時間でお金を買うな! | 資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用はまだするな!お金で失敗しない判断基準の作り方

資産運用を始めるために必要なのは、判断基準!
判断基準を作るのに必要なのは、本質的な考え方、捉え方、そして目的。

お金で失敗しない判断基準を作るために、役立つ情報を提供します。


テーマ:
まいど、北田です。


先日たまたま、
華僑の思考習慣を学ぶ機会があって、
そのいくつかをシェアします。


【華僑(かきょう)】
中国国籍を保持したままで、
海外に移住した中国人およびその子孫。
東南アジアに多く住み、
経済的影響力をもっている。


そんな華僑の思考習慣には、
色んなものがある。

●スケジュールは埋めない
●自分のお金を使わない
●利益は目先のお金だけではない
●仕事の評価は利益のみ
●おごる回数を競う
●相手の都合に合わせない

などなど。


一見、
勘違いしそうな考え方もあるけど、
意図を聞けば納得する内容が多い。


その中でも、
お金についての考え方、

「回収するお金とあげるお金」

ってものがある。



あなたは、
15年来の付き合いがある
誠実で真面目な友人に、
50万円を貸したとしよ。


でも、
その友人は返済期限が来ても、
一向に返さへん。

なんべん催促しても、
もうちょっと待ってくれの一点張り。



さて、
あなたならどう考える?


1. 50万は大金やから、
意地でも返して貰うまで催促し続ける。

2. 少しづつでもいいから、
返してもらえるよう説得する。

3. 人間関係を壊したくないから、
泣き寝入りする。

4. あげたもんやとして、諦める。



これには正解はないんやけど、

華僑の人達は、
相手の状況を見て、
回収が困難やと判断すると、
あっさり損切りする。


もしかしたら、
回収できるかも知らんのに。

なぜか?



それは、華僑の常識には、

「お金で時間を買う」

ってものがあって、

貴重な時間を使って元を取りに行くより、
なかったことにする方が得やと考える。


これは以前に書いた、

「サンクコスト」や「機会費用」

の考え方と一緒。



《サンクコスト》
【あなたもハマってる感情の罠】


【失敗する人の考え方、サンクコスト】


《機会費用》
【子育てに掛かる、本当の費用】


【人生最大のコストとは?】




でも、ほとんどの日本人は、

自分の時間を売って、
給料を貰うことに慣れてるから、

「時間でお金を買う」

感覚が浸透してる。


そして、
回収できるか分からんものに、
時間とエネルギーを注ぐ。

当然、
心身共に疲れ果てる。


その注ぐ、時間とエネルギーで、
得られた利益を失ってる事に気づくだけで、
人生は一変するんやけどね。


ようは、
お金を生み出すのは時間、

もしお金を生み出したければ
時間を増やす必要がある。



まとめ
「時間は売るものではなく、買うもの」

お金で失敗しない判断基準@大阪人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス