{1B1D5863-B4F4-45A3-BA2F-1D23A31BAC01}







1週間も前のこと忘れちゃうよチーン


しかも風邪で調子悪いっす⤵️


鼻と喉がやられていてダルい





さて今回は野尻湖釣行のことになります。


・聞き上げ
今回途中からは結構聞き上げで掛けました。
もっと誘いのバリエーションの中に聞き上げのパターンを増やしたいなと思ってます。聞き上げしながら棚を意図的に変えるなんてことも出来るみたいです。

確かにワカサギに限らず、バス、渓流でも
一つのトレースライン、または流すラインの中で
「ここで食わせたい!!!」
という場所が大体あります。

この石の超えた所!
とか
この反転流の境目!
とか
この吹き上げのここ!
とかね。

ワカサギの場合それがレンジのコントロールにあたるのでしょうか?

私にはまだ無理ですショボーン

そこまでしなくても基本的な誘い方ですので今後、より技術を磨いていきたいですね。
次回の課題です!!!

次回の釣行は場所に関わらず、聞き上げをメインの誘いにしてあえて縛って練習してみようと思いますニヤニヤ
縛ることで見えてくる世界もありますからね。縛ることで。

{907782D3-2CB9-412C-9A42-4B412445ABA8}


こっちじゃねーよニヒヒ





さっ気を取り直して次


・への字アダプターの固定

今年は八坂製作所のへの字、アンダーガイドタイプを使ってますが
合わせを入れるとたまにカクンとズレる。
そんなに強く合わせてないんだけど?
締めが甘いのか
ん〜  ・・・

まぁ課題というか気になりました。
どうしたものか。


次、
・四面オモリのスライド

以前も書きましたが四面オモリって落下時に少しスライドする気がします。
しかも面がハッキリしているので湖流などの影響を受けやすいんじゃないかと思います。

ワカサギ釣り、特にドーム船の場合って1人1mくらいの幅の中で2本竿。
つまり50センチに竿1本。

両隣もいるのでそれがほぼ均等に並んでいるわけです。
水中を想像すると怖いですよね。

4〜8本針の仕掛けが50センチ間隔で、
2本竿×10人前後
約20本も並んでいるんですよ?

こわっチュー


そして何が言いたいかというとそれだけの密度の中で湖流の影響を受けやすいことは不利になる。(人に迷惑をかける)
つまりオマツリのリスクが高くなるということではないかと。


営業妨害のつもりはないですが、現状で四面オモリにメリットは特別は感じでいない。
魚探に反応しやすいそうですが、野尻湖では少なくとも魚探は禁止。

置いた時に転がらないは多少のメリットになるか!?

基本的には下針をあまり使わないのでそこにもメリットは感じない。

落とし込みのみを考えるとナス型で十分か。
タングステンに拘るならバス用のダウンショットシンカー、もしくは直リグ用の棒状あたりが良いか!?

アタリの出しやすは棒状に分があるみたい。



ちなみに今年も引き続き7〜15gをメインに重めのオモリをメインに戦っていきたいと思っていますよチョキ



・合わせ方
今回は意図的に4つの合わせ方を試してみた。
言葉で書いても分からないでしょうけども
・普通の真上への水平上げ
・抜き系
・手首返し
・スライド

状況やタックルバランスにものよるでしょうが、掛けやすい穂先と合わせ方のパターンを掴めた。
結果的には今回のタックルにはスライドが良かった。


・脱走兵
今回に限らず野尻湖で釣りしてると脱走兵の多いこと!!!
恐らく室温が常時高いことが起因してくるのだろうが、なんとかならんものか。
ちなみに今は木箱の餌箱を使っているんですがね。

ステンレスとかの金属なら登ってこないのかな?
エサを取りやすいが大前提なんですが、脱走兵が気になるのでなんとかしたい。




・仕掛けの針の本数や針の種類
野尻湖では4本、もしくは5本針が主流。
深いのでエサの抜けが早く、手返しアップのため。
魚探が使えないのでベタ底専門の釣り。

というのが主な理由なのかな?と勝手に解釈してました。

私は何回か浮き気味の魚を底から2mくらいの棚で狙ったことがあるので、
「仕掛けは長い方が少しでも棚を広く狙える」
ということで、色気をだして6本針とか7本針とかを使ってみたりした。
少しでも棚を広くと欲をだして仕掛けを選んだりもしてましたが
今回簡単なことに気づいて

オマツリした時にほどくの大変えーん

対処の速さを考えるとやっぱり4本針最強!!!エサ替えの手返しも早い!

ってなことに気づきました。当たり前ですね!

やっぱり


郷に入っては郷に従え


よく言ったもんです。


野尻湖に行きだして早9年。

色々と試行錯誤という名の回り道を繰り返し、さまざまな仕掛けや小細工をしてましたが
やはりスタンダードが強い!!!
ってのが最近の傾向です。

どちらかというと裏道や抜け道を探して、
人が知らない何かを探すのが好きで、
それが爆発して1人だけウハウハラブラブ

なんて欲をかいてましたが、ウハウハしたことは一度もありませんでした。


9年かかってフラフラしながらスタート地点に帰ってきました(笑)

また出直しです。


原点回帰!



・・・  いや

これは2017年の中日ドラゴンズのスローガンではないかΣ(゚д゚lll)

危ない匂いがするからスローガンにはしないぞ!!!


でも今年は基本をもう一度確認しながら更なるレベルアップを図っていけたらいいなと思っております。


とまぁ長くなりましたが、この辺でおわっみたいと思います。
最後まで見ていただきありがとうございますラブラブ
良かったらポチしてって下さいチョキ
おわり


にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
AD
毎度です!!!




ええ〜まずは先日の白樺湖釣行を振り返ってみたいと思います。
早くやらんと忘れちゃうっす滝汗


・朝一の準備
今回はわりかし準備をしていったつもりだったので比較的早かったと思いますが、やはり暗かったのも影響が多少ありましたかね。
あとはやっぱり糸通して仕掛け作って〜ってのが面倒くさいというかもどかしい。

やっぱり専用ケース作らないとダメかなチュー
ということで専用ケースを一つ課題。

・魚探

{A5714826-7E75-443F-8B01-E18636DF4551}



以前のブログで専用クランプを購入して、全てが一体化しました。
クランプでの取り付けのため、ホンデックスとは違い取り付けが限定されます。
今になってホンデックスにしとけば良かったと激しく後悔。
機能どうこうじゃなくて、置場とかそういう方向での話です口笛

そういえば魚探のインプレするって言ったきりしてないな〜
なんか途中まで書いた記事が下書きにあったようななかったような・・・
気が向いたら書きますショボーン

とりあえず取り付けは出来たので少なくとも白樺湖には対応出来ました。




・生簀
クランプなどを取り付ける突起がない場合の釣り座では生簀の場所に困ります。
極力水面に近いところでサッサと外してしまいたいというのが最近の考えです。
水からあげてモタモタしているとロクなことがありませんチュー

{F263FC8B-5C16-4981-9D55-7CC0090E9D89}


今回はこんなタイプのを使ってみました。

特に不具合もなく対応出来ました音符

しかし帰ってから見てみると破損ハートブレイク



短命な生簀でした。


魚探と生簀の位置関係は少し改善の余地がありそうです。


・鉛筆キャップが早い!?

今やほとんどの方が使っている!?であろう鉛筆キャップのワカサギ外し

私はこだわりというか、ワカサギ始めた頃に片手外しに憧れた影響もあってずっと使わずにきました。今でも鉛筆キャップの類は使いません。

実は持ってもいますし、使ったこともあります口笛
ですが正直なところ
「使わない方が早い」
と思っていました。

釣れたあとにあのスリットに魚を持っていくのも面倒だったし、ハリスを持って引っ張るのはなんとなく生理的に嫌だった。
ハリスが切れるような気がして・・・

この場合、愛用の仕掛けのハリスは0.15号ってのも影響がありますね。


この辺が私の本音。


先日隣にいらっしゃった常連と思われる方は鉛筆キャップ使ってました。
しかも見てると外すのが早い!!!

鉛筆キャップ使ってまるで片手外しの如く外していきます。
慣れれば鉛筆キャップもあそこまで早いのか!?と驚きました。
その方の場合は一連の動作が限りなくスムーズであったことを付け加えます。


上手く使えばいいのかな〜なんて考えさせられました。


・謎のPUFFY地獄
一日中ひたすらPUFFYの曲が流れていました。以前もだった気がする。
あれは一体なんだ!?
あれ以来頭からPUFFYが離れません(笑)
カニ食べ行こう〜ルンルン


・釣り方
当日は重めのオモリで通常の宙釣りとフカセとなんでもアタリは出たように思います。ききあげとリアクション気味の誘いは効果が薄かったかな?
なんて印象でした。
しかし、当日居合わせた方は逆にききあげやリアクションが効果的だったとおっしゃっていました。
私は白樺湖は素人なので、これが定番!ってのは分かりませんが
何かしらの癖や特徴があるのでしょう。
早く掴みたいですね。


ん〜もう少しあった気がするんですけど、翌日の釣行で記憶が薄まってしまったゲッソリ

早く書かないからこうなるんだわ雷


ちなみに夏休みの宿題を最終日にやるタイプです。
言わなくても分かるでしょ?チュー



ということでこの辺で。


良かったらいつものポチっとよろしくお願いします(*´ω`*)

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
AD
さぁ〜

前回の記事でも言っていたように、
連チャンで今日は野尻湖にいってきましたよ!!!


連チャンの釣行は
感覚が引き継げるというメリットはありますが、デメリットもね・・・

身体面。私の場合は腰がちょっと辛いな〜

好きで遊んでるんで仕方ないことですが。

あとはワカサギが困る!!!

冷凍庫に溜まるチュー
皆さんどうしてます?

冷凍したワカサギって忘れ去られて後から
「あっ忘れてた!」
みたいのがよくあります。


ってそんなことはどうでもよくて、早く本題に入れや!!!!




(。-_-。)




すいませんアセアセ


今回はいつものほとり荘にて出撃です!

昨年はあまり行かなかったけど、女将さんちゃんと覚えていてくれましたチュー

こういうちょっとしたことでもまた行こうという気にさせてくれます音符




{50A91149-84B1-4F26-B04C-A1BCF62ED303}



とりあえず釣り座はこんな感じで特に代わりはなく。



そして今回はぐうぜんにも、


のもころしさんが一緒。


朝ご挨拶をさせて頂きましたキラキラ



もころしさんは仲間内の大会をされていて大変忙しそうだったので、話もほどぼどに。


さて、今回というか今年は野尻湖が絶好調なんです。

早くも700だ600だと景気のいい話が出ています。


水深20mオーバーで実質釣り時間6時間30分で700匹ということは相当なペースですよ。

ちなみにこのクラスの釣果は
野尻湖チャンピオンの魚彦さんや魔王ですが。

とんでもねーや。




そんなこともあったので否が応でも期待します。
しかも天気は一日雨!

これはもらったも同然か!?


なんてのが朝の意気込みでした。




さて道具立ては

白樺湖と全く同じなので割愛。

穂先も今回はC-style type 1

オモリは9グラムからスタート。




朝は正直な話、期待はずれでした。

11:00にやっと

{9D9F9B96-D72C-40D8-B317-CEE46640EFA3}


釣れないことはないのですがあたりが単発でペースが上がりません。



13時50分の時点で



{981A9A41-F6F4-4CDB-98C9-B47C49375BF0}


ここからラストの1時間は群れの入りが良く、


{0980A4D7-99CC-4EAD-825D-CD0D2F7DC7C7}



{7DE573A0-D5BE-4C44-8067-FC909A6445B7}

最終315匹でした。

ホームページ見たら頭は350だったので、まぁまぁってとこで。


ラストの1時間は、常時あたりがあって
遠のいた時はききあげで掛けて
スイッチが入った時は連掛けを狙ってというサイクルで結構楽しめました。

しかし、風が強かったので船はグルグル💥
普段ではありえないくらいの速さでラインが流れます。
当然
キタサンブラック

1人キタサンブラックも

※引退らしいですね


もったいない時間でした。



この看板も久しぶりです。

{6F615979-3F75-47CE-A1A7-85F0A077F308}

今日はボヤかずに済みました(^^)


とりあえずこんなところにしておきます。


同船したみなさん、もころしさん、
ありがとうございました✨


おわり

良かったらポチをお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
AD