朝帰り②

テーマ:





彼と向かった地元の小さな🏩。



小学生の頃からあったよね、ここ(笑)




初めて入る。




しかーし…ハッハッ






満室!!ガーンガーンガーンガーンダウンダウンダウンダウンダウンブーブーブー






「部屋の掃除が何時に終わるかちょっと聞いて来るね照れ



と言うと、マサは車を降り、スタッフルームへ。



なにやら話をして、戻ってくるマサ。



「あと30分後だってあせるあせる



しょうがないので、🏩は諦めることにした汗汗




マサは次の日に、家族のいる隣県へ戻る予定だと言う。。



私も、予定では、家族が旦那の実家から帰ってくる…。。



タイムアウト…。。



「今度、いつ会えるかな…。ショボーン汗汗


「いつかな…。来年❓織姫と彦星みたいだね😅」


「我慢できるかな…あせるあせるあせる


「メールはするから」



その時のマサは、今時珍しく、携帯は仕事用しか持ち歩かず、


自分の携帯は家に置きっぱなしにしてると言う。



もちろんLINEなんてしてない。


だから、Cメール(笑)📩


それでもいい。マサと繋がって入れるなら照れ



そして、お別れのキス💋





せつない…。。





マサは私の車が見えなくなるまで、見送ってくれていた。。




私は、朝の光を感じながら、マサとの余韻に浸ったまま、



家族のいる家に戻っていった。。




終わり…。。



ではないよ〜(笑)


まだまだつづくんだなぁ…あしあとあしあとあしあとフフフ照れ