこと、その道に進めなかった。

自分に挫折とか失敗になるわけですよね。




挫折は受け入れたらいいんです。

挫折したらいいんです。




お子さんが挫折することを恐れる人が多いですよね。

そんなこと必要ないんです。

挫折したらいいんです。

失敗したらいいんです。

挫折してもいいんです。





「人生の決め方」にもいった引き返すということです。

決められなかったら保留にしたらいいんです。

そういうのが大事かなと思います。




挫折していいんですよ。

失敗してもいいんですよ。



会社だと失敗したらいけないと言われるじゃないですか。

日本の社会は失敗に不寛容なんですよね。

だからクレームとかいっぱい来るし。

でも失敗してもいいんです。挫折も。



幸せに生きるだけじゃないですが、挫折・失敗 All  OKです。



と、



思ったら覚悟も決めるのも少し楽になるんではないでしょうか。





*毎週木曜日22時から配信している梶貴美男のライブ配信から内容をお届けいたしました。







次回は、【ヒント6】積極的に失敗する


をお届けしたいと思います。お楽しみに(^^)