注文の多い動物園

ご来園いただき有難うございます(*^▽^*)



こちらは観戦記中心、小ネタはツイッター でやってます。

よろしくお願いします^^

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ブンブンまる子

 

5月6日(日) 高知競馬7R 「第22回黒船皐月賞3歳」


高知3歳クラシック第一弾。

 

じ~っと見てると、ほぼ見返してくるネオプリンセス。

ちょっと顔つきが変わってきた気が・・・?
激応援ですが、ここは中人気。

そして、やはり人気の中心はヴァリヤンツリ。
相変わらず活気があります。

バモスと永森君

スターアイリスと佐原さん

ヴァリヤンツリには勿論西川さんが。

ネオプリンセスにはオカタク、いい表情^^

リスペクトサーガと山崎君

グルースと大澤君

ハイテンションでワチャワチャしていたフィアンティーヌ。
皆が出て行ったあと、ゆっくりパドックを歩いています。

これを私は活気があると取って馬券も買ったのだけど、
発走前ゲート裏で散々暴れ倒し除外に・・・
後日気になってチェックしてみたら、そのまま抹消になっていました(T_T)

レーススタート!

先行争い

逃げたのはやはりネオプリンセス、スターアイリスは前目で

中団に構える人気2頭、ヴァリヤンツリとレマンコ

最後方はサンダベンポート上田


違った、最後方はグルース(汗)

飛ばして飛ばしてセーフィティリードを稼ぎたいネオプリンセス

馬群はチョ~縦長の隊列に

つまりハイペースだったか、コーナーあっという間に後続に迫られるネオプリンセス

スターアイリスが先頭で直線へ

外から迫ってくるヴァリヤンツリ

粘るスターアイリス

ゴール前で半馬身差捕えて

尻尾をブンブン振り回しながら、見事一冠目をゲット☆

2着は粘ったスターアイリス

ネオプリンセスも粘っていますが、もう脚は残ってなく

バモスやレマンコ

プラズマディライト倉兼らに次々と交わされ6着でした。

あとはサンダベンポート、リスペクトサーガ、グルースと続き

馬主服のトキノケリー実はしんがりでした、とさ^^;

雨の為、スタンド内での表彰式

もう何だか、お馴染みの顔ぶれと言った感じですね^^

皆様、おめでとうございました☆

さ~次はダービー。
今度は外敵を迎え撃つ形となるけれど、
他場の野郎どもを蹴散らして欲しいもんです。

元気でね


5月6日、ゴールデンウィークの高知競馬。


月並みでありきたりな表現だけど、涙雨にも感じたこの日の雨。


パドックに入ってきたマウンテンダイヤ。

とは言っても今からレースではなく、引退式です。

勿論、かつてのダイヤの相棒のアーサーもオカタクと共に待機。

なんだか、とても愛嬌のある可愛らしい表情をしていたダイヤ

ほっこりする3ショットですね^^

ダイヤと苦楽を共にしてきたアーサー、語り切れない想いがある事と思います。

中央2戦ののち高知に来て、高知で育ったも同然で、
だからこそファンも多かった。

それだけに、走りが落ちてくると目につくのか
「もう終わっちゅうで。」なんて言うおんちゃん達も。

「うるせぇ!」と心の中で毒づいていたのも懐かしい思い出(笑)

でも、そんなおんちゃん達も
「今日はマウンテンダイヤの引退式があるがよ。」
と言うと、嬉しそうに集まって来てたしw

いつもと違う雰囲気を感じているのかいないのか、ダイヤさん。

オカタクにとっても忘れられない事でしょう。

初重賞制覇でしたから記録にも残りますしね^^

ラストランの手綱を取った将司君も加わって記念撮影。

・・・は、正面に人だかりが出来ていたので、横から撮っていたら

オカタクが目線をくれましたw

色々書きたいことがマウンテンだけに山のようにあるけど(しつこいw)、
ありすぎて反って出てこないもので。

まあ、これまで散々ブログで書いてきたので、
また、時々見返しながら一人で思い出にふけりたいと思います(笑)


ダイヤさん元気でね。
長い間楽しませてくれてありがとうね^^

紅一点の快挙

 

5月3日(木) 高知競馬11R 「第9回福永洋一記念4歳以上」


「親父の生まれたこの高知で、親父の名前のついたレースが出来れば」


ナイター開催が始まった年、イベントに訪れたユーイチ騎手がトークショーで

そう語った事は良く覚えています。


あれからもう9年も経ちますか!


今やすっかり高知競馬の名物レースになり、特別なこの日。


今年のラインナップはこれ。
そうか・・・懲りずに(?)またギンパリを狙ってみますか。

遊んでいるチャオ。

ん~反則級の可愛さ。

ハルイチバンと永森君

トウカイハッピーと妹尾君

ワイルドコットンと西川さん

チャオは馬主服のオカタクと。

マイネルバルビゾンと山崎君

バルビゾン、未だに良くつかめない馬です・・・。

スタートレイルと倉さん

ちなみに、人気を集めたのはやはりイッツガナハプンでした。

レーススタート

人がいっぱいいたので、いつもよりかなり右に寄って撮ったら、
モロにハロン棒が被ってしまった・・・。

先行争い

先手を奪ったヒロノカイザー佐原が先頭で最初の立ち上がり

ティアップリバティ実が続き、ギンパリ上田も好位の内で。

中団にハルイチバン、トウカイハッピーなど。

最後方待機はスタートレイル

勝負どころでも前3頭は変わらず

これはギンパリ、やってくれるんじゃあるまいか???

最後の直線へ

逃げ粘るひヒロノカイザーに、ティアップリバティが迫ります。

イッツガナハプンも内から加わって

最後はティアップリバティがヒロノカイザーをクビ差捕えて勝利☆

野郎共をねじ伏せましたよ、強いな~w川・o・川w
3着はイッツガナハプン

ああギンパリ、もうあかんか・・・(>_<)

チャオが4着に追い込み

さらにワイルドコットンやスタートレイルなど。

結局ギンパリは7着でした。

んで、マイネルバルビゾンが9着、ハルイチバンはしんがりでした、とさ(汗)

表彰式、福永洋一さん登場。

去年は体調の関係で来られなかったのですが、
今年はお元気そうな姿をまた見られて良かったです^^

嬉しそうな実君

毎年このレースは、表彰式に立つ騎手誰もが本当に嬉しそうで、
やっぱり特別なものがあるんだなあと思いますね。

馬主会会長から洋一さんに花束が。

橋口さんがユーイチ騎手にインタビュー。
来年はダービージョッキーとして帰って来てくれるのですよね。

今から本当に楽しみです^^
ファンの声援に応える洋一さん

最後は全員揃って。

実君、おめでとうございました☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>