「今年の節分はどうしようか~?」と先生方で話し合いました。

 

 

世の中に1つくらい怖いものがあってもいいよね・・・

怖がらせたり、恐怖を植え付ける必要はないよね・・・

怖いものに立ち向かう強い心が育ってほしい・・・

 

などなど、先生方の思いはそれぞれ!!

どれも子どもたちの事を考えていて、どっちが正解ということではない!!

鬼が怖くても、怖くなくても思いは一緒ラブラブ

節分が近づくと、よく家庭では「片付けないと鬼がくるよ~」と言ったり。

鬼から電話がくる【鬼電】があるくるらい節分

でも、鬼を使って脅したり、恐怖にさせることはしたくない・・・

鬼がいることで頑張れる、成長できるならそれは、それで良いとも思う。

 

 

悩んだ結果・・・

北園では初めての節分、去年は世界的にも色々と大変だった、まだ0.1.2才児・・・ということで、

今年は怖くない節分にしよう。といことになりましたニコニコ

 

まずは、豆まきの豆を用意して・・・

(北海道の豆まきは落花生を使います)

 

 

何だこれ?

 

中に何か入ってるゲラゲラ

 

そして、小さなお子さんは豆を食べると窒息の恐れがあるので、間違って誤嚥しないように、今回は豆ではなく・・・

鬼の絵にボールや新聞紙をぶつけ、みんなの心の中の鬼もやっつけました!

 

 

この隙間いいね~!

子どもたちの発見は流石ですねチョキ

 

あっ見つかっちゃったてへぺろ

違う遊びになっちゃってますが爆  笑

大盛り上がりで、楽しい節分となりました。

この1年、みんなが健康で幸せに過ごせますようにキラキラ

 

 

 

きずな保育園 http://kizuna-hoikuen.com/