5/20日に新潟テルサで行われた、「Perfumeファンクラブトゥワー 2018」新潟公演のMCレポです。
相変わらず、行ってないのに行ったかのように装って書いたレポです(笑)。




この日のチーム分けは、「コシ!ヒカ!リ!」


あ~ちゃんが、いきなり、「コシ!」と叫んでも、観客が一切ピンとこず、ザワザワ。
そんな時、のっちがビシッと、「(あ~ちゃんが乗せた)この船は沈んだ事はねぇ~!」と一喝。
見事に観客を一つにまとめましたとさ。



グッズの話から、かしゆかの飼い猫「リヨン」の話になり、あ~ちゃんのカミングアウトまで。


のち:「かしゆかのツアーグッズの『リヨンパズル』が、完成するのに45分もかかった!」

あ~:「えー、あれそんなにかかるん?」

かし:「いやいや、リヨンと45分も向き合えるんよ(喜)」

あ~のち:「(驚!)

かし:「最近は、リヨンに留守番ばかりで寂しい思いさせてるから」

あ~:「でもそのお蔭でリヨンは、おまんま食べとるけぇのう」

観客:「笑」

かし:「ワタシ、(リヨンのために)出稼ぎに来てます!」


そんな、かしゆかは、最近、『白米地獄』という、一面真っ白のジグソーパズルに取り組んでいるのですが、お留守がちなため、自宅に帰ると、寂しがり屋のリヨンにまとわりつかれ、白米地獄のパズルを何度も壊され、1ピース無くなった時点で、モチベーション0になった模様。



その流れで、あ~ちゃんの口から同棲相手のカミングアウト。



あ~ちゃんは、犬を買い始めたようで、なまえは『ぽぽたん』(8月で1歳、メスの白いマルチーズ)


これが、西脇家の血が流れているような社交性の高い女の子で、男性マネージャーのイワキさんが大好きらしく、楽屋に入ってきた彼を見つけると、部屋のはしっこから、「イワキ~❤」とばかりにダッシュで飛び付いたっていう様を、あ~ちゃんが振り付きで話したのを見て萌える観客たち。




観客からの質問コーナー。



「30歳になって、やってみたい事は?」



かし:「リヨンとお散歩いきたいから、車欲しい。SUVに乗りたい」

観客から、JUKEやパジェロなどの国産車のの名前が上がるも、ポルシェのカイエンに落ち着く。


あ~:「カイエンってどんな車かスマホで調べんさい」


スタッフが調べてステージに持って行こうとする前に、最前の客がスマホで画像検索して、あ~ちゃんがそれを分捕って確認した。


あ~:「ポルシェってこんなのじゃろ?」と、馬が跳ねるエンブレムの真似して、とても可愛かったらしい。



アンケートで、Perfumeにハマったきっかけの曲、新潟の1位は、「エレクトロワールド」


あ~:「嘘じゃろ!あの頃新潟からレスポンスは、1つもなかった! 新潟の人は内に秘めるタイプ過ぎ。 もっとグイグイ来ていいよ!」




あと、この日のMCの中で、「パンセ以外にもPerfumeを主演とするドラマの依頼がかなりあったらしいけど、アーテイストとしての活動に重点を置いているために、全部断っているらしい。」



この日の私物プレゼントは、ゆかちゃんのサングラス2個で、男性女性それぞれにプレゼントされたようでした。


「Perfumeファンクラブトゥワー 2018」のホール公演のネタバレ記事です。
セットリスト載せます。
見たくない方は、ここでお別れしてください。





以下、自己責任でご覧ください。
では、どうぞ。



ホールトゥワー セットリスト

01.   Take me Take me
02.   Hurly Burly
03.   lf you wanna
04.   シークレットシークレット 
05.   Reframe mix       
06.   TOKYO GIRL     
   (MC)
07.   The best thing
08.   宝石の雨     
 (P.T.A.のコーナー)
09.   edge
10.   無限未来       
11.  STAR TRAIN        

EN
 (大阪1)
01.   ポリリズム         
02.   Puppy love 
 (大阪2)
01.   ポリリズム         
02.   Wonder 2  
 (福岡)
01.   ポリリズム         
02.   Puppy love
 (広島1)
01.   ポリリズム         
02.   Wonder 2
 (広島2)
01.   FAKE IT        
02.   Puppy Love 
 (札幌)
01.   ポリリズム         
02.   Wonder 2
 (仙台)
01.   FAKE IT        
02.   Puppy Love  
  


1曲目が、幕張と同じ「Take Me」だった時点で、「ひょっとしたらセットリストは幕張そのまんまか?」と思ったけど、結局ガラリと変えてきた。
それについては、幕張を観たお客には、「同じものは見せない」という心意気を感じたし、それでありながら、   「Hurly Burly」 「The Best Thing」のようなレア曲については、幕張に来られなかった方のために、もう一回やってみせたというのは、彼女たちの心意気だといえよう。



今から思えば、1曲目を幕張と同じ 「Take Me」に揃えたのは、幕張を観たファンに対しての、「軽いドッキリ」だったのかもしれないね(笑)。


あと、何年ぶりかに観た、「シークレットシークレット」なんですが、ボクの記憶が正しければ、過去に観たものと、恐らく寸分の違いもなかったかと。
初めて披露したのが二十歳そこそこ。
そこから10年経って、30歳になろうとするPerfumeが、当時の曲を経年変化をさせずに、当時と同じように踊るのは、並大抵の努力ではないなぁと思いました。



事前のボクの予想では、「REFLAME」のプログラムから取り出して来るのは、「Butterfly」だと言ってましたが、実際は、「シークレットシークレット」の終わり際に、ボーカルをバグらせた演出に合わせて、Perfumeの過去のボーカルをミックスした音声を流したものでした。
(「ボクボクボクボク・・・」って、やつ)



大きく飛んで、アンコール。
ボクが参加した、大阪2日目は、「最近は敢えてセットリストから外していた」と言っていた「ポリリズム」が入ってましたが、広島からは、また外されました。
ステージから明確に盛り上がっている様が分かる、「FAKE IT」が入って、歴史に名を残す「ポリリズム」が外れるのは、なかなか皮肉なものです。



全体を通して、昔の曲の方が反応が良かったように思ったのは、ファンクラブ会員ばかりだったからでしょう。
実に楽しいライブでした。



「Perfumeファンクラブトゥワー 2018」
仙台公演は気温が低く、あいにくの雨模様のようでしたが、ライブは熱く、そして温かかったようです。


それでは、今回も様々なところに上がっている書き込みをまとめてレポに変えたいと思います。



仙台には、インディーズの頃から縁が深かったPerfume。
ゆかちゃんは、仙台に友達がいることもあってか、ちょくちょく来ていて、この冬に『光ページェント』という光のイベントを見に来たらしく、


かし:「『光のページェント』っていうのがあるんだよ~知らないのぉ~?」て、地元民ぶってドヤ顔で話していました。



さらに、仙台駅前のTSUTAYAさんには、その当時のサイン色紙が残っています。
(展示はしていないが、店員さんに言えば見せてもらえるらしい)



という事で、この日のチーム分けは、「TSU!」「TA!」「YA!」



でも、Perfumeが仙台に縁があったのは、インディーズの頃。
当然、ここ数年でPerfumeファンクラブに入った方は、最初の「ツ!」だけでは、その後の言葉のチョイスにピンと来ない方がほとんど。
ここで、



あ~:「『ツ!』の時、  『あ、あれじゃない?』って思った人は、ずっと見ててくれてた人!
『ツ~??』って、ポカーンってなった人は、きっと、浮気してた人じゃね(笑)」

のち:「戻ってきてくれてありがとお~ 
出戻り大歓迎でぇーす(何故かギャル口調)」

あ・か:「え?誰?ギャル?(笑)」

あ~:「ここにギャル呼んだの誰よ~やだぁ~!」

ただし、この直後、あ~ちゃんとかしゆかは給水タイムに入り、ステージに取り残されたのっちは、恥ずかしくなって、直ちにギャルキャラを止めた模様(笑)




いきなり、会場の男性を指差した、あ~ちゃん。



あ~:「あんた、朝移動中の車の中から、信号待ちしとるとこ見たよ!
オシャレなオスニーカー履いとったじゃろ!
絶対、その人だから、証拠にそのスニーカー見せんさい!」

男性:「わざわざ脱いで見せる」

あ~:「あ、それじゃないわ(乾)」

あ~:「ごめん、お詫びになんでもするけん! 何でも言って!」

男性:「・・・・(戸惑い)

あ~:「チュッ!!!(投げキッス)」

男性:「昇天」


ちなみに、この後、あ~ちゃんたちが見かけた、オシャレなスニーカーの彼を、会場の中で見つけたのが凄すぎる。



そして、この日の最大のサプライズ。
客席にいる、一人の男性の姿に、あ~ちゃんが食いつきました。
その彼は、ノッチキンカレーのパッケージにある、のっちのまんまのコスをしていたのです。



あ~:「ずっと気になってたんだけど、アナタ、いったい何!?」



あ~:「 どおりで目が合うと思ったわ、あなたが本物で、のっちがそれを真似したみたい」



こういうコスに限らず、ライブでPerfumeにイジってもらえるのって、決め手は奇抜さと、オリジナリティだと思うのですが、そのどちらも満たした、このコスを実行に映した彼に、賛辞を贈りたいです。



Perfumeへの質問コーナー。



「三人仲良しだなと思うエピソード」



脱出ゲームに相変わらずハマりまくっているPerfume。
ツアー中にも関わらず、合間の日に、チームPerfumeで脱出ゲームに行った模様。
ただ、バチが当たったのか、チームPerfumeの中から、のっちともっさんだけこぼれてしまい、一般の方のチームに振り分けられてしまったらしい。



ただ、なぜかのっちは一般人チームに溶け込んで、ゲーム終了まで全く気付かれず、ようやく3人が合流したところで、その方たちが、気づいたらしく、でも、別チームだったあ~ちゃんにだけ、「そうじゃないかと思ってたんですー!」って、話し掛けていたのだけど、傍らに立っていた、さっきまで一緒に謎解きして、何度も会話を交わしたはずの、のっちは最後まで無視だった件。


あ~:「のっち、オーラなさすぎ(笑)」  




「踊ってて気持ちいい曲は?」

かし:「Spending All My Time」
のち:「スパイス」
あ~:「Party Maker」


この答えが、最近やってない曲だったので、観客が期待を抱いて、「見たい」とばかりに拍手すると、


3人:「みんな見たいって言ってます!って、先生にLINEしなきゃ!」」




私物プレゼントはのっち出品。


レコーディング時に使った、のっちの直筆メモ書き入り歌詞カード。 
5曲分持って来てて、当選者に選ばせてたから5人にチヤンスあるのかと思いきや、1人に1枚だけだったとか(笑)。



当たった方は、「Everyday」を選択。 
のっちのメモには、何回も「明るい声!」って書きこんであって、あ~ちゃんに「頭の悪い人のメモ」って笑われていた。


そんなのっちは、「1枚しかないので、もし温泉街でPe rfume館をやるときは寄贈してください!」と、謎のコメントでした(笑)。




さあ、いよいよ残すは、新潟、名古屋、静岡だけ。
頑張っていただきましょう!