1の4

テーマ:

 仲間が三人に増えて、まるで頃合いを見計らったかのようにそれはやってきた。

「なんなんだいきなり・・・!」

 先程まで通行人も少なく静かだった道にモンスターが現れ、初めは一匹だったそれがあっという間に増えて、何匹ものモンスターがマリー達に襲い掛かって来たのだ。

 黒魔道士の青年はマリーの前に立ち彼女を庇いながら戦うが、倒しても次から次へと現れる敵に彼のMPも限界寸前だ。

「おい、ケン!そっちは平気か!?」

 敵から目を逸らす訳にはいかないのでケンが見えないが、マリーの前方を自分が守っているので、おそらく後方を守っているであろうケンに話しかける。

「あとちょっとだ!もう少しで焼ける!」

「そうか!」

 と返事をして青年はモンスターと向き合ったが、あれとケンの言葉をもう一度頭の中で繰り返してみる。

 もう少しで焼ける。おかしい、彼は剣士の筈なのに。それとも魔術も使えるのか?しかし、なんだか後ろから良い香りがしてきた。

「・・・ケン、この匂いは何だ?」

「ああ、レバーだ」

「そうか、レバーか」

 それを聞いた途端、MPが減るのを心配して攻撃力の弱い魔法ばかりを使っていた黒魔道士の青年は、突然破壊光線とも言える強力な魔法で前方の魔物を蹴散らした。

 そして自分の後ろに居るマリー、いやその奥のケンに力の限り思い切り怒鳴った。

「君は一体何をしているんだ!マリーの後ろを守っていたんじゃないのか!?」

「いや、レバー焼いてたんだよ」

「ああ全く、君という奴は・・・!」

「まあまあ、黒魔道士さん」

 黒魔道士がケンに殴り掛かりそうになるのを、マリーが優しい口調で止めた。

「モンスターを倒してはいませんが、ケンも私達からモンスターを遠ざけてくれたんですよ」

 マリーの話によれば、ケンはレバーを焼いてモンスターを引き付けて、その肉を遠くへ投げて敵をこちらから引き離したのだという。

「戦わずに解決するやり方か。・・・悪かったな、ケン」

 黒魔道士はケンを攻めた自分を恥ずかしく思い、そしてケンの平和的な姿勢に関心していた。

「いいってー、モンスター寄せ付けちゃったのも俺だし」

「・・・・・・うん?」

 一瞬、ケンが何を言っているのかわからなかった。

「いやなんかさ、最初にモンスターが出てきたときに戦い終わるまでしばらくかかるかなと思ってレバー焼き始めたんだよ。そしたら匂いにつられて次々に敵が来ちゃってさあー」

 まいったね、と笑うケン。しかし黒魔道士の青年は笑ってはいなかった。

 だがケンは更に蛇に足をつけるように、自分はいつもは平和的な戦いなどしないが、今回は剣を取り出すのが面倒くさかっただけだなどと話す。

 それだけで、黒魔道士が怒鳴るには充分条件がそろっていた。

「つまり君が原因だったのか!いらないことばかりして・・・!」

「なんだよ新入りのくせに!お前に迷惑かけたってのかよ!?」

「その通りだから言っているんだ!だいたい、マリーから聞いたが君も今日仲間になったそうじゃないか!何が新入りか!」

 黒魔道士は一度でもケンに関心してしまったことを後悔していた。

 MPもHPも限界ギリギリだというのに、彼への怒りで青年は今なら世界をも破壊できそうだった。

「何だよ!名乗りもしねえくせに同期ヅラかよ!」

「あ、私もお名前知りたいです」

 急に話題が変わり、今まで黙って見守っていたマリーも話に参加してきた。

 特に聞かれもしなかったので黒魔道士の青年は忘れていたが、二人ともまだ彼の名前を知らなかったのだ。

「え、ああ・・・シロウだ」

「シロウですね。改めてよろしくお願いします」

「こちらこそ」

 先程と同じ様ににっこり笑うマリーに、シロウは顔が熱くなるのを感じた。

 だがその和やかな雰囲気をぶち壊したのが問題児、ケンだ。

「ぷっ!こんなに真っ黒な服着てるくせにシロウかよ!?お前なんてクロで充分だよ!」

「さっきから君はなんなんだ!僕に恨みでもあるのか!?」

「マリーに近づく男はみんな大嫌いってだけだよ!」

 とケンがいきなりシロウの頬にパンチをいれると、お返しにシロウもケンを殴る。そうして殴り合いが始まってしまうかのように思われたが、マリーの一声でそれは治まることとなった。

「あちらの村に宿があるみたいですよ。今日はそこで休みましょう」

「はい!」

「ケン!?・・・あ、いや僕も賛成だ」


 日も暮れかかっていたので、宿に着いた三人は早速寝ることにした。

「二部屋しか借りられませんでしたね・・・」

 宿に着いた時間が遅かったため、この二部屋を除いてあとは全て満室だった。

「いいよ、俺達が二人で寝ればいいし」

「そうですか?」

 ケンの優しい言葉にマリーは嬉しくてぴょんと跳びはね、その拍子に彼女の白いフードが脱げてふわふわした可愛らしい髪が現れた。

「ぶふう!」

 間近でそれを見たケンはとっさに後ろを向いたが、それでもマリーの顔が頭から離れなくて、まるで滝のような鼻血をボタボタと垂らしてしまった。

「おい・・・」

 さすがにこれはマリーには見せられないと思ったシロウが、すぐさまハンカチを渡す。

 そしてそのハンカチを鼻にあてたまま、再びケンはマリーと向き合った。

「ごめんごめん。じゃあ行こうか、マリー」

「ちょっと待て」

 そのままマリーの肩を掴もうとしたケンを、シロウが止める。

「君は僕とだ」

「えー、俺男に興味無いし・・・」

「僕だってない!だから君がマリーと同室だったら危ないんだよ!」

 そんな言い合いをしているうちに、マリーは小さな声で「おやすみなさい」と言って片方の部屋に入って行ってしまった。

 マリーが居なくなったことにケンとシロウが気付いたのは、宿主が二人に騒ぐなと怒りに来たときだった。



1日目 終わり


お久しぶりで、すいません。

1→1日のつもりで書いていきます。

詩人が出るのはいつになるのか・・・

全員集合!

テーマ:

しばらく間が開いてしまったので、全部下書きだけ描いてしまいました


↓↓↓↓↓↓↓↓


めがね的RPG-詩人(こっちが完成版?)
・吟遊詩人

  上半身裸に見えますが、ちゃんと着てます。6頭身。



めがね的RPG-白魔道士(こっちが完成版?)
・白魔道士

  若干デザイン変えました。4頭身。



めがね的RPG-黒魔道士
・黒魔道士

  趣味に走りました(全キャラそうですが・・・)。5頭身。



めがね的RPG-剣士
・剣士

  思ってたよりチビになりました。4,5頭身。




こんな感じでしょうか?

色付けは後日・・・。

1の3

テーマ:

 あっさりと承知したケンとは反対に、黒魔道士の青年はマリーの誘いを断った。

「はっ、そうしておけ。お前には勿体ねえよ」

 自分にとって都合のいい状態を望むケンは、黒魔道士の言葉に賛成した。

 だが彼がちらりとマリーを見ると、彼女はうつむいて杖をぎゅっと握りとても沈んだ表情をしていた。

 ケンはぎょっとして、すぐに彼女が明るい表情になるにはどうしたらいいか考えたが、方法はひとつしかない。

「さっさと仲間になれよ馬鹿!」

 がくがくと、黒魔道士の肩を揺さぶるケン。本当はこんなこと願っていないのだが、マリーが喜ぶためなら仕方ないと力づくで目の前の嫌いな相手を仲間にしようとする。

「うわ・・・っ、何なんだ君は!何がしたいんだ!?」

「くそっ、夢のハーレムを返せ!」

「なんだそれは!?」

 夢のハーレムとは黒魔道士が女であった場合のことであり、ケンはこちらもまだ根に持っていたようだ。やはり、女好きである。

「うるせえ!いいから仲間になれって言ってんだよ!」

「だからそれは出来ないと言っているだろう!」

 ぴたり、と黒魔道士を揺さぶるケンの手が止まった。

「・・・なんでだ?お前村人から嫌われているんだろ。お前がやらなきゃならないことって何だ?」

「それは・・・っ」

 なぜこの青年はここまで断り続けるのか。その理由をケンは聞き出そうとしたのだが、その相手はそれを話したくないようで口をつぐんでしまう。

「私もお聞きしたいです」

 今まで黙って二人の言い合いを聞いていたマリーも、ケンに同調する。

「わかったよ・・・」

 二人の気迫に圧倒されて、黒魔道士の青年はその理由を話し始めた。


 この村は小さいためか、モンスターによく狙われた。

 だが村人の中にモンスターと戦えるほどの力を持っているものはおらず、彼らはいつも家に篭ってはモンスターが去るのをビクビクしながら待つしかなかった。

 そこで、この青年は魔術を学び、村の周りにモンスター避けの魔法陣を描いた。

 しかし魔法陣を描いただけではその効果は発揮せず、仕方なく彼は村の中心に家を建て、そこから毎日均等に魔法陣に魔力を送り続けているのだ。

「というわけで、僕はこの村から離れられないんだ」

 話し終えて一息つく間もなく、彼はさっさと出て行けと言わんばかりに近くにあった本・・・おそらく魔術のことが書かれた本に目を通しはじめた。

 パラパラと紙をめくる音だけが暗い部屋に響く。

「でも、だったらなんでお前は嫌われてんだ?」

 ケンのその言葉に青年はピクリと反応し、本を閉じて彼と向き合う。

「人の記憶なんて頼りないものだからな。僕が魔法陣を張ったことなどみんな忘れたんだろう」

 過去の栄光などみんな忘れてしまい、今では村人から見た彼は家に篭りきりのただの気味の悪い男でしかなくなってしまったのだ。

「そんなの、また言えば魔法陣のことだって・・・・・あああー!」

 突然のケンの大声に青年もマリーも驚いて目を見開く。

「な、なんだ?」

「お前の魔法陣ってアレか?ただ線が引いてあるだけのやつか?」

 ケンは先ほど見た、村の周りを囲んでいる線を思い出した。

「ああ、見たのか?だがあれはただの線ではなく二本の線の中に細かい・・・」

 青年が自慢げに自分の魔法陣の話をしていると、ケンが申し訳なさそうな顔で言った。

「ごめん、あれ消しちゃった」

 その瞬間、青年の表情が固まった。

 そして長い沈黙。それを破ったのはその状況をつくった張本人、ケンだった。

「あの・・・」

「なんてことをしてくれたんだ君は!あれを描くのにどれだけの時間をかけたことか!それなのに・・・!」

 青年が頭を抱え、髪を掻き毟り、自分がどれだけ苦労して魔法陣を張ったかをひたすら語る、というか叫ぶ。

 問題を起こしてしまったケンも、その怒り狂う青年の姿に声も出せないでいる。

 そんな青年の肩に、優しく手が置かれた。

 はっとして彼が見たその手の主は、マリーだった。

「私の仲間がご迷惑をおかけしてすみません。魔法陣を張りなおすのなら、私も手伝います」

 にっこりと、優しく笑う彼女に青年は見とれてしまっていた。

「ですが、ちょっとアレンジしてもよろしいでしょうか?」


 小さな村の周りに、一瞬にしてたくさんの花が咲いた。

 それは、ただの花ではなく下に描かれた魔法陣と合わさってモンスター避けの効果を生み出した。

 以前と違うのは見た目ばかりでなく、わざわざ魔力を送り続けなくても効果が保てるというものだった。

「・・・なるほど、こういうことか」

 咲き乱れる花を目の前にして、青年が呟く。

「それで、お願いがあるのですが・・・」

「わかっている」

 マリー言いかけた言葉を、青年はもう充分承知していた。

「こちらからも、仲間としてよろしく頼む」

 そう言ってマリーに右手を差し出したが、それを握ったのは彼女ではなくケンだった。

「てめえ、マリーと手繋ごうとしてんじゃねえよ」

「何を言っているんだ。これは握手だ。さっさとその手を離せ」

 だがマリーに指一本触れさせたくないケンは、より力をこめて青年の手を握る。

 そうなると、青年も自分ばかりが痛い思いをするのは嫌なので、お互いギリギリと手を握り合う。

「あら、二人とも仲が良いんですね」

 肝心の思い人はそんなことを言って、次の村へ行くため歩き出した。

「えっ、おいマリー!」

「ちょっと・・・、ああ君はいつまで手を握っているんだ!」

「お前こそさっさと離せよ!」

「そっちが先にしてきたんだろう!」

 そんなこんなで、マリーの後ろをしばらく手を握り合ったまま歩いていた二人であった。

 彼らがようやく手を離したのは、通行人の冷たい視線に気づいてからだった。



続く


黒魔道士が仲間になるまで、かなり時間がかかってしまいました。

それもこれも、なんだこの乙女な男達は・・・



1の2

テーマ:

 マリーが旅を始めてまだ一日目。

 とりあえず、ケンが最初の仲間となり二人で次の村を目指して歩いていた。

「仲間ってもういらなくねえ?魔王倒すのなんか俺ひとりで充分だぜ」

「でも、仲間は多い方がいざというとき頼りになるでしょう?」

「頼りに・・・・・・」

 マリーのその言葉に、自分ひとりでは頼りにならないのかと勝手に思い込み、少し落ち込んだケンであったが、女の子が増えるのならいいかと前向きに考えることにした。

「みえてきましたよ」

 マリーが指差すほうを見ると、小さな村があった。

 遠いところから見たせいでそう見えるのかと思ったが、近づいてもやはり小さいままだった。

「・・・ん、なんだこれ?」

 ケンが村の外にひかれている奇妙な線に気がついた。

 その線を目で追って行くと、どうやら線は村をぐるりと囲んでいるようだ。

「へんなのー」

 チョークのようなもので描かれたであろうそれは、ケンが足で擦るとすぐに消えてしまった。

「ケン、早く行きますよ」

「ああ、うん」

 彼が消したことによって途切れた円をそのままにして、二人は村へ入った。


 この村では、村人から気味が悪いと言われている黒魔道士がいた。

 その話を聞いたマリーはすぐに、黒魔道士の家を訪ねた。

「こんにちは、マリーと申します。お話があるので開けて頂けませんか」

 だがしばらく待ってもその家のドアは開かなかった。

「どうしましょう・・・」

 彼女の困っているその姿に、ケンはすぐに自分がどうすべきか考えた。こういうときだけ彼は頭の回転が早いのだ。

 自分の好きな人が困っている。それならドアをぶち破ってしまおうか。いや、だがもし中に居る黒魔道士が可愛い女の子だったら自分は嫌われてしまうのではないか?

 黒魔道士がマリーのような美少女だという前提で、彼の妄想は膨らむ。

 清楚な感じの女の子だろうか、いやそれだとマリーと被る。ならばどんな女の子ならドアをぶち破っても許してくれるだろうか。お姉さん系か?それともツンか?デレか?

「ああもう、わっかんねーよ!」

 バキッと大きな音がして、ドアが壊れた。

 頭の回転が早くても彼の場合それは長く続かないので、慣れない考え事をして頭がパンク寸前だったケンは、ついにドアを蹴り破ってしまった。 

「ケン・・・」

 マリーが唖然とした表情でケンを見る。だがそれ以上に驚いていたのは家主の黒魔道士だ。

「なっ、なんなんだ君達!?」

 入口から射しこむ光が照らす中、暗い部屋からあらわれたのは噂通りの真っ黒なローブを身にまとった青年だった。

「え、男!?」

 その姿を見たケンは自分の期待が大いに外れてかなりのショックを受けた。と同時に、目の前の黒魔道士に自分勝手な怒りがこみあげてきた。

「てっめえ、何なんだよ!」

「なっ!?・・・それはこっちのセリフだ!ドアまで壊して謝りもしないのか!」

「お前が居留守なんか使うからだよ!あーもう、マリーまじでこいつ仲間にすんの?」

 マリーがこの黒魔道士を訪ねたのは、きっと仲間にするためだろう。

 ケンも、それが女なら大歓迎だった。彼が女好きなのもあったが、自分より強くてマリーを守れる者、つまり男を仲間にするのが嫌だったからだ。

「俺はこんな暗そうな奴、嫌だね」

「ですがケン、私はこの方に仲間になってもらいたいのです」

 しかし自分の好きな人にはどうして、分かってもらえないのだろう。

「俺はマリーが好きなんだ!」

「ケン、今はふざけている場合ではありません」

 ケンに 400の ダメージ!

 しばらく立ち直れなさそうなケンをよそに、マリーは黒魔道士と話を進めた。

「それで、あなたに私達と一緒に旅を・・・」

「それは出来ない」

 マリーが全てを言い終わらないうちに、黒魔道士は彼女の誘いを断った。

「僕には、やらなきゃならないことがあるんだ」



続く


メガネがおたふくなのに絵を描いていて、私もやらねばと久々に更新。


黒魔道士の話、ちょっと長くなります。

てか剣士が乙女になってしまったので、くっそー