低分子キトサン飲用でがん克服できた方法

低分子キトサン飲用でがん克服できた方法

キトサンって天然成分なんで安心して健康管理に取り組むことができるんです。
とにかく健康になりたい!健康でいたい・癌になりたくない!なっても元気になりたい!現在闘病中でも一緒にとりくみましょうキトサンを活用した健康情報を貴方とともに頑張ります!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
いつまでも元気で長生きしたい、
それは誰もの共通の願いじゃないでしょうか

日本は平均寿命が世界トップレベルの長寿大国に
なりましたが・・・


長寿者には日常に支障がある人も含まれています。
そんな中、今注目されているのが健康寿命です。

高齢化社会を迎えたわが国にとって、
国民が元気で長生きできる健康寿命を延ばすことは
とても大切な課題です。

健康寿命を延ばすにはどうすればいいか?


そのためにはバランスのとれた食生活、適度な運動
十分な睡眠など、良き生活習慣が大切ですね。

さらに、足りないものは健康食品などで補うことも大切です。
現在では特定保険用食品などが知られていますが、

生鮮品も健康食品になる時代です。
これからは調子が悪くなってから病院、薬だけに頼るのではなく、
健康食品で予防的に元気に!の時代

になるかもしれません。
今や、コンビニやスーパーでも当たり前のように売られているから
です。

この健康食品、安すぎるものから,高いものまで様々なものが
ありますが、これからは高い安いではない本物が生き残る時代
と感じています。

というわけで私からはは低分子キトサンも本当に
健康生活ではガン対策をはじめ 自身の健康管理に必須になって
きました。しかも本物の水溶性キトサンはさらに活躍

そしてコチラの植物性ケイ素が安全に健康管理の役にたちます

テーマ:
全国の男女3376名に聞いた
「40・50代の不安と備えに関する調査」




参照 第一生命アンケート調査結果より
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2014_040.pdf





特に健康面でのこの結果

最大の不安は「精神的な苦痛」と「身体的な苦痛」

有職者の7割強は「仕事を続けられなくなること」




「働き方を変えざるを得なくなること」にも不安。






自分が大きな病気になった場合の不安をたずねました。





図表6の通り、不安(「非常に不安」+「やや不安」)を
感じる割合は、「を精神的な苦痛感じること」(76.3%)
「身体的な苦痛を感じること」(74.6%)が上位にあがっています。





精神・身体の両面での苦痛
が最も不安であるといえます。
これらに続く「自分が仕事を続けられなくなること」
(73.4%)、「家族に迷惑をかけること」(72.7%)



「病気が治らないこと」(72.5%)、
「食事や余暇など、ふだんの生活に制限が生じること」(71.4%)
「自分が働き方を変えざるを得なくなること」
(70.1%)の各項目でも7割を超えています。



ガンや生活習慣病になってしまうということは現実に上記の不安が
現実のものになってしまう

という事に他なりません。!



ますます 低分子キトサンの活躍の場面が多く 期待できると思います

それは病気はなってしまってからのほうが大変だからです



上記のアンケート結果が物語っているように。

その不安が年代とともに現実化したら・・・・どうなりますか?




だったらそうならないように今のうちからできる可能性の高い

予防医学の面からも低分子キトサンは 現実の経済面 精神面

介護 不安を一手に 安心 安全 希望 楽しい生涯を送るべく

貢献できると自負しております。




今なら 生涯サポート付 メルマガ登録で あなたの安心健康生活

はじめましょう!

テーマ:
日々 電話やメールで

キトサンでがん対策について

問い合わせをいただき コンサルもさせていただいております

やはり患者さんの「悲痛な叫び悩み」

すこしでも良化の方向に向い

その報告をいただくと ホットしますね!

本当に役に立ててよかったと

ですがやはり非常に難しい相談もあることも事実です

キトサンは薬的表現はできませんが

その日々のたゆまぬ患者さんの努力のお手伝いをすることで

ガンをはじめさまざまな難病とも向きあわせていただいており

本当に健康の大切さを痛感する毎日であります

世間には様々な種類の健康食品や健康食品関連会社があります

ですが・・・・本当に患者さんの未来の光になりうる商品はどんだけ

あるのでしょうか?


キトサンでも〇〇会社のキトサンよくドラックストアーや市販品やネットで
気軽に購入できるキトサンも様々な種類というか内容の違いがあることを
ご存知でしょうか?

わたしのところのキトサンは主に医療機関に直接卸しております

また一般ユーザー様はネットででしか購入できません

ようするに一般市場で販売はしておりません

何故か?⇒ 一般市場にだすと まともにやっていない健康食品会社の商品と

値段で同列視されるのが落ちだからです。

全く別次元のものでも扱うところがところですとそうゆう事になりがちです。

ましてや値段で比べる理由にならない次元の命と向き合ってますので

ネットでしか扱わない理由は低分子キトサンの使命>は患者さんの健康生活の向上のため

にあります。




どんなにお金持ちでも健康を害してしまったらどうでしょう

楽しい未来が果たして待っているのでしょうか

お金をかければいいじゃないのって声が聞こえてきそうですが・・・

それはちゃんとそのひとにあった処方がマッチした場合でしょう

もちろんそれもお金で買えるでしょって思うかもしれません

ですが本当に病で苦しんでいる人はそんな余裕がない方の方が

圧倒的に多いです コンサルしているので

よく分かります。




わたしの未来の目的は低分子キトサンで関わった人の健康生活を

取り戻し普通に笑って過ごせる生活です。

本当に普通に笑って暮らせる毎日は幸福なんだと

本当にこの仕事をしていてそう思います!




もし低分子キトサンを飲用していなかかたら?・・・・

今頃どうなっていたのでしょう・・・・





そうゆう声が日々多く報告いただくことは

わたしのやりがいの部分でもあり

患者さんと喜びを共有していく部分でもあり

さらに生涯関わってくれた方にはサポートを

していくつもりで毎日やってます。



テーマ:
人生ってそんなに長くないです

って最近思います 



若い頃って時間がいくらでもあるように

おもっていたりして、



あなたの人生今何歳ですか

わたしは50代なかばに早なりました

まあキトサン販売者として

毎日キトサン飲用は実践しているんで

1gは欠かさずのみつづけています




なんで 現在の健康状態を維持できたとして

人生頑張って80まで生きられたとしても

残り20数年です




日にちすると 365x20=7300 日

1万日とかないです



残された時間はひとそれぞれ違えど



このブログを読んでくれているあなたには

残りの時間を有意義にしていただきたいです







どんな健康相談も全力で対応させてもらいます

ほぼ 問合わせで圧倒的に多いのはやはり



癌の キトサン飲用での相談です



で 必死で生きる思いのあなたなら分かっていると


思います 人生はなんのためにあるのか?




わたしも低分子キトサンに出会いたおかげさまで

持病の痛風もキトサンで発症しなくなりました





糖尿病の親爺も今年90歳を迎え日々キトサンを

飲ませており 一日でも多く長生きできるよう

応援しております。


だからあなたも 一人で悩まないでください


悩んでいたら即相談してください


あなたを全力で低分子キトサンがパワーアップさせます


そして喜びの声をいただく時が

今わたしの 残りの人生の使命と信じて

日々コンサルしてます。




だから安心して悩んでいるなら飛び込んで来てください



では  貴重な今日を燃焼させましょう!

テーマ:
現在ではキチン・キトサンという名を知らない人のうほうが珍しいほど、すっかりお馴染み
になった感がありますが、ではキチンキトサンとは具体的にどういうものかとなると、
案外ご存じない人が多いようです。

まず第一にその呼び名からも分かるように、キチンとキトサンはひとつの同じ物質ではなく
別の物質です。

キチン質は、カニえびなどの甲殻類や昆虫の外皮、キノコ類の細胞壁の主要な構成成分で、
それらの生物にとって活性を保つために欠かせない物質です。


もともとキチン質は、自然界に豊富に存在するものですが、高分子物質のため、分解も
消化吸収もされにくいものです。

そのために、地球上で年間に推定1000億トンも生み出されながらほとんど廃棄するしか
ありませんでした。

天然資源として、研究開発の結果、キトサン化することにより、さまざまな分野で有効活用
されるようになりました。

キトサン化とはどうゆうものか・・

カニ殻などから炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて抽出したものがキチンです。

さらにキチンを脱アセチル化(アセチル基を外す)して精製したものがキトサンです。

それではなぜキチン・キトサンというふたつ並べて呼ばれるのかといいますと、
キチンを化学処理でキトサン化する際に、従来の方法では

どーしても20%ほどキチンのまま残ってしまい、2つの物質が混ざった状態で存在するためです。

その状態で利用されていたものが、広く一般的に知られるようになりキチン・キトサンという

よび名が浸透したのです。

しかしその後さらなる研究により、今現在では完全にキトサン化することに成功しました。

キトサンはキチンの持つ効力をさらに強化したものですから キトサン健康食品は一層

パワーアップしたものといえます。

さらに同じキトサンといっても 精製度合いによって 高分子 中分子 低分子

と分子量の度合いちがうキトサンが存在します

そんななか当社が扱うキトサンは低分子キトサン(水溶性キトサン)を使用しております。

低分子に成るほど人間にとって腸からの吸収度合いがあがって、目的の病気に対する

自己免疫力を高める働きを期待できるようになるためだからなんです。

おかげさまで、低分子キトサンは全国から引き合いがあり、

また現在は世界からも多くの問い合わせやご注文をいただいており、

その可能性 貢献度は計り知れないものがあります。

病院で薬漬けにされる前に是非あなたも低分子キトサンで元気な年寄りを

目指してみてはいかがでしょうか

テーマ:


わたしも船瀬先生の話で目がさめました




癌に対する考え方が変わります


現代医学を騙るガン治療の正体は虚構の病魔を演出し、獲物を悪化させて資産を根こそぎ­収奪するために計画された猛烈な発病作戦です。現代医学を騙る疫病ビジネスは国家利権­­­と手を組み、独占利権として君臨することでやりたい放題の凶悪犯罪に手を染めてき­ました。

抗ガン剤と称した化学兵器剤はWHOに指定された第一級の猛烈発ガン物質として指定さ­れています。
1925年にジュネーブ議定書で戦時使用が禁止されたマスタードガス(イペリットガス­)などの発ガン物質を医療界は暴利を生み出す荒ましい発ガン性と重篤な後遺症に目を付­­­­け、患者を騙して投与し、意図的に発ガン、発病させ、虚構の病魔を演出して甚大­な被害を出している事実が隠蔽されてきました。現代医学はガンを治す気など全くありま­せ­ん­。まったく逆です。病魔をいかに爆発させ、暴利の収奪の得るかという研究に明­け暮れています。

抗ガン剤の本当の正体は凄まじい第一級の猛烈発ガン物質です。ピンクリボン運動の実態­は医療マフィアたちによる毒ガスハンティングです。
作用機序が解明されたことで、現代医学で治療と称してやっていることのほとんが収奪を­目的とした凶悪犯罪であることが科学的根拠として証明できました。

悪魔達は国家利権と手を結び、独占利権でマスタードガスなどを使用した史上最悪の悪徳­商法を繰り返してきました。

●成分が化学兵器禁止条約指定の毒ガス化学兵器の窒素マスタードガスである抗ガン剤
シクロホスファミド(商品名 エンドキサン)世界、日本で最多使用の抗ガン剤
イホスファミド(商品名 イホマイド)トップ3に入る使用量
メルファラン(商品名 アルケラン)白血病発症率100倍以上
ベンダムスチン塩酸塩(商品名 トレアキシン)0.1グラム9万円
エストラムスチン (商品名 エストラサイト)前立腺癌ホルモン剤
チオテパ (商品名 テスパミン)
ブスルファン(商品名 ブスルフェクス、マブリン)
カルボコン(商品名 エスキノン)
ナイトロジェンマスタード(商品名 ナイトロミン)



とありますように 先生もキトサンについては他の書籍で触れております
代替療法で NK細胞を活性化させ

癌を自らの体の免疫活性化で

克服できることを提唱しおります!


私も大賛成であります

昨今の有名人 一般人とはず病院へ行ったがために

殺されてしまう事になってしまうんです!

テーマ:
1.がん細胞を直接殺す働きはないが、ガン細胞を包み込む作用
 ガン細胞の活動を抑えこみ、異常増殖を抑制する




2.体の免疫力を高め、ガンの浸潤をくいとめる。


3.ガンが転移するときに必要となる接着分子と結合することで、ガンの転移
 を阻止する

4.ガン細胞から排出される毒素を吸着除去し、傷みをやわらげ、食欲の低下と
 下痢などの症状を改善する。

5.抗癌剤との併用によって、抗癌剤の副作用を軽減し、その効果を長持ちさせる。


6.放射線治療との併用によって、放射線の副作用を抑制し、後遺症を緩和する



がん細胞を直接殺す働きがないということは、一見効果が薄いようにみえますが、
逆に考えると抗癌剤や放射線治療のように、誤って正常細胞を傷つける危険性が
ない
ということです。


またがん細胞を無理に殺さなくても、それを抱き込んで活動を抑止させ浸潤さえ
おこさせなければ、ガンは死んだも同然なのです。


転移を防ぐシステムも実に驚くべきものです。ガン細胞が転移するのに必要な
接着分子がなければ、ガン細胞は転移したくても、転移できなくなるのです。

ガン細胞の毒素を吸収除去するという事実は、ガンを患い、長く苦しい闘病生活
を余儀なくされている患者さんにとて絶大な福音となりはずです。

とくにガンと闘っている方にとっては、ガンがもたらす激痛は
精神的にも肉体的にもつらく耐え難いものです。




テーマ:

病気 で現在療養中の方 は、医療機関 など の計画書など に従い確かな 治療方法を実践 していくことが必須 です。 圧倒的な ことに、わたしたち の3分の2が生活習慣病 で亡くなっているのは大変 です。



ちなみに 喫煙 は、肺がん、食道がん、喉頭がん、膀胱がんなど 、たくさん のガン の最も大きい 原因 のひとつとなります。 どっちにしても 疾病 を早めに 発見し、早い時期 に治療するには、肉体 が発するサインや身体症状 に敏感になることです。



誰にでも発生 し得る病気 という意味で、生活習慣病 はこのところ の現代人 にとって珍しい疾病 ではなくなってきているのです。 特に お酒を飲む日は、ある程度 食生活 に気を使うことを意識 してください。





今 色々なところでトピック となっているメタボリック も、心疾患 や脳血管障害 など 典型的 な成人病 の予備軍です 。 多少の ボディ の変化から、生活習慣病 など の疾病 の兆候を自己診断し、おかしいと思ったら医療機関 に検診 に行きましょう。




-病名に関する豆知識-
■膵臓がん
膵臓がんとは、膵臓にできる悪性腫瘍のことをいいます。原因には、喫煙や飲酒が考えられます。自覚症状はあまり出ません。

テーマ:
糖尿病になると、血液中 のブドウ糖をエネルギー源としてうまく使用 できず、体内 の脂肪 やたんぱく質をエネルギー源として使用 するため、体重が減少します。 あなた のカラダ が発しているシグナルを尊重 して、貴方 の健康にとって適切 な生活環境 を身に着けることをお勧め します。



また、基本的に 脳の血管が詰まった疾病 が脳卒中 で、その原因は高血圧や脂質異常症 、動脈硬化等 です。 食べ物 を確認 して、バランスのとれた栄養をとるように研究 すべきです。




病気 の原因から予想 される対応策 を理解 し、健康度の強化 を目指していくことをオススメ します。 慢性的な高脂血症 患者は、通常のかた と比べる と、虚血性心疾患にかかりやすくなります。脂質異常症 は予防 すべきです。




疾病 と症状 を話題 とした情報あるいは 資料 には積極的に関心 を持つのが疾患 への施策 にはピッタリ です。 長い期間 に渡るたくさんの 量の飲酒は、肝臓など の臓器の病気 や高血圧、心疾患 、脳卒中 など の成人病 の要因 となります。




-病名に関する豆知識-
■悪性リンパ腫
悪性リンパ腫とは、白血球の中のリンパ球ががん化した悪性腫瘍のことをいいます。リンパ節の中でがん細胞が増えて腫れたり、リンパ組織に腫瘤ができたりします。

テーマ:




20世紀は西洋医学が大いなる進化を遂げてきた世紀と言われています。
ところが日本はガンで死亡される方が1910年には32,998人だったのに、
2006年には329,314人にものぼり、
この100年ほどでなんと10倍にふくらんでしまいました。



これは単に人口が増加したからという理由ではありません。
なぜなら、死亡率(人口10万人当たりの死亡者数)も、
1910年の67.1人から2006年の260.0人に急増!
現代医学がこれほど飛躍的な進歩を遂げているにもかかわらず・・・です。







私は、ここで西洋医学がガンに無力であると言いたいのではありません。
手術も適切なタイミングでおこなえば確かに1つの方法にはなるでしょう。





しかし、悪い部分を切り取れば解決するという狭い視点からだけの医療には
限界があると申し上げたいのです。



抗ガン剤にしても、有名病院の医師などが自ら
“抗ガン剤は効かない”
“自分がガンになったら抗ガン剤は拒否する”
などと告白した書籍がこの10年ほどの間に何冊も出版されて話題になりました。




医学界に身を置く人たち自らが多くの疑問を投げかけているのが、まさにガン医療の現場なのです。





そうした現実を目の前にして、自分の大切な命を安心して預けられるでしょうか?
世の中には科学で解決できないことは山ほどあります。
最新の医学とて例外ではありません。




最近になってようやく西洋医学に中国医学などを組み合せたり、
使い分けたりしながら対処する病院が少しずつではありますが出てきました。





そうしたジャンルを超えた「統合医学」「ホリスティック医学」と呼ばれる総合的な見地によって、



最良の方法で患者さんをケアするという取り組みが欧米に比べてはるかに遅れています。
食事療法に対する認識の薄さもその1つでしょう。





だから医療現場にもっと高度な食事療法を役立てていく。
そうした取り組みも日本が本当の意味で医学先進国の道を歩むために必要なのです。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス