気づきのマーケティング講座/ 気づいてなりたい自分になるための処方箋

気づきのマーケティング講座/ 気づいてなりたい自分になるための処方箋

500件を超える顧客体験の気づきと自分を愛でるライフスキル
仕事の中で自分を高めたい、一生懸命を楽しみたい方に
「顧客を主語にした顧客満足」の実践と、自分の心に対処するためのライフスキルを提案します


【新着セミナー】

自分の心に対処するライフスキルセミナー


世の中に、仕事を変えるメソッドや手法は溢れています。横文字で新しいメソッドが現れると多くの人が飛びつきます。でもそれが実にならないのは何故でしょう。忘れていたのは、「自分の心に対処する」というライフスキルです。やることを決めた後は、「ポジティブに」という言葉で自分も相手も追い詰めていました。心の存在を忘れていました。身体のケアが必要なように心のケアも必要です。やることを決めたら後は根性で乗り切る、頑張る、常にポジティブにという発想を切り替え、その時の「自分の心に対処する」という発想が必要です。これからは、「改善」など現実に仕事を変える行動と「自分の心に対処する」というライフスキル、この両方が必要になります。セミナーでは、「自分の心に対処する」ライフスキルとして三つのしあわせに気づくこと、そして気づいて起こす行動と習慣についてお話します。

◆注目セミナー 研修 コンサルティング

・「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドセミナー
・仕事を変えるマインドフルネスセミナー
・気づいてなりたい自分になるための処方箋プログラム
・顧客体験コミュニティ オンラインサロン
・「固定客の外輪に眠る巨大素人マーケットを探る」講演
・「顧客を主語にした顧客満足」実践ガイドブック
・ココナラ(メール・電話相談)サービス



一時期、オリンピックのマラソン問題がテレビを賑わしました。

暑さを原因とする開催地変更の中で

いつもの「そもそも・・・」が出ていました。

 

「大きな話でまとめたがる」ですね。

 

そもそも、大スポンサーであるアメリカテレビ局のNBC

このNBCの発言力が大きく、アメリカ時間に合わせている

 

そんな意見を何回も聞きました。

でも、いつも言いっぱなしです。

「どうするか」という具体的意見は皆無でした。

 

 

参考になるかどうかわかりませんが・・・

営業マン時代にこんなことを先輩から教えてもらいました。

 

「100万の契約をひとつ獲ったら、10万の契約を10個獲れ」

 

100万という大きな契約を獲ると、その顧客にばかり目が行ってしまう。

「来年は無くなるんじゃないかと」と心配ばかりが先に立ち

先方の理不尽な要求も聞かざる得なくなる。

 

そして大物ばかり狙う仕事のやり方が癖になる。

だから、その時は10万の契約を10個獲りなさい、ということです。

 

 

話を戻しますね。

 

オリンピックのスポンサー料ですから、そんな簡単なこととは思いません。

ですが、考え方は同じです。

 

大スポンサーの要求は聞かざるを得ません。

相手の良識を疑っても、相手を変えることはできません。

「おかしい」と思っても仕方の無いことです。

 

また、大きな力のあるスポンサーと付き合うと

いつの間にか、自分にも力があると勘違いします。

 

現実を動かすには、現実に合った理性的な方法が必要です。

 

大スポンサー1本ではなく

中や小のスポンサーを10個探す。

 

そんな方向を考えるのも、実はとても大切なことです。