肉体×行動+思考のあそび 〜発達障害と向き合ったら自由になった〜
  • 12Dec
    • 焦ってイライラしたら深呼吸

      やりたいと思ったことが意外と面倒で難しくてイライラとしてしまったんですよね。そしてアーモンドや鰹節をボリボリ食べてしまいました。(最初に○○ができたらご褒美制として決めて食べるのはいいんだけどね)と言うよりイライラ解消にボリボリ食べてしまいました。量的には問題なんだけどどんなにいいものでもイライラした=食べるというのはその時に本当に欲していないのに必要のないのものを体内に取り入れるようなものですよね。そしてそのあとそこで生理現象でトイレへ立ち上がり戻って来て白湯を飲んだ時にフッと気付づいたんです。イライラが多少おさまっていたことに。そして深呼吸をすることを忘れていたことを思い出し深呼吸をしたらイライラがもうなくなっていました。やっていた作業が自分が考えていたよりも難しく時間が予定よりもかかってしまいそのあとにやりたいと思っていた他のことができなくなるという焦りから生まれていたイライラでした。イライラしたら体を動かして血流を良くしてみるストレッチをしてみる深呼吸をしてみるこれをやるだけでイライラがかなり軽減されます。できるなら瞑想や気功で集中するのでもよくてイライラ思考を手放す体を動かすと自然とおさまるんですよね。焦りはイライラを生み集中できなくなりやりたい作業ができなくなります。すぐに紙に大きく「イライラしたら深呼吸」と書いて壁に貼りました。最近あまり焦ってイライラするということがなかったので忘れてしまっていました。忘れたら気づいた時に紙に書いて見えるところに貼っておくそうすることでやりたい作業をやる時間を増やしていきます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      NEW!

      112
      テーマ:
  • 11Dec
    • たくさんの人をパクるとそれが個性になる

      人のいいところを真似しまくるパクリまくるというと嫌悪感とかわたしはわたしの個性でいく!とか思うかもしれないけど私はその人の素敵だなと思った行動例えば興味があると思ったらその人へ話しかけてみるということを恐れずにやっている人を見た時とても素敵だと思います。私は興味があると思っても話しかけるのをためらってしまったり異様に緊張してしまうのでだから私も興味のある人へ躊躇わず話しかけたいとなります。だから次はその人がどう話しかけているのか見たりそして時には私はとても苦手だといいそういうところについて聞いてみたりします。そして真似てみます。やり方は人それぞれ向き不向きがあるからできなければ別の方法考えればいいし。真似をしてもどうせ同じにはならないそれはいろんな人の私が気付いたいいところだからです。たくさんの人のいいところを掛け合わせたら融合されその人らしさになるだからどんどん自分がいいと思ういいところを真似していくただ注意したいのは一人の人だけをパクり続けるのはただの依存とかただのその人のものまねにしかならない真似をするならいろんな人というのが大事です。誰かの素敵なところを発見しまくって自分を広げていきたいですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      183
      5
      テーマ:
  • 10Dec
    • たった一言の言葉を理解するのに数年かかることがある

      物を作り始めたころ絵描きの先輩に紙がほんとうに好きなんです!これをずっとやってく!!と話をした時にそれだけにこだわりすぎるなと言われたけどその頃は全然意味が分かりませんでした。どうしてだろう?これだ!というもの一つにこだわり続けるのがいいんじゃないの???と思っていました。その疑問を持ったままそれから5.6年が経ちました。そしてその言葉を発した人の伝えた意味を分かったとは言えないかもしれないけれど私の中での理解ができてきました。枠広がり狭まりやりたいことは1つをこだわり続けるのがいいと思っていたけれどやりたいと思ったことは全部やるやりたいことは欲張ってやる紙以外のこともやっていたけどどこかで紙の人だからと自分で勝手に枠を作っていたように思うそうすることで自分の枠が狭まるのではないかと今は思います。そして逆に紙と関係ないものを今度は極端にやり始めたこともありました。すると他のカッコイイ(笑)先輩にもっと紙やればと言われたりもしました。やりたいと思ったことはすぐにやっていたのでそれがこだわりがあり過ぎるのか逆に今はなんでもやるんだとやっていたりしました。(今もなんでもやるんだ精神は変わらないけど)どちらにも思いっきり傾いてしまってそするとそれを戻すかのように私にとってのカッコイイ先輩たちがたった一言だけの言葉をくれるんです。いつも本当にこの一言がありがたくて嬉しくて忘れないように紙に残しておくんです。その時の私では理解ができないからその人たちは私よりもずっとずっと長くやっていてめちゃめちゃストイックででも超楽しそうでなんで!?となると思わず言い返しちゃうこともあったけどそれを笑って聞いてくれるような格好のいい人たちでだから私がなんで????となった時はその時の自分では理解ができない言葉なんですよね。超悔しかったです理解できない自分がだからこれはいつか理解したいと思うようになった言葉の一つです。それだけにこだわり過ぎるなというのはこだわりは固執に繋がり世界を狭め逆にこだわりをなくし過ぎるとの個が消えるそんなことなのかなと。傾き過ぎるとそこで誰かがたった一言だけくれるんです。それはその場ではすぐに理解できないしそれを詳しく聞くのも違う気がするし数年経ち、数年前の自分より何かしらの経験が増えたことで理解できることがあるのだと知りました。自分が極端に傾き過ぎようとした時そんな言葉を言ってくれる人がいるということが最高の瞬間なのではないかと思っています。そんな瞬間が最高で感じたくてただ今自分がやりたいと思いことに全力でやるただそれだけでいいんだと言われているようです。その先輩はいつどこで現れるか分からないけれどただただ自分がやりたいことをやっていればいいんだと思っています。そしてどれだけ傾き過ぎても全てが自分を作る世界になるそれだけのことバランスが崩れることは悪いことではないから思いっきりやりたいことをやればいいんだと思っています。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

  • 09Dec
    • 集中や継続をするには〈5〉部屋を借りてみた

      前回集中や継続をするには〈1〉集中や継続をするには〈2〉家の場合集中や継続をするには〈3〉PC作業ができる最適スペース集中や継続をするには〈4〉私の理想の集中法からの続きです。前回私の理想の集中の仕方について書いたのですがその前に今超集中するためにやってみたのがマンスリーのアパートを借りるということです。きっかけは一緒にここで住むことになった相方の仕事場の近くに短期間アパートを借りることになったためマンスリーやウィークリーアパートで41日間引っ越すことになりました。これ別に私は家があるのでそこで住んでればいいんだけど面白そう集中できそうということで行くことにしました。なので家賃は折半です。一人で借りるのはしんどいかもしれないけど誰か折半できるならいっかって感じですよね。もっと余裕ができたら全然一人でもやりそう。一緒に住む相方は朝から夜まで仕事で出ているのでほぼ一人で部屋で作業ができるのでお互いに家賃も折半できるならいいよねって感じです。本当は沖縄とか北海道とかでホテルとかバッパーとか民泊とかしてそこで作業とかがしたいんですよね。まずは作業に集中するために1ヶ月半くらい住むことを考えるとホテルとかよりもマンスリーアパートとかの方が安いのでやってみました。沖縄でも北海道でもないけど今は今でこれを思いっきり楽しんでいます。なんでも面白そうと思ったことはやってみるっていうのがいいんですよね。作業に必要なものしか持っていかないため環境設定を徹底することで集中ができるようになります。そして折半とはいえ家賃を払うことで自分へ負荷をかけることにもなります。カフェでカフェラテ1杯飲んだからその分作業をしなければコワーキングスペースで場所代を払ってるからその分作業をしなければとなるのと同じです。しかも部屋なんて借りたら超作業しなきゃってなりますよね。そのための自分への圧力にしてます。マジで本当部屋なんて借りたら正直結構圧すごいですよ。笑もうやるしかないって感じです。そしてこの部屋での作業が誘惑によりできない。。。となるのは恐ろしいのでPC作業をできるものだけを選別して持っていきました。さすがに41日間住むので3日間の旅行と同じとはいかないので・洋服は迷わず着替えられるように選別して持っていく・本はPC作業で使うものだけ選別・食事は簡単に作れるような鍋とフライパンだけ・調味料やお皿なども最低限そして習慣化するのに私が一番役に立った・ブラックボード集中や習慣化するために携帯のリマインダーや紙にやることを書いて貼っていたのですが面倒くさかったり、見づらかったりしてあまり上手くいかずブラックボードと磁石を使うことで習慣化がしやすくなりました。別にホワイトボードでいいんだけど見た目が格好いいからです。笑子供がよく使っているらしい「やることボード」というのを参考にして作りました。ボードだとペンが太くて見やすいし間違えても書き直せるし磁石でやったものを右に移動させると決めてしまえばやったことがわかりやすいしやった感があるので続けられるんですよね。今回は41日間の移動のため1日の予定を次の日に作りなおしました。右のボードは毎日のやること作業リストと新しくやりたいことをまとめてあります。チェックを入れることで自分で目で見て分かるようにして達成感を持たせ他のもやりたいという欲求を高めています。時間も書いてあるけどおおよそです。そして無理があったりできなければその都度変更していきます。これが紙に書いてしまうと全部書き直したり間違えると汚くなってしまうのでそれが嫌だったんだけどブラックボードならその都度変更できるので楽です。ちなみにブラックボードとペンはダイソーで買いました。そして机の上はこんな感じで必要なものだけ置いています。ちょっとごちゃごちゃしていますね。ブラックボードは作業中は必要ないので他のところに置いておいてもいいかも。部屋の中スペース全体はこんな感じです。物が出ていると気が散るので服とかはクローゼットの中に全て入れて床は広々とさせて休憩中はすぐにストレッチできるようにしています。ヨガマットとかストレッチポールを持ってこればよかったなあというくらい快適。いやいや荷物が増えてしまう。そしてここに必要な本だけを持ってきて棚に入れました。本は必要以上にあっても迷うだけなので選別してきました。本当はこのテレビとMacをつなげて大画面で作業をしたかったんだけどつなげるコードを忘れてしまったのでできません。スーツケースとコードが出てるのでごちゃごちゃとして見えるけど許容範囲。最初の机でもこちらの机でもどっちでもPC作業ができるのがいいですね。座った時に高さがちょうどいいのと背もたれが硬いので逆にだらけずにできるのがPC作業や集中をするのに最適です。ウィークリーやマンスリーアパートは冷蔵庫、洗濯機、エアコン、コンロ、クローゼットさらに机や椅子までついているのですぐに生活ができるのがいいですね。このアパートの周りは川が近くて、目の前がお寺だったりして気持ちがいいので朝運動へ行くのも楽しいんです。初めてPC作業のために部屋を借りたんだけどたまに行ってみたい場所で1ヶ月とか住んで作業するのもいいなあと思っています。いろいろと集中や習慣化、継続するための方法を書いてきましたが、作業への集中はイヤイヤやるものではなくやりたいことをやるために集中するものなので自分が楽しくできる作業への集中の方法をみつけられるといいですね。他にもアスペルガーADHDの習慣化 朝決まった時間に起きるや体力がないなら体づくりを習慣化するしかないでも私がやって良かった集中や継続について書いてます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      163
      2
      テーマ:
  • 08Dec
    • 集中や継続をするには〈4〉私の理想の集中法

      前回集中や継続をするには〈1〉集中や継続をするには〈2〉家の場合集中や継続をするには〈3〉PC作業ができる最適スペースからの続きです。前回コワーキングスペースやカフェが作業に集中するのに最適だと書いたのですが一昨日からさらに集中するために始めたことがあるので書いていきたいと思います。前回までの記事で書いたように集中が出来ない理由に部屋に漫画があると読んでしまうだとかおやつがあると食べてしまうだとか断捨離や片付けしたいなーとか思い始めてしまうためPC作業や勉強に集中が出来ないということになります。そのためこの誘惑ができる限り少ない方がいいですよね。家だと誘惑は山ほどあるため気が散りやすくなるのでなるべくこの誘惑を減らすために机の上のものを極力減らしたり外に出てカフェやコワーキングスペースに行くことで誘惑をなくし作業ができるということになります。そして今回はさらに外へ行く移動時間すら減らすため(これは自転車に乗ったり歩いて出かけると運動になるから頭も冴えるしいいんですけどね)部屋を借りるということをしてみました。先日広島へ行く機会がありそこのホテルでの作業がとてもはかどったんですね。それは荷物が最低限でPCと本しかなかったので作業が進んだんです。もちろんせっかく広島へ行ったので美味しいものを食べ厳島神社などへ行ったり旅を楽しみつつ出かける前後の朝と夜、そして歩いて疲れて夕方に帰ってきて少し作業してまた出掛けるということをしていました。前までは旅なら丸1日出かけたいと思っていたんですが、丸1日歩き回ってると疲れるんですよね。それで疲れて歩き回るくらいなら一回ホテルへ戻ろうと思ったんです。そして休憩がてらPC作業をするということをしてみました。あとは朝起きて少し作業したり夜も余力があれば作業をするということをしていました。そうするとやりたい作業も進むし旅は旅で楽しめるしとても楽しかったんです。PC作業と言ってもやりたいことなので旅行中に仕事をするなんて嫌。。。。とはならないんですよね。むしろ誘惑がないからいい感じに進むんです。そして夕方作業したら夜は地元のおいしいものを食べに繰り出すというなんかこれ最高こういう瞬間ていいなーとすごく思ったんですよね。仕事と遊びを分けずに好きな行きたい場所へ行き旅を楽しみつつ作業もやるというのが本当に最高だと思いました。これってPC作業でできれば国内だけではなく海外でもできるんですよね。なので旅しながら作業するということに慣れるためにも作業をやるようにすることにしました。生きることが仕事をしているということなので遊びと仕事を分ける必要もなかったんですよね。自分がどんな風に生活したいか?生きていきたいか?を実際に試しながらやっています。面白いです。ちなみにいうと作品作りのための材料は多いので持ち運びはさすがに難しいので作品作りのための拠点は置きつつ好きな場所へ好きな時に好きなだけ行くという時間を増やしていこうと思っています。移動する場合は必要最低限の荷物だけになるのでPC作業も自然に集中してできるんです。PC作業も集中してできるわいろいろなところへ行けるわ美味しいものも食べられるわ常に新しいことを知ることができるわこんなの絶対楽しい。。。だからそのために少しずつ旅の時間が増えるように作業を進めています。そして旅や旅行を頻繁に行くというとやっぱり移動や旅費がかかるのでそれをできるようにするために今PC作業に超集中したいためやってみたのがマンスリーのアパートを借りるということです。CMでも流れてますよね。あれですあれ。マンスリーやウィークリーのアパートはエアコン、冷蔵庫、洗濯機、コンロ、布団一式などがついているのですぐに住めるんですよね。さらにテレビ(PCとつなげて大画面で作業できる)や机と椅子までついているのですぐに作業ができます。次はマンスリーアパートを実際に使ってみたのと習慣化するためにやっていることについて集中や継続をするには〈5〉部屋を借りてみたで書いていきます。他にもアスペルガーADHDの習慣化 朝決まった時間に起きるや体力がないなら体づくりを習慣化するしかないでも私がやって良かった集中や継続について書いてます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      189
      テーマ:
  • 07Dec
    • 集中や継続をするには〈3〉PC作業ができる最適スペース

      前回集中や継続をするには〈1〉集中や継続をするには〈2〉家の場合からの続きです。家の中の場合の集中の仕方について書きましたがPC作業は正直私はあまり家だと長時間できません。集中や継続をするには〈2〉家の場合方での方法を使ってある程度はできるようになったのですがやっぱり家での作業を長時間やるのは苦手です。1〜2時間程度ならいいんですけどね。家だとやり始めるまでに他のことをやってしまったり作業している間も他のことが気になってやってしまったりしまうのです。しかし思わず何かやってしまう。。。のを抑制するということを繰り返して抑制機能を鍛えていくのも大切だけどももっと簡単に集中、しかも長時間できる方法があったんです。それが外で(家以外)作業するただこれだけでした。外へ行くだけで家にいる時のように(読みたい本と違う)本読みたいとか(お腹が空いてないのに)なんか食べたいと思い集中ができなかったのがやりたいPC作業ができたり読みたい本を集中して読むことができました。これは家にいる時の数倍できます。家だと始めるまでに時間がかかりそのままやらないこともあるのですが外だと行けばやるんです。作業しやすい環境設定を作ることで周りも作業していたり余計な誘惑(おやつ食べたいとかあの漫画読みたいとか掃除しなきゃとか)がないので気が散らずに作業ができるようになります。目の前のこと(PCか本など自分がやりたいもの)にしかできない状況にを作りだしているんです。そしてその外へ行くとしても問題になってくるのがどこでやればいいのか?です。最初どこへ行けばいいのかかなり悩んだんですよね。そして私がPC作業(読書や勉強など)が長時間できる場所がないかと色々試しに行って良かったと思ったのはもっともいい理想のワーキングスペースなのは・コワーキングスペース(eniciaエニシアなど)次に・Wi-Fi完備のスタバ次に・その他のドトールなどのカフェそして・図書館・公園という順番です。特に良かったところを説明していきますね。私が使うのはほぼコワーキングスペースとスターバックスなんですがはじめに図書館や公園、その他のカフェなどへ行きそのあとはよくスターバックスへ行っていました。スターバックスはWi-Fiがあり平日は空いているのでそれなりにいることができるためです。家にいるより集中できるしまだ電源もあったり作業のためのひとり机もあっていいんですがただWi-Fiが1時間で切れてしまうのでそれがちょっと不便かな?というのとやっぱり1日中いるのは難しいのと土日や混んでる時間は長くいられないため単時間集中する時にはいいかなという感じでした。そのため他に1日中作業できる場所はないかとネットで探して見つけたのがコワーキングスペースなんです。噂では知っていたけど地方なのであまりないと思っていたんですよね。以前探したけど結構高いのと遠いところしか見つけられなくて諦めていました。それが探していたら新しいコワーキングスペースを見つけ行ってみたところ本当に理想とするワーキングスペースで私が行ったのは東海地区で立っているenicia(エニシア)というところなんだけどそこは朝9時〜23時くらいまで使えるしWi-Fiもついてるしフリードリンクもあるし出入りも自由だし机も一人の作業スペースも広く使えるし固定席だったり個室とかも借りれたりするし低糖質のおやつも売ってたし(そこのコワーキングスペースだけかもだけど)それでいてちょうど行ったのが2日でたまたま誰でも無料デーだったんだけどもし普通に入っても朝から夜までいても1日500円でしかも時間とかによって変わるんだけど月額なら980円くらいからで個室もあったりしてとても手頃というのも嬉しかったんです。え、もう理想のワークスペース過ぎてびっくりしました。カフェだとあんまり長時間いると注文しなきゃとか混んでくると出て行かなきゃかなーとそわそわするけどコワーキングスペースは作業のための場所だから心置きなくいられるんですよね。そして周りもみんな集中してPC作業や本を読んだり勉強をしているので自分も自然と作業ができるんです。そして私が行ったコワーキングスペースはの賑やかさが程よく声が聞こえるくらいでした。静かさがカフェよりも静かで図書館よりも賑やかという中間くらいでした。私的にはちょうど良かったんです。図書館は私には静か過ぎて逆に音が気になってしまうのと私はPCの打ち込みの音が強いのでそれが気になり集中できなかったのでちょうどいい静かさなんです。図書館はWi-Fiがないため不便で数回行ってやめました。資料を見に行ったりWi-Fiを使わない時はいいんですけどね。公園は暖かい日なら気持ちがいいんだけど天気に左右されるので毎日は難しいので気分転換ですね。ネットはつながらないけども。他にはファミレスなどでもPC作業をやろうとしたのですが(食事時を避け、平日の空いた時間帯)Wi-Fiがなかったり平日でも賑やかだったり(ファミレスなので当たり前)周りでごはんを食べてたり(食事場所なのでこれも当たり前)机が広過ぎるとなりどうも私には落ち着きませんでした。なのでコワーキングスペースが静か過ぎず賑やか過ぎずWi-Fiもあり朝から夜遅くまで使えフリードリンクなどもあり手頃な値段でできるのでとても気楽で長時間作業ができるので良かったです。東京などの大都市だと普通にあるかもしれませんが地方都市だと知らぬ間に新しくできてることもあるので調べてみてくださいね。私が行ったところは東海地区で短期間でにいろんな場所へ展開していたので地方にもどんどん増えているかもしれませんね。なので私はPC作業で集中したい時はコワーキングスペースを基本にしてたまに短時間だったり気分転換にスターバックスを利用しています。あともう一つ昨日から始めた集中場所について書いていきたいと思います。実はこれのために最近記事の更新ができなかったりしました。集中や継続をするには〈4〉私の理想の集中法へ続きます。他にもアスペルガーADHDの習慣化 朝決まった時間に起きるや体力がないなら体づくりを習慣化するしかないでも私がやって良かった集中や継続について書いてます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      152
      テーマ:
  • 04Dec
    • 集中や継続をするには〈2〉家の場合

      前回集中や継続をするには〈1〉からの続きです。今回は具体的に集中する方法と場所について書いていきたいと思います。まずは家でのPC作業の場合ですが・PC周りの机の上に何も置かない・PCの電源を常にONにしておく(電源を切らない)これでPC机に座ったらすぐにPC作業へ入れるようになります。これだけ?と思われますが目に映るところにものがあると気になって集中できません。そしてパソコン作業の前に汚れたパソコンの机の上の片付けをすると言うひと手間があるだけで作業に入れなかったりします。気づいたら部屋中の掃除や片付けをしていたということもあるかもしれません。そのためにPC机の上には極力物を置くのをやめこのひと手間をなくします。PCの電源を切らないというのも同じですね。つけっぱなしにしておくことでパソコンの立ち上がりの待ち時間をなくしすぐに作業できるようにします。※つけっぱなしというとPC自体の負担が気になる方もいるかもしれません。PCの電源がつけっぱなしがいいのか?その都度消した方がいいのか?という論争もあるようですしね。私は調べたところつけっぱなしでいいのでは?という結論に達しました。作業を最大限やれるのが一番ですしね。ちなみに私のPCスペースはこんな感じです。机の上はこんな感じ。今は右上の端にある小物も置くのをやめたのでさらにすっきりしています。これだと無駄な動作(作業前に机の上の片付けをし始めるなど)がないためすぐにPC作業を始められるし必要な資料やメモも出せます。注※私はもともとは物が捨てれない、片付けてもすぐに散らかる、元あった場所に戻せない、掃除をしようにも片付けをしないとできないというように片付けが苦手でした。このアスペルガーやADHDにおすすめの断捨離本《片付け実践したらイライラが減りうつが改善しました》やアスペルガーやADHDにおすすめの断捨離/PCデータも片付けて脳内すっきりで片付けや断捨離について書いてますので片付けができない。。。という人は覗いてみてくださいね。さらにいうと理想は立ってやると集中力が上がります。相方さんが立ってやってるんだけどかなり集中してやっています。ついでにステッパーで運動もしています。立ってやるだけでも足が鍛えられるのでいいんですけどね。私も試しに立って作業したらとっても集中できて進みました。しかし私は毎日何時間も立ってやるのは。。。。とやめました。はい、なのであまり大きく書いてません。しかし集中できるし座ってやるより脳が冴えている感じもしてよかったです。相方さんはそれで毎日立ってやっていてとてもいいと言っているのでさらっと書いておきます。また座ってやる場合は15分とか30分に一回くらい立ったりストレッチしたりすると集中力が1日を通して続けられるのでなるべく気づいたらストレッチとかお茶を取りに行ったりとかして途中で動くようにしています。上半身だけのストレッチとかも軽く入れたり。私の場合は過集中に入ってしまうことが多くて気づくと1〜2時間経っていたりするので気をつけています。集中し過ぎるとそのあとが疲れて続かなかったりするんですよね。そして次に集中できなくなってしまうのがPC作業をやり始めてから調べ物をしていたらネットサーフィンをしてしまったとかYouTubeを見てしまい作業が進まなかったとメールを返していたはずなのにそのままSNSなどを見て時間が過ぎてしまったということがありますよね。気づいたら日が暮れてしまっているあれです。私はよくやってしまいそしてうわーー今日もろくに作業ができなかった。。。と凹んでることがよくありました。これについては抑制機能を鍛えていきます。簡単に言うと我慢ですね。私は受動型アスペルガーに加えて少し多動ADHDも入っているのでこの他のことがやりたくなってしまったりする事が強めにあるんです。抑制機能の鍛え方はやりたいことをやるために"自発的にやらない"に書いてあるのですぐネットサーフィンをしてしまったり掃除とか他のことを始めてしまう方は見てみてくださいね。ここまでは集中の仕方や家での集中の仕方について書いてきましたが実は最近は家ではあまり作業をしていません。家でやるよりも集中ができる場所をみつけたからです。今は家ではやっても1〜2時間程度で基本は次の記事に出てくるスペースで作業しています。せっかく作業スペース作ったのにねwでもこれらの方法をやった事で格段に作業量と集中力は増しました。集中できる時間を増やして楽しくやりたい作業をどんどんやって過ごしていきたいですね♪次は集中や継続をするには〈3〉PC作業ができる最適スペースについて書いていきたいと思います。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索できます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      381
      テーマ:
  • 02Dec
    • 集中や継続をするには〈1〉

      前の記事でアスペルガーやADHDなどの発達障害は脳の特性上、習慣化や継続が難しいがそれでもやりたいことをやるためにはある程度の継続力が必要ということをアスペルガーやADHDの習慣化 継続しづらいのは脳の特性で書きました。またアスペルガーADHDの習慣化 朝決まった時間に起きるで超スモールステップではじめるということや体力がないなら体づくりを習慣化するしかないで体づくりなどについても書きました。今回はそこから的を絞りPC作業を継続して長時間集中するには??ということについて書いていきたいと思います。私は以前デザイン事務所でグラフィックデザインの仕事をしたりネット販売のお店でパソコンを使って作業をしていたんですが仕事場へ行けば作業が集中してできるんです。周りからはなんでそんな集中できるの?と言われていたくらい徹夜だろうがやっていました。今思えば発達障害の良くも悪くも過集中に入り会社へ行くとスイッチが入り年がら年中できたわけです。ろくに睡眠時間もなかったので居眠りもしたりしてたけど。それでも周りよりはやっていたらしいです。(過集中については発達障害の過集中という諸刃の特技1で書いてます)そんな感じで会社へ行く=集中するという習慣ができていたんですね。でもフリーで家で一人で仕事をするとなると集中ってなかなかできないんです。私はこれを知らなくてスケジュールを作ってもできないしとやってもやっても(間違った方法)できなくて自分が集中できないのは自分の意思が弱いからできないダメ人間なんだと落ち込んでいました。しかしそこから数年経ち知ったんですが一人だと大多数の人はできないんです。同じ仕事をしていた友人と話をした時に一人だと私だってできないよ。会社へ行ってるからできるんだよだからフリーで仕事しないんだよと言われそこでそうだったのかーー。だからみんなフリーで仕事をしようとしないのかと理解しました。知らなかったんです。みんなそれが予測できるってすごいなって思いました。しかしそこでじゃあ私も一人じゃできないからまたどこかの会社で働こうとはならなかったんですよね。だってもう時間固定されてずっと緊張状態で働いて人が言ったことをすぐ理解できなくて電話しながらメモ取れなくて世間話につまらないしという世界に戻ることは全く考えられなかったんですよね。もう作品作って好きに売ってて海外へ行って路上で売ったり出店したりして起きたい時に起きて寝たい時に寝て好きにやっているのにこれからまた決まった時間の生活に戻るなんてありえないだったんです。それならば一人でやりたい時に作業ができるようにアスペルガーやADHDの特性で苦手であろうが継続習慣化をどんなことをしてでもできるようにしてやろうと思いました。だってどう考えても時間が固定されて怒られる生活よりも自分の好きなことや誰かの役に立つことを一人でやるということの方が断然楽しい。どんだけ苦手であろうが継続や習慣化させて自由に好きなことをやる時間を増やした方が断然いいと思ったからです。私はこのアスペルガーの決めたら何が何でもやるの感覚ってイイと思ってるんですよね。迷いがなくなりただそこに向けてやるとなるんです。ちなみにPC作業などを個人でやるというのはアスペルガーやADHDなどの発達障害に向いていると思ってます。だって自分のペースで自分の好きなように誰に邪魔をされることもなくできるんです。これについてはまたどこかで書きたいと思います。今回のは発達障害でもそうでなくても個人でPC関連の作業をしてる方や作品作りで好きでやってるんだけどどうもうまく集中できないという方などにも同じように使えます。というかほとんど発達障害に使えることは定型発達でその類が苦手な人にも有効なことを書いてます。またPC作業以外でも本を読んだり勉強したりするのもやりたいのに集中できないことがあります。これって発達障害でもなくてもできない人が多くいますよね。集中力を高める本や継続するための本、習慣化をするための本が溢れるほど本屋さんに並んでいるのが証拠です。人間はそもそもだらけるようにできてるらしいので意識をしてやらないと難しいんですよね。なので集中や継続に関して発達障害でもそうでなくてもやることは同じです。むしろアスペルガーがイイ習慣を覚えたら最強って思ってます。具体的には次回の集中や継続をするには〈2〉家の場合で書いていきたいと思います。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      324
      テーマ:
  • 01Dec
    • 良いことを知った時は一旦落ち着く

      自分が出会ったもので本当に素晴らしいと思うと興奮して誰かにバーーーーーーーーッと一気に話してしまうことってありませんか?私以前までやってたんですよね。新しいことを知って実行したらうまくいくそうすると誰かに教えたくなるいいことだと思うと誰かに伝えたくなりますよね。前に私は紙って本当にいいんですよ!(紙の作品作ってるので)とか糖質制限やったら情緒が安定したり他にも!!とかアスペルガーの対策やったら良かった!!!とかこれやったら継続して習慣化できるようになって本当に良かった!!!!とか思うと似たようなことで悩んでた人にバーーーーーっと興奮して熱く。。。。。語っちゃってたんです。で話してる途中で熱量が違うことに気づいたんです。そして毎回反省してました。特にアスペルガーとADHDの特性で集中してしまうと周りを見ず語り尽くしてしまうというのが出てしまうということがあったりします。今なら意識してやらないように注意しますが(それでもやっちゃうことはあるけど)数年前の私はそんなこと知らなかったのでやってしまったと毎回反省でした。良いものは伝えたい!という思いが先走っていました。以前やらかしたなって思ったのが久しぶりに会った友人が「毎日家で作業がだらけちゃんだよねー」と言っていたので私は発達障害ゆえに習慣化するためのあらゆる方法を試して良かったものがあったので「家でやりたいのにPC作業がなかなか継続してできなかったんだけどカフェで作業するようにしたら毎日集中してできるようになったよ!!」というのをそれはもうやり方を詳しく熱く語っちゃったんですよね。そしたら「あ、私そこまで困ってないから、家でやるからいいや」みたいに返ってきました。若干引いてる?その人は定型発達でだらけると言いながらも毎日やっていてなんだかんだと家でも作業ができていたんですよね。それを私が勝手に自分と同じくらい家にいるといろんなことに気が散ってできなくてめちゃくちゃ悩んでいると思い込んでしまったんです。そこまで困ってたわけじゃなかったんですよね。多分さらっとした会話の一つだったんです。それに例え本当に困ったり悩んでいたりしても熱く早口で語られたら伝わりませんよね。ただ自分が良いと思って相手もこれを知ったら同じようにできるようになったら喜んでくれるんじゃないかと熱くなり過ぎてしまっていたんです。これは返事をもらい即反省しました。うわーーー勘違いだった恥ずかしーーーーもあるけど伝え方がただ一方的に話しちゃだめだなと気付きました。これではただの独演会です。その場で言ってくれてありがとうって思いました。本当に。そしてこの「いいこと」のタイミングは自分が出会うべくして出会った最高のタイミングなんですよね。その時の自分だから受け取れたことなんです。だから相手に伝える時に同じ熱量で話しても伝わらないんですよね。同じような経験した一歩先の先輩が聞いたら笑顔で聞いてくれるかもしれませんけどね。でも同じようなことで悩んでいたりしてもまだ知らない人に伝える時は熱く語るだけでは伝わらないんです。ちゃんと相手のタイミングそして伝え方熱量を考えずに言うとあーまたこの人興奮して一人で語ってるなー熱い人だなーーーーなんていう感想で終わってしまいます。肝心の中身が何も伝わってません。これ以前は伝わらないのは何でかな?と思ってたんだけど一方的に熱くなってしまっていたからだったんですよね。似たような悩みがあっても自分より相手が熱くなってたら置いてけぼり感があってぶっちゃけ相手引いてますよねこれなので「いいと思ったこと」を伝えたい時は落ち着いてちゃんと相手のタイミングそして伝え方熱量を考えて話すようにしました。たまに話してる途中で暴走する時もありますが。そんな時は途中で気づいたら謝ります。笑あとブログは熱く語ってもいい場所だと思っているのでこれいい!と思ったものはブログで思いのたけを好きなだけ書いてます。笑こんなところがブログが好きなところの一つです。なので落ち着いて伝わるように書こうとしているけれどたまに暴走気味なところはゆるしてください。笑読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      176
      テーマ:
  • 30Nov
    • 嫌なこと(やらかし)を引きずりそうな時

      以前やらかしたは挑戦したということになるということを記事で書いたのですがとはいえやらかしたり失敗すると落ち込んで引きずりそうになってしまうこともありますよね。今回はそんな時の対処方を書いていきたいと思います。嫌なこと(やらかしや失敗)があって引きずりそうな時は・外に出る・メタ認知(客観視)よく嫌なことがあった時は他のことで気分を紛らわそうと言われますができませんよね。昔は嫌な出来事(やらかしたとか失敗したとか)があるとずっと引きずっていました。それで気分転換に出かけようと言われてもずっと嫌な出来事を引きずり全く楽しめませんでした。むしろ出かけている間もずっとやらかした出来事を考えているので心ここにあらずだし一緒にいてくれる人にも悪いしさらに自己嫌悪みたいになってました。特にアスペルガーなどの発達障害はその嫌な出来事に集中し過ぎてしまいます。食欲なくなるし寝すぎる(もしくは眠れない)しやりたいことできないしやっちまったの延々の反復でこれによりどんどん引きこもり鬱の方向へ向かいます。最近家にいてやっちまった。。。。と落ち込み自分の思考の渦の囚われ自分のマイナスの思考へ向かいそうになったのでこれはまずいぞ!と気づきすぐに外へ出ました。外に出て作業してたら気づいたらもうその出来事を考えていませんでした。散歩や自転車で軽く体を動かしながら遠出すると意識がそちらに向かいます。これはやらかしたり何か引きずりそうな時は外に出るというルール化をするようにしていたため外へ出ることができました。そして基本的に他者はそこまで自分のことを見ていないということを脳内に常に叩き込んどきます。やっちまった。。。とその時は他者が自分をそこまで見ていないということを忘れていても外に出て冷静になると思い出す(もしくは紙に書いて壁とかに貼っておきます)のでそのため家に戻ってからもそのことを思い出すことはあってもガクーーーーンと再度落ち込むことは減ります。もし解決しなければいけないことも冷静になれば対策を落ち着いて考えられます。突然のやっちまった出来事は外に出てカフェで作業でもいいし買い物でもいいしご飯食べに行ってもいいです。最もいいのはやっちまった時にどこに行くか?をあらかじめ決めておくと迷わず外へ行くことができます。これは家にいて鬱々としてきた時やイライラし始めそうな時も同じことです。どこに行くか決めておきルール化してしまいます。これによりイライラの軽減喧嘩の軽減鬱々とした気分の軽減生理前のイライラ寂しさの軽減やっちまった。。。の落ち込みの軽減に繋がり落ち込んでいた分の時間ができます。そしてこの時間がやりたいことができる時間の確保に繋がります。落ち込み引きずり癖がある人はかなりこれで時間を使ってしまっています。以前の私のことなんですけどね。落ち込んで自分のマイナスの思考のループに陥っていました。落ち込んでいる時間は意味がないのでどれだけ自分をコントロールできるかがやりたいことをやるためには重要になってきます。(自分をコントロールといっても感情を無くしてしまうってことではなく意味のない思考のループはやめようってことです)やりたいことや好きなことができる時間を増やしていきたいですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      209
      テーマ:
  • 29Nov
    • 言語化することで自分の思考を理解する

      言語化することは自分の思考を理解することに繋がります。私はなぜ作品を作るのか?という質問や何を考えて作っているの?という質問に作品づくりを始めた頃好きだからとかただ作りたいからという風にしか答えられませんでした。今も好きだからとかただ作りたいからというのが真っ先にくるのは変わらないけど。それは本当に真実で何かやる時はやりたいから好きだからそれしかないんですよね。でも作る時とかって何かしら考えているはずそして作るからにはどうしてそういう形になったのかどうしてその色を選んだのかどうしてその素材を合わせたのか何かしらの意味があるんです。意味があるというと感覚で作ってるだけだから理由なんてないっていうのは私もそう思っているし意味は後付けだとも思うんだけど。すべてに意味を求めるのは違うと思うけれどアートは感性で何も考えずに作っているという人もいると思うけど私は過去に聞かれた何で作ってるの?どうしてこうなったの?というような言葉と同じくらいに言われた言語化できるといいですねという言葉の意味を数年経ち今の私なりの理解をしたのでそれを書いていきたいと思います。何で作ってるの?は好きだからやりたいようにやったらできたしかないと思っていたため言語化つまり言葉で表現できるといいですねと言われる意味が分かりませんでした。だって作る時はただこう作りたいからやってみようとかそういえばあれカッコよかったからいろいろな素材や物を合わせて自分がイイと思ったものをただ組み合わせていくというようにやっているだけなんです。そこに意味や理由を聞かれても困る。。。。と沈黙してました。でもそういえば他の人の作品を見ているとコンセプトや思いを書いてますよね。どのタイミングでみんな考えてるんだろう?元からテーマを決めて作り始めたのか出来上がったものを見てタイトルを決めたのかはたまたわかんないなーと思いながらなんとなく書いているのか?とか思っていました。周りもなんで作っているのかわからない作りたいから作る作るしかないから作るという人も結構いました。逆にポーーーンっと○○だから作ってる!とはっきり言う人もいました。グラフィックデザインの広告の仕事をしていたので広告とかだったらクライアントからの要望、目的があってそのテーマやコンセプトに合わせて作るので理由や意味があるというのはわかるんだけど自分の作りたいものを作る時はそれが分かりませんでした。ただただ紙が好きでただただ紙という素材を生かしたものを作りたくてあとは朽ちたものや枯れたものの色合いや風合いなどが好きで紙が好きでそれを組み合わせてただ作りたいだから作っていたんですよね。ただ作品を売るようになるとこんなのが欲しいとかこんなの作れる?とか言われたりして幅広く作れるようになります。すると作ったものにやっぱりタイトルとかつけるようになるんですよね。私はこれに対して違和感を感じ始めはタイトルもテーマもなく思いのままに作っていたものがタイトルやテーマをつけることで限定的になっているのではないか?ということで悩みました。テーマやタイトルがあると他の人にとっても分かりやすいというのはわかるんだけど作っていく上で何か違和感を感じずには入られませんでした。もちろんそのテーマで作ることでまた新たなものができたりして今までとは違うものもできるのでよかったんですけどね。そのまま作り続けていたんですがオーストラリアでがん発覚という出来事があり作品作りができなくなりました。(詳しくは→発達障害を受け入れたらやりたいことができた〈プロフィール〉で書いてます)そこでこれから先どうしようかと改めて考えることになりました。もう作品作りをやらないかもしれないというところまで追い込まれました。あんなに好きなことだったのにです。ものすごくショックでした。大好きなはずの紙を見たくなくて自分でアクセサリーを身につけることもしなくなりました。そして1年以上経ち言語化するということを始めることにしました。自分の思いや気持ち過去に起きたことこれからやりたいこと自分の考えていること思考を吐き出していくことにしました。すると自分がなぜ作品をつくるのかなぜできなくなったのかなぜこんな意味もないことをやるのかこれからどうしたいのか吐き出すことでそれがだんだんと言語化され自分が今何をしたいのか未来へ向けでどうありたいのか今自分がどうしたいのかそれがはっきりと分かるようになったんです。前回の作品づくりしか興味がなかったの記事でも書いたように作品づくりだけでなく自分が何をしたいのかそれが広がることで捉え方が大きく変わりました。私のやりたいことは作品づくりなどで自己を表現し続け自立し人のために生きるというシンプルな生き方を追求することです。作品づくりも自己を表現し続けることの一つです。私はなぜ作るのか?に答えられない頃は言葉で表現をすることも苦手だし人と極力話したくないしどうにか人から離れて生きていたいと思っていました。それが言語化することで自分がやりたいことが明確になり人というものにも興味を持つようになり関わりあって刺激しあって生きたいと思うようになりました。そして自分が未来に在りたい姿を明確に言語化することで今の自分がどう在りたいか分かるためで自分の軸がブレるということが減ります。私は言語化することで自分がどう在りたいかわかるようになりとてもよかったと思っています。言葉で表現するということは誰かや人に見えるところでなくても手帳やノートにひたすら書き出すことでも見えてきます。それを一つ一つ見ていき本当に自分が望むものは何なのか知ることでそれぞれの在りたい姿のために毎日生きていきたいですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

  • 28Nov
    • 作品づくりしか興味がなかった

      数年前の私は自分のやりたいことや物作り以外に興味がないと思っていました。私は作品づくりしか興味がないのだと思っていました。社会や歴史に少し興味をもっても途中で嫌になっていたし作品作りを始めると人と関わることが増えるんだけど自分の作るものや他者の作る作品にしかほぼ興味がありませんでした。「作っている人に興味ないの?」と聞かれたことがあるんだけどその時は「???きょとーーーん」でした。作品への興味がかなり強かったんです。あとは対人恐怖が異常にあったこともあります。それで作品作りをやっていましたがでも実際ものづくりだけやろうとしても難しかったんですよね。だって物を作るだけでは生きられないし(修行して食べずに生きている人もいるようだけど)食事しないと生きられないし体力なければ動けない食事するために料理は作らないといけないし綺麗な服を着るためには洗濯をしなくてはいけないものを作るにはお店で人に会って人と関わらないといけないし寝ないといけないしお風呂も入らないといけない話さないといけないし起きないといけないし息しなきゃいけないし物を作るためにやらないといけないことは山ほどあるんです。呼吸が大事なことも知りました。そして作品を売るようになると作るために人を知ることになり物事を知るようになり社会を知り歴史を知り今を知り未来を知るいろいろな事が知りたくなるという欲求がでてきたんです。不思議でした。一人で篭って作っていると人への興味はあまりないのに作品作りを通して人への興味を持つようになりました。無知なまま世間を知らずやりたいようにやっててもよかったのかも知れません。自分の世界へ入り込みそれもいいのだと思います。でも私は無知で世間知らずでやってても何かが足りなかったんです。それが自分の内に篭り続けていたことが一つではないかと人と関わるようになり気づきました。もちろん作品作りやアートをどう捉えるかはそれぞれなので私の物作りに対する今の考えです。知らないものはしょうがないというのは思考停止以外の何者でもありません。自分の知っていることだけでやっていると偏ります。この偏りはそれまでの社会と関わった中で出来上がった古い自分です。一人で思考してもそれは新たな思考へ繋がるのではなくただひたすらに同じところをぐるぐる回るかゆっくり進んでいるかでした。それが他者と関わりを持つことで思考の変化が大きく訪れました。それまで極力人と関わることを避けていた私にはとても衝撃的でした。そして気付いたのは自分の世界だけにいるのは自分の思考にぐるぐるはまっているのは世間に社会に流されて生きるのと同じ思考停止の世界にいるのと同じではないかと思いました。そして今まで興味を持つことができなかった人のこと社会のこと世界のこと働くということお金を得るということそういったことに興味を持つようになりました。興味を持ち学んだことで自分のやりたいことは作品づくりとしか見えなかったのが全体の中での位置がみえるようになってきました。作品づくりは私のコアです。どうして作品をつくるのか?聞かれても好きだからとしか分かりません。やりたいからやるとしか言えません。それが作品作り以外の他のことに興味が持てるようになったことで自分が何を思考しているのか何をやりたいのかどうしていきたいのか何を望むのか紐解けるようになってきました。作品づくりは自己を表現するための一つです。この言葉を綴るのも同じことです。料理をすることも服を選ぶことも洗剤を選ぶことも全てが自己表現の一つなんです。その中心(コア)が作品づくりだったということです。他に興味を持てるようになり世界が広がったことで気づきました。思考停止にならずに世界を知ることで自分と他者との繋がりができそこにまた新たな世界が広がっていくのだと思いました。アートや作品作りだけでなくすべて自分で選んだものが自己を表現する一つになることを意識して一つ一つ丁寧に選び続けて自己を表現していきたいですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

  • 27Nov
    • やらかしたは挑戦したということ

      あまり話したことない人なんだけどずっと話してみたかった人へ話しかけてみたら変な間と空気にしてしまいました。こう聞くとああ失敗したんだなやらかしたんだなというように聞こえますよね。これ最近私がやった実体験です。話してみたい声かけてみようと話しかけてみたはいいけれど変な間と空気を作ってしまったやっちまった。。。と以前の私ならそのまま少なくとも1週間は落ち込んで他のこともやる気にならずさらに一年後くらいに思い出してうわあああああ!!とフラッシュバックが起き恥ずかしくなりまた凹んでいました。これはアスペルガー特有の過去を今起きてるかのように思い出すってやつですね。しかし最近は声を自分からかけれたというやってみた部分にフォーカスすることにしました。そうすると自分から声をかけることができたということになるんですよね。見るとこ変えるだけで不思議。そうすることで自己否定になってしまう出来事かと思いきや逆に自己受容のひとつになる出来事に早変わりです。失敗したやらかした落ち込むということは挑戦したということなんです。いや変な空気や間をつくってしまったのはごめんね?とは思ってるけど。そして今回は声をかけることができたしかし変な間を作ってしまったじゃあ次にどうするか?変な間にならないようにどうするか?を対策してけばいいんですよね。それから数日後にたまたま特に相談したわけではないんだけど会話についての話になったんです。まだ初対面の相手とは(私は初対面ではなくまだ打ち解けていない相手だったけど)自己開示を少ししてから質問すればいいんだよと教えてもらいました。この方も元は話すのが苦手でいろいろな話し方の本を読んだり研究しまくってたらしいです。そしてその変な空気にしてしまった時のことを思い出すと「相手のことを聞いてみたい」が先走ってしまいいきなり質問してしまっていたんですよね。これは。。。相手は警戒しますよね。いや何度か会ったことある人で初対面ではないんだけど。なので次に自分から話しかける時は自分のことをほんの少し話してから質問してみようと思います。私は深い話やコアな話になれば緊張せず話せるんだけど話しかけはじめや軽く会話に入る最初の部分がとても苦手なんですよね。軽く挨拶から深い話までどうやって繋げていけばいいのか自分からはなかなかできなかったんです。でもそういえば思い出すと無意識で自己開示(自分のことを話すこと)をすると相手も話してくれたりその逆で相手が自己開示をやってくれていたんだなと気づきました。失敗すると自分の何がだめだったのかわかるんですよね。これは苦手やできないと思ったことを挑戦してみたということがないと分からなかったり知識だけの頭でっかちになってしまうので実際にやってみるということが大切なんですよね。いや失敗するし恥ずかしいしごめんねってなるんだけどでも相手はそこまで気にしてないです。だって逆に相手から話しかけてきてそれで変な間になったり変な空気になっても大して気にしないですよね。相手を故意に傷つける行為でなければやってみるくらいの気持ちでやるのが大切ですね。→それでもやらかして落ち込んで引きずりそうになった時の対処法はこちらの嫌なこと(やらかし)を引きずりそうな時の記事で書いてます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      247
      2
      テーマ:
  • 24Nov
    • 褒めてもらえたら照れつつもありがとうと言っちゃう

      作品を褒められたらありがとうという前まではそんなことないですなんて言っちゃってました。自分でもいいと思い人前に出しているのに相手が褒めてくれたのに謙遜と言う名の相手の言葉の否定をしてしまっていました。それは日本ではよくも悪くも子供の時から謙遜しなさいというのが美徳として教わってきているのでやってしまうんですよね。でもある時尊敬する素敵だと思っている人たちが私が素敵ですと伝えるとありがとうとすっごい笑顔で言っていたんです。それに対して私は恥ずかしくてできなかったので驚いたんだけど相手の言葉を素直に受け入れていて自分に対しても自信があるようにみえ格好いいなと思い私もやるようになりました。自分が最高だと思って作った物を褒めてくれたんです。それをわざわざそんなことないですと言っても意味がないですよね。さらに自分では最高だと思ってるけど自己否定も強かったため(今はそんなこと考えても意味がないと思うんだけど当時は)すごいものなんて世の中にいくらでもあるしお世辞でいってくれてるかもしれないというように考えてしまい相手がせっかく言ってくれた素敵な言葉を自ら受け取ることを拒否してしまっていました。これは相手を否定してしまっていたようなものでした。そして自分の作品をいいと思い外へ向けてだしているのにそんなことないですと言うと相手から見たら自信がないならだすよ。。。良いと思っているのにという感じですよね。例えば作品とかでなくてもせっかくこちらが相手に向けてその洋服とても似合っていて素敵ですねと言ったのにそんなことないですよと返されたら悲しいですよね。だからそれからは褒めてもらえたら笑顔でありがとうと言ってます。そうするとその場の雰囲気も良くなるんですよね。そして素直にありがとうと言うことで自分への否定の心もなくなっていきました。初めは素直にありがとうというのは照れくさくてとてもキョドッてはっ、嬉しい、ありがとうみたいなキョドキョド照れつつ言ってました。それでも相手は笑ってくれているのでその雰囲気もまたいいのかな?なんて思ったりしてます。笑今も褒めてもらえるとキョドるけれど。作品だけでなく他にも髪型似合うねとかその服おしゃれだねとかそういったことも照れつつもありがとうと言うというようにしてます。だから照れても恥ずかしくてもキョドッててもありがとうということをがんばります。ここはがんばっちゃいましょう。笑ほんとうに素直にありがとうが言えるとその場がお互いを受け入れあう素敵な時間になるんです。恥ずかしくてもキョドッてもありがとう嬉しいって相手に伝えていきたいですね♪読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      410
      4
      テーマ:
  • 23Nov
    • 覚悟の意味〈2〉自分の意思や信念を貫くこと

      覚悟の意味〈1〉格好いい人間への憧れからの続きです。自分の意思を信念を貫くと決めるそれが覚悟というものなのだとやっと自分の中に落とし込むことができたように思います。自分のやりたいことをやるということ自分のやりたいことを言葉で伝えることをするといつも肯定的な言葉だけではありません。時には否定や批判を受けることもあります。(ここでいう否定や批判とは一方的に強く受けるという意味です。基本的に他者と意見が違うのは当たり前で否定や批判を悪いものだとは思っていません)そして批判を受けることで参考になることもありますが間違っているかもしれないと不安になることもあります。しかしそれだけ他者そして自分に何かが響いたということでもあります。昔から人から何を言われてもやりたいことをやってきました。批判や否定を受けるということは不安になることもあるけれどふと気付きました。否定や批判を受けてもそれでもやりたいこと自分がいいと思うことを貫くということが覚悟なのだと思いました。覚悟を持つの意味が良くわかっていなかったのでいつかそう在りたいとそう生きる人にかっこよさと憧れを持っていました。批判は自分がどれだけ覚悟を決めたのか自分の中で試されていたのだと思いました。そして批判を受けた時に一瞬の不安がよぎることもがありますがそこで自分の信念や生き方どう在りたいかを思い出せばその必要がないのだと気づきます。そして批判に対しての自分の信念がはっきりと自分がどう在りたいかどんな世界になることを望んでいるか言語化してあるとこのブレはすぐに自分の軸へと戻ってきます。人からの意見や批判は大切だけれど過度に気にし過ぎず他者の言葉を受け入れそれぞれの自分の信念を貫きそれぞれの自分の在りたい姿それぞれの在りたい世界を一つ一つカタチにしていきたいですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      217
      テーマ:
  • 22Nov
    • 覚悟の意味〈1〉格好いい人間への憧れ

      批判や何があろうとも自分の信念を貫くと決めるそれが覚悟というものなのだと自分の中に落とし込むことができたので書いていきたいと思います。私は格好のいい人間に昔から憧れていました。小・中学生の頃からの憧れというとセーラームーンの天王はるかセーラーウラヌスのような人間が格好良くて好きでした。でも自分はほど遠い人が怖いし人に対してはっきりものが言えないしやりたいことは誰に何言われてもやるけど人に対しては何にもできないしそれができなければただのダメ人間のように思っていました。この頃は全くアスペルガーや発達障害というものを知らなかったですしね。それから格好いい覚悟を持った人間にたくさん出会いかっこいい怖い近づきたい自分もそう在りたいとさらに強く思うようになりました。そして作品作りや出店、委託販売、展示、海外で路上売りなどやっていました。それでも人と話すことや人と一緒にいることは苦手でビビっているのでやっぱり自分はかっこよくなれないのかと思っていました。それから数年経ち話すことが苦手ならば言語化して文字でもなんでも伝えてみようと思うようになり表現するということを始めました。そして文章でもなんでも言語化することで話すと言うことも少しずつできるようになってきました。話す、会話をするよいうことは自分がやっていることを伝えると言う作業の一つです。そして自分のやりたいことを一人でやっているうちは肯定も否定もされません。ただただ自分がやりたいことをやるだけです。そして言葉を使い人に伝えると肯定もあれば否定を受けることが増えます。作品を作り自分以外の外の世界へ表現することで広がりを見せまたやりたいことを言葉で伝えることでさらなる広がりを見せることがあります。今まで苦手だと思い回避していたからこそ言語化というものは大切なのだと知りました。そして否定を受けることもあると書きましたが自分のやりたいことや意思を貫くということは間違えることもあるかもしれないということです。それは怖いことでもあります。人間は完璧なものを選び続けることはないからです。それを自分がひとつひとつ選択していくんです。誰かに合わせて生きるのは誰かの意思に従って生きるのは楽かもしれません。私は作品作り以外は結構どうでもよかったのであまり意見をいうことはありませんでした。だから基本お任せでした。しかし自分の生き方ややりたいことを決めたことでやりたいことが他にもできました。それに対する批判や否定を受けることもありました。人が自分に対して言ってくれることそれはありがたいことです。そしてそれまで人に伝えるということを避けていたことをすることにより起きた出来事なので自分がそれだけ新たなことを挑戦し始めたということでもあります。私は正直他者に対しても自分に対してもゾクゾクする作品が好きで作品以外はどうでもいいと思うほどあまり人に興味が持てませんでした。それから数年経ち様々な人に出会いいろいろな体験をしたことで意識が変わっていき自分や他者の作品だけでなく自分そして他者の生き方や信念が大切なのだと思うようになりました。覚悟の意味〈2〉自分の意思や信念を貫くことへ続きます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      129
      テーマ:
  • 21Nov
    • 活動のきっかけの大元は小中4年間の不登校

      今行っている活動のきっかけの大元の理由にいつか不登校の子たちのために何かやりたいというのが密かに10年くらい考えていました。小さい時からずっと絵を描いたり何か作ったりしていて小学4年生で不登校になり同人誌即売会に出店したりしていました。自分で印刷所を調べたりコンビニで単色コピー(当時は単色も白黒も1枚10円だったんですよ)をして切ってパッケージングして売ってました。全部自分で調べてやっていました。ネットも検索するのにとても時間がかかっていたので雑誌の情報や即売会で置いてあったチラシを毎回何百枚ももらって熟読してやっていました。あとは朝から晩まで絵を描くかアニメ、漫画を読んだりしてました。布団でも鉛筆と紙を持ち込んで絵を描いていました。そんな生活が小学4年生から学校へ行かず4年続いていました。学校へ行ったあとも学校以外の時間はほぼそんな生活でした。一見好きなことをやっているように見えるけれど心の中は焦りでいっぱいでした。親は不登校になってしまったのは自分のせいだと言いいろいろなカウンセリングに連れて行かれました。妹が先に学校へ行かなくなったのでなんでお前もいかないんだ。。。というようなことも言っていたらしいです。(これだけはあんまり覚えていないけど)そして家の中は常に夫婦喧嘩や祖父母と両親の一方的な怒鳴り声だとかが毎日絶えませんでした。一度怒鳴りだすと2時間くらいは怒鳴り声が終わりません。夜中の1〜2時くらいまで聞こえていることもよくありました。週に1、2回だけ夜に静かな日があるのでその日だけは静かに絵が描けるので嬉しかったです。その頃の望みはただ絵を静かな場所で書きたいということだけでした。たまに妹とこのうちで殺人事件が起きてもご近所さんからは「やっぱりね」って言われるよね。とか話してました。この頃はこれが普通だったので他の家もこれが普通で毎日怒鳴り声があるものだと思っていました。(うちの方がもっとすごかったよーとか全然あると思うけどまあ私の体験てことで)家にいて一見好きなことを好きなだけやっているように見えても焦りがあります。家の中は常に怒鳴り声があるのが普通周りは普通に学校へ行っているから自分が勉強が遅れて人との交流も遅れるため焦る親は家にいて不登校であることを親戚に隠しておけと言うなど不登校である自分はダメなのだと劣等感や自己否定の塊でした。しかも勉強が好きだったので勉強はやりたいのにやれていないというのが残念でなりませんでした。4年も遅れたら追いつけない。。。と思っていました。家で勉強がちゃんとできない自分がダメなんだと思っていました。そしてそんな中で毎日毎日絵を描き続けていました。今でこそ毎日集中して絵を描き続けていた頃の自分になりたいと過去の自分に嫉妬(憧れ)すら抱くようになっていますがw最近までアスペルガーなどの発達障害など知らなかったので当時は自分はダメなんだという否定や不安、焦りが常にありました。そのため20才を過ぎ働くようになった頃にはいつか不登校の子たちのためにに何かしたいと思うようになりました。小・中学生の時に行っていたフリースクールの人とかのボランティアだろうか?と思ったけど自分のことすらまともにできないのにできるのだろうか?という思いと私自身がフリースクールですら心が開けなかったのにそこで何かやるのにも違和感を感じていました。そしてその頃はまずは自分がちゃんとしてからでないとダメなのか?とかそんなことも考えていました。それからまた不登校の子のために何かしたいと思ってから数年が経ちました。そしてまた作品作りというものをするようになり不登校の子たちに作品を通してやるのもいいのかな?と思いました。また私は「これだ」と思うと即行動に移すのですがそれがなく行動に移すことはありませんでした。しかしこれもまだ自己否定の強い自分は実行に移すことができないというのもありましたが、ここでも作品を通してというのも何かしっくりときませんでした。そして20歳の頃に思いたってから10年が経ちました。そして自分が不登校の子のためになにができるのか?と思ったらまずはやりたいことをやりたいだけやる格好いい大人を増やすことが不登校の子たちへも繋がるのではないかと考えました。直接子どもたちでなくとも私は不登校の時は親や先生は学校へ行くことが正しいと言わんばかりに行け(保健室にいたら担任の先生が来て腕を引っ張られ無理やり教室に連れて行かれそうになることもありました。断固、柱につかまって拒否したけど)というそんな環境が周りから遅れてしまう不安や焦りとなって行くのだと思いました。今思えば毎日絵を描いて好きなことやって自分で調べて出店や印刷所へ持ち込みや漫画を描いて投稿していた小学生~中学生時代って最高じゃないですか?たった一人でやりたいこと全力でやってそれを形にしている小学生って意外と結構面白くないですか?最近知り合いの不登校の生粋のアスペルガーの子と知り合いになったんだけど知識豊富で集中力半端なくて相方はこの中1の人に仕事を振るくらい尖った個性がやばくて最高に面白いです。学校行ってなくてもやりたいこと貫くかっこよさこの子の親は受け入れその子のやりたいことを全力で協力しているんです。学校に行かなくても(今はいってるみたいだけど)好きなことを全力で協力してもらえたら子どもとしては本当嬉しいですよね。認めてくれてるやりたいことを否定しないこれはとても大きいのです。相手を否定をしないというのはなかなか難しいんです。自分の方が正しいと誰もが思ってしまいがちなんです。親子でなくても彼氏彼女だったり友達だったり先輩後輩だったり師弟関係だったりでも同じことです。なのでまずはやりたいことをやりたいだけやる格好いい大人が増えそれが子どもに伝わりそれがどんどん増えて行くことが面白い世界になっていくんだと思っています。だから20歳の頃からの不登校の子たちに何かしていけることはないだろうか?という思いがありそれの形が変わり直接ではないけれどもこれが今やっている活動の大元のきっかけの一つになっています。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      149
      2
      テーマ:
  • 20Nov
    • 宮島 厳島神社への旅。お参りで自然と感謝を思う

      広島へ3日間の旅へ行ってきました。厳島神社でお参りする時に自然とこの場所にこれで気持ちのいい空間にいさせてくれてありがとうという感謝の気持ちが湧いてきました。今までは神社や初詣でお参りする時に願いごとをすることに疑問を持っていました。願いごとというし疑問に思いながらとりあえず昔はみんな楽しく過ごせばいいなあとふわっと思うような感じでした。途中からは今年は私は〇〇やります!よろしくです。という宣言をするようになりました。自分次第でできることはやると思っていたので願いごとというより宣言をしに行くという方がしっくりとするように感じていました。それが厳島神社でお参りをすることに対して自然とここに今いられることに対しての感謝の気持ちが在りました。最近感謝の理由を笑顔や感謝がいいと言われるわけ【3】で書いたのですが先に感謝するということを人から聞いて私の中でしっくりときてから何事も感謝なんだなぁと思うようになりました。ここだけ聞くと感謝がいいと言ってもよくわからないと思うのでなぜ感謝がいいのか?を私なりに言語化して笑顔や感謝がいいと言われるわけ【3】に書いたので読んでもらえたら嬉しいです。今回の広島は急遽行くことになり広島への情報もあまりないまま行ったのですがなんとなく厳島神社は行きたいなあという感じでふらりと行くことになりました。宮島はとても気持ちのいい空間でした。船で着いた瞬間に鹿がすぐ自転車に紛れていてオーストラリアのカンガルーを思い出しました。人がいようがいまいが我関せず。我は我、人は人でからみあってるなぁと。そしてそのあとに水に浮かぶ厳島神社へ。そこでお参りをしてお賽銭もしました。私はお参りに対してはさっき書いたんだけどお賽銭もなんでお金入れるんだろう?神さまへお願いするからとかお寺や神社の修繕のためとか御縁があるように自分のお願いを叶えてもらうためとかそんなようなことを聞いていたのでそうなのか??とやっぱりどうもお賽銭というものの意味がしっくりしていなかったんです。素直にお賽銭できていなかったんですよね。それがお参りの時にこの場所に来れたことに感謝しますありがとうと思ったらこのお礼としてお賽銭をするということをふっと思いました。これを詳しく書いていくとこのお金でいつまでもこの空間この空間で感じる人々が続くようにという願いをお金という形で感謝、お礼をすることで心の中だけでなく現実の中でも役に立つのだと思いました。お金というもので感謝を表現することでこのお金により神社の修復や継続されるため等に使われこの空間がこの先も続くことに対してお金で感謝の表現ができるんですよね。お金により修復、継続されます。それに貢献しているということになります。昔から願いというのは自分で行動してやっていくものだと思っていました。だからお参りで願いごとをするのに疑問を抱いていました。しかし自分ではどうしようもないことを神頼みとしてお願いすることで神さまに委ねることを知り神様にまかせることで願いは叶うため感謝がでてくるということを思ったことで自然とただこの空間を感じられることに感謝を感じました。気持ちのいい旅ができてよかったです。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

      156
      2
      テーマ:
  • 19Nov
    • 人生は死ぬまでの旅〈3〉海外旅行保険は必要なのか?

      私はオーストラリアでがんを通訳越しに診断されました。そしてその頃に言われた言葉の一つ新たなjourneyが始まるんだね今度のは過酷な旅だね私はこの一言で私は大丈夫だと思いました。-----------人生は死ぬまでの旅〈1〉がん発覚時に言われた最高の一言人生は死ぬまでの旅〈2〉通訳越しにがん宣告からの続きです。そういえば海外旅行保険入っておいて本当に良かったなと思ったので書いておきたいと思います。本当海外保険入っといてよかったと思いましたよ。マジで。海外保険は帰国しても発症から6ヶ月は日本の病院での保険もでるみたいです。私の入った有名な海外保険のとこはそうでした。しかも私2年目の保険を変えて1ヶ月で発見されたので正味2年目の保険は1ヶ月ちょっとしか払ってません。途中で帰国すると残りの保険代は戻ってくるようです。知らなかったですよ。思いがけず返金されたので大いに入院中に使えました。もし何かで緊急帰国になった時は海外保険の解約を忘れちゃダメですよ?しかも海外で診断されると日本の治療費も出るのには驚きでした。これは良かったです。ってたまたまワーホリで行ったたった1〜2年の海外でがん診断ってあんまりないですよね。海外保険なんて意味がないという人もいると思うけど私としては海外保険入っていて良かったと心から思いました。入ってなかったら一体レントゲンとか血液検査とかさらにがんの種類を特定するやつとかCTとかもやるか?という話も出たので(これは日本でやることにしました。どうせガンは確定してるので治療が日本でやるし)もし保険入っていなかったらいくらかかっていたんだろうか?という感じでした。病院で聞いたんだけど保険に入っていると金額がわからないので教えてもらえなかったんです。息も絶え絶えなのにそんなん聞いてるなよって感じですけどね。笑最優先事項は死んだらどうにもならないから肉体だけども肉体直すにはお金も大事だからしょんないですよね。体はもちろんだけど保険もお金も大事だなと思いました。まあワーキングホリデーにガンとかになる確率でいったら期待値マイナスだけどね。私としては海外旅行保険入っててよかったって感じですね。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

  • 18Nov
    • 人生は死ぬまでの旅〈2〉通訳越しにがん宣告

      私はオーストラリアでがんを通訳越しに診断されました。そしてその頃に言われた言葉の一つ新たなjourneyが始まるんだね今度のは過酷な旅だね私はこの一言で私は大丈夫だと思いました。-----------人生は死ぬまでの旅〈1〉がん発覚時に言われた最高の一言からの続きです。読んでない方は人生は死ぬまでの旅〈1〉から読んでもらえたら嬉しいです。がん宣告された頃について落ち着いてきたので書いていきたいと思います。私はワーキングホリデーでオーストラリアで2年目のビザを待っている時にメルボルンの病院で通訳越しに「大きな悪性の腫瘤がある」と診断されました。2年目のビザを待ってる時ですよ?(オーストラリアのワーキングホリデービザは1年目にファームなどで3ヶ月以上働くと2年目のビザがもらえるという素敵制度があります)2年目のビザを取るためにファーム(農作業)で3ヶ月以上がっつり朝から夜まで働きまくり訳のわからない書類を必死で書いてビザの申請をしてそして申請中に1度日本に帰りたくて(基本は申請中は帰らない方が無難)オーストラリアでわからない英語で質問しながらなんだかんだしてやっと申請ができてというところでの待機中さらに大きいメルボルンの音楽パーティのチケットがギリギリで手に入りキャンプ用品の準備をしてあとはテントを買うだけ!というところで「大きな悪性の腫瘤がある」と言う診断。脳内ガーーーーーーンって聞こえてきました。あ、がんを診断されるとガーーーーーンって思うって本当なんだって思いました。そしてオーストラリアにいるとまだ現実味がないというか診断の時って泣かないっていうけど本当冷静で泣かないんですよね。一人だしな。診断された時点で変な咳が出たり熱があったりものを食べるとむせたりということがありして病院の薬を飲んでも効かなくて悪化の一方でおかしいと思っていたしな。。。最初に砂嵐の中での音楽パーティで喉やられたせいかな?風邪かな?と思って大根蜂蜜とか作って舐めたりしてたんですよね。しかし1週間でさらに悪化したんですよね。おかしいなと思い病院へ行き薬をもらうけどほとんど効かず1週間くらい経っても良くならなくてこれはおかしい。。。。と思って再度病院へ行きました。どうしてもおかしいと思って伝えてたらDr.がピンときたのか「レントゲン撮ろう」となり発見されました。レントゲンと血液検査とかしたら大きな腫瘍が胸にどかーんとあったのと血液検査の結果も異常値が出ていました。そしたら週とか月単位悪化する中悪性度の悪性リンパ腫だったんですよね。本当おかしさに気づいてくれたイケメン中国人Dr.ありがとうですよ。全部通訳越しの診断です。通訳越しでこのおかしさに気づくなんてすごいと本当に思いました。そして次なる問題が帰国と保険ですよね。保険会社に電話したり飛行機チケット取ったりだってワーホリでがん宣告なんてそうそうない。。。。と思ってるんだけど。その時点で熱あるわ横になると変な咳でるわ息苦しいわ飲み物むせるわな状態。それで最初に書いた一言を言ってくれたお姉さまたちに助けてもらいました。私はもともとバッパーという6つベットが置いてあって他の人たちと一緒に生活する場所で生活していたんだけどその時はちょうど空いていてファーム(農作業)で一緒だった日本人の子と二人で暮らしていたんですね。でもオーストラリアでシェアハウスに住んでいるお姉さまたちに言ったら(私も前に少し住んでいた)バッパーにいるとうるさいし体調に悪そうということですぐに次の日くらいには部屋を貸してくれました。バッパーも元気な時ならキッチンをみんなで使ったり夜騒がしかったりしても楽しいんですけどねwほんの2、3日の出来事でした。すぐにしんどいでしょと飛行機もチケットもとってくれました。しかも病気だからいい席に移してもらえないかという交渉までしてくれたり。その2、3日の間はほぼベットにいたんだけど忙しいだろうにごはんを用意してくれたり明るくかまってくれたりしました。誰もシェアハウスから行くとそこでやっと泣きました。診断から何日経っていたんだろう優しさにこれから待ってくる不安に一人で泣きました。この時は誰かの前では泣けなかったな。異国の地でまだ気が張っていたんだろうなと思う。その時言われたのが人生は死ぬまでの旅〈1〉で書いた新たなjourneyが始まるんだね今度のは過酷な旅だねという言葉でした。飛行機のチケットを用意してもらってごはん用意してもらって飛行場まで荷物もしんどいでしょと運んでくれて見送られました。笑ってまたね。でした。思い出して書くと泣きそうになりますね。今から1年と10ヶ月前のことなんだけど思い出すのもしんどくてきちんと思い出すのを封印していました。人生は死ぬまでの旅〈3〉海外保険のことへ続きます。読んでいただきありがとうございました♪▼お悩み相談受け付けています発達障害や思考、ブログ内容について何かご質問やお悩みがありましたら個別にお返事させていただきます。↓もしくはこちらから検索でもできます。@cpv8999qお役立ち情報なども不定期にお送りします♪お気軽にメッセージくださいね♪

プロフィール

さち@肉体×行動+思考のあそび

性別:
女性
血液型:
AB型
自己紹介:
〈人生は死ぬまでの旅〉 好きな作品作りをし 自己を表現し続け 行きたいときに海外へ行き 居心地のい...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス