先日組み上げた、K&Rエフェクターキットシリーズ「Distortion」ですが、今回はオペアンプを交換してみました。

ちなみに、先日、C3にパラで追加したコンデンサはちょっとブーミーになりすぎるので取り外しちゃいました(^_^;)


で、テストで使ったオペアンプは4つ。

TL072CP ... テキサス・インスツルメンツ社製、エフェクターキットに付いてきたオペアンプ。ディストーション系では定番(?)

NJM4580DD ... 新日本無線のオーディオ用オペアンプ。

LM358N ... フェアチャイルド社製、汎用オペアンプ。

NJM4558DD ... チューブスクリーマーなどオーバードライブでよく見るオペアンプ。


比較動画を作って、YouTubeにアップしてみました。なお、クリッピングダイオードは2N7000というMOSFETに交換してあります。

テスト環境:

ギター: Jackson Pro Series Soloist SL2 MAH

アンプ: H&K TubeMeister 18 (Clean Ch)

スピーカーシミュレーター: DigiTech CabDryVR (プリアンプアウトから接続)


それぞれを試してみた感想は、

NJM4580DD ... かなりファジーな感じ。Toneを12時より時計方向に回していくとどんどん「ファズ」な音色になる。あるセッティングでは使える音が出せるが、スイートスポットが狭い(>_<) 軽く歪ませた音が全く使えない感じ。

LM358N ... 若干ファジーな印象。4580DDに比べると気持ちこもり気味な感じ。Toneを絞っていけば使える感じ。ただ、雑味があってあんまり「音楽的」な感じがしない(^_^;)

NJM4558DD ...なんとなくどこかで聴いたことのあるような音色(笑)上記2つに比べると使える音がだせる。キメも細かい感じ。

TL072CP ...  入力がJFETということでバイポーラタイプに比べると真空管的な歪が得られる。キットに付属してきているだけあって、一番使える音が出せて、歪も気持ちが良い。


ということで、オペアンプはTL072に落ち着きました(^_-)



K&R Distortion 改造!

テーマ:

先日作成したK&RエフェクターキットDistortion。ブースターとして使うとどうしても低音源の音が(?)潰れてしまうので、低域を改善することにしました。


製作キットのマニュアルにある通り、音を太くするにはC3を大きくすればよいとのことでした。コンデンサC3を外すのが面倒なんで0.022uFのフィルムコンデンサーをパラで追加しました。

これで低域はちょっと改善されたのですが、どうしても「This is the Distortion !」な感じが消えないので(当たり前ですが)、このキットを組み立てる前からやってみたかった、クリッピングダイオードをFETに変更してみました。Fulltone OCDもFETをクリッピングに使っているようですし(^_^;)


こちらはコンデンサのように足したりはできないので、クリッピングで使っているダイオードD3, D4をFET 2N7000に交換しました。

クリッピングダイオードをFETに交換してFender Vibro Champでチェックみると、「あぁ、なるほど」という音になります。ダイオードならではのクリップ感がだいぶ影を潜めて、ガッツのある音になりました(^^)

Peavey 6505 MH Japan Editionにてチェックしてみると、以前ほど音が引っ込まなくなり、ブースターとしても十分使えるようになりました!!

自分で作って改造したエフェクター、めっちゃ楽しいっす(^^)


自分はギターを弾くのでギターはもちろん、ギターアンプやエフェクターを多数所持しております。

ですが、自分の理想の(?)サウンドを求めようとするとどうしても市販品では満足がいきません。

歪み系では、EHXのCRAYONとXOTICのBB+ のCH.Bがブースターとしてお気に入りです。ですが、CRAYONちゃんはちょっとローが無くなっちゃうのが玉にキズです(汗)


自分はあんまり気にしていなかったのですが、世間では歪み系ではFulltoneのOCDというやつが人気だそうで。ですが、買うと2万円オーバーという。誰かが調べた回路図がネットに上がっていましたが、回路自体はシンプルで自分でも作れそうです。もちろん、そのままのコピーではありませんが。。。エフェクターをユニバーサル基板から作っていくのは経験がないので、手始めにエフェクター自作キットなるものをK&Rさんより購入にしました。

オーバードライブ(ドライブブースター)かディストーションのどちらを購入しようかと思いましたが、部品点数の多さ(?)やOCDもどきを試すにはディストーション回路のほうが都合が良さそうだったので、そっちにいたしました。

エフェクターキットシリーズの歪み系だけでも6種類もあるのでいろいろと悩みました(笑)


作成キットはK&Rさんのサイトから通販にて購入できます。PayPalに対応してくれているのがありがたい(^^)


6/28の深夜に注文したら6/30には届きました!!

作成キットの部品はすべてケースの中に入っていました!!

プリント基板と部品。まずは基板に部品を実装していきます!!



部品をどんどんはんだ付けしていきます♪ 抵抗、コンデンサ、ダイオード、ICソケットまでつけました。

ケースに組み込み。実はここが一番面倒でした。ジャックに線材をはんだ付けしていくのですが、On/Offスイッチ周りがちょっと困難を極めました。目が悪くなったのもありますね(>_<)

完成!!

ノブは標準セットでは黒なのですが、オプションでオレンジのノブも注文しました(^^)

色的にはなんとなくディストーションっぽいでしょ?(^^;

電源がショートしていないかテスターで確認して、いよいよ音出しです!!

まずはFenderのVibro Champにてクリーンなアンプでテスト。なるほど、ディストーションサウンドでした!!! 自分が予想していたよりちょっと音が丸い感じでした。

次は、Peavey 6505 MH Japan Edition にて音出し。こちらはアンプ側をクランチにセッティングして、ブースター的な使い方です。すると、意外に(?)と言っては失礼ですが、結構ブースターとしても使えます。ただ、ちょっと音が引っ込んだ感じになるので、明日にでも定数変更して様子を見ようと思います。


デフォルトの定数で鳴らしただけですが、変な話、自分が持っている「ディストーション」という名のつくペダルではベストに近いです! もともとの設計が良いんですねー(^^)