世界と日本の真実

世界と日本の真実

世界と日本の裏!

転載は自由!


小池知事、東京五輪のロンドン代替案報道に不快感「そもそも、クルーズ船の船籍は英国だ」


 → https://snjpn.net/archives/181661?fbclid=IwAR2rjoflvjYw5MxfUIS95jEKxHzRr0XUYOxY0lHSdYxnHPzyoeYY2sV1tp0


------------------ 転載 -----------------------

小池知事、東京五輪のロンドン代替案報道に不快感
「そもそも、クルーズ船の船籍は英国だ」

2020-02-21


記事によると…
・東京都の小池百合子知事は21日の会見で、ロンドン市長選を戦う候補者が、日本での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今夏の東京五輪・パラリンピックをロンドンで「代替開催」する案に言及したことに、不快感を示した。

・小池知事
「コロナウイルスが世界的な話題になっている中、市長選の争点にするような発言は、適切ではない」


「そもそも、(船内で感染が拡大した)クルーズ船の船籍は英国だ。そういったことも理解してほしい」
・外国の通信社からは、今後、感染拡大が収束しなかった場合、どのタイミングで東京2020大会の中止や延期を判断するのかという質問に回答。

・小池知事
「大会を安全に開催するため、さまざまなリスクを考えながら、大会組織委員会やIOCと準備を重ねてきた。まずは、感染防止に徹底して取り組む。今お答えをする立場にはない」

2/21(金) 15:22

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-02210381-nksports-soci


---------------- 転載終了 ----------------------


ダイヤモンドプリンセス号の所有企業 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミッキー・アリソン?fbclid=IwAR0n9DoCvNU-wGRpbRZd97b4P9MpUtHRCn9WyC8mnUrXOa02QSv7P-qp724







証拠隠滅??武漢のP4研究所が爆破された疑い【新型コロナウイルス】

 → https://twitter.com/LightWarriorK/status/1231900157941178373

--------------- 転載 -------------------

これ本当?!

武漢のP4研究所が爆破された疑い【新型コロナウイルス】 | 常に模索中

http://wonder-creatures.com/武漢のp4研究所が爆破された疑い【新型コロナウイ/

--------------- 転載終了 ------------------


ホント?

映画やん、もう

映画バイオハザード!




 → https://twitter.com/magmagmomo/status/1231904898398076929

----------------- 転載 -------------------

証拠隠滅、新型コロナウイルスは中国共産党による細菌兵器で黒確定か。

一部の共産党幹部による中国経済崩壊のツケを国民に押し付けるために戦時下同様の緊急事態立法をつくり
反乱分子を減らす目的で細菌兵器を自国民にばら撒き、
財産と土地を略奪する可能性も否定できません。

https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51718.html


--------------- 転載終了 -----------------






ダイヤモンドプリンセス号とロスチャイルド

 → https://www.facebook.com/groups/568094099895166/permalink/2728566417181246/


------------------ 転載 ---------------------

ダイヤモンドプリンセス号はアメリカのカーニバルコーポレーションという会社。

その大株主はイギリスロスチャイルドのヴァンガード社。

ヴァンガード社はトランプの支援母体。

モンサントはバイエルが買収。

元々モンサントはヴァンガード社が大株主。

そのバイエル社の株主はフランスロスチャイルドBNPパリバとイギリスロスチャイルドヴァンガードが所有。

そしてヴァンガードはトランプの支援母体でもある。

つまりロスチャイルドはトランプを使って日本にモンサントラウンドアップを買わせて、消費税を上げさせて、中国武漢でコロナを撒き、ダイヤモンドプリンセスで経済を止めて政権を攻撃しているという事。

円安誘導して物価と金利を上げて、日本の食品とエネルギーを暴騰させて日本国債デフォルトさせようとしているという事。

そのために暗示の渋沢の新通貨発行。

日本人の1,800兆円の個人資産や日本の持つ米国債を1,000兆円を全て奪う工作を進行させているという事。

トランプを応援する人間は肉屋を支援する豚である。

目覚めよ日本人。


----------------- 転載終了 ------------------


AKIRAの予言再び「2月29日に何かが起きる」!?
新型コロナウイルスで東京閉鎖か、新型核攻撃で東京が空洞に?

 → https://tocana.jp/2020/02/post_144268_entry.html?fbclid=IwAR0HuArDCvRKQz9zx3-p_xPeAdnWQfsTiIoL1HCMJOkC9qXtHvlsnDS2f2E


----------------- 転載 -------------------

AKIRAの予言再び「2月29日に何かが起きる」!?
新型コロナウイルスで東京閉鎖か、新型核攻撃で東京が空洞に?



第三次世界大戦が勃発して現実とは異なる歴史を辿った2019年の『ネオ東京』を舞台にした人気SFアクション漫画『AKIRA』(大友克洋著、1982〜1990年に講談社『週刊ヤングマガジン』で連載)。2020年の東京オリンピック開催を予言したことで、「作者の大友克洋は予言者」と話題になったことは記憶に新しい。そんな“現代の予言書”ともいえる『AKIRA』については、筆者も過去、TOCANAに記事を投稿している。詳しく知りたい方は筆者の過去記事を見てほしい。
参考:『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!
『AKIRA』が予言したとおり、今年2020年は東京オリンピックが開催されるわけだが、いま一度、予言研究家・白神じゅりこは“『AKIRA』の予言”を警告したい。

◼東京オリンピック開催まで147日 2月29日に何かが起こる・・・・・・?
 今回の東京オリンピックの目的の一つは、2011年の東日本大震災からの復興をアピールすることにある。一方、『AKIRA』の舞台は1982年に新型爆弾により崩壊したネオ東京で、作中、東京オリンピックはネオ東京の復興と再生をアピールするために開催されるという設定になっている。

 大震災と戦争という違いはあれど、復興をアピールする目的での東京オリンピック開催という点では両者が一致している。

 今から30年以上も前に、2020年の東京オリンピック開催を的中させていたのもすごいことだと思うが、この点に関してさらに興味深い描写が存在する。作中、『東京五輪、国民の力で成功させよう』という看板に『中止だ中止』『粉砕』などの落書きが描かれているのだ。
 つまり、様々な問題が多発して、国民から『オリンピック中止』の批判が上がるということまで予言していたということだ。

 となると、予言通りにオリンピックは本当に中止になる可能性がある。
 さらに作中、看板に描かれている「開催迄あと147日」の文字に注目してほしい。
 東京オリンピックは2020年7月24日開催だから、そこから逆算して「今月2月末に何かが起こるのでは?」とネットでも話題になっているのだ。

 東京オリンピック開催から147日を逆算すると、2月29日となる。

 なお、この時期を狙ってか、アニメ専門チャンネルの「アニマックス」では、2月29日に映画版『AKIRA』が放送されるという。



◼漫画・映画などありとあらゆるメディアを通して犯行予告

『AKIRA』に限らず、映画や漫画、そして小説などの中には「歴史的大事件を予言していた」とされる作品が多数存在する。
その多くは偶然の一致で的中したにすぎないのだが、一説によると、世界を支配する悪魔の権力者たちは、漫画・映画などありとあらゆるメディアで自らの計画を予告することを楽しんでいるのだという。

 たとえば、映画『マトリックス』(日本公開1999年9月11日)。主人公ネオのパスポートの期限が「11 september 2001.(2001年9月11日)と記載されており、これは2001年9月11日にアメリカ同時多発テロを予告していたとされる。

◼2月29日、東京が焼きつくされる

 前述の通り、『AKIRA』では1982年に新型爆弾で東京が壊滅しているのだが、この事件の真相は、超能力核兵器「AKIRA」の覚醒を止めるため行われた、米軍の軍事衛星によるレーザー照射であった。

 現在、アメリカが開発中と噂されている「神の杖」、いわゆる「ロンギヌスの槍」という宇宙兵器がある。猛スピードで宇宙空間から巨大な鋼鉄の槍が飛んでくるというのだ。
破壊力は核爆弾に匹敵するほどすさまじく、堅い岩盤をも貫き、さらにはピンポイントで標的を貫くことができるとされる。

 極秘の新型兵器「神の杖」——かつて広島長崎に投下された原爆のように、実験的に日本に撃ち落とされるというのだろうか?


 日本が米軍から攻撃を受ける理由として最も考えられるのが、新型コロナウイルスによるパンデミックである。


 トカナ読者ならご存知のように、新型コロナウイルスにはHIVのタンパク質が挿入されているとか、武漢の研究所から漏洩した生物兵器だとか、いろいろとキナ臭い噂が絶えない。

 ある噂によれば、HIVのタンパク質が挿入されているため、新型コロナウイルスはエイズと同じく人間の免疫機構を破壊するという。そのため、一度感染して治っても免疫ができず、再感染するというのだ。


 もし東京で限定的に新型コロナウイルスが変異し、爆発的なパンデミックが起こったとしたら……。封鎖された東京に、アメリカが正義と称して神の鉄槌を打ち込むということもあり得るのではないだろうか。闇の勢力にとっては、コロナ撲滅と称して人口削減もできて一石二鳥なのである。

 あるいは、霊性の高い日本人がAKIRAのように突然覚醒することを恐れ、闇の勢力者による粛清が始まるというのだろうか?

 最後に、『AKIRA』に登場する予知能力を持つ実験体25号キヨコの言葉を紹介したい。

 人がいっぱい死んで、街が壊れて…。私たちはもう一度『AKIRA』くんに逢ったの……
 この予言のような悲惨な未来を迎えないよう、今はただ祈るしかない。
文=白神じゅりこ


----------------- 転載終了 -----------------



『バイオハザード』は原宿・渋谷から

 → http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9709.html?fbclid=IwAR0_EkgwyWGlZemkEh4J7RP3skTLLoPSuf3IMkgZr0Heta1PbXcEz9_Kaoo


------------------ 転載 -------------------

『バイオハザード』は原宿・渋谷から


中国メディア関係者から、日本では報道されていないが、東京五輪会場の近くで、新型コロナ感染者が確認されたと連絡があった。

それを聞いて思い出したのは、映画『バイオハザード』で中島美嘉が渋谷でウイルスに感染し、日本全土に広がる光景である。

そういえば、2年前に渋谷を歩いた際に、あちこちに映画『AKIRA』の看板があって、なにか不気味な予感がしたものだった。

しかも、『バイオハザード』の舞台であるRACOON市は、CORONAウイルスのアナグラムではないかとの指摘もなされている。

さらに、ゲーム『バイオハザード6』では中国が舞台の一つだが、そこでばらまかれるウイルスはC-ウイルスとそのまんまだ。

それにしても、日本で報道されるより、中国メディアのほうが先に感染者情報を掴んでいるというのは問題ではないだろうか。

日本政府がわざと感染者情報を国民に隠ぺいしているのか、中国のスパイが政府内部に食い込んでいるかのどちらかであろう。

恐らく両方の要素があるのだろうが、新型コロナウイルスがもたらすのは、オリンピック中止だけでなく、東京壊滅かもしれない。


---------------- 転載終了 ------------------


RACOON ラクーン

↓ 並べ替え

CORONA コロナ

どこまでホントか?!


 → 『バイオハザード』のアンブレラ社そっくりのロゴを持つバイオ企業が上海に創立されていた!? https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12573510727.html








イベント「中止!」 満員電車通勤「継続!」

 → https://twitter.com/nittaryo/status/1230460348748025856


-------------- 転載 -------------------

フェス「中止!」
展示会「中止!」
セミナー「中止!」
マラソン「中止!」
イベント「中止!」
コンサート「中止!」
合同説明会「中止!」
スポーツ大会「中止!」
皇居一般参賀「中止!」
コンベンション「中止!」

満員電車通勤「継続!」

これじゃ、主催者断腸の思いで判断した中止・自粛も台無しですわ。

------------- 転載終了 ------------------


https://snjpn.net/archives/181541?fbclid=IwAR1dKA6TjnAvAxx4d_YZqlwQUKQTOOTj7_6niHHyD5YUn-1XvmCdceic394



中国の教授「コロナ、武漢市場近くの実験室から流出」

 → https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000018-cnippou-kr&fbclid=IwAR3oQXZg3FLMZwY0EGAus8dwJCJCF5z5LFVYFefldTm0vRT9TsmmR-5qjCw


--------------- 転載 --------------------

中国の教授「コロナ、武漢市場近くの実験室から流出」

2/17(月) 10:03配信

中国だけで1660人以上の死亡者を出した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が中国実験室から流出した可能性を提起した論文を中国の学者が発表していた。

16日、明報や蘋果日報など香港メディアによると、中国広東省広州の華南理工大学生物科学と工程学院の肖波涛教授は今月6日にグローバル学術サイト「ResearchGate(リサーチゲート)に論文を発表した。

論文は新型コロナがコウモリから中間宿主を経て人に伝染した可能性よりも、湖北省武漢の実験室2カ所から流出した可能性を提起した。

肖教授は武漢ウイルス研究所よりも武漢疾病予防管理センターが震源地である可能性が高いとみられると主張した。武漢ウイルス研究所は新型コロナが集中的に検出された華南水産市場から12キロメートル程度離れているのに対し、武漢疾病対策予防管理センターはわずか280メートルの距離にあるためだ。


肖教授は実験室からの流出とみている理由について、新型コロナの天然宿主である「キクガシラコウモリ」は武漢から900キロメートル離れた雲南省・浙江省などに棲息していて、食用としては特に使われていない点を挙げた。また、武漢市政府の報告書や武漢市民の証言を総合すると、華南水産市場でこのようなコウモリは扱われていなかったという。

反面、武漢疾病予防管理センターは2017年と2019年、実験用に多くのコウモリを捕まえた。2017年には湖北省・浙江省などで約600匹のコウモリを捕まえたが、この中には重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスを持つキクガシラコウモリも含まれていた。

当時、同センターの研究員は、勤務中にコウモリに噛まれたり尿をかけられたりしたと話した。同センターはコウモリの細胞組織を分離させてDNAとRNA配列などの研究を行ったが、ここで出た汚染されたゴミがウイルスの温床になったというのが肖教授の主張だ。

初期に新型コロナに感染した患者が訪れた場所として知られている協和がん病院は武漢疾病対策センターとは通り一つを挟んだところにあったと論文は伝えた。
こうした中、科学技術部の呉遠彬局長は15日、「実験室でウイルスを研究する際に安全にさらに注意を傾ける内容の指導意見を発表した」と明らかにした。

現在、肖教授とは連絡が取れず、該当論文はサイトから削除された状態だ。


共産党の理論紙「求是」は、習近平首席が先月7日の政治局常務委員会会議でウイルス事態を予防・統制するために努力するよう指示したと16日、公開した。今回の公開で習主席が新型コロナを初期に把握していただけでなく、対処の指揮さえしていたと認めるようなもので、習主席の対応失敗責任論が強まっているとニューヨーク・タイムズ(NYT)は報じた。

一方、台湾で新型コロナの感染によって初めて死亡者が出たと中国現地メディアが16日、伝えた。この患者はB型肝炎と糖尿にも罹患していた。中国本土を除く地域で死亡者が出てきたのはこれで5例目となる。


--------------- 転載終了 --------------------