キリヤ・レポート~小説と占い、不思議の記録~

キリヤ・レポート~小説と占い、不思議の記録~

作家兼占い師、高橋桐矢が、不思議や神秘について、結構長文で語ります


テーマ:

来年、占い雑誌「マイカレンダー」が創刊すると聞いて、驚きとうれしさで泣きそうになりました。

お世辞や誇張じゃありません。
「マイカレンダー」の編集部である説話社さまは、わたしを占い師へと導いてくれた大切な雑誌「マイバースディ」の元編集部なのです。

「マイバースディ」は伝説的な占い雑誌でした。

占いやスピリチュアル分野のすべてを教えてくれた雑誌といっても過言ではありません。占星術もオーラもパワーストーンも天使も妖精もおまじないも、友達の作り方も、恋や進路のお悩み解決方法もみんな、
マイバースディが教えてくれました。

内気で繊細で傷つきやすくて、夢見がちな占い好きな子によりそってくれる雑誌でした。
マイバースディには、MBメイトという会員制度があって、わたしはず~っと会員でした。
全員プレゼントのグッズも毎回楽しみでした。
そのうちいくつかは今でも持っています。

切り取ったカード占いも捨てられません。

「マイバースディ」のほかに、説話社さまでは
小学生向けの「プチバースディ」、ちょっと専門的な占いの「ミスティ」、女性誌の「モニク」もありました。

これは、「ミスティ」になる前の「増刊マイバースディ」とMBブックス。

 

「マイバースディ」で占いの魅力のとりこになったわたしは、
やがて占いを生業にするようになりました。

 

ガチの愛読者でしたので、

説話社さまの占い雑誌創刊が
もう! 一読者として! めちゃめちゃうれしいんです!!!

今回、雑誌「マイカレンダー」に先駆けて始まった「マイカレンダーウエブ」では
ジオマンシー占いについてとりあげていただきました。
「SNSで話題沸騰!「ジオマンシー」の世界」
そうそうたる先生方の末尾で、身が引き締まる思いです。

今回あらためて思ったのは、タイトルにも書いた
「占い好きが占い師になれる時代」なのだということ。

子供のころ、わたしがマイバースディを読んでいたころは、
占い師というのは「別世界の人」でした。
「生まれつき不思議な力を持つ特別な人」
だから、いくら占い好きでも、
占い師になれるとは思いませんでした。
そのあたりのことは占い師入門にも書きました。

けれど、「マイバースディ」に導かれて今
わたしは占い師になりました。

占いをきちんと地道に勉強していけば、
占い好きが占い師になれるのです!

今、占いが好きな人、占いに興味がある人、
占いを勉強している人もたくさんいることと思います。

占いは一生かけて取り組むことができるすばらしい仕事です。

 

一占い師として、

そして、一占い好きとして。

来年春の、「マイカレンダー」創刊が本当に楽しみ!!!

 

 

 

【おしらせ】

早稲田の「ちえの樹」さんで、ジオマンシー講座します☆

ジオマンシーをはじめて学ぶ方に!

↓お申込はこちら

【11/25(日)・ 12/2(日)16:00~】カードで学ぶジオマンシー入門講座(前編・後編)

 

 

↓高橋桐矢公式LINE

友だち追加

 

↓高橋桐矢の占いの本 

↓高橋桐矢監修サイト

 

 

↓作家仲間と、運営しているイジメ対策サイト

↓高橋桐矢の児童書

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス